2017年6月4日(日)白井麻友・七澤達哉・丸山朋文 ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版)【インタビュー】


2017年6月4日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
白井麻友・七澤達哉・丸山朋文 ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版) が開催されます。

リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
三人の演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 
 

白井麻友(ヴァイオリン)
東京藝術大学卒業。第56回全日本学生音楽コンクール高校の部全国第1位をはじめ、第16回日本演奏家コンクール第1位、ほか優勝多数。元兵庫芸術文化センター管弦楽団フォアシュピーラー、元新日本フィルハーモニー交響楽団契約フォアシュピーラー。現在、サントリーホール室内楽アカデミー第4期フェロー。http://mayushirai.jp/
 
 

七澤達哉(ヴィオラ)
東京藝術大学卒業。第12回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第1位、神戸市長賞受賞。第2回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第2位。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2015第1位。小澤国際室内楽アカデミー、SKF等に参加。これまでにヴィオラを川本嘉子、川崎和憲、市坪俊彦の各氏に師事。
 
 

丸山朋文(チェロ)
東京藝術大学卒業。在学中に小林研一郎指揮、東京芸術大学オーケストラとエルガーのチェロ協奏曲を共演。同声会賞、安宅賞受賞。卒業後は演奏と作曲で活躍。弦楽四重奏で4枚のCDを発表。映画「父をめぐる旅」、「物置のピアノ」の音楽を作曲。チェロを勝田聰一、河野文昭、花崎薫、ウィリアムプリースの各氏に師事。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
弦楽三重奏というとあまり聴き馴染のないお客様も多いかと思いますが、弦楽四重奏からヴァイオリンが単に一人減っただけではなく、それぞれの楽器の役割が増えて、メロディー担当とサポート担当が入れ替わったりと、またアンサンブルの面白さがあります。今回も室内楽の愉しさと魅力をお伝えできるように、精一杯頑張ります。(白井麻友)
 
ゴルトベルク変奏曲は元々ピアノやチェンバロで弾く曲なので発音方法も全く違い、擦弦楽器であるヴァイオリン・ヴィオラ・チェロでいかにゴルトベルクらしい純粋で透明感のある音を作り上げていくのかが課題になるだろうと感じています。とても特殊な試みである以上入念に合わせで音楽を紡ぎあげていき、更には弦楽器ならではの良さを活かした演奏にしたいと思います。(七澤達哉)
 
今回は素晴らしい仲間と、弦楽四重奏より少ない弦楽三重奏に挑戦します。3人という編成は、クラシックのピアノ三重奏、ジャズのピアノトリオ等、ジャンルを超えてアンサンブルの基本となる事が多く、とても刺激的なものです。弦楽器ならではの曲の解釈に加え、その場での会話(インタープレイ)も楽しめるよう取り組みたいです。どうぞよろしくお願い致します。(丸山朋文)
 
 
 
・演奏される曲の聴きどころなどを教えてください。
 
ゴルトベルク変奏曲は、不眠症に悩むカイザーリンク伯爵が良い眠りにつけるようにと作曲された音楽です。最初に登場するアリアが30回も形を変えて展開(変奏)されて、最後にまたアリアに戻って終わる大作です。原曲のピアノ(チェンバロ)曲はグレン・グールドの伝説的な演奏で有名ですが、ヴァイオリニストのシトコヴェツキーが編曲したこの弦楽三重奏版は、原曲とはまた違ったバッハの世界を切り開いています。途中で眠ってしまうのがもったいないと感じて頂けるような演奏になるように、精一杯頑張ります。(白井麻友)
 
ゴルトベルク変奏曲の弦楽三重奏版アレンジという事で、旋律の各楽器への移り変わり、和声の役割分担等が、どのバリエーションも非常に密に絡み合っていて原曲には無いアンサンブルの面白さがあると思うので、曲の良さと併せてアンサンブルの面白さも体験して頂けたら幸いです。(七澤達哉)
 
バッハの有名で大変難しい鍵盤楽器のための曲です。もともと多声部に別れており、それを一人で演奏するものですが、今回は弦楽トリオとう編成なので、それぞれの楽器で各声部を浮き立たせる事が出来ます。また表情、音色など弦楽器的なアプローチが楽しめます。構成も見事で、完璧な対位法が全体を通して宇宙的な広がりを見せています。(丸山朋文)
 
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか?
 
幼い頃からずっと共にあり、切り離すことができない、私の一部です。(白井麻友)
 
自分自身の状態を写す鏡のようなものだと思っています。まだ学生だった頃はあまり感じていませんでしたが、最近日々の様々な経験・体験・生活が自分の演奏に巡り巡って滲み出ていると感じています。もちろん演奏することはとても好きだし、誰かに聴いて欲しいという欲はものすごくありますが、最終的には殆ど自分自身の為に演奏しているのかなと思っています。そのくらい音楽活動をするのが好きだからこそ今まで楽器を続けてこられたしこれからも演奏は続けるんだろうなと思います。これからも鏡に写る自分自身を磨き続けてより良い演奏家になるべく精進して参りたいと思います。(七澤達哉)
 
自分自身を映し出す鏡のようなものです。(丸山朋文)
 
 
 

時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 白井麻友(ヴァイオリン) 七澤達哉(ヴィオラ) 丸山朋文(チェロ)
 
プログラム:J.S.バッハ ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版)
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2017年3月25日(土)第2回Foret Saxophone Quartetリサイタル【ギャラリー】


2017年3月25日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
第2回Foret Saxophone Quartetリサイタル が開催されました。
 
 
Foret Saxophone Quartet
2015年に尚美学園大学のサックス専攻生で結成。メンバー全員が雲井雅人氏に師事。第63回新人演奏会に出演。昨年度に第1回リサイタルを開催、好評を博す。大学のある川越をはじめ、東京や千葉など幅広く演奏をしている。

森沙優花:ソプラノサックス
富山県出身、現在尚美学園大学4年次在学中。雲井雅人氏に師事。第63回東京国際芸術協会新人演奏会出演。地元富山県をはじめ、福祉施設での演奏活動にも力をいれている。
 
笠村勇樹:アルトサックス
東京都調布市出身。中学生よりサクソフォンと合唱を始める。第63回新人演奏会出演。都内ライブハウスでのライブ等、ジャンルを問わず活動している。合唱ではドイツ、チェコでの交流プロジェクトに参加。サクソフォンを雲井雅人氏に師事。現在尚美学園大学2年次在学中。
 
田尻由紀:テナーサックス
2016年に尚美学園大学を卒業。2016年香港国際サクソフォンシンポジウム、アジアサクソフォンコングレスに参加。第63回新人演奏会に出演。サクソフォンを雲井雅人氏、大上仁彦氏に師事。現在地元東京都調布市を中心に演奏活動や後進の指導に力をいれている。
 
長谷川朱里:バリトンサックス
千葉県出身。小学生の頃吹奏楽部に入部し、サクソフォンを始める。尚美学園大学 芸術情報学部 4年次在籍中。サクソフォンを雲井雅人氏に師事。学内外での依頼演奏等、積極的に取り組んでいる。

吉田亜希子:ピアノ
武蔵野音楽大学卒業。同大学選抜学生によるコンサートに出演。第4回全日本ベストプレイヤーズコンテストピアノ部門最優秀賞。第6回JILA音楽コンクールピアノ部門入選。第33回国際芸術連盟新人オーディション室内楽部門奨励賞並びに審査員特別賞。09年~11年、武蔵野音楽大学伴奏研修員を務める。フルート2本とピアノのトリオ「Tam」のメンバー。女声合唱団「エレガンテ・ヴィオレッテ」ピアニスト。ソロをはじめ、声楽や様々な器楽奏者とのアンサンブルピアニストとして幅広く活動している。中でもサクソフォン奏者との共演は多い。ピアノを小池ちとせ、田代慎之介、尾形敦子の各氏に、伴奏法を小池ちとせ、三ツ石潤司の両氏に師事。
 
 


J.S.バッハ作曲(成本理香編曲):パルティータ第4番 BWV828 より《Ⅰ.序曲》
C.ドビュッシー作曲(伊藤康英編曲):小組曲
G.ガーシュウィン作曲(W.シュライ編曲):3つの前奏曲
M.ラヴェル作曲(浅利真編曲):クープランの墓


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、四人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日はお忙しい中、Foret Saxophone Quartet 第2回リサイタルにご来場くださり、まことにありがとうございます。
本日のプログラムは偶然にも、原曲がピアノの作品ばかりとなりました。
サックス四重奏で演奏することにより、ピアノで演奏するのとは違った作品の魅力を発見できたように思います。
また、本日は、メンバーが日頃からお世話になっているピアニストの吉田亜希子さんをゲストにお招きし、「クープランの墓」をピアノ五重奏で演奏いたします。
皆様にとって素敵な時間となりましたら幸いです。
どうぞ最後までごゆっくりお楽しみください。

2017年3月25日(土)山本有莉ヴァイオリンリサイタル【ギャラリー】


2017年3月25日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
山本有莉ヴァイオリンリサイタル が開催されました。
 
 

山本有莉:ヴァイオリン
千葉県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。私立女子学院高等学校を経て武蔵野音楽大学器楽科ヴァイオリン専攻を卒業。2013年度福井直秋記念奨学金を受給。第62回東京国際芸術協会新人演奏会に出演。2016年3月にはデビューリサイタルを開催、好評を博す。これまでにヴァイオリンを中島悦子、山中光、奥田雅代の各氏に、室内楽を故K.グントナー、C.ドル、小池ちとせ、青山聖樹の各氏に師事。また、草津国際音楽アカデミーでのS.ガヴリロフ氏をはじめ、D.ブラホヴァ、J.クリムキェーヴィッチ、D.ルービンシュタイン各氏のマスタークラスを受講。現在はソロ・室内楽をはじめ、アーティストツアー同行など幅広い活動を行うと共に後進の指導にあたっている。
 
 

山本佳澄:ピアノ
東京芸術大学附属高校、東京芸術大学を経て、同大学院を修了。ハンガリー国立リスト音楽院に留学。第16回大曲新人音楽祭グランプリ、第25回ヌエバ・アクロポリス国際ピアノコンクール(マドリッド)第3位。在学中に、芸大フィルハーモニー、芸大学生オーケストラと共演の他、N響メンバーによる合奏団、東京フィルハーモニー交響楽団、アンサンブル金沢と共演。NHK-FM『まろのSP日記』に出演。これまでに、ピアノを大澤多美子、田代慎之介、渡辺健二、ケメネシュ・アンドラーシュの各氏に、室内楽を渡辺健二、澤和樹、村井祐児、篠崎史紀の各氏に師事。
 
 


ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第5番 へ長調 作品24
チャイコフスキー:なつかしい土地の思い出 より メロディ 作品42
チャイコフスキー:ワルツ・スケルツォ 作品34
ラヴェル:ツィガーヌ/演奏会用狂詩曲


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、山本有莉さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日は山本有莉ヴァイオリンリサイタルにご来場いただきまして誠にありがとうございます。
前回のリサイタルからあっという間に一年が経ち、再びこうして皆様の前で演奏できますことを大変嬉しく思っております。どうぞごゆっくりお楽しみください。
本日のリサイタルを迎えるにあたりまして応援いただきました家族・友人の皆様、ピアニストの山本佳澄先生、ご指導いただきました先生方、すべての皆様に心より御礼申し上げます。

2017年3月25日(土)小林岬ピアノリサイタル【ギャラリー】


2017年3月25日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「作曲家いろいろ 作風もいろいろ」と題して、小林岬ピアノリサイタル が開催されました。
 
 

小林岬:ピアノ
2007年昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。2012年ロシア国立モスクワ音楽院本科課程ピアノ科卒業。卒業時に演奏家国家資格を取得。第2回デザインKピアノコンクール第2位。第2回東京国際ピアノコンクール奨励賞。第8回東京ピアノコンクール審査員特別賞。ニキタ・ユジャニン、ミハイル・カンディンスキー、朴久玲の各氏に師事。
 
 


シューベルト:ピアノソナタ第13番 イ長調
プロコフィエフ:ピアノソナタ第3番 イ短調
フランク:前奏曲、コラールとフーガ
リャプノフ:超絶技巧練習曲第10番「レズギンカ」


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、小林岬さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
日ごと暖かさを感じるこの頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。お忙しい中、ご来場頂きましたお客様に心から感謝申し上げます。
ピアノの為に書かれた作品は数多くありますが、今日演奏させていただくプログラムは系統の異なる音楽を集めたものです。ポジティブな音楽、ネガテイブな音楽、様々な美しさが表現できる様に演奏したいです。どうぞごゆっくりお聞きください。よろしくお願い致します。

2017年3月25日(土)外村理紗ヴァイオリンリサイタル【ギャラリー】


2017年3月25日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「15歳の卒業記念デビューリサイタル」と題して、外村理紗ヴァイオリンリサイタル が開催されました。
昨年12月に第70回全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会で第1位を受賞した後、デビューリサイタルを企画させていただきましたが、短い告知期間ながら既に本番数週間前には前売券がSOLD OUTしており、お客様の期待度も高いコンサートでした。
来月スタートする高校生活も実りの多いものでありますことを祈っております。
 
 

外村理紗:ヴァイオリン
3歳よりヴァイオリンを始める。7歳より小林健次氏に師事。全日本ジュニアクラシック音楽コンクール最高位、全日本芸術コンクール、山手の丘音楽コンクール、各第1位、第66回全日本学生音楽コンクール東京大会第1位、全国大会第2位をそれぞれ小学校の部に於いて受賞。第27回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール中学生の部、第31回同コンクール高校生の部(飛び級)各第1位、第25、26回日本クラシック音楽コンクール中学校の部、各最高位、第70回全日本学生音楽コンクール中学校の部、東京大会、全国大会、各第1位を受賞。又いしかわミュージックアカデミーに於いてIMA音楽賞受賞。現在、原田幸一郎氏、小林健次氏に師事。
 
 

大須賀恵里:ピアノ
桐朋学園大学音楽学部卒業。蓼科高原音楽祭で音楽祭賞を受賞。内外の著名演奏家と数多く共演する他、国際音楽祭にて著名ヴァイオリニストのマスタークラスピア二ストを多数務めるなど貴重な室内楽ピアニストとして第一線で活躍。長きにわたり桐朋学園大学音楽学部弦楽器嘱託演奏員を務め、2010年夏より「蓼科クロイツェル音楽祭」(2016年より信州クロイツェル音楽祭)を主催。2011年6月元ウィーンフィルコンサートマスターダニエル・ゲーテ(Vn)とモーツァルトソナタCDをオクタヴィアレコードよりリリース。2013年~2015年ピアノ室内楽シリーズ‘Andiamo’(全3回)開催。絶賛され大きな話題となり、2016年より新たにAndiamo part2シリーズを九州筑豊、水戸佐川文庫で開始。2015年9月上原正敏(Ten)と、おとなのための童謡曲集CD「赤い靴」をナミレコードよりリリース。2017年1月よりFM川口E-friends~世界へ羽ばたく音楽家たち~パーソナリティーを務める。現在国立音楽大学声楽科伴奏助手。
 
 


J.S.バッハ:無伴奏ソナタ第1番ト短調より アダージョ、フーガ
イザイ:無伴奏ソナタ第6番ホ長調
ブラームス:ヴァイオリンソナタ 第3番ニ短調
サンサーンス:序奏とロンドカプリチオーソ


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、外村理紗さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日はお忙しい中お越し頂き、誠にありがとうございます。今回のリサイタルは私にとって初めてのリサイタルということでとても緊張しますが、お越し下さった皆様を楽しませることが出来るよう精一杯頑張ります。
今まで決して順調だったわけではなく、挫折しそうな時もありましたが、先生方、友達、そして家族、まわりの方々が本当に支えてくださり、ここまで来ることが出来ました。感謝してもしきれません。
このリサイタルを新たなスタートラインだと思って、これからは今まで応援して支えて下さった皆様に恩返しが出来るよう精進して参ります。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)