【インタビュー】2018年5月27日(日)井川華 ピアノ リサイタル


2018年5月27日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで井川華 ピアノ リサイタル~小さな手が創み出すエモーション~を開催いたします。リサイタルに向けて井川華さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

今回、日暮里サニーホールさんでのソロリサイタルの機会を頂き、大変嬉しく思っています。
まず、リサイタル開催にあたって特に選曲に拘りました。
バロック・古典・ロマン・現代と4時代の有名な大作曲家の方々の曲をセレクトしていますが、ここには大きな意図があります。
第一に、より一層曲に親しみを持って楽しんで頂ける工夫としまして、異なる5名の有名な作曲家から雰囲気の違う曲を選んでいます。題名を見ると長調が多いですが、それぞれ別の表情をもつ曲ばかりで、全体を通して長調・短調のバランスがとれる様にも工夫しています。
また、時代別の作曲家から選曲することで幅広い音色や音楽性、そして音楽を通して各時代の背景を感じて頂けると言うのも大きな魅力です。
第二に、別の時代や作曲家を選曲するほど、演奏家の弾き分け力が問われます。リサイタルという場で曲を弾き分けてそれぞれの良さを出すためには、各曲が何を伝えるために作曲された曲かより深く解釈し、演奏で説得することが重要です。
それは演奏家として最も大切な事だと私は思っています。
お客様に楽しんで頂ける様に目指すのはもちろん、同時にリサイタルを通して演奏家としての自分の幅を広げると言うのも今回の大きな目標です。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

1曲ずつ説明すると非常に長くなりそうなので(笑)
全体を通して言えることは、音からテンションを感じて頂くという事です。曲の聴き所というより、クラシック音楽を聴く上での話になりますが。。
日本ではどうしてもクラシック音楽は高尚で、悪く言えば長くて少し退屈するようなイメージがあるように思います。特にピアノでは歌詞もありませんし、音だけの表現になってしまいます。ですが、音は実際に私達が話す言葉以上の表情を持ち、語り、歌い、怒り、嘆き、悲しみ、そして意思をもって届いていきます。1音1音が何を言っているか、そして全体の曲を通してどんな盛り上がりやストーリーや、時に情緒を魅せるかを演奏会で楽しんで頂きたいと思います。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

ただ一言、パートナーです。
1曲1曲が別の友達のようで、沢山の演奏家が同じ曲を弾きますが、私の元にいる時が1番輝ける様に人生を託して向き合っています。
恋愛感情の様な感覚で、曲が、ピアノが好きです!
ずっと離れたくないと思います。


演奏会詳細

2018年5月27日(日)井川華 ピアノ リサイタル ~小さな手が創み出すエモーション~
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

井川 華  Hana Igawa ピアノ
第8回新響楽器ソナタコンサート優秀賞、YAMAHAヤングピアニストコンサート金賞、第23回ブルクハルト国際音楽
コンクール審査員賞、第34回愛知ピアノコンクール銀賞、第23回神戸国際音楽コンクール最優秀賞、神戸新聞社賞等。
virtuoso管弦楽団と共演。ウィーン国立音楽大学教授のS.Möller氏に師事。

プログラム:
バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻 19番 BWV888 イ長調
ショパン:バラード第2番 作品38 ヘ長調
ベートーヴェン:ハイベルのバレエ「妨げられた結婚」の「ヴィガノのメヌエット」の主題による12の変奏曲 Woo68 ハ長調
シューベルト:ピアノソナタ 第13番 作品120 D664 イ長調
ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲 作品2

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2018年5月26日(土)ヴァイオリンと歌のコンサート


2018年5月26日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンでヴァイオリンと歌のコンサートを開催いたします。リサイタルに向けて髙木凜々子さん、鳥尾匠海さん、尾城杏奈さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

皆さまに心から音楽を楽しんでもらえるよう、頑張っていきたいです。 髙木凜々子さん

今出来ることを精一杯歌いたいと思います。 鳥尾匠海さん

この様な演奏会に尊敬する先輩方と出演することができ、とても嬉しく思います。精一杯演奏したいです。 尾城杏奈さん

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

サロンでコンチェルトが聴けるのは、大きなコンサートホールで聴くのとはまた違った魅力があると思います。ヴァイオリンと歌とピアノの三つの楽器が綺麗にハーモニーとして聴こえてくる、エストレリータと小さな空も楽しんで頂けると思います。 髙木凜々子さん

大学で勉強して来た歌を歌います。テノールらしさを伝えられれば嬉しいです。 鳥尾匠海さん

様々なジャンルの曲があり、皆様に楽しんで頂けるプログラムになっていると思います。 尾城杏奈さん

・あなたにとって音楽とは何ですか。

生きていく上で絶対的に必要なもの。 髙木凜々子さん

薬。 鳥尾匠海さん

自分を表現できる、かけがえのないもの。 尾城杏奈さん


演奏会詳細

2018年5月26日(土)ヴァイオリンと歌のコンサート
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

髙木 凜々子  Ririko Takagi, ヴァイオリン
第64回全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部第1位。津田梅子記念音楽賞を受賞。第1回ユーロアジア国際コンクール(イタリア、東京、スペインにて)それぞれ第1位。第1回シュロモミンツ国際ヴァイオリンコンクールシニア部門第3位。第1回バルトーク世界コンクール第2位。清水髙師氏に師事。現在東京藝術大学音楽学部4年生。

 

鳥尾 匠海  Takumi Torio, テノール

桜美林中学高等学校出身。第71全日本学生音楽コンクール東京大会第2位。全国大会にて第1位。併せてかんぽ奨励賞、日本放送協会賞を受賞。三菱電機杯第72回甲子園ボウル決勝戦、町田ゼルビアホーム開幕戦にて国歌独唱。現在東京藝術大学声楽科4年生。

 

尾城 杏奈  Anna Ojiro, ピアノ

1 9 9 7年生まれ。全日本学生音楽コンクールにて、第63回小学校の部東京大会第1位、第65回中学校の部全国大会第1位。パデレフスキーピアノアカデミー(ポーランド)を受講し、ガラコンサートにてトルン交響楽団と共演。東京藝術大学音楽学部3年在学中。東誠三氏、日比谷友紀子氏に師事。

 

プログラム:別宮貞雄:さくら横丁
チマーラ:ノスタルジア
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 第2、3楽章
ポンセ:エストレリータ
武満徹:小さな空

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【ギャラリー】2018年3月31日(土)トリオ・リサイタル


2018年3月31日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
トリオ・リサイタル ~三重奏で紡ぐ、春の夜の愉しみ~ が開催されました。

丸山 春香
Haruka Maruyama,  チェロ

13歳からチェロを始める。チェロを片野大輔、銅銀久弥、荒庸子の諸氏に、室内楽を井野邉大輔、渡部亨の諸氏に師事。現在、洗足学園音楽大学2年在籍。

川口 ゆうこ
Yuko Kawaguchi,  フルート

国立音楽大学卒業。第9回ドルチェ楽器デビューコンサート出演。第68回東京国際芸術協会主催新人オーディション合格。第5回仙台フルートコンクール入選。第20回“長江杯”国際音楽コンクール第3位。第18回大阪国際音楽コンクール入選。フィリップ・ベルノルド氏のマスタークラスを受講。フルートを濤岡敬三、竹澤聡子、立川和男、渡部享、吉岡次郎、室内楽を渡部享の諸氏に師事。洗足学園音楽大学大学院修士課程1年在籍。

筌場 美結
Miyu Ukeba,  ピアノ

兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、大阪音楽大学音楽学部音楽学科演奏家特別コース卒業。第12回宝塚ベガ学生コンクール大学生部門奨励賞。第23回日本クラシック音楽コンクールピアノ部門大学生女子の部第5位。第2回ダヌビア・タレンツ国際音楽コンクールピアノ部門Eカテゴリー第2位。これまでに渡辺純子、芹澤文美、山畑誠、芹澤佳司、赤松林太郎の各氏に師事。洗足学園音楽大学大学院修士課程1年在籍。

 

 

ゴーベール
P.Gaubert
ロマンティックな小品
PIECE ROMANTIQUE

ドビュッシー
C.Debussy
三重奏曲より 3、4楽章
Trio Gdur 3,4movement

カプースチン
N.Kapustin
三重奏曲
Trio

以下は当日配布しましたプログラムより、丸山 春香さん、川口 ゆうこさん、筌場 美結さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はお忙しい中、「トリオ・リサイタル」にお越し頂き、誠にありがとうございます。無事に開催の日を迎えられました事、出演者一同大変喜ばしく感じております。本日は約1年間の研究で培った、フルート・チェロ・ピアノの珍しくも多彩な音楽を楽しんで頂けたら幸いです。
最後になりますが、ご指導して下さった先生方、お力添え下さった東京国際芸術協会様に今一度厚く御礼申し上げます。

【ギャラリー】2018年3月31日(土)松村由慶ピアノ リサイタル


2018年3月31日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
松村由慶ピアノ リサイタルが開催されました。

松村 由慶

Miki Matsumura,  ピアノ

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部3年在学中。2014年第1回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール本選D部門第2位。第68回全日本学生音楽コンクール東京大会ピアノ部門高校の部第3位、同全国大会入選。第1回東京国際ピアノコンクール大学生部門第4位。2016~2017年、夏期ニース国際アカデミーを受講。期間中に選ばれ、コンサートに出演。銀座山野楽器音大フェスティバルや大学Students’Concert等に出演。練木繁夫、横山幸雄、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、パスカル・ドヴァイヨン、ヤコブ・ロイシュナー、ウィリアム・ナボレ、ジャン・マリー・コテの各氏のレッスンを受講。現在、三上桂子、海老彰子の各氏に師事。

 

バッハ
J.S.Bach
平均律クラヴィーア曲集第2巻 より
第9番 ホ長調 BWV878
Das Wohltemperierte Klavier Teil II Nr.9 E-dur BWV878

ショパン
Chopin
スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39
Scherzo No.3 cis-moll Op.39

ラヴェル
Ravel
クープランの墓
Le Tombeau de Couperin

リスト
Liszt
巡礼の年 第2年「イタリア」より
「ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲」
Années de Pèlerinage Deuxième Année “Italie” S.161/R.10 -7.
“Après une Lecture du Dante-Fantasia quasi Sonata”

 

以下は当日配布しましたプログラムより、松村由慶さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は、お忙しい中お越しいただきありがとうございます。私にとって初めてのリサイタルということで、この日を楽しみに準備をしてきました。今までお世話になったたくさんの方々に感謝をしつつ、良い演奏会になるよう楽しんで演奏したいと思います。今回演奏する曲は、どの曲も魅力的で、作曲家の個性がよく表されている曲です。曲から人物像を想像するのも面白いと思います。最後まで楽しんでいただけたら幸いです。

【ギャラリー】2018年3月31日(土)Maya Purdue Piano Recital


2018年3月31日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
Maya Purdue Piano Recitalが開催されました。

パデュー麻耶

Maya Purdue,  ピアノ

上野学園大学ピアノ演奏家コース2年在学中。3回生として並木中等教育学校卒業。1歳よりリトミック、3歳からピアノを始める。第10回東関東学生ピアノコンクール最高課程において2位、優秀者を受賞。第26回日本クラシック音楽コンクール大学生の部全国大会入選。東京国際芸術協会主催、第67回新人演奏会に出演。2017年夏、モーツァルテウム芸術大学マスタークラスにて、Claudius Tanaki氏のレッスンを受講しディプロマを取得、選抜コンサートに出演。ジャン=ジャック・バレー氏の室内楽の公開レッスンにピアノトリオにて出演。横山幸雄氏のマスタークラスを複数回受講。現在、ピアノを、植田克己、田中美千子、米川幸余の各氏に師事。室内楽を、松崎裕氏に師事。

 

バッハ:フランス風序曲(パルティータ)ロ短調
J.S.Bach:Ouverture (Partita) h-moll BWV 831

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第3番 ハ長調
L.V.Beethoven:Sonate für Klavier Nr.3 C-Dur Op.2-3

リスト:リゴレットパラフレーズ
F.Liszt:Rigoletto Paraphrase

ドビュッシー:「版画」より 雨の庭
C.Debussy:Estampes Jardins sous la pluie

ドビュッシー:喜びの島
C.Debussy:L’isle joyeuse

 

以下は当日配布しましたプログラムより、パデュー麻耶さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は「パデュー麻耶 ピアノリサイタル」にお越しくださいまして、誠にありがとうございます。この度小さい頃からの夢だった憧れのソロリサイタルを初めて開かせていただく運びとなりました。このリサイタルを、これからピアニストとして、音楽家としての新たな出発点と考え、自分の音楽を聞きに来てくださる皆様に精一杯表現したいと思っています!未熟な私を常に支え、導いて下さいます先生方を始め、家族や友人、応援して下さるすべてのみなさまに心から感謝申し上げます。
本日のプログラムはバロックから近現代まであらゆる時代の作品を網羅したものになっています。クラシック音楽と一括りに言っても、こんなにも変化に富んでいる、「クラシック音楽の世界は無限に広がっている」と、感じて欲しいという願いからこのようなプログラムを組みました!私自身このリサイタルに向けての準備で数え切れないほどの発見がありました。60分という限られた時間の中ですが、聞きに来てくださる皆様が何か新しい発見ができたらとても嬉しいです!どうぞ最後までごゆっくりお楽しみください。
きょうもピアノが弾ける幸せを噛みしめながら、一音一音を大切に演奏させていただきます。
心からの感謝をこめて パデュー麻耶

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)