【インタビュー】2019年3月16日(土)ソプラノとピアノが紡ぐサルスエラとハムレット


2019年3月16日(土)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンでソプラノとピアノが紡ぐサルスエラとハムレットを開催いたします。リサイタルに向けて藤田真有さん、田邉安紀恵さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

藤田真有さん:

2017年12月、2018年1月に引き続き、日暮里サニーホールコンサートサロンで演奏させていただく機会です。2018年経験してきたことを、新しいレパートリーに乗せて皆様にお伝えできればと思います。1時間の中にどれだけのメッセージを詰め込むことができるか、自分もお客様も楽しんでいただける音楽づくりをするかは永遠のテーマです。今現在私にできることのベストをお見せしお聞かせすることができるよう頑張ります。

田邉安紀恵さん:

このような素敵なコンサートホールでの演奏の機会を頂けたこと、本当にありがとうございます。
藤田さんとの初めて出会った去年の6月から、何度か一緒にコンサートをさせて頂く機会に恵まれましたが、今回のリサイタルで私たちだから出来る音楽、情景を皆様にお届けできるよう、精一杯二人で準備をして参りたいと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

藤田真有さん:

テーマをサルスエラとハムレットと題しました。サルスエラはスペインで言うところのオペレッタのような舞台音楽劇で、かのドミンゴもスペインでサルスエラ歌手としてデビューしました。日本ではあまり演奏されることのないジャンルですので、少しずつ皆様に知っていただこうと言う気持ちも込めて、事あるごとに取り上げています。私がサルスエラを歌い出したのは、過去に夏のマスタークラスでプエルトリコ人のエヴァンへリーナ・コロン氏から「あなたはサルスエラを歌った方がいいわ!」とおっしゃっていただいてからです。歌っているとどんどん楽しくなり、遊んでしまいたくなるぐらい素敵な音楽です。
ハムレットは、言わずと知れたシェイクスピアの文学です。様々な作曲家がインスパイアされ曲をつけています。今まで興味がありながら挑戦できずにいたのですが、ピアニストの田邉さんのアドヴァイスもあり、今回初めてシェイクスピアを掘り下げることにしました。同じ題材なのに、こうも違う世界観。全く違ったオフェーリア像を、素直に実直に歌い継ぎます。

田邉安紀恵さん:

今回のリサイタルの聴きどころは、前半と後半で全くキャラクターの異なる作品を取り上げている所です。
まず、前半に情熱的なスペイン音楽(サルスエラ)をソプラノソロで2曲、締めくくりとしてピアノソロでフランツ・リスト作曲の「スペイン狂詩曲」を演奏します。
リストは超絶技巧の名手として有名ですが、このスペイン狂詩曲も超絶技巧が散りばめられた15分弱の大作です。リストがスペインに演奏旅行に行った際に受けた印象をもとに作曲され、「フォリア」と「ホタ」という、スペインの民族舞曲の旋律を取り入れられています。
高校生の時に初挑戦した思い出深い作品で、いつかまたどこかで演奏したいと密かに思い続けていたので、今回演奏する機会を得ることができとても嬉しいです。
後半はどっぷりと「ハムレット」に焦点を当ててます。3人の作曲家によって、オフェーリアが愛する人を殺して狂乱していく様が、それぞれの表現で描かれている作品を聴き比べて頂きます。
これは、演奏者自身にとっても聴き手にとっても精神的になかなか精神的に重くなりそうですが、作曲家によって同じ情景でもこんなに音楽が変わるのだ、というところを純粋に楽しんでいただけたらと思います。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

藤田真有さん:

自分はどういうものであるかを表現するところです。私が音楽を始めたのは中学校に入ってから、吹奏楽部でサックスを始めたことと、宝塚歌劇にハマったことがきっかけですが、それ以来将来は舞台に立つ人になるのだと、それ以外の道は考えなかったです。長い年月の中で、歌への情熱がわからなくなったり、思うようにオーディションで成果が出ず落ち込んだりすることが多くて素直に音楽を楽しめない時期もありましたが、「好きな音楽を好きな時にやればいい」と思ってからは心から自由に歌えるようになりました。
舞台で歌を披露するに至るまではコツコツと練習の日々ですが、その練習の過程で様々な発見があり、自分と向き合いアップデートすることができます。そうすると、少し成長した姿で人前に立つことができ、自信を持つことができます。音楽から離れてしまえば、どうやって自分を表現できるでしょうか。それが考えられないほど、私の生活は音楽と共にあります。

田邉安紀恵さん:

私にとって音楽は…まさに人生そのものです。
物心ついた頃には両親の影響でピアノを触っていて、毎日ピアノの練習をするのが当たり前、ピアノが完全に生活の一部でした。そんな生活に疑問を持ち、中学2年生の時にレッスンに通うのを完全にやめてしまいましたが、「音楽が好き」という気持ちは変わらず毎日ピアノを家で弾いており、中学2年生の冬には先生を変えてレッスンに再び通い始めました。
そして、音楽高校、音楽大学に進学しますが、大学3年生の時に「ピアノソロをずっとこのまま専門に進みたいのか」という疑問を持ちました。
高校生の頃から、別の楽器の人と演奏することが好きで、「アンサンブルピアニスト」として専門的に活動しているピアニストが大勢いらっしゃることを知り、その時、私の音楽活動での進みたい道筋がはっきりと自分の中で定まったような気がします。
歌や楽器の方と共演して一緒に音楽を作っていくというのは、難しさも勿論ありますが、楽しくやり甲斐があります。
音楽にはゴールはありません。日々勉強の積み重ねです。共演者の魅力が最大限に発揮できるようなピアニストになれるよう精進して、一生ピアノを弾き続けていきたいです。


演奏会詳細

2019年3月16日(土)ソプラノとピアノが紡ぐサルスエラとハムレット
時間:13:30開演(13:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


藤田 真有 Mayu Fujita,  ソプラノ

沖縄県立芸術大学を経て鹿児島国際大学専攻科声楽コース卒業。渡欧しドイツ、オーストリア、イタリアを中心に研鑽を積む。オーストリア国立グラーツ芸術大学大学院修士課程声楽科を優秀な成績で修了。ヨーロッパにてマスターコースを始めとして数多くの音楽家に指導を受ける。東京国際芸術協会新人演奏会新人演奏会奨励賞、万里の長城杯国際音楽コンクール声楽部門第一位受賞。コンサート歌手として、意欲的なプログラムに挑むリサイタルを数々手がけている。藤原歌劇団・日本オペラ協会正団会員。アルテリーベ東京演奏家。

田邉 安紀恵 Akie Tanabe,  ピアノ

京都市立京都堀川音楽高校ピアノ専攻、愛知県立芸術大学音楽学部音楽学科器楽専修ピアノコース、国立音楽大学大学院修士課程音楽研究科伴奏コース修了。日本音楽コンクール全国大会入選、万里の長城杯国際音楽コンクール優秀伴奏者賞、第2回k室内楽コンクール第2位受賞。第3回プレゾラーナ国際夏期音楽講習会にて、ソプラノ岡崎智恵子氏のマスタークラス公式伴奏を務める。これまでに芝崎美恵、田辺緑、佐藤俊、ラルフ・ナットケンパー、安井耕一、三木香代各氏に師事。ラフィ・ペザリアン、マウリツィオ・カルネッリ、若林顯、ノーマン・シェトラー、の特別レッスン受講。高槻音楽家協会会員。

 

プログラム:

バルビエリ:パロマの歌 (ラバピエスの理髪師)
チャピ:私に愛される人を思うとき (ゼベダイの娘)
リスト:スペイン狂詩曲 [ピアノソロ]
ベルリオーズ:オフェーリアの死
シュトラウス:オフェーリアの3つの歌曲
トマ:オフェーリアの狂乱の場 (ハムレット)

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2019年2月23日(土)佐藤史子ピアノリサイタル 英国に育まれた感性 命の尊さを音に託して


2019年2月23日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで佐藤史子ピアノリサイタル 英国に育まれた感性 命の尊さを音に託して を開催いたします。リサイタルに向けて佐藤史子さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

今回このような機会を頂けたこと、大変ありがたく思うと同時に人前で演奏するという意味を問い責任を感じております。
音楽専攻卒業後、看護師に転じてからは音楽からかけ離れた生活になりました。長期に渡りピアノに触れぬ日々を過ごしたあと、改めてピアノと向き合った時、そのブランクの大きさは想像以上でした。ピアノとはどう弾くものだったのか、演奏に必死になればそもそもの音楽の意味を容易に見失い、自分の力不足に落胆することが多々ありました。
それでも、今まで看護師の場において得たものは音楽に通ずることもあるように思います。
例えば様々な側面から患者さんを分析する思考過程は、アナリーゼや作曲者の心情を想像することに共通すると思います。死生観を考えるような経験は、音楽家達の生き様をより深く感じる機になったように思います。
このような道を歩んできた演奏者として、それぞれの音楽家達が遺していった音楽の意味を私なりの音で伝えられるリサイタルが出来たらと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

今回のプログラムは誰もが聴き易い内容であると思います。
それぞれの曲の特性、音の深さや音色の違いを楽しんで頂けたらと思います。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

私にとって音楽とは何か、ひと言では言い表せない様々な思いがありますが、それでも強いて言うならば生き甲斐かなと思います。
子供の時はピアノが好き、音楽が好きという単純な気持ちでした。しかしピアノを継続していく中で、その奥の深さと自分の程度や練習を、負担、苦痛に感じることも多々ありました。かといって離れてしまうと恋しくなり、再開してみると、またその難しさに苦悩させられています。
それでも、音楽には言葉なくとも心救われ、癒され、時には私の感情を代弁し、無意識の間に音楽に支えられて生きてきたと言っても過言ではない程、私と共にあるものでした。
今は仕事や子育てが中心の生活で、練習にかけられる時間は非常に限られているのですが、だからこそ深く集中して音楽と向き合えるよう、少しは成長出来たように思います。
音楽への憧れは終わりがなく、これからも追求し続けていきたいものです。
そして今、音楽に携われていることをありがたく幸せに思います。


演奏会詳細

2019年2月23日(土)佐藤史子ピアノリサイタル 英国に育まれた感性 命の尊さを音に託して
時間: 17:30開演(17:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

佐藤 史子 Fumiko Sato,  ピアノ

6歳よりピアノを始める。英国在住中、王立アカデミー音楽学校ジュニアコースに在籍。愛知県立明和高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学短期大学部芸術科音楽専攻卒業。卒後、看護師に転身。15年以上のブランクを経て黒岩悠氏に師事し看護師の傍ら演奏活動を行っている。第3回ANP近・現代音楽コンクール入選。第47回、第67回東京国際芸術協会新人演奏会出演(第67回奨励賞受賞)。同協会の助成を受け、ウィーン国立音楽大学マスタークラス修了。

 

プログラム:

ベートーヴェン:ピアノソナタ 第14番 作品27-2 『月光』
リスト:2つの伝説 『水の上を渡るパオラの聖フランチェスコ』
ドビュッシー:前奏曲集 第1集 第8曲 『亜麻色の髪の乙女』
ショパン:前奏曲 作品28 第15番 『雨だれ』
ラフマニノフ:幻想的小品集 前奏曲 作品3-2 『鐘』
ショパン:練習曲 作品10-12 『革命』

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2019年2月23日(土)森崎愛弓&松村由紀ジョイントリサイタル


2019年2月23日(土)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンで森崎愛弓&松村由紀ジョイントリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて森崎愛弓さん、松村由紀さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

森崎愛弓さん:

今回はこのようなリサイタルの機会をいただき大変嬉しく思います。ヴァイオリンとのジョイントリサイタルということで、ピアノソロだけでなく様々な音色や曲の魅力感じて楽しんでいただけるよう演奏させていただきたいと思います。

松村由紀さん:

この度はこの様な素敵な機会を頂き、心より感謝いたします。3年間大学で学んだ成果を発揮できるよう、また、これからの音楽活動に向けて意義のある演奏会になるよう、精一杯取り組みたいと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

森崎愛弓さん:

ベートーヴェンのピアノソナタ第30番は、晩年の作品であり、様々な困難に直面し、挫折や絶望と共に生きて、希望を生み出してきたベートーヴェンの人生そのものを投影したような作品です。彼の人生の奇跡を十分に味わっていただけたら嬉しいです。
ショパンは、私が好きな作曲家の一人であり、同時に音楽的に演奏するのが難しい作曲家だと思っています。これから先も永遠と模索して、年を重ねるごとに違った魅力が出てくる作品だと思いますが、今の私ができる最高のショパンを表現できたらと思います。

松村由紀さん:

クライスラーの作品から無伴奏を1曲選びました。モノローグ風の前半部のあと、一転してテクニックを駆使したスケルツォとなっているので、その二面性を楽しんで頂ければと思います。
グリーグのバイオリンソナタは、昨年大学で森崎さんと勉強する機会があり、いつかホールで弾きたいと願っていた曲です。情熱や哀愁の詰まったこの作品を、皆様にお届けしたいです。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

森崎愛弓さん:

私にとって音楽は日常の一部であり、無くてはならない存在です。また、自分自身を最大限に表現できるものであると思っています。

松村由紀さん:

唯一無二の刺激です。音楽は私に、言葉にできない様々な感情をもたらしてくれます。それらは音楽だからこそ受けることのできる刺激で、今の私には必要不可欠なものです。


演奏会詳細

2019年2月23日(土)森崎愛弓&松村由紀ジョイントリサイタル
時間:15:30開演(15:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


森崎 愛弓 Ayumi Morisaki,  Piano

兵庫県出身。兵庫県学生ピアノコンクールE部門最優秀賞、併せて兵庫県知事賞、NHK神戸放送局長賞を受賞。第16回ローゼンストック国際ピアノコンクール第2位(1位なし)。第29回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門入選。第3回江戸川新進音楽家コンクールピアノ部門第2位。現在、迫昭嘉、有吉亮治、横山幸雄の各氏に師事。東京藝術大学3年に在学中。

松村 由紀 Yuki Matsumura,  Violin

香川県出身。第23回日本クラシック音楽コンクール高校の部第5位。第15回チェコ音楽コンクールヴァイオリン部門第3位。第69回東京国際芸術協会新人演奏会オーディションにて優秀新人賞を受賞し、同協会新人演奏会に出演。2011年より佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに3年間在籍。東京藝術大学3年に在学中。

 

プログラム:

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 作品109
ショパン:幻想曲 ヘ短調 作品49
クライスラー:レチタティーボとスケルツォ
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ト長調 作品13

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【ギャラリー/指揮者・オーケストラ】2018年12月1日(土)2日(日)ヌーベルバーグ2018 PART3&4


2018年12月1日(土)、2日(日)に日暮里サニーホールで開催された
ヌーベルバーグ2018 PART3&4 のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。

スティーヴェン・ドミニク・エレリ(指揮)

―――イギリス、エクスター生まれ。バーミンガム音楽院にてクラリネットと作曲を最優秀成績で卒業。クラコフ・アカデミー、サンクトペテルブルグ音楽院、東京藝術大学にて指揮を学ぶ。ペルーのアレキパ交響楽団芸術監督。サンクトペテルブルグのゴルコフスカヤ・オーケストラ助席指揮者。その他、ヤクーツク・オペラ・バレエ劇場やウラジオストク・オペラ交響楽団、クラスノヤルスク・アカデミック交響楽団、インドのカルカッタ基金オーケストラ、ポーランドのルブリン・フィルハーモニック等を指揮。日本では、東京シティフィルや大阪フィルハーモニック・オーケストラ等を指揮。イギリスの「リーズ指揮コンクール」準決勝進出。イタリア、トレノの「アントニオ・ペドロッティ国際指揮コンクール」でメリット・ディプロマを受賞。ポーランド、カトーヴィツェで第6回フィテルベルク国際指揮コンクール3位入賞。

オーケストラ:東京国際芸術協会管弦楽団

【リハーサル】





【ゲネプロ】





【本番】





このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリア、また自作品を演奏していただく演奏会です。


【ギャラリー/菊地莉世】2018年12月2日(日)ヌーベルバーグ2018 PART4


2018年12月2日(日)に日暮里サニーホールで開催された
ヌーベルバーグ2018 PART4 のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。

菊地莉世 Piano

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第4番 ハ短調 作品44 全楽章
C.Saint-Saëns : Piano Concerto No.4 in C minor Op.44

―――3歳よりピアノを始める。東京音楽大学ピアノ演奏家コース、東京音楽大学大学院鍵盤楽器研究領域卒業。ピティナA2級、B級、E級、F級、G級入選及び全国大会出場、審査員特別賞受賞。全日本学生音楽コンクール東京大会、第22回ピアノオーディション教育音楽連盟、第21・23回日本クラシックコンクール全国大会入選。メロス音楽セミナー(ウィーン)ヴァルディゼール音楽アカデミー(フランス)ニース国際音楽アカデミー(フランス)に参加。マスタークラス選抜修了コンサート出演。これまでに岡田敦子、佐藤展子、御木本澄子、パスカル・ロジェ各氏に師事。現在はYAMAHA等で後進の指導と、都内でリサイタル等演奏活動も精力的に行う。

【インタビュー】

コチラの記事へ

【リハーサル】





【ゲネプロ】





【お客様へのメッセージ】

「極める」とはなんと難しいのでしょう。本当に毎日のように感じます。しかしサン=サーンスは、その圧倒的な音楽の才能で「新しいモーツァルト」と周りを言わしめ、詩人・天文学・数学までをも易々と自分の物にした大天才。性格はちょっぴり?偏屈で毒舌家だった、そんな彼の曲を、本日はエレリ先生と管弦楽団の皆様、そしてお客様のお力もお借りし、精一杯心を込めて演奏致します。どうかフランスの空から微笑んでくれますよう・・!

【本番】






このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリア、また自作品を演奏していただく演奏会です。
指揮はこれまでも非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。


TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)