【ギャラリー/道下 千愛】2018年5月19日(土)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018


2018年5月19日(土)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018 PART1&2 のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。

道下 千愛 Flute

ライネッケ:フルート協奏曲 ニ長調 作品283 全楽章
C.Reinecke : Flute Concerto in D major Op.283

―――3歳よりピアノ、15歳よりフルートを始める。洗足学園高等学校音楽科を卒業後、渡独し、ハンブルグ音楽院を経て、2017年にドイツ国立ロストック音楽演劇大学を首席で卒業。第10回ブルグハルト国際音楽コンクール審査員賞、第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール、フルート部門大学生の部第1位受賞。第89回横浜新人演奏会オーディション合格。現在はフルート、ドイツ語の講師をする中、様々なジャンルで演奏活動を行なっている。これまでにAnja Setzkorn-Krause、Ulrike Beißenhirtz、佐藤大祐、塩谷信洋の各氏に師事。

【インタビュー】

コチラの記事へ

【リハーサル】





【ゲネプロ】





【お客様へのメッセージ】

今回このような素敵な場で、大好きなライネッケの協奏曲を演奏出来ますことをとても嬉しく思います。限られた時間ではありますが、フルートの魅力を少しでもお伝えできれば、そしてオーケストラの皆様、聴衆の皆様と楽しい時間を共有出来ましたら幸せです。これからも演奏できる喜びを大切に心を込めて演奏いたします。

【本番】






このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを演奏していただく演奏会です。
指揮はこれまでも非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。


【ギャラリー/吉村 妃鞠】2018年5月19日(土)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018


2018年5月19日(土)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018 PART1&2 のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。

吉村 妃鞠 Violin

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 第1楽章
F.Mendelssohn : Violin Concerto in E minor Op.64 1st mov.

―――2011年生まれ、6歳。森川ちひろ氏に師事。第34回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール弦楽器部門キッズの部審査員賞。第17回大阪国際音楽コンクール幼児の部第1位。第18回日本演奏家コンクール第1位。第11回全日本芸術コンクール第1位。第10回国際ジュニア音楽コンクール第1位。第4回日本ジュニアヴァイオリンコンクール第1位。第12回セシリア国際音楽コンクール第1位。第2回シンガポール国際音楽コンクール(ブリリアントタレントディスカバリーアワード)7歳以下の部第1位。これらの功績が認められ、東京都港区教育委員会表彰を受賞。その他、4歳の時に漢字検定9級を史上最年少で満点合格し、日本漢字能力検定協会賞を受賞。

【インタビュー】

コチラの記事へ

【リハーサル】





【ゲネプロ】





【お客様へのメッセージ】

こんにちは、吉村妃鞠(ひまり)です。これまで沢山のコンクールで1位を頂き、コンサートにも出演してきました。昨年のヌーベルバーグではモーツァルトの協奏曲を弾かせて頂き、あれから半年、新たな成長を感じて頂けるよう頑張ります!将来はウィーンフィルやベルリンフィルと共演し、世界で活躍出来る演奏家になりたいです。今年は海外のコンクールに挑戦したり、大好きなアーロン・ロザンド先生のレッスンを受けてみたいです!

【本番】






このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを演奏していただく演奏会です。
指揮はこれまでも非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。


【ギャラリー/福田 恭子】2018年5月19日(土)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018


2018年5月19日(土)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018 PART1&2 のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。

福田 恭子 Soprano

ドニゼッティ:この心の光 オペラ「シャモニーのリンダ」より
G.Donizetti : Opera「Linda di Chamounix」 “O luce di quest’ anima”

―――東京声専音楽学校中学校教員養成科及びオペラ研究科卒業。全日本演奏家協会第2回ピアノ・声楽コンクール奨励賞授賞、国際芸術連盟第15回JIRA音楽コンクール入選。東京国際声楽コンクール入選。モーツァルト生誕250周年コンサート、プッチーニ生誕150周年コンサート、東日本震災復興支援コンサートなど、多くのコンサートに出演している。老人ホーム慰問コンサート、病院ロビーコンサート活動も積極的に行っている。その他2013年オペラ「ダイドーとイニーアス」の第一の魔女役を演じる。東大和市音楽連盟会員、東京国際芸術協会会員。声楽を故古賀恵美子氏、細川久美子氏に師事。

【インタビュー】

コチラの記事へ

【リハーサル】





【ゲネプロ】





【お客様へのメッセージ】

“この心の光”は前半素朴な短いシェーナがあり、次に抒情的でゆったりしたカバティーナ、そして軽やかなアリアを歌い、最後は息せききったコロラトゥーラのパッセージのカバレッタで華やかに終わります。1年間に3~4回の老人ホームや病院コンサートに出演し、一緒に歌い心暖まるひとときを過ごさせて頂いております。ヌーベルバーグコンサートは二回目ですが、今回もご来場の皆様に楽しんで聞いていただけたら幸いです。

【本番】






このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを演奏していただく演奏会です。
指揮はこれまでも非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。


【ギャラリー/服部 結真】2018年5月19日(土)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018


2018年5月19日(土)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018 PART1&2 のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。

服部 結真 Piano

モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 イ長調 作品488 第3楽章
W.A.Mozart : Piano Concerto No.23 in A major K.488 3rd mov.

―――2004年生まれ、愛知県出身。3歳でピアノを始める。第39回ピティナ・ピアノコンペティションC級本選奨励賞、同コンペティション連弾初級本選入選。第5回、6回日本バッハコンクール全国大会出場。第3回なごや青少年ピアノコンクール優秀賞。第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会入選。同コンクール入賞者披露演奏会に出演。ピアノを太田千賀子氏に師事。現在、愛知県私立滝中学校2年に在学中。

【インタビュー】

コチラの記事へ

【リハーサル】





【ゲネプロ】





【お客様へのメッセージ】

私は、今回がオーケストラとの初共演です。緊張もありますが、楽しみだという方が遥かに大きいです。そんな舞台に私は『感謝、尊敬というお世話になっている方々への気持ちを曲にのせて伝える』という目標があります。私は、感謝の気持ちを伝えることが得意ではありません。それなら、もっと大きな感謝の気持ちを演奏で伝えれば良い。そう思いました。モーツァルトのパッセージの流麗な華やかさと繊細さを表現したいと思います。

【本番】






このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを演奏していただく演奏会です。
指揮はこれまでも非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。


【ギャラリー/梅田 優理子】2018年5月19日(土)TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018


2018年5月19日(土)に日暮里サニーホールで開催された
TIAAコンチェルト ヌーベルバーグ2018 PART1&2 のリハーサル、ゲネプロと本番の様子をお伝えいたします。

梅田 優理子 Piano

ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11 第1楽章
F.Chopin : Piano Concerto No.1 in E minor Op.11 1st mov.

―――2003年、兵庫県生まれ。芦屋市立山手中学校3年在学中。阪神ジュニア音楽コンクール6年連続金賞、及び最年少で2012年兵庫県知事賞(2011年尼崎市長賞他多数受賞)。2014年特別大賞を受賞し、ショパン作曲『アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ』を披露演奏。2015年『横山幸雄+若きピアニスト』に出演。第17回ショパン国際音楽コンクールin Asia5、6年の部で全国大会金賞、アジア大会銀賞。第4回東京国際ピアノコンクール中学生部門1位。現在、本家規代、横山幸雄、有森博各氏に師事。

【インタビュー】

コチラの記事へ

【リハーサル】





【ゲネプロ】





【お客様へのメッセージ】

今回、憧れだったオーケストラとの共演が実現できて大変嬉しく思っています。ショパンのピアノ協奏曲第一番第一楽章のピアノは、とても美しい繊細なメロディーで、ショパンが祖国ポーランドを離れる時の、どこか寂しげな心情をうかがわせるものです。一方、華やかでダイナミックな部分は、新天地への扉を開きたいという願いと期待が感じられます。このような二つの気持ちを表現できればと思っています。

【本番】






このコンサートは東京国際芸術協会管弦楽団をバックに器楽の協奏曲やアリアを演奏していただく演奏会です。
指揮はこれまでも非常に好評だったスティーヴェン・エレリ氏に担当いただきました。


TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)