タグ : リサイタル

2017年5月21日(日)Tempo Primo 室内楽リサイタルvol.5【ギャラリー】


2017年5月21日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
Tempo Primo 室内楽リサイタルvol.5 が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
三人の演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 

石黒真子:フルート
埼玉県出身。11歳よりフルートを始める。東京音楽大学付属高校を経て同大学卒業。現在、同大学院科目等履修1年。フルートを新井紀子、岡村加寿子、相澤政宏各氏に師事。室内楽を相澤政宏、中野真理、工藤重典、四戸世紀、霧生吉秀各氏に師事。
 
出井麻莉子:ヴァイオリン
埼玉県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。東京音楽大学付属高校を経て同大学卒業。現在、同大学院修士課程1年。これまでにヴァイオリンを河野吉枝、橋本洋、景山誠治、東彩子各氏に師事。室内楽を東彩子、百武由紀、松波恵子、相澤政宏各氏に師事。
 
喜多美咲:ピアノ
埼玉県出身。3歳よりピアノを始める。東京音楽大学付属高校を経て同大学ピアノ科卒業。現在、ソロ、アンサンブル、ピアノ講師として活動中。これまでにピアノを前田健治、故海老原直美、長川晶子の各氏に師事。室内楽を相澤政宏氏に師事。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
Tempo Primoにとって大学卒業後初のリサイタルです。これまでに学んできた集大成と、これからの活動への一歩となる大切な節目として精一杯楽しんで演奏したいと思います。(石黒真子)
 
 
クラシック音楽を積極的に取り入れたプログラムで100人ものお客様を集め、リサイタルという形はTempo Primoとして初めてです。また大学卒業のタイミングでの開催なので、これまでに学んだ知識や実技、音楽に対する思いを存分に表したいと思っています。(出井麻莉子)
 
 
Tempo Primoとして演奏する機会はこれまでにもありましたが、ホールで演奏会をさせて頂くのは今回が初めてです。
大学卒業という節目でもあり、とても思い入れのある演奏会です。
今までの成果や3人の良さを存分に発揮できるよう頑張ります!(喜多美咲)
 
 
 
・演奏される曲の聴きどころなどを教えてください。
 
フルート、ヴァイオリン、ピアノのトリオの為に書かれた曲は多くないので、3人が各々演奏したい曲を挙げて選曲しています。クラシック以外のジャンルの曲ではそれぞれの楽器を生かしたアレンジを加える事もあり、その部分も楽しんで聴いて頂けると嬉しく思います。(石黒真子)
 
 
フルート、ヴァイオリン、ピアノ各1人ずつの編成でのコンサートは多くはないと思います。クラシック音楽に詳しくない方でも、楽しめるプログラムなので、それぞれの楽器の良さも知りながら聴いていただけたら嬉しいです。(出井麻莉子)
 
 
クラシックの中でも聴いたことのあるメロディーや楽しい曲、ポップスなどの馴染みのある曲を選びました。
ヴァイオリン、フルート、ピアノで演奏するとどのような音色になるのかを楽しみながら聴いて頂けたら幸いです。
私たちも楽しんで演奏をお届けしたいと思います。(喜多美咲)
 
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか?
 
一言で言うと「きっかけ」
今までたくさんの人に出会い、様々な事に挑戦してきましたが、その出来事のほとんどのきっかけは音楽だったなと感じます。
自分自身の成長のきっかけとなるのが音楽であり、これからも音楽を通して積極的に行動を起こしていきたいと思います。(石黒真子)
 
 
奏者側にとっても、聴く側にとっても、その人の人間性が1番よく伝わるものだから、自分の居場所。音楽をできない人はいないので、何よりも欠かせないツールだと思います。(出井麻莉子)
 
 
私にとって音楽は生活の一部です。
演奏を聴くということは普段の生活の中でみなさんにもあると思います。
それと同じで私たちは聴くことだけでなく演奏をすることも日常です。
演奏の機会があり音楽をみなさんと共有出来ることはとても嬉しいです。(喜多美咲)
 
 
 

時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 喜多美咲(ピアノ) 石黒真子(フルート) 出井麻莉子(ヴァイオリン)
 
プログラム:
J.ドゥメルスマン:「ウィリアム・テル」による華麗な二重奏曲
W.A.モーツァルト:オペラ「魔笛」より 私は鳥刺し
大野 雄二 (編曲:山口景子):ルパン三世’78
R.カーペンター、A.ハモンド(編曲:國分正頼):青春の輝き

 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2017年5月14日(日)第6回神谷玲子ピアノ リサイタル【インタビュー】


2017年5月14日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
「~音でつづる物語の世界~」と題して、第6回神谷玲子ピアノ リサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
神谷玲子さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 

神谷玲子:ピアノ
武蔵野音楽大学ピアノ科卒。エッセンフォルクヴァンク芸術大学卒。「エレーナリヒテル国際ピアノコンクール」第3位。「万里の長城杯」第2位。「長江杯」第3位。「アジア国際文化芸術フェスティバル」優秀賞。「全日本クラシック音楽コンサート」優秀賞。「東京ピアノコンクール」審査員賞。ピアノリサイタル、二台ピアノコンサート他、日本ニューフィルハーモニー管弦楽団、TIAA管弦楽団と共演。故デトレフ・クラウス、故小川冨美子、故梅谷明、各氏に師事。太田国際音楽セミナーにて、ウラディミールトロップ、リュドミラー・プルゥーシニク、故イーゴリニコノビッチ、イーゴリレベデフ各氏に師事。
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
2011年5月に第1回を開催させて頂いて以来、毎回目標としてきたことは、前回よりも
少しでもより良いものを、お届けしたいという一心でした。
そして、今回もまた、同じ気持ちで臨もうとしています。今年は6回目となり、自分に
課するハードルがかなり上がってきましたが、気を引き締めて最後まで乗り切ろうと
心に誓っているところです。
 
 
・演奏される曲の聴きどころなどを教えてください。
 
まずは、ご挨拶から、ということで、エルガーの「愛の挨拶}を1曲目にお届けします。
エルガーは、キャロラインという8歳年上の生徒と恋仲となり、めでたく結婚。
この曲は、結婚前に彼女の為に捧げられたものだけあって、大変愛に満ちています。
 
第2曲は、一転して、大変美しいけれど、暗く劇的な音楽が登場します。
ベートーヴェンの弟子のシントラーが、この曲の解釈を訪ねた時、ベートーヴェンは、
シェイクスピアのテンペストを読めと答えたそうで、そこからこの題名がつけられたとのことです
1楽章は悲劇的、幻想的であり、また、めまぐるしくテンポが変わっていきます。
追い求めても決して達成できない悲しみが伝わってきます。
2楽章は、深い内容とあふれる豊かな旋律の緩徐楽章です。この楽章のみ長調で明るい感じが伝わります。1楽章も2楽章もともにアルペジォからはじまり似た様な要素がありますが、1楽章は和音の第1転回形であるのに対し、第2楽章は基本形から始まるので違いが
感じとれます。
3楽章は、ほとんど休むことなく動き回る無窮動な音楽で、始まりの部分は作曲者が霧の中を駆け抜ける騎士の姿から着想をえたのだという逸話がのこっています。最後に熱を帯びた後、霧の中をどこかへ遠ざかって消え去ります。不安や焦りのような感覚が全体に漂います。
 
第3曲目と4曲目は邦人作品をプログラムに取り入れました
「踊子の稽古帰り」は、
橋本国彦の作曲で、画家の鏑木清方の「三枚絵」の原画を見た印象から作曲されました。
昨年の第5回リサイタルの時には、この3曲中の1曲である「雨の道」を弾かせて頂き
ましたが、今年の作品もその三枚絵の中の1曲です。今回は、昨年とまた少し趣の違う曲調で、とてもおきゃんで活発なかわいい女性を想像してお聴き頂きたいと思います。
踊りの稽古を終えて家路につくまで、いろいろなことを楽しんだり、考えたりしながらの帰り道です。どんな出来事が起こるでしょうか。想像するととても楽しくなります。
 
それに続く平井康三郎作曲「幻想曲さくらさくら」は、日本の情緒がたっぷり溢れています。日本人ならどなたでもすぐに受け入れてくださるのではないかと思っています。
 
5曲目6曲目は、お客様からのリクエストを今回のプログラムに入れさせて頂きました。
ショパン作曲、遺作のノクターン嬰ハ短調は、2002年「戦場のピアニスト」の中で印象的に使われて以来、知名度も人気もぐっと上がりました。映画をご覧になられた方も多いことでしょう。1830年ショパン21歳の作品で、祖国を離れウィーンにいた時、祖国ポーランドとロシアが戦争になる気配が漂い始め、心痛な思いで家族にあてて送った手紙と一緒にこの楽譜が同封されていたようです。祖国にいる家族や友人を思う気持ちが痛く伝わってくる美しい作品です。
 
6曲目のリストの「ため息」も、いろいろなところで耳にします。甘美な詩情あふれる1曲です。「ため息」ではありますが、ベートーヴェンのテンペストのような深刻なため息ではありません。どちらかというと少し官能的な感じもします。最近では女子フィギアスケートでも使われていましたし、とても人気のある作品です。
 
最後は、ショパンのバラード3番です。1841年に完成されたサロン風作品です。
このころは、ショパンは、音楽家として絶頂期でしたが、肺の病気で体調がよくない時期でもありました。
この3番はバラード中唯一、基本は長調で書かれているので、幸福感を持つ作品だと思われがちですが、ちょっと違います。
10年前ほど前の1830年(ショパン遺作ノクターン嬰ハ短調が書かれた年)はショパンの祖国ポーランドで武装蜂起がおき、翌31年7月にはワルシャワが陥落しました。ロシア軍による破壊行為で教会さえも砕かれ、信仰さえもままならない状態になりました。そのような中、ポーランドの悲劇を歌い、栄光や憧れを自由に描いたミツキエーヴィッチ(詩人)の
作品は聖典にも近い存在だったようです。
ショパンのバラードは4曲ともこのミツキエーヴィチの詩と関係が深く、この3番は、
「シフィテジャンカ(水の精)」からの着想といわれています。2番は、「シフィテシ湖」が題材であり、2番3番は共通の舞台設定(ベラルーシ共和国西部フロドナ州に実在する湖)から両作は、連作とも考えられます。
2番の「シフィテシ湖」は、敵軍の襲来前、湖にのまれた娘たちが湖畔に花を咲かせる美しい毒草になって復讐を果たす物語で、登場する金髪美女は3番の「シフィテジャンカ」の乙女と同一だといわれます。なお、3番の「シフィテジャンカ」のあらすじは、次のようです。
{シフィテシ湖のほとりに、毎夜若者と娘が現れ語らう。若者は、自分の屋敷でともに暮らそうという。若者は永久の愛を誓うが、娘は、もしその誓いを破れば、必ず報いが訪れるといい、立ち去る。若者が引き返す途中、魅力的な美しさの乙女が湖から現れ、若者を誘惑
する。若者はついに誘惑に負けて、取りつかれたように乙女を追って湖底にまで追いかける。その乙女の手を取った瞬間乙女の姿が、先ほど愛を誓った娘に変わる。逃げようとする若者を波が飲み込み若者は、娘とともに水中に消えていった。}
 
以上のように、今年は、どの曲も物語を多く含んだものとなりました。
聴き手の皆様の想像力も大きく膨らませて頂き、そのお力をお借りしながら私も一緒に楽しめたらと思っています。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか?
 
これまでずっと、より良い音楽を求めてきましたが、ここまできてみると、(よりよいものを求める気持ちは勿論消えていませんが)、生涯かけてもそう簡単に最高地点に到達できるものではないという事を悟りました。
しかし、もうすでに音楽は自分の生活の一部となっていて、離れることなどはできません。
人は生活の中で起こる様々なことで、喜んだり、落ち込んだり、悲しんだり、楽しんだり、時に怒りを爆発させながら、日々を送っているわけですが、私にとっては、その感情を
抑えてくれるのが音楽という存在です。
いつも無意識のうちに、気分とは反対の曲調を欲してきました。そうして楽譜を開き数分
でもその作品を楽しむことで、いつの間にか、もやもやが少し晴れて気分が楽になっているのです。音楽を精神安定剤や、自然治療薬として使用していることになります。
私はこれからも、音楽とこのように密接に繋がりながら、できるだけ心穏やかに日々を
送りたいと思っています。
 
 

時間: 15:30開演(15:00開場)
 
料金: 全席自由 2,000円
 
出演: 神谷玲子(ピアノ) 石渡真知子(司会)
 
プログラム:
エルガー:「愛の挨拶」 作品12 ホ長調
べートーヴェン:ピアノソナタ第17番 「テンペスト」作品.31-2 全楽章
橋本国彦:踊子の稽古帰り
平井康三郎:幻想曲「さくら さくら」
ショパン:ノクターン 遺作 嬰ハ短調
リスト:“3つの演奏会用練習曲”より「ため息」
ショパン:バラード第3番 作品47 変イ長調
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2017年3月12日(日)Spring Concert of clarinet quartetto【ギャラリー】


2017年3月12日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
Spring Concert of clarinet quartetto が開催されました。
 
 

髙武美月
12歳よりクラリネットを始める。埼玉県立松伏高校音楽科を卒業し、現在日本大学芸術学部音楽学科在学中。第120回日本大学芸術学部音楽学科定期演奏会において学内オーケストラとウェーバーの協奏曲第1番を共演。県内の中学・高校の指導も行う。金井清、木村健雄、品川政治、四戸世紀の各氏に師事。
 
橋浦円香
10歳よりクラリネットを始める。スイス国立チューリッヒ芸術大学にてファビオ・ディ・カソラ氏のマスタークラスを受講。これまでにクラリネットを西林亜希子、品川政治、四戸世紀の各氏に師事。現在、日本大学芸術学部音楽学科在学中。
 
宮谷優佳
9歳よりクラリネットを始める。第18回”万里の長城杯”国際音楽コンクール優秀賞受賞。これまでにクラリネットを広瀬寿美、品川政治、四戸世紀の各氏に師事。現在、日本大学芸術学部音楽学科に在学中。
 
髙橋星那
クラリネットを12歳より始める。これまでにクラリネットを本田佳奈、品川政治、四戸世紀の各氏に師事。現在、日本大学芸術学部音楽学科に在学中。4月より同大学大学院芸術学研究科音楽芸術専攻(クラリネット)に進学予定。後進の指導や演奏活動も積極的に行っている。K・ミュージックスクール、クラリネット、音楽基礎科目講師。
 
 


クレア・グランドマン:クラリネットのためのカプリス
 
コバ(小林靖宏):楽天家に捧ぐ螺旋
 
ジャン・フランセ:クラリネット小四重奏曲
 
アストル・ピアソラ:ブエノスアイレスの春
 
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 第12番「アメリカ」より 第4楽章


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、四人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日は、お越しくださいまして誠にありがとうございます。
 この度、大学卒業の節目ということで、同期の4人でリサイタルを開かせていただくことになりました。
 本日のプログラムは、これまでの経験から、4人が演奏したい曲を集めました。
 まだまだ未熟な演奏ではありますが、最後までお楽しみください。
 最後になりましたが、これまでご指導頂いた先生方、本日開催にあたりご協力頂いた関係者の皆さまに心より感謝申し上げます。

2017年3月12日(日)兒玉千沙子ピアノ・リサイタル【ギャラリー】


2017年3月12日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
兒玉千沙子ピアノ・リサイタル が開催されました。
 
 

兒玉千沙子:ピアノ
東京音楽大学付属高等学校、東京音楽大学を経て、現在同大学大学院修士課程2年に在学中。平成23年度給費入学奨学生。平成27年度短期留学奨学生。ピアノ演奏家コース成績優秀者による演奏会、ベーゼンドルファー東京ランチタイムコンサート、カワイ表参道ジョイントリサイタルなど多くの演奏会に出演。第64回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。第11回大阪国際音楽コンクールAge-Hエスポワール賞。第10回北本ピアノコンクールG部門第2位。これまでにピアノを諏訪明子、鳥居知行、故海老原直美の各氏に、室内楽を土田英介氏に、作曲を大久保みどり氏に師事。現在、武田真理、石井克典の両氏に師事。
 
 


J.ハイドンピアノ・ソナタ ホ長調 Hob.XVI-31
 
M.ラヴェル:水の戯れ
 
M.ラヴェル:鏡
  Ⅰ.蛾
  Ⅱ.悲しい鳥たち
  Ⅲ.洋上の小舟
  Ⅳ.道化師の朝の歌
  Ⅴ.鐘の谷


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、兒玉千沙子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日はお忙しい中お越し頂きありがとうございます。
 この度、初めてのソロリサイタルを開かせて頂く運びとなり、緊張しながらもこの日を楽しみに準備をして参りました。
 6日後に大学院修了を控えており、本日が学生生活最後の舞台となります。皆様に来て良かったと思って頂けるように、精一杯心を込めて演奏致します。どうぞ最後までお楽しみください。

2017年3月12日(日)松土優衣香ピアノ リサイタル【ギャラリー】


2017年3月12日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
松土優衣香ピアノ リサイタル が開催されました。
 
 

松土優衣香:ピアノ
4歳よりピアノを始める。小学校1年生から中学校3年生まで桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」で学ぶ。2009年第4回Miyoshi netピアノコンクール東京大会第1位。全国大会第3位。第26回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション奨励賞、フレッシュコンサート出演。2013年学内成績優秀者による桐朋学園音楽部門高校Students’Concert、2015年高校卒業演奏会に出演。2017年大学Students’Concertに出演予定。現在本村久子、山田朋子、竹内啓子の各氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部2年在学中。
 
 


J.S.バッハ:フランス組曲 第1番 BWV812 ニ短調
 
ハイドン:ピアノソナタ ロ短調 Hob.XⅥ:32
 
プロコフィエフ:ピアノソナタ 第2番 ニ短調 作品14


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、松土優衣香さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 今日はお忙しい中、お越しいただきありがとうございます。私にとって初めてのリサイタルということで、これまでお世話になった先生方や家族、友人に感謝して弾きたいと思います。多くの方に聴いていただける幸せも感じながら、自分のベストを尽くします。
 今回は、時代の変化を感じられるプログラムにしました。時代によって変わる音の響き、リズムの変化などが面白いと思います。最後までお楽しみいただけたら幸いです。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)