【インタビュー】2017年11月19日(日)若原真由子ピアノ・リサイタル


2017年11月19日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで若原真由子ピアノ・リサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて若原真由子さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

この度はこのような機会をいただき大変嬉しく思います。ご指導して下さる先生や応援して下さる皆さまへの感謝の気持ちを忘れずに演奏をできればと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

古典から現代曲と異なる時代の曲でプログラムが構成されておりますので、時代による音楽の違いや二台ピアノによる演奏もございますのでそれぞれ楽しんでいただけましたらうれしく思います。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

音楽が無い生活は考えられないほど自分にとって一番中心になっているものが音楽と思いますが、音楽を学び聴いて頂くことができる今の環境を、当たり前のものと思わず感謝し、さらに励んでいきたいと思っております。


演奏会詳細

2017年11月19日(日)若原真由子ピアノ・リサイタル
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

若原 真由子(ピアノ)
「第34回及川音楽事務所新人オーディション」優秀新人賞受賞。「平成2 7年度第1 9回旭川新人音楽会オーディション」旭川新人音楽賞受賞。「第65回東京国際芸術協会新人オーディション」准合格。「第22回ブルクハルト国際音楽コンクール」奨励賞受賞。現在、北海道教育大学大学院2年在学中、北海道深川市立東高校非常勤講師。

木村 貴紀(賛助出演ピアノ)
武蔵野音楽大学卒業。同大学大学院修了。受賞は「第10回鳥栖ピアノコンクール」第2位他。東京・金沢でリサイタル、東京・福岡・佐賀・北海道でピアノ協奏曲。2013年旭川フィルハーモニー管弦楽団を振って指揮活動も開始し、2016年には弾き振りの演奏会を催してもいる。現在、北海道教育大学旭川校准教授。月刊『音楽現代』演奏会評等執筆者。

 

プログラム:
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332
スラヴィツキー:3つのピアノ小品
1.ブルレスカ
2.インテルメッツォ
3.トッカータ
チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」組曲 Op.71a(2台ピアノ編曲版)より
1. 小序曲
2. 行進曲
8. 花のワルツ

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【ギャラリー】2017年9月3日(日)近藤毬生ピアノ・リサイタル


2017年9月3日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
近藤毬生ピアノ・リサイタル ~オール・リスト・プログラム~ が開催されました。

近藤 毬生

Marina Kondo, ピアノ

1歳半より音感教育を受け、3歳よりピアノをはじめる。神奈川県立相模原中等教育学校を経て、現在桐朋学園大学2年在学中。第2回日本ベートーヴェンコンクール中学生の部第2位。日本ピアノ研究会第11回オーディション専門部門(16~29歳)南関東大会グランプリ及び横浜市長賞を受賞し、披露演奏会に出演、翌年の同演奏会に招待演奏者として出演。東京国際芸術協会第66回新人演奏会出演、多摩フレッシュ音楽コンサート2017出演等。これまでピアノを芦田くみ氏に師事し、奈良康佑、エリザベス・プリドノフ、ロルフ・プラッゲの各氏からも指導を受ける。現在、小森谷泉氏に師事。

 

フランツ・リスト:

巡礼の年第1年「スイス」S.160 第4曲『泉のほとりで』

巡礼の年第1年「スイス」S.160 第5曲『嵐』

コンソレーション 第3番 S.172

伝説 第2番『波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ』S.175

3つの夜想曲「愛の夢」第3番 S.541

巡礼の年第2年「イタリア」S.161 第7曲『ダンテを読んで』

 

以下は当日配布しましたプログラムより、近藤毬生さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日はリサイタルにお越し下さり、誠にありがとうございます。今回は私にとって初めてのソロリサイタルで、最も好きな作曲家であり、今まで特に力を入れて勉強してきたフランツ・リストの作品を演奏致します。リストと言えば超絶技巧は勿論ですが、感覚や経験を常に音楽に表しており、繊細で叙情的な旋律も生み出しています。今回のプログラムにおいても、リストが旅先で目にした自然を表した作品や自作歌曲からの編曲、また彼の文学的な面や宗教的な面などを映した作品を選びました。どうぞ最後までお楽しみ下さいませ。

【ギャラリー】2017年9月3日(日)池上和樹・加來竜太郎デュオコンサート


2017年9月3日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
池上和樹・加來竜太郎デュオコンサート が開催されました。

池上 和樹

Kazuki Ikegami, ヴァイオリン

3歳よりヴァイオリンを始める。2012年にアントワープ王立音楽院へ留学。2016年からはウィーン国立音楽大学ヴァイオリン科に転入。ベルギー在住時より、学内外を問わず室内楽や現地のオーケストラなど、多くのプロジェクトに積極的に参加。2016年にはフランダースオペラの研究生としてニューイヤーコサートに、2017年春にはウィーン国立音大のオーケストラの一員として楽友協会の『黄金のホール』、コンツェルトハウスで演奏。これまでにヴァイオリンをエドワード・ツィエンコフスキー、ギド・デ・ネーヴェ、佐々木涼子各氏に師事。現在はウィーンを拠点に幅広く演奏活動を行いながら、ヨーロッパ各地で研鑽を積んでいる。

加來 竜太郎

Ryutaro Kaku, ピアノ

東京学芸大学芸術課程ピアノ科卒業。同大学院修了。2000年よりフランクフルト国立音楽大学へ留学。ソロピアノ科ディプロム取得。オペラ伴奏科修了。コレペティトール(オペラ伴奏指導)として同音楽大学のオペラをはじめ、ヴァイカースハイム、バート・ヘルスフェルトなど、ドイツ各地のオペラ祭に参加。伴奏者、室内楽奏者として、ヨーロッパ、日本にて演奏活動を行う。2007年の帰国後は中高一貫校にて専任教師を勤めながら演奏活動を行っている。

 

バルトーク(編曲:セーケイ・ゾルターン):ルーマニア民俗舞曲

クライスラー:愛の喜び

クライスラー:愛の悲しみ

クライスラー:美しきロスマリン

レハール(編曲:クライスラー):フラスキータ・セレナーデ『今夜、青い天蓋のベッドで…』

ブラームス:ヴァイオリンソナタ 第3番

 

以下は当日配布しましたプログラムより、池上和樹さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

この度はお忙しい中、池上和樹・加來竜太郎デュオコンサートにお越し頂き誠に有難うございます。まず当コンサートを開催するにあたり機会を頂戴しました、東京国際芸術協会様に御礼申し上げます。今回は普段『クラシック音楽』に馴染みのない方々にも純粋に楽しんで頂けるような曲を、音楽の都ウィーンをテーマに集めて見ました。今も昔も西洋音楽の中心地であり続けるウィーン。その本場の音楽を少しでも皆様にお裾分けできれば幸いです。最後までご一緒にお楽しみください。

【ギャラリー】2017年9月3日(日)福井奈都子ソプラノ・リサイタル


2017年9月3日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
福井奈都子ソプラノ・リサイタル が開催されました。

福井 奈都子

Natsuko Fukui, ソプラノ

東京都出身。声楽を羽根田宏子氏に師事し、イタリア、フランスのオペラアリアを中心に研鑽を積む。コロラトゥーラソプラノ向けの曲を得意とし、主なレパートリーに、「ラクメ」の鐘の歌、「ランメルモールのルチア」の狂乱の場のアリア等がある。第11回日本演奏家コンクールアマチュア部門3位、第2回AJIAAアマチュアクラシック音楽コンクール銅賞、第7回東京国際声楽コンクール 声楽愛好者A部門入選。第7回東京国際声楽コンクール入選・入賞者ガラコンサートの他、各コンクールの入賞披露コンサートやジョイントコンサートに出演。東京国際芸術協会会員。

小谷野 孝衣(助演)

Takai Koyano, ソプラノ

東京都出身。青山学院女子短期大学卒業。声楽を羽根田宏子氏に師事。Kアンリミテッド音楽コンクール5周年記念コンクール奨励賞受賞。松丘小PTAコーラスアンダンテ副団長。全日本おかあさんコーラス大会東京支部大会に毎年出場し、12年連続受賞。うち全国大会2回受賞。イルミナート合唱団に所属し、ヴァチカン国際音楽祭、座オペラin新橋演舞場「蝶々夫人」、MBS音舞台「泉涌寺」、125周年記念帝国ホテル芸術祭ディナーコンサート、座オペラin大阪松竹座「蝶々夫人」などに出演。

栗原 正和

Masakazu Kurihara, ピアノ

玉川大学工学部電子工学科卒業。エンジニア、ピアノ調律師を経てピアニストに転身。第2回日本クラシック音楽コンクール特別賞及び安藤賞受賞。第3回 P.I.A.Japanピアノコンクール広岡淑生賞受賞。ピアノを雁部一浩氏に師事。2作のCD「ロマンティックピアノに魅せられて」「Melody 栗原正和ピアノ・リサイタル」をリリースするほか、合唱作品(教育芸術社)や室内楽作品、声楽家のアルバムにも参加。NHK-FM「ベストオブクラシック」(今秋も出演予定)など、ラジオ、テレビに出演。その特異なキャリアから、レクチャーコンサートや講演なども多く、それぞれ好評を得ている。

 

G.カッチーニ:アヴェ・マリア

G.ヘンデル:私を泣かせてください ― 歌劇「リナルド」より

J.シュトラウス2世:春の声

平井康三郎:幻想曲「さくらさくら」[ピアノソロ]

團伊玖磨:花の街 [デュエット]

岡野貞一:故郷 [デュエット]

E.サティ:ジュ・トゥ・ヴ [小谷野孝衣]

F.プーランク:愛の小径 [小谷野孝衣]

J.オッフェンバック:森の小鳥は憧れを歌う(オランピアの唄) ― 歌劇「ホフマン物語」より

R.ジーツィンスキー:ウィーン わが夢のまち [小谷野孝衣]

L.ドリーブ:どこへ行く 若いインドの女よ(鐘の歌) ― 歌劇「ラクメ」より

 

 

以下は当日配布しましたプログラムより、福井 奈都子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日はお忙しい中ご来場いただき、誠にありがとうございます。
高校時代からの友人と共に初めてのリサイタルを開催できますこと、本当に嬉しく思っています。
お越し下さった皆様は勿論のこと、ご指導いただいている羽根田宏子先生、演奏活動を応援してくれる友人、家族への感謝を込めて演奏しますので、どうか最後までごゆっくりお楽しみください。

【ギャラリー】2017年9月3日(日)岡田愛歌曲個展


2017年9月3日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
岡田愛歌曲個展 ~時をつなぐ新しい日本のうた~ が開催されました。

岡田 愛

Ai Okada, 作曲・ピアノ

神戸女学院大学音楽学部ミュージック・クリエィション専攻卒業、同大学新人演奏会出演。兵庫教育大学大学院修了。同大学院奨学生として学び「学生表彰」を受ける。第21回及び第23回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門一般の部にて第3位入賞、第5回東京国際歌曲作曲コンクール第2位(最高位)入賞。第28回京都芸術祭音楽部門奨励賞、「米子市の歌」(2015・公募)作曲優秀賞、第21回TIAA全日本作曲家コンクール重唱・合唱部門奨励賞等を受賞。歌曲作品は特に多く、作詞を手がけた作品もある。本年7月には、初めての作品リサイタルを京都にて開催した。
公式ウェブサイトhttps://aiokada-mcr.jimdo.com

大澤 明子

Akiko Osawa, ソプラノ

神戸女学院大学音楽学部声楽専攻卒業後、東京音楽大学研究科修了。ソレイユ新人オーディション合格、優秀賞受賞、マリア・カナルス国際音楽コンクール(バルセロナ)入選、第4回「春の声」声楽コンクール・プロフェッショナル部門第1位。各地新人演奏会を皮切りに多数の演奏会に出演。またオペラ「魔笛」(夜の女王)、「イドメネオ」、「運命の力」に出演。ドイツミュンヘンに18年間滞在し、その間コンサートやカトリック教会のミサを中心に演奏、2010年帰国。現在二期会準会員、同志社混声合唱団「シャンテ」ヴォイストレーナー、「京都ゲヴァントハウス合唱団」団員兼ドイツ語通訳者。

 

岡田愛:

Vocalise ~雅~

「利根川の岸邊より」 詩:萩原 朔太郎 櫻、なにか知らねど、利根川の岸邊より

青い空とお日さま 詩:岡田 愛

『八木重吉の詩による歌曲集』 詩:八木 重吉
一. 貫ぬく 光、二. 母の瞳、三. 妻に与ふ、四. 春、五. 壺のような日

以下は当日配布しましたプログラムより、岡田愛さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日はお忙しい中「岡田 愛 歌曲個展」に足をお運びいただき、誠にありがとうございます。ご来場下さいましたお客様、これまで私をご指導・ご支援下さいました皆様をはじめ、多くの方々に支えられこの日を迎えられますことを深く感謝申し上げます。本日は歌曲作品を発表いたします。音楽を作り、奏でる喜び、そして聴いて下さる皆様への感謝を胸に、心を込めて演奏いたします。最後まで楽しんでお聴きいただけましたら幸いです。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)