タグ : ヌーベルバーグ

2017年5月27日(土)28日(日) ヌーベルバーグ2017 Part.1&2【動画公開】


2017年5月27日(土)28日(日)に日暮里サニーホールで開催された
ヌーベルバーグ2017 Part.1&2 の動画が公開されました。
 


 
2017年5月27日(土)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 Part.1(抜粋)

永留五月(ソプラノ)
ヴェルディ:『ナブッコ』より 「ああ 私が見つけた運命の書よ~かつてわたしも喜びに心を開いた~今やわたしは黄金の王位の」
 
奥なゆみ(ピアノ)
ハイドン:ピアノ協奏曲 第11番
 
山口好美(ピアノ)
サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番
 
須永萌子(ピアノ)
ショパン:ピアノ協奏曲 第1番
 
鈴木大(ピアノ)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番
 
山田美樹(ピアノ)
グリーグ:ピアノ協奏曲
 
 
 
C.v.M.ウェーバー:『魔弾の射手』より序曲

場所:東京・日暮里サニーホール
指揮:スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽:東京国際芸術協会管弦楽団
 
 
 
2017年5月28日(日)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 Part.2(抜粋)

福田恭子(ソプラノ)
ロッシーニ:『セビリアの理髪師』より「今の歌声は」
  
椿太陽(ヴァイオリン)
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
  
蔵愛美(ピアノ)
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番
 
桑原ひとみ(ピアノ)
サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番
 
稲垣満有子(ピアノ)
ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番
 
谷田貝亜紀(ピアノ)
グリーグ:ピアノ協奏曲
 
 
 
次回コンサートのソリスト公募中、詳細はコチラからお問い合わせ下さい。
憧れの協奏曲やアリアをオーケストラの伴奏で演奏してみませんか?

2017年5月27日(土)・28日(日)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017【指揮者・オーケストラ/ギャラリー】


2017年5月27日(土)・28日(日)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 PART.1&2
のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。
 

指揮:スティーヴェン・ドミニク・エレリ
イギリス、エクスター生まれ。バーミンガム音楽院にてクラリネットと作曲を最優秀成績で卒業。クラコフ・アカデミー、サンクトペテルブルグ音楽院、東京藝術大学にて指揮を学ぶ。ペルーのアレキパ交響楽団芸術監督。サンクトペテルブルグのゴルコフスカヤ・オーケストラ助席指揮者。その他、ヤクーツク・オペラ・バレエ劇場やウラジオストク・オペラ交響楽団、クラスノヤルスク・アカデミック交響楽団、インドのカルカッタ基金オーケストラ、ポーランドのルブリン・フィルハーモニック等を指揮。日本では、東京シティフィルや大阪フィルハーモニック・オーケストラ等を指揮。イギリスの「リーズ指揮コンクール」準決勝進出。イタリア、トレノの「アントニオ・ペドロッティ国際指揮コンクール」でメリット・ディプロマを受賞。ポーランド、カトーヴィツェで第6回フィテルベルク国際指揮コンクール3位入賞。
 
 
オーケストラ:東京国際芸術協会管弦楽団
 
 
 
【リハーサル】


 
 
 
【ゲネプロ】


 
 
 
【本番】
オーケストラだけでの演奏として、ウェーバー:『魔弾の射手』序曲を演奏いたしました。


 
 
 
【客席】
お客様の顔には処理をさせていただきましたが、特にPart.2はほぼ満席になり、ソリストやオーケストラも気持ちよく演奏できたのではないかと存じます。ご来場いただきましたお客様方に感謝申し上げます。

 
 
 
このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを歌っていただく演奏会です。指揮は前回も非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。指揮者によるトークコーナーでは、彼のお人柄が表れてお客様も和やかになられたようです。


 
 
 
【お客様から指揮者とオーケストラに寄せられたアンケート内容】
「ホールの規模が身近で聴ける大きさで、大きな編成ではないのに、音の響きが素晴らしかったです。魔弾の射手序曲のオマケ?付き、久しぶりに聴いて(中学生の時、母親がプレゼントしてくれた思い出のレコード収録曲です)懐かしかったです」
「オーケストラのレベルが高い。ソリストが一流のオケをバックに演奏するという このような機会を設けられていることは大変意義のあることと思います」
「演奏力が高く、大変近くで生の音が聴けたところ。指揮者の親日家的なところ(スピーチから)」
「語りかけて来るような、オーケストラもバイオリンも心に残る演奏で、来て良かったと思いました」
「オーケストラが奥行きを出して絵のように感じました」
「指揮者の方がとても明るくフレンドリーで、又、次回も来たくなりました」
「スティーブンの挨拶が楽しかった。次回も楽しいお話をきかせてください」
 
 
 
【ソリストインタビュー】
コチラの記事へ
 
 
  
≪ ソリスト募集 ≫
現在は『 ヌーベルバーグ2017 Part.3&4 』『 ヌーベルバーグ2018 Part.1&2 』のソリストを募集しております。
ご興味を持たれた方は、コチラからお問い合わせ下さい。

2017年5月28日(日)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017【谷田貝亜紀/ギャラリー】


2017年5月28日(日)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 PART.2
のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。
 
谷田貝亜紀(ピアノ)
グリーグ:ピアノ協奏曲 全楽章
4歳より大橋幸恵氏、水町真弓氏に師事。小学生よりPTNAピアノコンペティションを受け続け、B・C・D・E各級にて本選優秀賞及び奨励賞、日本ピアノコンクール中級1のA部全国1位。中学でポーランドクラクフ室内管弦楽団、東京スカイラインオーケストラと共演を果たし、ハイドンピアノ協奏曲ニ長調第一楽章、ベートーヴェンピアノ協奏曲第1番第三楽章を演奏。東邦大学薬学部に入学するも勢力的に音楽活動を続け、PTNAピアノコンペティショングランミューズ部門にて本選入賞。
 
 
  
【インタビュー】
コチラの記事へ
 
【指揮者合わせ】


 
 
 
【リハーサル】


 
 
 
【ゲネプロ】


 
 
 
【お客様へのメッセージ】
グリーグのピアノ協奏曲は以前友人が所属していたオーケストラの公演で演奏されて以来ずっと憧れてきた曲です。今回この企画を知り、是非参加させて頂きたいと思っておりましたが、本当にコンサートに参加させて頂けることになり、自身にとってかけがえのない機会となりました。自らの仕事をする中で中々時間が取れないこともありましたが、ここまでサポートし、応援してくれた方々に感謝し、演奏をさせて頂きます。
 
 
 
【本番】


 
 
 
このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを歌っていただく演奏会です。指揮は前回も非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。指揮者によるトークコーナーでは、彼のお人柄が表れてお客様も和やかになられたようです。


 
 
  
≪ ソリスト募集 ≫
現在は『 ヌーベルバーグ2017 Part.3&4 』『 ヌーベルバーグ2018 Part.1&2 』のソリストを募集しております。
ご興味を持たれた方は、コチラからお問い合わせ下さい。

2017年5月28日(日)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017【稲垣満有子/ギャラリー】


2017年5月28日(日)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 PART.2
のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。
 
稲垣満有子(ピアノ)
ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番 第3楽章
常葉大学短期大学部音楽科を経て、同短大部専攻科音楽専攻修了。同大学主催の定期、卒業、修了の各演奏会等に出演。在学中、M.モギレフスキー氏の公開レッスンを受講した。第20回静岡ピアノオーディションに合格、ヤマハミュージックジャパン賞、静岡市長賞を併せて受賞し、受賞者記念演奏会に出演。第60回TIAA全日本クラシック音楽コンサートで新人賞を受賞(室内楽)。第66回ではピアノ独奏で入選。推薦を受け、シュトゥットガルト音楽大学マスタークラスを受講。H.P.シュテンツェル氏に師事した。現在、ソロ、室内楽、伴奏にわたり幅広く演奏活動を行っている。これまでに伊藤京子、入川美智子、高瀬健一郎の各氏に師事。
 
 
  
【インタビュー】
コチラの記事へ
 
【指揮者合わせ】


 
 
 
【リハーサル】


 
 
 
【ゲネプロ】


 
 
 
【お客様へのメッセージ】
今回共演させていただくブラームスの協奏曲は、学生生活最後の試験で演奏したという、私にとって最も思い入れのある曲です。ブラームスの青年期の作品らしい活気が最初から最後まで満ち溢れ、突き進むような躍動感、オーケストラと一体となって作り上げる重厚な響きが聴きどころとなっています。ブラームスの魅力が皆様に伝わるよう、心を込めて演奏させていただきます。
 
 
 
【本番】



 
 
 
このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを歌っていただく演奏会です。指揮は前回も非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。指揮者によるトークコーナーでは、彼のお人柄が表れてお客様も和やかになられたようです。


 
 
  
≪ ソリスト募集 ≫
現在は『 ヌーベルバーグ2017 Part.3&4 』『 ヌーベルバーグ2018 Part.1&2 』のソリストを募集しております。
ご興味を持たれた方は、コチラからお問い合わせ下さい。

2017年5月28日(日)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017【桑原ひとみ/ギャラリー】


2017年5月28日(日)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 PART.2
のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。
 
桑原ひとみ(ピアノ)
サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番 第1楽章
名古屋市立菊里高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。これまでに馬塲マサヨ、藤井博子、上野栄美子、広瀬康の各氏師事。2台ピアノを三瀬和朗、藤井一興の各氏に師事。2012ウィーン・マスタークラス受講。2013ジュラ・キシュサマーセミナーinハンガリー受講。修了演奏会出演。第一回いかるがピアノコンクール音大生部門第2位。第58回東京国際芸術協会新人演奏会オーディション奨励賞。第7回ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール一般部門第2位。現在、桐朋学園大学附属子供のための音楽教室お茶の水教室ソルフェージュ科講師。また都内のインターナショナルスクールにてソルフェージュクラスを開講。
 
 
  
【インタビュー】
コチラの記事へ
 
【指揮者合わせ】


 
 
 
【リハーサル】


 
 
 
【ゲネプロ】


 
 
 
【お客様へのメッセージ】
第一楽章は悲愴に満ちたテーマで始まっていますが、とても美しく魅力的なメロディーを持つ、ロマンティックで情熱的な曲です。私にとって初めてのオーケストラとの共演でこの曲を演奏出来るのをとても楽しみにしていました。ヴィルトゥオーソ的なピアノソロと、オーケストラとともに作り上げるアンサンブルの響き、両方をお伝え出来るよう楽しみながら演奏出来れば、と思います。
 
 
 
【本番】


 
 
 
このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを歌っていただく演奏会です。指揮は前回も非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。指揮者によるトークコーナーでは、彼のお人柄が表れてお客様も和やかになられたようです。


 
 
  
≪ ソリスト募集 ≫
現在は『 ヌーベルバーグ2017 Part.3&4 』『 ヌーベルバーグ2018 Part.1&2 』のソリストを募集しております。
ご興味を持たれた方は、コチラからお問い合わせ下さい。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)