2017年3月4日(土)白井麻友・丸山朋文・桐榮哲也ピアノトリオ・リサイタル【ギャラリー】


2017年3月4日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
白井麻友・丸山朋文・桐榮哲也ピアノトリオ・リサイタル が開催されました。
 
 

白井麻友:ヴァイオリン
東京藝術大学卒業。第56回全日本学生音楽コンクール高校の部全国第1位、第16回日本演奏家コンクール第1位、第20回KOBE国際音楽コンクール最優秀賞、第10回セシリア国際音楽コンクール第1位、ほか多数のコンクールで優勝。2005年度ロームミュージックファンデーション奨学生。これまでに、ヴァイオリンを澤和樹、故・若林暢、花田和加子、清水厚師の各氏に師事。兵庫芸術文化センター管弦楽団フォアシュピーラー、高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト、新日本フィルハーモニー交響楽団契約フォアシュピーラー(契約)を経て、現在、サントリーホール室内楽アカデミー第4期フェロー。http://mayushirai.jp/
 
 

丸山朋文:チェロ
東京藝術大学卒業。モスクワコンセルバトリアインジャパンに参加。ヴァレンティン・フェイギンに師事。ロンドンにてウィリアム・プリースに師事。大学在学中に小林研一郎指揮、藝大フィルハーモニアとエルガーのチェロ協奏曲を演奏。小田野宏之指揮、同オーケストラと出塚健博氏のチェロ協奏曲を初演。国際交流基金と難民を助ける会主催、日露友好コンサートに出演。サハリンのチェホフ国立劇場にてラフマニノフのチェロソナタを演奏し、その模様がサハリン全土に放映され絶賛される。映画「父をめぐる旅」、「物置のピアノ」の音楽を作曲。安宅賞受賞。同声会賞受賞。これまでに、チェロを勝田聰一、河野文昭、花崎薫の各氏に師事。
 
 

桐榮哲也:ピアノ
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)、桐朋学園大学、ベルリン芸術大学ピアノ科卒業。パリ・エコールノルマル音楽院にコンサーティスト課程にて研鑽を積む。日本、ドイツ、ポーランド、イタリア等のコンクールで入賞。ルーマニア国立ディヌリパッティ交響楽団と定期公演に於いて2度共演。日本では王子ホール、東京文化会館などの国内主要ホールにてソロリサイタルを開催。「ムジカノーヴァ」「音楽現代」「ミュージック・ペンクラブ」など音楽雑誌各紙に取り上げられ「実力勝負の若き音楽家」と賞賛されている。日本演奏連盟会員、全日本ピアノ指導者協会演奏会員。http://www.tetsuyatoei.com/
 
 


 
ハイドン:ピアノ三重奏曲 第25番 ト長調 「ジプシー・ロンド」 Hob.XV:25
 
シューマン:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 作品63
 


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、三人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 この度は、私たちのピアノトリオ・リサイタルに足をお運び頂き、ありがとうございます。「ジプシー風」と名付けられたかわいらしいハイドンのピアノトリオと、シューマンの憂いに満ちたロマンティックなピアノトリオ、同じ編成でもまったく性格の異なる二曲のプログラムを通して、室内楽の愉しさと魅力をお伝えできれば嬉しいです。短い時間ではありますが、心を込めて演奏させて頂きます。どうぞお楽しみください。

2017年3月4日(土)白石百合恵 鈴木結花 石井野乃香 トリオコンサート【ギャラリー】


2017年3月4日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
白石百合恵 鈴木結花 石井野乃香 トリオコンサート が開催されました。
 
 

白石百合恵:クラリネット
4歳からピアノを、9歳からクラリネットを始める。埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科を経て、桐朋学園芸術短期大学を卒業。現在、桐朋学園大学音楽学部に編入学し4年次在学中。音楽学部在学中、学内演奏会に選出されソロで演奏を行なう。第62回東京国際芸術協会新人演奏家オーディション通過。2016年3月、デュオコンサートを行う。これまでにクラリネットを藤井洋子、西尾郁子、小坂真紀、二宮和子、松本健司の各氏に、ピアノを辻春美、大導寺錬太郎、柏原佳奈の各氏に、室内楽を岡本正之、亀井良信、鈴木良昭、石橋雅一の各氏に師事。2017年ヤマハ新人演奏会出演予定。プルメリアミュージックスクールクラリネット講師。
 
 

鈴木結花:ピアノ
大宮光陵高校を経て現在、東京藝術大学音楽学部器学科4年在学中。第 20 回彩の国埼玉ピアノコンクール高校生部門銀賞(最高位)。第33回ピティナピアノコンペティションF級全国大会、ショパン国際ピアノコンクー ルin ASIAアジア大会入選。ソロの他にコンクールやコンサート等における共演者として、また、東京文化会館開館55周年・日本ベルギー友好150周年記念演奏会では、川端康成原作のオペラ「眠れる美女」(日本初演)にピアノ兼チェレスタ奏者として参加するなど活動は多岐にわたる。現在ピアノを迫昭嘉、斎藤龍の各氏に師事。
 
 

石井野乃香:ファゴット
神奈川県立弥栄高等学校音楽科卒業。東京藝術大学音楽学部器楽科ファゴット専攻4年に在籍。高校在学中オーディションに合格し、ハンガリーにてソロ演奏を行う。これまでにファゴットを岡崎耕治、神山純の各氏に師事。室内楽を東誠三、池田昭子、小畑善昭、伴野涼介、山本正治の各氏に師事。G.マンドレージ、F.フォルスト、M.クウスクマン、I.ロイター、S.ダルティガロングの各氏のマスタークラスを受講。
 
 


ニーノ・ロータ:クラリネット、チェロ、ピアノの為の三重奏曲より 1 allegro
カリヴォダ:ファゴットとピアノのためのサロン的小品 作品230
ガロワ=モンブラン:演奏会用小品
フランシス・プーランク:クラリネットとファゴットの為のソナタ
ショパン:舟歌作品60
ミハイル・グリンカ:悲愴三重奏曲
 


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、三人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日はトリオコンサートにご来場いただき誠にありがとうございます。 クラリネット・ファゴット・ピアノという少々珍しい組み合わせの「トリオ」ではありますが、この編成ならではの魅力をお届けできたらと思います。みなさまにとって楽しい一時となりますよう、演奏者一同心をこめて演奏致します。

2017年3月4日(土)今井清裕ピアノ・リサイタル【ギャラリー】


2017年3月4日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
今井清裕ピアノ・リサイタル が開催されました。
 
 

今井清裕:ピアノ
兵庫県出身。7歳よりピアノを始める。上智大学経済学部卒業。第10回大阪国際音楽コンクールSectionⅢ5位。第10回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA奨励賞。国際アマチュアピアノコンクール、2008、2012、2015ファイナリスト賞。第65回東京国際芸術協会新人演奏会出演。ヌーベルバーグ2016にて、東京国際芸術協会管弦楽団と共演など。
 
 


ショパン:バラード第1番Op.23
ショパン:ノクターン第1番Op.9-1
ショパン:ポロネーズ第5番Op.44
リスト:巡礼の年 第2年「イタリア」より ペトラルカのソネット 第123番
リスト:ダンテを読んで
 


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、今井清裕さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日はお忙しい中、ご来場いただき誠にありがとうございます。普段クラシック音楽をよく耳にする方も、あまり触れる機会がない方も、音楽って面白いと思っていただける様、精一杯音に思いを込めて演奏します。最後までお楽しみいただけたら幸いです。

2017年3月4日(土)安喰千尋&山内智世歌デュオリサイタル【ギャラリー】


2017年3月4日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
安喰千尋&山内智世歌デュオリサイタル が開催されました。
 
 

安喰千尋:チェロ
山形県出身。7歳よりチェロを始める。山形県立山形北高等学校音楽科卒業。東京音楽大学を経て同大学院科目等履修生修了。日本財団ランチタイムコンサート、レインボウ21サントリーホールデビューコンサート2014等に出演。Phoenix OSAQA2015、2016にてジャパン・ストリング・クヮルテットのマスタークラスを受講、修了コンサートに出演。これまでにチェロをシン広京、茂木明人、堀了介の各氏に師事。室内楽を荒井英治、景山誠治、水島愛子、山口裕之、店村眞積、百武由紀の各氏に師事。Filer Quartet、KATOO Quartetのチェロ奏者として弦楽四重奏の活動を精力的に行っている。現在、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラチェロ奏者。
 
 

山内智世歌:コントラバス
愛知県に生まれ東京都で育つ。東京音楽大学付属高等学校、東京音楽大学を経て2015年同大学院修士課程修了。中学校のオーケストラ部へ入部したことをきっかけに13歳よりコントラバスを始め、これまでに渡邉恭一、永島義男、吉田秀各氏に師事。2012、13年度バイエルン州立青少年オーケストラに参加。第34回草津国際音楽アカデミーにてクラウス・シュトール氏マスタークラスを修了。第63回東京国際芸術協会新人演奏会オーディションにて准合格し、新人演奏会に出演。2016年5月ソロリサイタルを開催。第19回長江杯弦楽部門一般の部第2位入賞(第1位なし)。第17回大阪国際音楽コンクール入選。現在はフリーの演奏家として精力的に演奏活動を行っている。
 
 

兒玉千沙子:ピアノ
東京音楽大学付属高等学校、東京音楽大学を経て、現在同大学大学院修士課程2年に在学中。平成23年度給費入学奨学生。平成27年度短期留学奨学生。ピアノ演奏家コース成績優秀者による演奏会、オーディション合格者によるソロ・室内楽定期演奏会、ベーゼンドルファー東京ランチタイムコンサートなど多くの演奏会に出演。第64回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。第11回大阪国際音楽コンクールAge-Hエスポワール賞。第10回北本ピアノコンクールG部門第2位。これまでにピアノを諏訪明子、鳥居知行、故海老原直美の各氏に、室内楽を土田英介氏に、作曲を大久保みどり氏に師事。現在、武田真理、石井克典の両氏に師事。
 
 


ダーヴィト・ポッパー:「ハンガリー狂詩曲」作品68
ジョアッキーノ・アントニオ・ロッシーニ:「涙」
フランツ・ジーマンドル:「タランテラ」作品73
フランティシェック・チェルニー:「愛の歌」
フランツ・クリスティアン・レハール:喜歌劇「メリーウィドウ」より「とざした唇に」
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:歌劇「魔笛」作品620 より「パパゲーナとパパゲーノ」
ジョアッキーノ・アントニオ・ロッシーニ:「デュエット チェロとコントラバスのための」ニ長調
 


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、お二人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日は私たちのリサイタルにお越しくださり、誠にありがとうございます。大学時代からいつか二人で一緒に演奏会をしたいと思っておりましたので、実現できたことを本当に嬉しく思っております。チェロとコントラバスはどちらも低音を担当する楽器ですが、異なる性質の音色を持っています。その性質の違いを活そうと、今回は定番のロッシーニの他にオペラ歌曲からも選曲を致しました。どうぞ最後までお楽しみください。

2017年3月4日(土)須永萌子ピアノリサイタル【ギャラリー】


2017年3月4日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
須永萌子ピアノリサイタル が開催されました。
 
 


須永萌子:ピアノ
武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。ウィーン国立音楽大学マスタークラス修了。私立ハンブルク国際音楽大学Konzert Examenコースを最高点で修了。在学中3枚のCDをドイツにてリリース。エウテルペ国際音楽コンクールソロ部門三位、イスキア国際ピアノコンクール連弾部門三位。ソリストおよび室内楽奏者として演奏活動を行う。禰津裕子、植原晴子、アレキサンダー・ロスラー、マンフレート・フォック、マティアス・ウェーバー各氏に師事。室内楽をエバハルド・シュミッツ氏に、ピアノ伴奏法をコード・ガルベン、マティアス・ファイト各氏に、ピアノ教授法をヨハンナ・ヴィーデンバッハ氏に師事。
 
 


 
ジャン=フィリップ・ラモー:組曲第一番
  1.プレリュード
  2.サラバンド
  3.ヴェネチアのガボット
  4.ロンド(サイクロプス)
  5.サラバンド
  6.三つの手
 
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン:ソナタ へ長調 Hob.XVI/23
  第一楽章アレグロ・モデラート
  第二楽章アダージョ
  第三楽章プレスト
 
ジョゼフ=モーリス・ラヴェル:組曲『鏡』より
  1.蛾
  2.悲しげな鳥たち
  3.海原の小舟
 
クロード・ドビュッシー:喜びの島
 
 

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)