2017年7月15日(土)ピアノ・ソプラノジョイントリサイタル【ギャラリー】


2017年7月15日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「~巡り会う旋律~」と題して、ピアノ・ソプラノジョイントリサイタル が開催されました。
 

三浦香鈴:ピアノ
静岡県清水町出身。3歳よりピアノを始める。東京都立総合芸術高等学校音楽科ピアノ専攻を経て、東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)を卒業。現在、同大学大学院器楽専攻鍵盤楽器研究領域ピアノ1年に在学中。第21回日本クラシック音楽コンクールピアノ部門全国大会入選。都立総合芸術高等学校在学時、校内オーディション合格者による発表演奏会に出演。第17回ローゼンストック国際ピアノコンクール第2位(1位なし)。これまでに大庭美奈子、稲積亜紀子、成田ゑみ、故田辺緑、播本枝未子、森早苗、恩田明香の各氏に師事。
 
 

石井和佳奈:ソプラノ
東京音楽大学声楽演奏家コース4年卒業。在学中、給費特待奨学生に選ばれる。現在、同大学院音楽研究科声楽専攻オペラ研究領域修士課程に給費特待奨学生として在学中。第25回日本クラシック音楽コンクール声楽部門大学女子の部全国大会入選。第8回東京国際声楽コンクール地区大会優秀賞、本選入選。読売新聞社主催第87回新人演奏会出演。本年度学内にて行われる111周年記念オペラ公演「ラ・ボエーム」にミミ役として出演予定。声楽を釜洞祐子、小森輝彦、安達さおり各氏に師事。
 
 
 


リスト:3つの演奏会用練習曲より 「軽やかさ」
 
ロッシーニ:誘惑
 
ドビュッシー:マンドリン
ドビュッシー:月明かり
ドビュッシー:前奏曲集第1巻より
  第1曲 「デルフィの舞姫」、第3曲 「野を渡る風」、第5曲 「アナカプリの丘」
 
トゥリーナ:「歌のかたちをした詩」”カンターレス”
 
オブラドルス:「スペインの古い歌」”エル・ビト”
 
グラナドス:組曲「ゴイェスカス」 恋をするマホたちより 第2部 第5曲「愛と死」(バラード)
 
グリーディ:「6つのカスティージャ語による歌」より IV “お前のくれるハシバミの実は”


 
 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、お二人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日はピアノ・ソプラノジョイントリサイタル~巡り会う旋律~にお越し下さいまして、誠にありがとうございます。
 今回はドビュッシーやスペイン曲といった、異国情緒漂う作品や民族的な作品なども集め、音楽の色彩豊かな可能性をお聴き頂けると思います。そして鍵盤楽器の造る世界と歌の奏でる音色…様々な”巡り会い”が皆さまの心を温かく満たしてくれますように。
 この度ご尽力下さいました全ての方々に心よりお礼申し上げます。
 最後までどうぞお楽しみ下さい。

2017年7月15日(土)日暮里ランチタイムコンサート2017 JULY【ギャラリー】


2017年7月15日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
日暮里ランチタイムコンサート2017 JULY が開催されました。
 

野間 八千矛:ヴァイオリン & ヴィオラ
5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園大学短期大学部芸術科音楽専攻(ヴァイオリン専攻)卒業。同大学専攻科音楽専攻(ヴァイオリン専攻)修了。大学在学時よりヴィオラを始め、卒業後ヴィオラに転科。桐朋学園大学研究科(ヴィオラ専攻)修了。2004年オーストリアミュージックマスタークラス受講。第5回宮日音楽コンクール弦楽器部門優良賞受賞。日本クラシック音楽コンクール入選。イタリア・オーストリアGALA KONZERTEに出演。MASSIMO LAMBERTINIと共演。現在、コンサート、レコーディング、TVなどに演奏出演する傍ら、後進の指導や、小学校等で弦楽器特別授業講師として招聘され講演も行い、弦楽器に親しんでもらう為の活動にも取り組んでいる。これまでに鷲見健彰、吉野薫、野口千代光、市坪俊彦、A.フォーミン、Szabo Attila、Massimo Lambertiniの各氏に師事。
 
 

小西 響子:ピアノ
桐朋学園大学短期大学部芸術科音楽専攻卒業。同大学専攻科修了。第六回日本演奏家コンクール奨励賞受賞。第五回ローゼンストック国際ピアノ音楽コンクール審査員特別賞受賞。審査員特別賞受賞。第六回北関東ピアノコンクール第三位。第八回万里の長城杯国際音楽コンクール第二位。第十一回ショパン国際ピアノコンクールin Asia地区大会金賞全国大会銀賞受賞。これまで雨田のぶ子、角野裕、荻野千里、桑原淑子、各氏に師事。現在ピアノ講師、演奏活動をする。株式会社エルパミュージックプランナー。
 
 
 


【ヴィオラとピアノ(ヴィオラソロ)】
エルガー:愛の挨拶
 
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調からプレリュード
 
フォーレ:シチリアーノ
 
ピアソラ:リベルタンゴ
 
【ピアノソロ】
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 Op.22
 
【ヴァイオリンとピアノ】
クライスラー:ウィーン小行進曲
 
ベートーヴェン:ヴァイオリン ソナタ 第5番 第1楽章【春】Op.24


 
 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、お二人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日は「野間八千矛・小西響子デュオコンサート」にご来場いただき、誠にありがとうございます。
 大学の同級生である私たちは、ともに在学中よりアンサンブルを重ねてきました。 卒業後、それぞれの形で音楽と向き合う中で、お互いの経験をステージで重ね合いたいと、本日のリサイタルを開催する運びとなりました。
それぞれの立場で積み重ねてきた経験をぶつけ合い、新たな響きを作り上げることができたのではないかと思います。
 本日のプログラムは、お子様から大人の方まで楽しく聴いて頂ける曲を演奏したいと考え、ヴァイオリンとヴィオラの両方でプログラムを組みました。この機会に、是非ともヴィオラの音色を堪能していただきたいです。ヴァイオリンとの音色の違いなど、聴き比べを楽しんで頂けたら嬉しいです。
 昼食前のひと時を、音楽と共にゆったりと過ごして頂けたら幸いです。
 最後になりましたが、開催にあたりご支援ご協力をいただきました関係者のみなさまに心より感謝申し上げますとともに、今後も変わらぬご指導ご鞭撻をお願い致しましてあいさつとさせていただきます。

2017年9月3日(日)池上和樹・加來竜太郎デュオコンサート【インタビュー】


2017年9月3日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
池上和樹・加來竜太郎デュオコンサート が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
お二人の演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 

池上和樹:ヴァイオリン
3歳よりヴァイオリンを始める。アントワープ王立音楽院を経て、2016年夏にウィーン国立音楽大学に入学、エドワード・ツィエンコフスキー氏に師事。2016年にフランダースオペラの研究生としてニューイヤーコサートに出演。現在はウィーンを拠点に、ヨーロッパの各地で研鑽を積んでいる。
 
 

加來竜太郎:ピアノ
東京学芸大学芸術課程ピアノ科卒業。同大学院修了。フランクフルト国立音楽大学ソロピアノ科ディプロム取得。オペラ伴奏科修了。オペラ伴奏指導員として同音楽大学のオペラをはじめ、ヴァイカースハイム、バート・ヘルスフェルトなど、ドイツ各地のオペラ祭に参加。現在伴奏者、室内楽奏者として、国内外で演奏活動を行う。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
高校卒業後すぐにヨーロッパに渡った自分にとって、日本でのソロコンサートは母国で演奏するとても貴重な機会です。今回は東京国際芸術協会様よりその貴重な機会をいただいて、現在の留学先であるウィーンを意識したプログラムを演奏いたします。私のヨーロッパでの留学生活も、この秋より6年目になります。作曲家たちの過ごした土地や言葉に触れながら様々な解釈や表現方法を学んで来ました。クラシック音楽を愛してやまないファンの皆様はもちろん、クラシック音楽に馴染みのない方にも純粋に音楽を楽しんでいただけるようなコンサートになることを目指して鋭意準備中です。会場にて皆様と素晴らしい時間を共有できることを心から楽しみにしております。
 
 
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
 
今回のプログラムの聞きどころは何と言っても、耳馴染みの良いクライスラーでしょうか。サロンミュージックとしても人気の高い『愛の〇〇』シリーズの3曲も、演奏者によって解釈は様々です。今回は演奏会の1曲として演奏するのに恥じないような、ウィーンの雰囲気や伝統に沿った演奏ができればと思っています。また、最後に演奏するブラームスヴァイオリンソナタ第三番は、私が初めてウィーンに訪れた際に、現在の師匠の講習会で演奏した思い入れのある曲です。ブラームスの残した3つのヴァイオリンソナタの中で、音楽的にも技術的にも難易度は高いこの曲をどう弾きこなすか、これにもご期待頂ければと思います。
 
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
 
私にとって音楽とは、多くの意味で人生そのものだと思っています。物心ついた頃にはすでに音楽に毎日のように触れ、辛い時も嬉しい時も常に自然と寄り添ってくれていたのが音楽でした。完成された作品の中には必ず作曲家やその曲の主題となる人達の人生があります。そしてその素晴らしい芸術作品を『人』が演奏し、演奏家それぞれの人生が反映された結果、『生』きた音楽になる。今後も何が起きても音楽とは死ぬまで向き合っていくことになると思っていますし、そのような生きた音楽の素晴らしさを多くの人に伝えていくことが、私の使命だと思っています。
 
 
 

時間: 17:30開演(17:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 池上和樹(ヴァイオリン)、加來竜太郎(ピアノ)
 
プログラム: バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
クライスラー:愛の喜び
クライスラー:愛の悲しみ
クライスラー:美しきロスマリン
レハール(編曲:クライスラー):フラスキータ、セレナーデ
ブラームス:ヴァイオリンソナタ 第3番
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

エコール・ノルマル音楽院留学記(奥田ななみさんより)


今週末7月15日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンでリサイタルを開催される奥田ななみさんは、現在パリのエコール・ノルマル音楽院にご留学中ですが、その合間に日本でリサイタルを開催して下さるので、せっかくの機会ですから留学のご様子を伺ってみました。こちらをご覧いただき、リサイタルまで楽しみにお過ごしください。
 
 
 
 はじめまして。奥田ななみです。この度は、今後留学を考えている方や、パリに興味をお持ちの方のお役に少しでも立てればと思い、留学記を書かせていただくことになりました。
 
 まだ1年目で分からないこともたくさんあるのですが、留学のきっかけや、学校の特色について私なりに書きたいと思います。

 


 私のフランスへの留学のきっかけは、たまたまでした。大学1年生のとき、夏休みに海外のマスタークラスを受けていた友人が多くいたので、羨ましく思い、春に行われるマスタークラスを探してネットサーフィンをしていたところ、たまたま、現在、お世話になっているジャン=マルク・ルイサダ先生のマスタークラスを見つけて参加したことがきっかけでした。
 
 そのマスタークラスで、先生のことがとても好きになったので、その後何度か来日されたときにコンサート等に顔を出していたところ、京都フランス音楽アカデミーに誘って頂いたので参加をしました。そうしたら、運よくパリ・エコール・ノルマル音楽院の1年間の奨学金を頂くことができたので、これは行くしかないと思い、留学することになりました。

 


 エコール・ノルマル音楽院は、パリにある私立の音楽院で、子供から大人まで幅広い年代の人々が音楽を学んでいます。システムとしては、入学時にオーディションのようなものがあり、そこで個々に合ったレベルや授業を与えてもらい、学年末の試験に向けてレッスンを重ねていくというものです。基本的にはレッスンが主なので、他の学校と掛け持ちしている人もたくさんいました。
 
 パリでの生活は、私にとってはとても楽しいものでした。同じクラスにたくさん日本人がいたので、新しい友達ができたし、室内楽ではなんと中国人とデンマーク人の人とトリオを組んでいたので、初めて外国の友達もできました。それ以外でも、学校のレッスンは積極的に聴講するのが推奨されているので、自分のレッスンでもだいたい誰かが聞いているし、私もいろいろな人のレッスンを聴講していました。そこでまた新しく友達もできました。

 


 語学に関しては、この学校には規定がないので、フランス語をうまく話せなくても何とかしようとする力や音楽の力があるので、事務的なこと以外では特に不便さを感じることはありませんでした。音楽が言語になるというのを肌で感じたように思います。

 


 パリには美味しいものがたくさんあるし、それと同時に東京に匹敵するくらい新しいものもあるので、不満なことはほとんどありませんでした。思っていたより優しい人もたくさんいるし、自由でのんびりな雰囲気が私は大好きです。

 


 また、室内楽でお世話になったシャンタル・ドュ・ビュッシー先生は、クラスの生徒を積極的に学外のコンサートに推薦をしてくださるので、そのおかけで私は教会でコンサートをさせていただく機会に恵まれ、素敵な体験をすることができて幸せでした。
 
 フランスの聴衆のみなさんは、とてもダイレクトに思ったままの感情を出すように思うので、コンサートでもよければたくさん拍手を頂けるし、逆なら逆です。なので、コンサートはいつもどきどきでしたが、そんな体験もできてよかったと思います。
 
 個人的には、今まで持ったことがないレパートリーの曲をやったことに驚いていますし、何より、何かが変わった気がするので、環境を替えて改めて自分を見直すというのは、とても大事なことのように思いました。

 また、そのようなことを気づかせてもらったのは、本当に回りの人々の支えがあったからこそなので、先生をはじめ、いろいろな方に感謝しています。それを形にするのは、ピアノを弾くしかないなと思ったので、今回、リサイタルという形でお披露目できることがとても嬉しいです。
 
 来年度もパリで勉強できることになったので、またコンサートをできるように、精進します。

 


 

2017年7月12日

奥田ななみ

 
 
(掲載しました写真は全て奥田ななみさんからご提供いただきました)
1枚目:風景
2枚目:エコール・ノルマル音楽院
3枚目:パリのスターバックス
4枚目:ステーキ
5枚目:パリでの寿司
6枚目:パリのショパンフェスティバルでの私
7枚目:夜のディズニーランド・パリ
 
 
 

奥田ななみ:ピアノ
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学在学中に、京都フランス音楽アカデミーにてスカラシップ(奨学金)を受賞し、パリ・エコールノルマル音楽院に留学中。現代音楽演奏コンクール「競楽Ⅶ」にて最年少で入選、聴衆賞。第23回彩の国埼玉ピアノコンクールE部門金賞、埼玉新聞社賞。第35回ピティナ・ピアノコンペティションG級全国大会入選等、入賞多数。『現代の音楽展2007』<現代ピアノ・ワークショップ・コンサート>にて藤原嘉文作曲「『移りゆく風景』ピアノのための」を初演。埼玉ピアノ新人演奏会、34e Festival Chopin à Paris等に出演。これまでに、ピアノを中井正子、ソルフェージュと和声を小鍛冶邦孝、湯本芳子の各氏に、現在、有森博、ジャン=マルク・ルイサダの各氏に師事。
 
 
 

 

2017年7月15日(土)奥田ななみピアノリサイタル

 
場所  東京・日暮里サニーホールコンサートサロン
時間  15:30開演(15:00開場)
料金  全席自由 2,500円
プログラム
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品111
ドビュッシー:映像 第2集
ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ 変ロ長調 作品24
 
 
 

チケットはまだコチラからご購入が可能です。

 

2017年7月8日(土)西﨑あゆみ ピアノ リサイタル【ギャラリー】


2017年7月8日(土)に銀座・王子ホールにて
「~美しき詩情を求めて~」と題して、西﨑あゆみピアノリサイタル が開催されました。
 

西﨑あゆみ:ピアノ
武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。在学中より声楽、器楽、合唱団等の伴奏を務める。カザルスホールにおけるアカデミーコンサートをはじめ国内での演奏会に多数出演。また海外において、2003年サンクトペテルブルグ・アカデミック交響楽団とベートーヴェン作曲ピアノ協奏曲第1番、2004年ワルシャワ交響楽団とモーツァルト作曲ピアノ協奏曲第27番、2006年ソフィア・フィルハーモニック管弦楽団とモーツァルト作曲ピアノ協奏曲第9番、2007年ベルリン交響楽団とベートーヴェン作曲ピアノ協奏曲第2番を共演。これまでに全日本演奏家協会、コンセール・ヴィヴァン主催の新人オーディションに合格。第11回TIAA全日本クラシック音楽コンサートにて優秀賞受賞。カワイクラシックオーディション第15回ピアノ独奏部門入賞。2005年11月東京オペラシティリサイタルホール、2008年7月東京文化会館小ホール、2010年7月、2013年7月津田ホール、2015年7月王子ホールにてソロリサイタルを開催。2009年11月セシオン杉並にてハイドン作曲クラヴィーア・ソナタ全曲演奏会に出演。
ピアノを奥村晃博、佐藤俊、磯村叙子、エレーナ・アシュケナージの各氏に、ピアノ伴奏法を故ヤン・ホラーク氏に師事。武蔵野音楽大学インターナショナル・サマースクール・イン・トウキョウを受講、P.ネルセシアン、M.オレーネフ、B.ベルマンの各氏に師事。ショパン音楽院セミナー(ワルシャワ)にてK.ギェルジョド、T.マナステルスカの各氏に師事。2001年ウィーン春期特別コースにてA.イェンナー氏に師事。2005年モーツァルテウム音楽院夏期国際コース(ザルツブルグ)にてS.ドレンスキー、P.ギリロフの各氏に師事。2009年ウィーン夏期国際ゼミナールにてT.クロイツベルガー、J.G.イラーチェク・フォン・アルニムの各氏に師事。現在、ソロ活動、合唱伴奏、後進の指導にあたっている。
 
 
<ドレスリハーサル>



 
<本番>
ベートーヴェン:サリエリの歌劇《ファルスタッフ》より二重唱「まったく同じだわ」の主題による10の変奏曲
 
シューベルト:ピアノ・ソナタ イ長調 作品120 D.664
 
ブラームス:6つの小品 作品118
 
ブラームス:2つのラプソディ 作品79
 
 


 
 
 
こちらのブログをご覧いただいている方の中には見る機会のない状態かもしれませんが、調律中のお写真もお届けいたします。王子ホールのよく使い込まれたスタインウェイです♪
 

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)