【インタビュー】2018年9月8日(土)Nacionalizmus


2018年9月8日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンでNacionalizmusを開催いたします。リサイタルに向けて片山瑠央さん、野底彩芽さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

片山瑠央さん:

今のこの年だからできる、バルトークの濃厚な民族音楽、まるで魂を委ねたようなヤナーチェクの音楽と向き合い、ソナタとして2つの楽器でしかできない私達の演奏をしたいです。

野底彩芽さん:

昨年度、大学を卒業してすぐの頃、 共演の片山さんとより一層親しくなりました。
彼女とは様々な場で演奏してきましたが とにかく彼女の演奏、そして音楽全体に惚れ込み、さらに彼女を通じてバルトークに惚れ込みました。
大好きな演奏者と大好きな作曲家の演奏するこの上ない幸せを噛み締めて演奏いたします。
バルトーク、また彼と同じように民俗音楽の収集を積極的に行ったヤナーチェクを組み合わせたプログラムをお楽しみいただきたいです。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

片山瑠央さん:

バルトークのラプソディ1番はバルトークの作品の中でもリズム、和声、メロディーにおいて最も強烈な民族音楽要素が盛り込まれているため、いろんな意味で呑み込まれないようにしたいです。ヤナーチェクは溢れんばかりの情熱、そしてバルトークとはまた違った自由な民族音楽の世界を楽しめると思います。

野底彩芽さん:

ヴァイオリンもピアノも対等な立場をとり、かなり高難易度の楽曲を選びました。
互いに楽曲の中でオイシイ部分がたくさんあります。
民族音楽の香りを存分に味わっていただけたら幸いです。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

片山瑠央さん:

音楽を語ることなんて私にとっては大変恐縮なのですが。
音楽とは、自然にいつも自分の中にあるものだと思っています。言葉にならない、或いはできない何かを、その作曲家のルール、枠の中で自由に表現できるものだと思います。

野底彩芽さん:

まだ23年しか生きてない私が音楽を語るのは大変恐縮ですがその中でも思ったことはズバリ音楽は自分にとって”酸素”です。
現実的にいえば、音楽はなくても生きていけるものですがわたしは、人生の中で、”音楽があったから生きてこれた”というところがたくさんあります。
まだまだ未熟で音楽の”お”の字すら書けているのかわかりませんが日々努力していきたいです。


演奏会詳細

2018年9月8日(土)Nacionalizmus
時間: 19:30開演(19:15開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

片山瑠央  Luna Katayama,  ヴァイオリン
野底彩芽  Ayame Nosoko,  ピアノ

 

 

プログラム:

レオシュ・ヤナーチェク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ JW Ⅶ/7
ベーラ・バルトーク:ヴァイオリンとピアノのための狂詩曲 第1番 BB 94a

 

「民俗音楽と芸術音楽は一つの管で繋がっているようなものである」-ヤナーチェク-
クラシック音楽史上で民俗音楽の収集を精力的に行い、その語法を自身の作品に取り入れた作曲家として、多く取り上げられる、ハンガリーのバルトーク。そして同様の活動を行った先人には、チェコのヤナーチェクがいた。
果たして彼らが見た民俗音楽とは ・・・?

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2018年9月8日(土)望月稜香トロンボーンリサイタル


2018年9月8日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで望月稜香トロンボーンリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて望月稜香さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

この度は、初めてのリサイタルを開催できますことを大変嬉しく思っております。常日頃支えてくださっている全ての方々へ、感謝の気持ちを伝えられたらと思います。残された時間、精一杯練習に励み、当日は皆さまと一緒に素敵な音楽の時間が共有できることを楽しみにしております。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

トロンボーンを演奏される方はもちろん、トロンボーンやクラシック音楽に馴染みの無い方でもお楽しみいただけるプログラムを構成させていただきました。
「トロンボーンとピアノのための演奏会用小品」という委嘱作品は、私の高校時代の同期が作曲してくださった作品です。トロンボーンの魅力がたっぷり詰め込まれている素晴らしい作品ですので、お楽しみいただけると思います。
ピアノ伴奏の市原珠美先生は、高校時代から大変お世話になっている先生です。今回はピアノソロも一曲演奏していただきますので、こちらもぜひお楽しみください。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

水や食料が無くなれば、いつか人間は生きることの限界を迎えてしまいます。では、音楽が無くなったらどうでしょう。恐らく、音楽無しでも生きていくことはできるのだと思います。しかしながら、その生活に彩りはあるでしょうか。
私にとっての音楽は、人生を豊かにしてくれるものです。感受性や人脈、豊かと言ってもポジティブな側面だけではありません。広い意味で私自身を豊かな人間にしてくれます。音楽に出逢い、音楽を学び、音楽を通して出逢った多くの方々のお陰で、私の人生は本当に色鮮やかで豊かなものになっていると感じます。もちろん、透き通って先が見えるようなきれいな色ばかりではありません。何色にも染められないような真っ黒になった時期もありました。これしかないと思ったトロンボーンを、見られなくなるくらいどん底に落ちた、決して短くない期間もありました。ですが、今私はこうして楽器を演奏できています。音楽を好きでいられます。それは、沢山の方々に助けていただいたからです。家族や先生方、一緒に音楽を学んだ仲間、音楽を通して出逢えた本当に多くの方々に、私は幾度となく助けられ、支えられてきました。頭が上がりません。
今後も様々な経験の中で、私の心は様々な色に染まっていくはずです。その度に増える“感情の引き出し”を自分の音楽表現に繋げ、人間味のある音楽をつくりたいと思っています。そして、常に感謝の気持ちを忘れず、お世話になった全ての方々に必ず音楽で恩返しをします。


演奏会詳細

2018年9月8日(土)望月稜香トロンボーンリサイタル
時間: 17:30開演(17:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

望月稜香
Ryoka Mochizuki,  トロンボーン

高松第一高等学校音楽科卒業。第1・2回山口トロンボーンコンペティション奨励賞受賞、第19回KOBE国際音楽コンクール本選出場、第31回香川ジュニア音楽コンクール金賞受賞、第70回TIAAクラシック音楽コンサート本選出場、同コンサート本選にて審査員賞受賞。これまでにトロンボーンを、眞砂美輪、村山修一、吉川武典、倉田寛、府川雪野の各氏に師事。現在、明星大学教育学部音楽コースに在学中。

市原珠美
Tamami Ichihara,  ピアノ

大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻卒業。関西フィルハーモニック管弦楽団、大阪シンフォニカー管弦楽団、高松交響楽団、瀬戸フィルハーモニー管弦楽団等と協奏曲や室内楽曲を共演する他、ソロ、デュオでの演奏会、学校や病院等での演奏、また各種コンクールやリサイタルのアンサンブルピアニストとしても活動している。現在、高松第一高等学校音楽科非常勤講師。日本ピアノ教育連盟会員。

 

プログラム:

シュレック:トロンボーンとピアノのためのソナタ“天使ガブリエルの嘆き”
ショパン:練習曲 作品10-10[ ピアノソロ ]
川西志門:トロンボーンとピアノのための演奏会用小品[ 委嘱作品 世界初演 ]
エワイゼン:トロンボーンとピアノのためのソナタ

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2018年9月8日(土)日和佐守バリトン・リサイタル


2018年9月8日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで日和佐守バリトン・リサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて日和佐守さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

この度はリサイタル開催という素晴らしい機会に恵まれまして、大変嬉しく思います。
私にとって大きな挑戦になりますが、また少し成長出来る様に、良い演奏になる様に、ベストを尽くしたいと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

この度歌わせて頂くシューベルトの歌曲集「白鳥の歌」は全部で14曲あるのですが、今回はその中から、ハイネ作詞の6曲とザイドル作詞の1曲を演奏します。
昨年のリサイタルで歌わせて頂いたレルシュタープ作詞の7曲と合わせると、「白鳥の歌」全14曲になります。その「白鳥の歌」の中でも第8曲《アトラス》と第13曲《影法師》 は、人の心の葛藤や醜い一面を表した斬新な曲です。とても難しい曲ですが、シューベルトとハイネの音の世界を充分に表現出来るように精一杯歌いたいと思います。
後半に演奏する日本の歌からは、心に染み入るような安らぎを持った《あざみの歌》が私は特に気に入っています。
また昨年のリサイタルで素晴らしいピアノ伴奏を弾いてくださった藤永貴大さんとの共演は、きっと素敵なひと時になると、今から心待ちにしています。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

これまで私が曲がりなりにも続けてきて、いつも心を満たしてくれるものです。
音楽は私にとって生活の一部になっています。
また音楽を通じて、素晴らしい先生方、共に音楽を志す仲間、演奏を聴いてくださった方々、多くの人との出会いに恵まれました。
これまでお世話になった皆さまに感謝をして、またこれから良い音楽を届けることが出来る様に精進してゆきたいと思います。


演奏会詳細

2018年9月8日(土)望月稜香トロンボーンリサイタル
時間: 13:30開演(13:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

日和佐守
Mamoru Hiwasa,  バリトン

東京都出身。6歳の頃からピアノを習う。2010年東京音楽大学大学院を修了。これまでに声楽を鹿野道男、杉野正隆の各氏に師事。2017年2月、ウィーン国立音楽大学にてフランツ・ルカソフスキー氏のマスタークラス修了。これからも良い音楽を皆さまに届けることが出来る様に、努力していきたいと思います。

藤永貴大
Takahiro Fujinaga,  ピアノ

6歳よりピアノを始める。第10回横浜国際音楽コンクールピアノ部門大学の部第二位(最高位)他入賞多数。ウィーン国立音楽大学マスタークラス、イモラ・サマーフェスティバルに参加しディプロマ取得。現在一橋大学経済学部4年在籍。これまでに伊藤美千子、吉田恵、竹内啓子、フランク・ウィボウ、ローナン・マギルの各氏に師事。

 

プログラム:

シューベルト:歌曲集「白鳥の歌」より
8. アトラス
9. 君の像
10. 漁師の娘
11. まち
12. 海辺にて
13. 影法師
14. 鳩の便り
越谷達之助:初恋
八洲秀章:あざみの歌
中田喜直:木兎
大中寅二:椰子の実

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【ギャラリー】2018年6月23日(土)Seina Takahashi First Recital


2018年6月23日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
Seina Takahashi First Recital が開催されました。

髙橋 星那
TAKAHASHI, Seina クラリネット

12歳よりクラリネットを始める。日本大学芸術学部音楽学科クラリネット専攻、3年次特待生、学業優等賞を受賞し卒業。同大学大学院芸術学研究科音楽芸術専攻博士前期課程(クラリネット専攻)に在学中。これまでにクラリネットを本田佳奈、品川政治、四戸世紀の各氏に師事。室内楽を庄司知史、萩原貴子の各氏に師事。日本音楽学会、キリスト教礼拝音楽学会、日本音楽表現学会、日本音楽医療研究会、美学会会員。

村山 枝理衣
MURAYAMA, Erii ピアノ

4歳よりピアノを始める。東京音楽大学ピアノ専攻卒業。在学中ピアノ学内卒業演奏会、リスト音楽院にて交歓演奏会に出演。第20回ヤングアーチストコンクールピアノ独奏部門Fグループ銀賞受賞。ピティナピアノコンクールグランミューズ部門Yaカテゴリー銀賞受賞。これまでにピアノを木村のぶ枝、松尾英美、石井克典の各氏に師事。

 

バッハ
Johann Sebastian Bach
無伴奏チェロ組曲 第1番
ト長調 BWV1007
Suite für Violoncello solo Nr.1 G-Dur BWV1007

シューマン
Robert Schumann
幻想小品集 Op.73
Fantasiestücke Op.73

ブラームス
Johannes Brahms
クラリネットとピアノのためのソナタ
第2番 変ホ長調 Op.120-2
Sonate für Klarinette und Klavier Nr.2 Es-Dur Op.120-2

 



以下は当日配布しましたプログラムより、髙橋星那さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は「Seina Takahashi First Recital ~ドイツ作曲家の音楽~」にご来場頂き、誠にありがとうございます。
初めてのソロ・リサイタルを開催できますことを嬉しく思っております。私の大好きなドイツ作曲家の音楽を通して皆様と素敵な音楽と時間を共有できたらと思い、心を込めて演奏いたします。
音楽によって幸せを感じて頂けますよう、精進して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

【ギャラリー/指揮者・オーケストラ】2018年5月19日(土)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018


2018年5月19日(土)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018 PART1&2 のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。

スティーヴェン・ドミニク・エレリ(指揮)

―――イギリス、エクスター生まれ。バーミンガム音楽院にてクラリネットと作曲を最優秀成績で卒業。クラコフ・アカデミー、サンクトペテルブルグ音楽院、東京藝術大学にて指揮を学ぶ。ペルーのアレキパ交響楽団芸術監督。サンクトペテルブルグのゴルコフスカヤ・オーケストラ助席指揮者。その他、ヤクーツク・オペラ・バレエ劇場やウラジオストク・オペラ交響楽団、クラスノヤルスク・アカデミック交響楽団、インドのカルカッタ基金オーケストラ、ポーランドのルブリン・フィルハーモニック等を指揮。日本では、東京シティフィルや大阪フィルハーモニック・オーケストラ等を指揮。イギリスの「リーズ指揮コンクール」準決勝進出。イタリア、トレノの「アントニオ・ペドロッティ国際指揮コンクール」でメリット・ディプロマを受賞。ポーランド、カトーヴィツェで第6回フィテルベルク国際指揮コンクール3位入賞。

オーケストラ:東京国際芸術協会管弦楽団

【リハーサル】






【ゲネプロ】





【本番】





このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを演奏していただく演奏会です。


TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)