タグ : ベートーヴェン

第2回 森田綾乃ヴァイオリンリサイタル


2014年11月29日(土)15:30~16:30で
日暮里サニーホール・コンサートサロンにて
第2回 森田綾乃ヴァイオリンリサイタル
が開催されました。

IMG_4020

IMG_4027

IMG_4028

IMG_4030

IMG_4035

•L.v.ベートーヴェン/ヴァイオリン ソナタ 第1番 ニ長調 作品12-1
第1楽章:Allegro con brio
第2楽章:Tema con variazioni Andante con moto
第3楽章:Rondo Allegro

•Y.イザイ/子どもの夢

•C.フランク/ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調
第1楽章:Allegretto moderato
第2楽章:Allegro
第3楽章:Recitativo-Fantasia
第4楽章:Allegretto poco mosso

morita1

morita2

morita3

第1回に引き続き
ヴァイオリン:森田綾乃さん
ピアノ:中川彩さん
のお二人による演奏でした。

前回もチケットが売り切れ、今回も満席に近いお客様がご来場になっていて
終演後も大勢の温かいお客様に囲まれていらっしゃいました。
森田さんのヴァイオリンの音色は華奢なお体からは想像できない深く太やかな音が響きます。
次回のリサイタルも楽しみにしています♪
14112901

【まもなく】TIAA協奏曲 ヌーベルバーグ2014 PART 3&4【開催】


2014年12月20日(土)と21日(日)に日暮里サニーホールで
協奏曲とアリアのコンサート「ヌーベルバーグ2014 Part.3&4」が間もなく開催されます。
5月に行われたPart.1&2も多くの方にご来場いただきましたこのコンサートですが
12月のPart.3&4の告知が増えて参りましたので御紹介いたします。
どちらもフリーペーパーですので、見かけたらご覧下さい。
 
『VIVACE2014年12月号』4~5ページ
VIVACE201412

201412
 
『ぶらあぼ2014年12月号』100ページ
ぶらあぼ201412
 
 
2014年12月20日(土) PART 3
18:30 開演 (18:00 開場)
全席自由 前売4,000円 当日4,500円
 
中村 彩乃(ソプラノ)
 V. ベッリーニ:ああ、信じられない 歌劇『夢遊病の女』より
中元 茉莉(ヴァイオリン)
 W. A. モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第5番 K219 ≪トルコ風≫ イ長調 第1楽章
伊藤 セシリア(ソプラノ)
 G. ヴェルディ:不思議だわ!~ああ、そはかの人か~花から花へ 歌劇『椿姫』より
渡部 真由香(ヴァイオリン)
 V. ラロ:スペイン交響曲 作品21 第1楽章
小林 裕子(ソプラノ)
 G. プッチーニ:私の名はミミ 歌劇『ラ・ボエーム』より
 ある晴れた日に 歌劇『蝶々夫人』より
寺井 琴美(ヴァイオリン)
 C. サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 Op.61
原 美千代(ピアノ)
 E. グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
吉崎 麻衣子(ピアノ)
 L. v. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」
 
 
2014年12月21日(日) PART 4
13:30 開演 (13:00 開場)
全席自由 前売4,000円 当日4,500円
 
兼近 厚子(ピアノ)
 F. リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
小屋敷 梨花(ピアノ)
 L. v. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37
大谷内 映(ピアノ)
 E. グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16 第1楽章
山西 真理(ピアノ)
 S. ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調
 
 
両日とも
指揮: スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽: 東京国際芸術協会管弦楽団
でお届けいたします。
 
 
皆様のご来場をお待ち申し上げます。
 
 

ヌーベルバーグ2013 Part.1&2の動画アップ!


5月に行われたTIAA協奏曲 ヌーベルバーグ2013 Part.1とPart.2の動画をyoutubeにそれぞれアップいたしました。

右下の全画面ボタンの4つ左に歯車のボタンがございますが、そこをクリックしていただくと画質を上げることができます。1080Pまで画質を上げると、かなり綺麗な動画(DVD画質以上)で見ることができます。
(ご使用のパソコンの環境によっては、動画処理が追いつかずカクカク動いてしまうかもしれません。その際は、画質を下げてご覧下さい。)
お仕事などのご予定が入ってしまって、いらっしゃれなかったお客さまは、短い時間ではございますが、こちらにて当日の雰囲気を味わえるのではないでしょうか。


TIAA協奏曲 ヌーベルバーグ2013 part1

ヌーベルバーグ2013 Part.1
2013年5月25日(土)日暮里サニーホール
秋山ゆかり(ソプラノ)
グリエール/コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲 作品82
竹内佑子(ピアノ)
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
須永萌子(ピアノ)
グリーグ/ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
林田まどか(ピアノ)
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
指揮:スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽:東京国際芸術協会管弦楽団


TIAA協奏曲 ヌーベルバーグ2013 part2

2013年5月26日(日)日暮里サニーホール
堀内麻未(ピアノ)
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
髙野凜(ピアノ)
モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 K.537「戴冠式」
若林みどり(ピアノ)
モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
井田有希子(ピアノ)
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
原美千代(ピアノ)
ブラームス/ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15
指揮:スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽:東京国際芸術協会管弦楽団

ソリスト公募中、詳細はコチラまで。
憧れの協奏曲やアリアをオーケストラの伴奏で演奏してみませんか?

ヌーベルバーグ2013 Part.2公演記事


2013年5月26日(日)は午前中に小雨模様だったものの、本番ではお天気も回復してコンサート日和となりました。

前日の本番前にも調律は入れていますが、たくさんのソリストが演奏していますので、この日も調律からスタートです。

ゲネプロでのオーケストラ(東京国際芸術協会管弦楽団)

前日の疲れを微塵も見せず、今日もパワフルなサウンド!
コンサートマスター福本牧さんも自らサウンドチェック。 うわぁ、凛々しい立ち姿!!



続いて本番でのオーケストラ

コンサートマスターの表情から、今どんな音楽が鳴っているのか想像できる1枚ですね。


以下、ソリスト各氏のゲネプロと本番での様子です。

若林 みどり
モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488 第1楽章


井田 有希子
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15 第1楽章


堀内 麻未
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18


髙野 凜
モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 K.537「戴冠式」第1楽章


原 美千代
ブラームス/ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15


この日もお客様から大変好評でした。
終演後にいただいたアンケートを一部掲載させていただきます。
「指揮者が手を抜かず、力強く導いていたので迫力を感じました。若手のピアニストのこれからの成長が楽しみです(65歳女性)」
「オーケストラ、コンダクターがとても良かった。ラフマニノフは素晴らしい演奏でした(女性)」

次回の「ヌーベルバーグ」は今年の12月21日(土)と22日(日)となります。
また素晴らしいソリストと指揮者&オーケストラで臨みますので、どうぞお楽しみに!!

ヌーベルバーグ2013 Part.1公演記事


2013年5月25日(土)はお天気にも恵まれ、良いコンサート日和になりました。
当日のゲネプロの様子と本番の様子を写真を交えてお届けいたします。

ゲネプロでのオーケストラ(東京国際芸術協会管弦楽団)

マエストロ、アツくなり過ぎて、指揮台から落ちないでね(^^;
もう、この時点で片足しか残ってません。土俵際のふんばり!

リハーサル会場での響きとは違う、日暮里サニーホール特有の音の響き方にアジャストしていっています。
これができるのは優秀なオーケストラの証です!

続いて本番でのオーケストラ




スティーヴェン・ドミニク・エレリ氏の情熱的な指揮に導かれて、熱演に至りました。

本当にありがたいことに、当日は満席近いお客様にご来場いただき、
オーケストラもソリストもテンション、モチベーションともにMAXでした。
やっぱり多くのお客様にお聴きいただけるということは
演奏者冥利につき、これほど力が湧き出ることはございません。

(これは開演直後の写真ですが、これ以降、更に多くのお客様にご来場いただけました。)

以下、ソリスト各氏のゲネプロと本番での様子です。

竹内 佑子
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」


秋山 ゆかり
グリエール/コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲 作品82


須永 萌子
グリーグ/ピアノ協奏曲 イ短調 作品16


林田 まどか
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18


お客様からも大変好評だったこのコンサート。
終演後にいただいたアンケートを一部掲載させていただきます。

「楽団のレベルも高く、ソロもよかった(55歳男性)」
「オーケストラ、ステージの割りに大編成でびっくり。ダイナミックで聴きごたえがあった。各パート毎にピアノと協演する所は特に美しかった(無記)」
「ソプラノの硬質ななめらかな陶器を思わせる美しい声がすばらしい。次は叙情的な歌声も聴いてみたい(無記)」
「演奏に感動しました。特にラフマニノフは鳥肌が立ち、最後は涙が出るほどでした(62歳女性)」
「ソリストを毎回公募しての取り組みが素晴らしいと思います。日本の音楽家を育てる意義のあるコンサートだと思いました(女性)」

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)