タグ : スティーヴェン・ドミニク・エレリ

2016年5月29日(日)スギテツ 軽めに幻想曲【掲載2】


 
2016年5月29日(日)スギテツ 軽めに幻想曲【掲載1】はコチラ
 
 
現在配布中の『ぶらあぼ』2016年6月号119ページに
2016年5月29日(日)に東京・日暮里サニーホールで開催される
スギテツ with 東京国際芸術協会管弦楽団 『軽めに幻想曲』
の広告が載っています。
ぶらあぼ2016年6月号スギテツ広告
 
また、FM NACK5で毎週日曜日6:00〜6:55に放送されているスギテツの番組
スギテツのGRAND NACK RAILROAD」でも本公演のCMが流れております。
カッコいいCMを作って下さいましたので、そちらも是非お聞き下さい。
 
 
<チケットのお求めにつきまして>
 
イープラスでのご購入はコチラとなります。
 ※手数料をお安くおさえる購入方法がリンク先に書かれています。
 
東京国際芸術協会でのご購入はコチラになります。
 ※1万円以上(2枚以上)のご購入で送料(佐川急便での発送)が無料となります。
 ※お電話でのお問い合わせは03-6806-7108(平日9:30~18:30のみ)となります。
 
 
16052903
 
この公演の大きな特徴は、オーケストラとスギテツさんとのコラボレーションにございます。
 
岡田鉄平さんは、ハトヤのカルメン幻想曲を演奏されますが、ハトヤのカルメン幻想曲はオーケストラ版がこのコンサートで初演となります。元になったサラサーテのカルメン幻想曲も、鉄平さんのCDアルバム『BRILLIANT ~ヴァイオリン作品集~』ではピアノ伴奏でしたが、フルオーケストラで演奏するバージョンとなります。
 
杉浦哲郎さんは、フルオーケストラを前についに○○をすることになります! 3月21日のツアー東京公演では本人の口からポロっとネタバレがありましたが、最後までお楽しみにお待ち下さい。
 
指揮はイギリスからスティーヴェン・エレリ氏をお迎えして東京国際芸術協会管弦楽団の伴奏のもと、お届けいたします。スティーヴェン・エレリ氏は世界中で指揮をされていて10数カ国語をあやつるマルチリンガルな方です。日本語も非常に得意で、彼が発する冗談のおかげでリハーサルもほのぼの進むような温かいお人柄です。
 
 
スギテツwith東京国際芸術協会管弦楽団
『 軽めに幻想曲 』

日程: 2016年5月29日(日)
場所: 東京・日暮里サニーホール(JR日暮里駅・南口より徒歩2分)
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全自由席 前売5,000円 当日5,500円
指揮: スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽: 東京国際芸術協会管弦楽団
プログラム:
【第1部】
ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲
サラサーテ:カルメン幻想曲 他
【第2部】
ハトヤのカルメン幻想曲 (オーケストラ版初演)
その他、第1部で演奏した曲目を題材にしたスギテツの曲目たち
 
16052904
 
<ご入場につきまして>
 
会場は全席自由席でのご販売となります。
17:30から整理券を発行させていただきますので、チケットを予めご購入の上、整理券配布の列にお並びください。
チケットをご購入されていないお客様は、当日のチケット販売や前売券の取り置きチケットのお引き換えが、同じく17:30からとなりますので、整理券配布の列にお並びいただけるのが遅くなってしまいます。
その点を考慮しますと、当日券の購入や、前売券の取り置きチケットになさるよりは、事前購入で御手元にチケットを確保されていることをお勧めします。
 
19:00から開場となりますが、整理券の若い番号の方からご入場いただくことになりますので、若い番号の整理券をお持ちの方は19:00前にご参集下さい。

2016年5月29日(日)スギテツ 軽めに幻想曲【掲載】


 
 
(前記事はコチラ)
 
 
2016年5月29日(日)に東京・日暮里サニーホールで開催される
スギテツ with 東京国際芸術協会管弦楽団 『軽めに幻想曲』 
につきまして現在発行されている以下のフリーペーパーに記事が掲載されております。
 
『 VIVACE 』2016年4月号
(上のリンク先からご覧いただくことができます。また、下の画像をクリックしていただきますと大きく表示されますので読むことができます。)
VIVACE201604
 
設置場所は、コチラ(リンク先)になります。
関東の主要ホール・レコード店で入手できますので、お手にとってみて下さい。
 
 
また、FM NACK5で毎週日曜日6:00〜6:55に放送されているスギテツの番組
「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」でも本公演のCMが流れております。
カッコいいCMを作って下さいましたので、そちらも是非お聞き下さい。
 
 
<チケットのお求めにつきまして>
 
イープラスでのご購入はコチラとなります。
 ※手数料をお安くおさえる購入方法がリンク先に書かれています。
 
東京国際芸術協会でのご購入はコチラになります。
 ※1万円以上(2枚以上)のご購入で送料(佐川急便での発送)が無料となります。
 ※お電話でのお問い合わせは03-6806-7108(平日9:30~18:30のみ)となります。
 
 
16052903
 
この公演の大きな特徴は、オーケストラとスギテツさんとのコラボレーションにございます。
 
岡田鉄平さんは、ハトヤのカルメン幻想曲を演奏されますが、ハトヤのカルメン幻想曲はオーケストラ版がこのコンサートで初演となります。元になったサラサーテのカルメン幻想曲も、鉄平さんのCDアルバム『BRILLIANT ~ヴァイオリン作品集~』ではピアノ伴奏でしたが、フルオーケストラで演奏するバージョンとなります。
 
杉浦哲郎さんは、フルオーケストラを前についに○○をすることになります! 3月21日のツアー東京公演では本人の口からポロっとネタバレがありましたが、最後までお楽しみにお待ち下さい。
 
指揮はイギリスからスティーヴェン・エレリ氏をお迎えして東京国際芸術協会管弦楽団の伴奏のもと、お届けいたします。スティーヴェン・エレリ氏は世界中で指揮をされていて10数カ国語をあやつるマルチリンガルな方です。日本語も非常に得意で、彼が発する冗談のおかげでリハーサルもほのぼの進むような温かいお人柄です。
 
 
スギテツwith東京国際芸術協会管弦楽団
『 軽めに幻想曲 』

日程: 2016年5月29日(日)
場所: 東京・日暮里サニーホール(JR日暮里駅・南口より徒歩2分)
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全自由席 前売5,000円 当日5,500円
指揮: スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽: 東京国際芸術協会管弦楽団
プログラム:
【第1部】
ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲
サラサーテ:カルメン幻想曲 他
【第2部】
ハトヤのカルメン幻想曲 (オーケストラ版初演)
その他、第1部で演奏した曲目を題材にしたスギテツの曲目たち
 
16052904
 
<ご入場につきまして>
 
会場は全席自由席でのご販売となります。
17:30から整理券を発行させていただきますので、チケットを予めご購入の上、整理券配布の列にお並びください。
チケットをご購入されていないお客様は、当日のチケット販売や前売券の取り置きチケットのお引き換えが、同じく17:30からとなりますので、整理券配布の列にお並びいただけるのが遅くなってしまいます。
その点を考慮しますと、当日券の購入や、前売券の取り置きチケットになさるよりは、事前購入で御手元にチケットを確保されていることをお勧めします。
 
19:00から開場となりますが、整理券の若い番号の方からご入場いただくことになりますので、若い番号の整理券をお持ちの方は19:00前にご参集下さい。

【まもなく】TIAA協奏曲 ヌーベルバーグ2014 PART 3&4【開催】


2014年12月20日(土)と21日(日)に日暮里サニーホールで
協奏曲とアリアのコンサート「ヌーベルバーグ2014 Part.3&4」が間もなく開催されます。
5月に行われたPart.1&2も多くの方にご来場いただきましたこのコンサートですが
12月のPart.3&4の告知が増えて参りましたので御紹介いたします。
どちらもフリーペーパーですので、見かけたらご覧下さい。
 
『VIVACE2014年12月号』4~5ページ
VIVACE201412

201412
 
『ぶらあぼ2014年12月号』100ページ
ぶらあぼ201412
 
 
2014年12月20日(土) PART 3
18:30 開演 (18:00 開場)
全席自由 前売4,000円 当日4,500円
 
中村 彩乃(ソプラノ)
 V. ベッリーニ:ああ、信じられない 歌劇『夢遊病の女』より
中元 茉莉(ヴァイオリン)
 W. A. モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第5番 K219 ≪トルコ風≫ イ長調 第1楽章
伊藤 セシリア(ソプラノ)
 G. ヴェルディ:不思議だわ!~ああ、そはかの人か~花から花へ 歌劇『椿姫』より
渡部 真由香(ヴァイオリン)
 V. ラロ:スペイン交響曲 作品21 第1楽章
小林 裕子(ソプラノ)
 G. プッチーニ:私の名はミミ 歌劇『ラ・ボエーム』より
 ある晴れた日に 歌劇『蝶々夫人』より
寺井 琴美(ヴァイオリン)
 C. サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 Op.61
原 美千代(ピアノ)
 E. グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
吉崎 麻衣子(ピアノ)
 L. v. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」
 
 
2014年12月21日(日) PART 4
13:30 開演 (13:00 開場)
全席自由 前売4,000円 当日4,500円
 
兼近 厚子(ピアノ)
 F. リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
小屋敷 梨花(ピアノ)
 L. v. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37
大谷内 映(ピアノ)
 E. グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16 第1楽章
山西 真理(ピアノ)
 S. ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調
 
 
両日とも
指揮: スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽: 東京国際芸術協会管弦楽団
でお届けいたします。
 
 
皆様のご来場をお待ち申し上げます。
 
 

ヌーベルバーグ2013 Part.1&2の動画アップ!


5月に行われたTIAA協奏曲 ヌーベルバーグ2013 Part.1とPart.2の動画をyoutubeにそれぞれアップいたしました。

右下の全画面ボタンの4つ左に歯車のボタンがございますが、そこをクリックしていただくと画質を上げることができます。1080Pまで画質を上げると、かなり綺麗な動画(DVD画質以上)で見ることができます。
(ご使用のパソコンの環境によっては、動画処理が追いつかずカクカク動いてしまうかもしれません。その際は、画質を下げてご覧下さい。)
お仕事などのご予定が入ってしまって、いらっしゃれなかったお客さまは、短い時間ではございますが、こちらにて当日の雰囲気を味わえるのではないでしょうか。


TIAA協奏曲 ヌーベルバーグ2013 part1

ヌーベルバーグ2013 Part.1
2013年5月25日(土)日暮里サニーホール
秋山ゆかり(ソプラノ)
グリエール/コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲 作品82
竹内佑子(ピアノ)
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」
須永萌子(ピアノ)
グリーグ/ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
林田まどか(ピアノ)
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
指揮:スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽:東京国際芸術協会管弦楽団


TIAA協奏曲 ヌーベルバーグ2013 part2

2013年5月26日(日)日暮里サニーホール
堀内麻未(ピアノ)
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
髙野凜(ピアノ)
モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 K.537「戴冠式」
若林みどり(ピアノ)
モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
井田有希子(ピアノ)
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
原美千代(ピアノ)
ブラームス/ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15
指揮:スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽:東京国際芸術協会管弦楽団

ソリスト公募中、詳細はコチラまで。
憧れの協奏曲やアリアをオーケストラの伴奏で演奏してみませんか?

ヌーベルバーグ2013 Part.2公演記事


2013年5月26日(日)は午前中に小雨模様だったものの、本番ではお天気も回復してコンサート日和となりました。

前日の本番前にも調律は入れていますが、たくさんのソリストが演奏していますので、この日も調律からスタートです。

ゲネプロでのオーケストラ(東京国際芸術協会管弦楽団)

前日の疲れを微塵も見せず、今日もパワフルなサウンド!
コンサートマスター福本牧さんも自らサウンドチェック。 うわぁ、凛々しい立ち姿!!



続いて本番でのオーケストラ

コンサートマスターの表情から、今どんな音楽が鳴っているのか想像できる1枚ですね。


以下、ソリスト各氏のゲネプロと本番での様子です。

若林 みどり
モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488 第1楽章


井田 有希子
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15 第1楽章


堀内 麻未
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18


髙野 凜
モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 K.537「戴冠式」第1楽章


原 美千代
ブラームス/ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15


この日もお客様から大変好評でした。
終演後にいただいたアンケートを一部掲載させていただきます。
「指揮者が手を抜かず、力強く導いていたので迫力を感じました。若手のピアニストのこれからの成長が楽しみです(65歳女性)」
「オーケストラ、コンダクターがとても良かった。ラフマニノフは素晴らしい演奏でした(女性)」

次回の「ヌーベルバーグ」は今年の12月21日(土)と22日(日)となります。
また素晴らしいソリストと指揮者&オーケストラで臨みますので、どうぞお楽しみに!!

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)