タグ : 魔笛

音楽の贈り物2012


2012年5月5日(土)サントリーホール ブルーローズにて
加茂遥南グローリアさんと弦楽合奏団Souvenir della Musicaによる
ミニ初夏コンサートが行われました。
この日はサントリーホールのカラヤン広場で薔薇の催しがやっており、ちょうどそのイベントの終わる時間帯とコンサートの始まる時間帯が偶然かぶったおかげか?当日券を求めて聴いて下さる方も多かったです。

加茂さんは、私ども東京国際芸術協会主催の全日本ジュニアクラシック音楽コンクール(第22回)において声楽部門中学生の部第2位を獲得されました。

前回「音楽の贈り物2011」では東邦音楽大学附属東邦中学の3年生でしたが、新春を向かえ附属高校の1年生に進級し、体格も声質も一段階大人になり音楽性もトークも大人の雰囲気が出てきました。

こうした年齢のうちからピアノ以外の器楽伴奏でできる機会に
恵まれていると、アンサンブル(演奏中のコンタクト)のコツなどが
吸収力の高い若いうちから身につきますので、将来が楽しみです。

フランク/「荘厳ミサ」より 『天使のパン』
ヘンデル/オペラ「リナルド」より 『私を泣かせてください』
加茂遥南グローリア(Sop.)

ヴィヴァルディ/「調和の霊感」より2つのヴァイオリンのための協奏曲イ短調
福本牧(Ⅰ.Vn.)西垣奈津美(Ⅱ.Vn.)

モーツァルト/歌劇「魔笛」より 序曲

モーツァルト/歌劇「ドン・ジョバンニ」より 『ぶってよ、マゼット』
加茂遥南グローリア(Sop.)

最後は、アンコールとしてシューベルトのアヴェ・マリアを照明を落とした中で演奏し、しっとりと終えました。

この日の加茂さんの演奏は、後日、youtubeにアップしますので、またそのときにブログで御案内しますね♪

『魔笛』サンパール荒川でのゲネプロ開始


今日からサンパール荒川大ホールでのゲネプロが開始されました。
なにせA~D組までの4キャストがおりますので、
2日間に渡って1日に2キャストずつ、3時間×4回のゲネプロです。


本日はD組(マエストロは佐々木修さん)と

A組(マエストロはクリスティアン・ハンマーさん)のゲネプロです。

公演監督の田辺とおるさん(パパゲーノ)が、キャストの皆さんのステキな写真を掲載して下さいとおっしゃって下さいましたので、ゲネプロで忙しいのにという周りの視線を感じつつも舞台裏でお会いした方々の写真をおさめていきました。

夜の女王

夜の女王の侍女(ダーメ)たち

ザラストロ

ザラストロの元に集う方々

夜の女王の娘、パミーナ

そしてパミーナのために試練に立ち向かうタミーノ王子

でもタミーノ王子はパミーナ王女ではなく、うちのスタッフを口説きます。

ウソです。これはヤラセです(苦笑)

タミーノとパミーナの恋が実るために、助力する童子(クナーベ)たち

合唱のメンバーもただ歌うだけではありません。
いろいろな役やお芝居があります。
A+B=Cだったりもします。

まずはA

続いてB

A+B=C
もこもこカワイイです♪

黒人奴隷のモノスタトスさんも一緒に写ってます。

最後に支えてくださる衣裳とメイクさんたち☆

舞台上の写真は、こちらにいらっしゃるまでのお楽しみです(^ー^)ノシ

『魔笛』2011.5.28・29に向けて


当協会の、オペラ劇場「あらかわバイロイト」は
2011年5月28日・29日にサンパール荒川大ホールにてモーツァルトの『魔笛』公演を行います。

歌手の稽古スタートは東関東大震災の影響でスタートが遅れてしまったのですが、素晴らしい仕上がりになってきています。
指揮者の佐々木修さんには早い段階から歌手の稽古をお願いすることができておりますし、もう一人の指揮者のクリスティアン・ハンマーさんも5月1日に来日して、ラストスパートに向かっています。

公演監督の田辺とおるさん一押しのソリストたちが集まっていますので、歌だけではなくて芝居も上手いです。また今公演はセリフも全部ドイツ語で行う(日本語字幕つき)という他ではほとんどしない試みを行っています。

佐藤美晴さんの演出もステキです☆
リハーサルでは、すでに衣裳もつけたり(これがまたカワイイ♪)、SE(音響)もついたり(これがまたカッコイイ!)してますが、当日のお楽しみにしたいので、写真掲載は控えます(^^;

地元荒川の合唱団も多く集まって下さっています。

オーケストラのリハーサルは23日からスタートしました。
モーツァルトの自然な音楽の流れに、楽しい気持ち・激しい気持ち・厳かな気持ち、に聴いているこちらもなっていきます。



東京国際芸術協会では、今までかなり多くの回数『魔笛』を公演してきましたが、間違いなく今回が一番です。

皆様、まだチケットは売るほど余ってますので、
どうぞお買い求め下さい。
以下は、公演紹介サイトです。
http://www.tiaa-jp.com/tiaa_opera/DieZauberflote/index.html

【おまけ】
この日のリハーサルでは、小道具を使いませんでしたので、
タミーノはペットボトルの魔笛を吹いていました(笑)

ちなみに、本当に魔笛を吹いているのは、この美女♪

「魔笛」の特集記事UPしましたよ


先日もブログでご案内させて頂きましたが、
公演監督の田辺とおる執筆の特集記事

ドイツオペラとしての「魔笛」

をアップしましたよ。今回の≪あらかわバイロイト≫がワーグナーじゃない理由を
どうぞ、以下のリンクからご覧下さい。

魔笛公式スペシャルサイト» http://www.tiaa-jp.com/tiaa_opera/DieZauberflote/index.html

この記事は「Vivace」2011年4月号にも掲載されていますので、
駅やホールで本誌を見かけましたら、ぜひお持ち下さい。

「あらかわバイロイト」特別公演 「魔笛」!


ついに「あらかわバイロイト」特別公演オペラ 「魔笛」の公式サイトが公開になりました!

なんと、今回の公演はTIAAオペラ第50回の記念公演になりまして、総勢59名のキャストによる4公演になります。
指揮は「あらかわバイロイト」お馴染みのクリスティアン・ハンマー氏(A/B/C)と佐々木修氏(D)、
演出は佐藤美晴氏。

「今回はワーグナーじゃないの?」って思う方もいっらしゃると思いますが、
そのわけは、
近々公式サイトに掲載します公演監督田辺さんの特集記事をご期待下さい・・・happy01

公式スペシャルサイト» http://www.tiaa-jp.com/tiaa_opera/DieZauberflote/index.html

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)