2017年5月28日(日)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017【稲垣満有子/ギャラリー】


2017年5月28日(日)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 PART.2
のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。
 
稲垣満有子(ピアノ)
ブラームス:ピアノ協奏曲 第1番 第3楽章
常葉大学短期大学部音楽科を経て、同短大部専攻科音楽専攻修了。同大学主催の定期、卒業、修了の各演奏会等に出演。在学中、M.モギレフスキー氏の公開レッスンを受講した。第20回静岡ピアノオーディションに合格、ヤマハミュージックジャパン賞、静岡市長賞を併せて受賞し、受賞者記念演奏会に出演。第60回TIAA全日本クラシック音楽コンサートで新人賞を受賞(室内楽)。第66回ではピアノ独奏で入選。推薦を受け、シュトゥットガルト音楽大学マスタークラスを受講。H.P.シュテンツェル氏に師事した。現在、ソロ、室内楽、伴奏にわたり幅広く演奏活動を行っている。これまでに伊藤京子、入川美智子、高瀬健一郎の各氏に師事。
 
 
  
【インタビュー】
コチラの記事へ
 
【指揮者合わせ】


 
 
 
【リハーサル】


 
 
 
【ゲネプロ】


 
 
 
【お客様へのメッセージ】
今回共演させていただくブラームスの協奏曲は、学生生活最後の試験で演奏したという、私にとって最も思い入れのある曲です。ブラームスの青年期の作品らしい活気が最初から最後まで満ち溢れ、突き進むような躍動感、オーケストラと一体となって作り上げる重厚な響きが聴きどころとなっています。ブラームスの魅力が皆様に伝わるよう、心を込めて演奏させていただきます。
 
 
 
【本番】



 
 
 
このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを歌っていただく演奏会です。指揮は前回も非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。指揮者によるトークコーナーでは、彼のお人柄が表れてお客様も和やかになられたようです。


 
 
  
≪ ソリスト募集 ≫
現在は『 ヌーベルバーグ2017 Part.3&4 』『 ヌーベルバーグ2018 Part.1&2 』のソリストを募集しております。
ご興味を持たれた方は、コチラからお問い合わせ下さい。

2017年5月28日(日)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017【桑原ひとみ/ギャラリー】


2017年5月28日(日)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 PART.2
のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。
 
桑原ひとみ(ピアノ)
サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番 第1楽章
名古屋市立菊里高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。これまでに馬塲マサヨ、藤井博子、上野栄美子、広瀬康の各氏師事。2台ピアノを三瀬和朗、藤井一興の各氏に師事。2012ウィーン・マスタークラス受講。2013ジュラ・キシュサマーセミナーinハンガリー受講。修了演奏会出演。第一回いかるがピアノコンクール音大生部門第2位。第58回東京国際芸術協会新人演奏会オーディション奨励賞。第7回ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール一般部門第2位。現在、桐朋学園大学附属子供のための音楽教室お茶の水教室ソルフェージュ科講師。また都内のインターナショナルスクールにてソルフェージュクラスを開講。
 
 
  
【インタビュー】
コチラの記事へ
 
【指揮者合わせ】


 
 
 
【リハーサル】


 
 
 
【ゲネプロ】


 
 
 
【お客様へのメッセージ】
第一楽章は悲愴に満ちたテーマで始まっていますが、とても美しく魅力的なメロディーを持つ、ロマンティックで情熱的な曲です。私にとって初めてのオーケストラとの共演でこの曲を演奏出来るのをとても楽しみにしていました。ヴィルトゥオーソ的なピアノソロと、オーケストラとともに作り上げるアンサンブルの響き、両方をお伝え出来るよう楽しみながら演奏出来れば、と思います。
 
 
 
【本番】


 
 
 
このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを歌っていただく演奏会です。指揮は前回も非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。指揮者によるトークコーナーでは、彼のお人柄が表れてお客様も和やかになられたようです。


 
 
  
≪ ソリスト募集 ≫
現在は『 ヌーベルバーグ2017 Part.3&4 』『 ヌーベルバーグ2018 Part.1&2 』のソリストを募集しております。
ご興味を持たれた方は、コチラからお問い合わせ下さい。

2017年5月28日(日)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017【蔵愛美/ギャラリー】


2017年5月28日(日)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 PART.2
のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。
 
蔵愛美(ピアノ)
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 第3楽章
3歳より昭和音楽大学附属音楽教室に入室。私立国立音楽大学附属高校経て、昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。同大学研究生課程修了。第4回スガナミピアノコンクール高校生の部金賞受賞。第16回昭和音楽大学コンチェルト定期演奏会にてソリストとして昭和音楽大学管弦楽団と共演。青葉の街・土曜コンサート新人演奏会2010、第5回まちだフレッシュコンサート他、在学中より学内外の演奏会に多数出演。これまでにピアノを峰岸小織、吉野康弘、N.ユジャニン、川染雅嗣各氏に師事。現在、器楽・声楽のリサイタルやコンクール、ロビーコンサート、レコーディングなどの伴奏・アンサンブルピアニストとして活動。東京音楽学院講師。
 
 
  
【指揮者合わせ】


 
 
 
【リハーサル】


 
 
 
【ゲネプロ】


 
 
 
【お客様へのメッセージ】
ベートーヴェンのピアノ協奏曲の中で唯一の短調、ましてベートーヴェン自身思い入れの強いハ短調という調性をもったピアノ協奏曲第3番。第3楽章はロンド形式で、第1楽章と同じハ短調です。冒頭何度も繰り返される独特のロンド主題、変イ長調に転調した美しい中間部、そしてcodaではprestになりハ長調で喜ばしく華やかに終わります。オーケストラとの掛け合いも聴きどころのこの一曲、どうぞお聴き下さい。
 
 
 
【本番】


 
 
 
このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを歌っていただく演奏会です。指揮は前回も非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。指揮者によるトークコーナーでは、彼のお人柄が表れてお客様も和やかになられたようです。


 
 
  
≪ ソリスト募集 ≫
現在は『 ヌーベルバーグ2017 Part.3&4 』『 ヌーベルバーグ2018 Part.1&2 』のソリストを募集しております。
ご興味を持たれた方は、コチラからお問い合わせ下さい。

2017年5月28日(日)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017【椿太陽/ギャラリー】


2017年5月28日(日)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 PART.2
のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。
 
椿太陽(ヴァイオリン)
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 第1楽章
2歳よりヴァイオリンを始める。第17回高文連ソロ・コンテストにおいて最優秀音楽賞(全4部門総合1位)受賞。第10回“万里の長城杯”国際音楽コンクール第1位。併せて、中国駐大阪総領事賞受賞。授業料免除給費生として、昭和音楽大学器楽学科演奏家コース卒業。ソリストとして活発な演奏活動を行いながら、後進の指導にもあたり多くの門下生がコンクールに上位入賞している。数多くのコンクールに審査員として招聘されている。2011年より、タレントでシャンソン歌手のピーコ氏とコンサートを行う。作曲家としても活動し、自身が作曲・演奏したCDがリリースされる。東京音楽学院専任講師。これまでにヴァイオリンを河村百合子、小林美恵、ジェラール・プーレの各氏に、ピアノを花田直美、金子勝子、上野裕規子の各氏に師事。
 
 
  
【指揮者合わせ】


 
 
 
【リハーサル】


 
 
 
【ゲネプロ】


 
 
 
【お客様へのメッセージ】
通称「メンコン」はヴァイオリ二ストにとって憧れの曲です。私も子どもの頃から何度もこの曲を演奏してきました。メンデルスゾーン生誕200年の折、銘器プレッセンダを手にオーケストラと演奏したのを懐かしく思い出します。メンデルスゾーンがこの作曲に着手したのが、今の私と同じ29歳。今になってこの曲の素晴らしさを改めて理解できた気がします。ただ美しいだけでない、切なさと哀しさを兼ね備えた名曲をお楽しみください。
 
 
 
【本番】


 
 
 
このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを歌っていただく演奏会です。指揮は前回も非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。指揮者によるトークコーナーでは、彼のお人柄が表れてお客様も和やかになられたようです。


 
 
  
≪ ソリスト募集 ≫
現在は『 ヌーベルバーグ2017 Part.3&4 』『 ヌーベルバーグ2018 Part.1&2 』のソリストを募集しております。
ご興味を持たれた方は、コチラからお問い合わせ下さい。

2017年5月28日(日)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017【福田恭子/ギャラリー】


2017年5月28日(日)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2017 PART.2
のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。
 
福田恭子(ソプラノ)
ロッシーニ:『セビリアの理髪師』より「今の歌声は」
東京声専音楽学校中学校教員養成科及びオペラ研究科卒業。全日本演奏家協会第2回ピアノ・声楽コンクール奨励賞授賞、国際芸術連盟第15回JIRA音楽コンクール入選。東京国際声楽コンクール入選。モーツァルト生誕250周年コンサート、プッチーニ生誕150周年コンサート、東日本震災復興支援コンサートなど、多くのコンサートに出演している。老人ホーム慰問コンサート、病院ロビーコンサート活動も積極的に行っている。その他2013年オペラ「ダイドーとイニーアス」の第一の魔女役を演じる。東大和市音楽連盟会員、東京国際芸術協会会員。声楽を故古賀恵美子氏、細川久美子氏に師事。
 
 
  
【インタビュー】
コチラの記事へ
 
【指揮者合わせ】


 
 
 
【リハーサル】


 
 
 
【ゲネプロ】


 
 
 
【お客様へのメッセージ】
「リンドーロはわたしのもの」と何回も繰り返すところがありますが、若い頃の私は恥ずかしくてなかなか声が出ませんでした。私は母に暗くて愛嬌がないと言われていたので、なんとか明るくなるために14才の頃から声楽を習い始めました。今では、老人ホームや病院などで一緒に喜んだり悲しんだり、音楽で表現し、楽しんで歌えるようになったと思います。ご来場していただいたお客様にも楽しんでいただけたら幸せです。
 
 
 
【本番】


 
 
 
このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを歌っていただく演奏会です。指揮は前回も非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。指揮者によるトークコーナーでは、彼のお人柄が表れてお客様も和やかになられたようです。


 
 
  
≪ ソリスト募集 ≫
現在は『 ヌーベルバーグ2017 Part.3&4 』『 ヌーベルバーグ2018 Part.1&2 』のソリストを募集しております。
ご興味を持たれた方は、コチラからお問い合わせ下さい。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)