【ギャラリー】2019年3月16日(土)Quartet Nigun〜音楽の「リアリティ」を求めて〜


2019年3月16日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
Quartet Nigun〜音楽の「リアリティ」を求めて〜が開催されました。

堀真亜菜 Maana Hori, ヴァイオリン
神奈川県川崎市出身。第9回横浜国際音楽コンクール大学の部第2位。 第32回かながわ音楽コンクールヴァイオリン部門一般の部最高位。第31回市川市文化振興財団新人演奏家コンクール優秀賞。室内楽では第9回八潮市新人オーディションにて優秀賞を受賞。学内の室内楽試験にて選抜され、第43,44回藝大定期 室内楽に出演。これまでに、樺山玲子、湊英子、児玉真理、三浦道子、大谷康子の各氏に師事。不定期で徳永二男氏のレッスンを受ける。中学3年より現在、漆原朝子氏に師事。室内楽を、松原勝也、中木健二、菊地知也の各氏に師事。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、現在東京藝術大学音楽学部4年に在籍。4月より同大学院修士課程に進学予定。

栗原壱成 Issei Kurihara, ヴァイオリン
東京芸術大学付属高校を経て東京芸術大学で学ぶ。これまでに梅津南美子、清水高師の各氏に師事。海外ではスペインで催された国際ソロバイオリンコンクール2位(最高位)、オーストリアのベートーヴェン国際ヴァイオリンコンクール2位(最高位)、ポーランドのナウンチェフ国際バイオリンコンクールで1位及び全ての部門においてグランプリ、岐阜国際コンクールで1位及びグランプリを受賞。イタリアのリピッツァ国際コンクールで入賞と計4つの特別賞を受賞し、ロシアのスピヴァコフ国際コンクールでは上位入賞の他、スピヴァコフ氏よりロシアンヴァイオリンを授与された。国内では大阪国際、日本演奏家、日本クラシックコンクール等に入賞。その間オーストリア、イタリア、スペイン、フランス、ポーランド、ロシア、ニューヨーク、中国、韓国で公演する。オーケストラとの公演は日本で平塚太一指揮やたた交響楽団、海外ではデカンプ指揮オーストリアのウィーン カメラータ・オルフィカ、ポルマノヴィッチ指揮ルーマニアのブラショフフィル、ミハイル・ゲルツ指揮バシコルトスタン国立交響楽団と共演する。

桂田光理 Hikari Katsurada, ヴィオラ
第16回日本演奏家コンクール弦楽器部門第一位。第24回日本クラシック音楽コンクールビオラ部門第三位(最高位)。第70回東京国際芸術協会新人演奏会オーディション審査員賞受賞。2015年より、小樽ヴィオラマスタークラス参加・演奏会出演。2016年3月イタリア世界遺産・音楽芸術国際フェスティバル2016日本代表に選抜される。2017年小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト参加。2018年8月ウィーン国立音楽大学サマーセミナー受講、演奏会出演。これまでにヴィオラを、ザザ・ゴグア、山本由美子、市坪俊彦、百武由紀の各氏に、室内楽を、松原勝也、菊池知也、入江一雄、山本美樹子、津田裕也の各氏に師事。現在、東京藝術大学音楽学部三年生在学中。

安保有乃 Yuno Ambo, チェロ
4歳より才能教育研究会でチェロを始める。第13回ビバホールチェロコンクール第3位。第70回全日本学生音楽コンクール全国大会チェロ部門大学の部第2位。第10回横浜国際音楽コンクール弦楽器部門第2位。他、受賞多数。学内選抜による第43,44回藝大室内楽定期や東京メトロ財団主催のコンサート等に出演。また、ASEANプロジェクトによる東京藝術大学とベトナム国立音楽院の共同コンサートに参加。南カリフォルニア大学と東京藝術大学の交流事業に参加、コンサートに出演。学内にて同声会賞を受賞。これまでに寺田義彦、川上徹、河野文昭、山本裕康、中木健二の各氏に師事。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、現在東京藝術大学音楽学部器楽科4年に在籍。4月より同大学院修士課程に進学予定。

 

ロマン・ホフシュテッター(伝ハイドン)
弦楽四重奏第13番 作品3-1 ホ長調

シューベルト
弦楽四重奏 第3番 D36 変ロ長調

ショスタコーヴィッチ
弦楽四重奏 第8番 作品110

以下は当日配布しましたプログラムより、Quartet Nigunのみなさんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はご来場いただきまして、誠にありがとうございます。
グループ名でもあるNigunとは、ヘブライ語で即興という意味です。使い古された断定的な表現を音楽に強要してしまうことなく、作品のあるがままの魅力を毎回の演奏で引き出し続けることが私たちの望みです。今日この場でしか体験できない偶然の連続を、感動とともに皆さまにお届けできましたら幸いです。
この度、本日のためにご尽力いただきましたすべての方に深く感謝申し上げます。

【ギャラリー】2019年3月16日(土)Flute Quartet pisca-pisca 2nd Concert~再び光彩は灯る~


2019年3月16日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
Flute Quartet pisca-pisca 2nd Concert~再び光彩は灯る~が開催されました。

東 雅也
Masaya Azuma Flute

北海道出身。17歳よりフルートを始め、国立音楽大学演奏学科を卒業。第34回北海道管楽器個人コンクール金賞。第18回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門入選。第28回日本クラシック音楽コンクールアンサンブル部門第3位受賞。これまでにフルートを、立川和男、高橋聖純、岩花秀文、菅井春恵の各氏に師事。室内楽を小林裕、菅井春恵の両氏に師事。卒業後もアンサンブルなど演奏活動を行う。

田島 香菜
Kana Tajima Flute

埼玉県出身。12歳よりフルートを始める。埼玉県立松伏高等学校音楽科を経て、国立音楽大学演奏学科を卒業。同大学の推薦により卒業演奏会、第45回日本フルート協会主催デビューリサイタルに出演。第2回北関東甲信越音楽系高等学校演奏会に出演。第10回関東甲信越支部 管弦打楽器ソロコンテスト高校生部門優秀賞、第20回長江杯国際音楽コンクール 管楽器・大学の部 第2位、第69回TIAA全日本クラシック音楽コンサートにオーディションを経て出演、及び奨励賞受賞。これまでにフルートを、佐久間由美子、齋藤真由美、中島恵の各氏に師事。室内楽を小林裕、菅井春恵の両氏に師事。現在、国立音楽大学上級管打楽器ソリストコース1年在籍。

田邉 実季
Miki Tanabe Flute

東京都出身。国立音楽大学修士課程1年。16歳でフルートを始め、大友太郎、佐久間由美子、高木綾子、坪井ユキの各氏に師事。第45回日本フルート協会主催デビューリサイタルに出演。ムジカ・サンタンジェロ新人演奏会オーディションにて新人優秀賞、高木綾子先生による公開マスタークラスオーディションに合格、第18回大阪国際コンクール管楽器ソロ・アンサンブル部門にて入選。第28回日本クラシック音楽コンクールアンサンブル部門にて第3位受賞。pisca-piscaでデイサービスセンターや児童施設での演奏ボランティアなど、様々な活動を行っている。

溝川 麻由
Mayu Mizokawa Flute

岡山県明誠学院高等学校を経て、国立音楽大学演奏学科を卒業。第16回岡山学生フルートコンクール第1位、第25回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール審査員賞、第30回中国ユース音楽コンクール奨励賞、第18回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門入選。第28回日本クラシック音楽コンクールアンサンブル部門第3位受賞。これまでにフルートを大友太郎、星島明朗、安達雅彦の各氏に師事。室内楽を菅井春恵氏に師事。現在は、アンサンブルを中心に演奏活動を行っている。

 

G.ロッシーニ(編曲:神田寛明)
歌劇「セミラーミデ」序曲

L.アンダーソン
ワルツィング・キャット

鶴薗明人
組曲「あめ」より
いそぎあめ かざりあめ わたりあめ

Y.デポルト
イタリア組曲

多久潤一朗
ローズ・ローザ

以下は当日配布しましたプログラムより、pisca – piscaのみなさんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は、pisca-pisca 2nd Concertにお越し下さいましてありがとうございます。
昨年に引き続き、早くも2回目を迎える事ができ大変嬉しく思います。本日は心を込めてレベルアップした私達の演奏をお届け致しますので、どうぞ最後までお楽しみ下さい。
最後に、ご指導して下さった菅井春恵先生、主催して下さった東京国際芸術協会様、この場をお借り致しまして深く感謝致します。

【ギャラリー】2019年3月16日(土)麻薛珊ソプラノリサイタル


2019年3月16日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
麻薛珊ソプラノリサイタルが開催されました。

麻 薛珊
Shosan Ma ソプラノ

中国北京の出身で、日本大学芸術学部音楽学科卒業、尚美学園大学大学院芸術情報研究科卒業。これまでに、第7回岐阜国際音楽コンクール 声楽 大学部門 優勝。第9回横浜国際音楽コンクール 声楽 大学部門 3位。第22回ブルクハルト国際音楽コンクール 入選、入賞者披露演奏会に出演。第70回東京国際芸術協会新人オーディション合格 審査員奨、第19回大阪国際コンクール声楽部門 Age-U 入選。モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」の伯爵夫人役で出演。東京国際芸術協会会員、さいたまシティーオペラ演奏会員、声楽を横内園子、藤井奈生子、塩田美奈子、李慶子、山崎岩男の各師に師事。

柴田 久美子
Kumiko Shibata ピアノ

 
小林秀雄: 落葉松

山田耕筰: かやの木山の

山田耕筰: 曼珠沙華

團伊玖磨: ひぐらし

湯山 昭: よしきり

多忠 亮: 宵待草

中田喜直: 髪

マーラー: 美しきトランペットが鳴り響くところ

モーツァルト: 踊れ、喜べ、幸いなる魂よ

プッチーニ: ドレッタの美しい夢

プッチーニ: ある晴れた日に

ベッリーニ: ああ、幾度か

以下は当日配布しましたプログラムより、麻 薛珊さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は「麻 薛珊ソプラノリサイタル」にお越しくださいまして、誠にありがとうございます。この度初めてのソロリサイタルを開かせていただく運びとなりました。未熟な私を常に支え、導いて下さいます先生方を始め、家族や友人、応援して下さるすべてのみなさまに心から感謝申し上げます。随分長い間、自分の世界の中心に音楽がありました。音楽とは何ですか?音楽は私の命です。
本日のプログラムは、選んだ曲はどれも初めて聴いた時から大好きで、いつかは歌ってみたいと思ったものばかりですが、ご来場の皆様にも好きになっていただけるような歌をお届け出来ればと願っています。どうぞ最後までごゆっくりお楽しみください。

【ギャラリー】2019年3月16日(土)ソプラノとピアノが紡ぐサルスエラとハムレット


2019年3月16日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
ソプラノとピアノが紡ぐサルスエラとハムレットが開催されました。

藤田 真有
Mayu Fujita ソプラノ

沖縄県立芸術大学を経て鹿児島国際大学専攻科声楽コース卒業。渡欧しドイツ、オーストリア、イタリアを中心に研鑽を積む。オーストリア国立グラーツ芸術大学大学院修士課程声楽科を優秀な成績で修了。ヨーロッパにてマスターコースを始めとして数多くの音楽家に指導を受ける。在学中に、グラーツ歌劇場にて公演に参加するなど舞台経験を積む。東京国際芸術協会新人演奏会新人演奏会奨励賞、万里の長城杯国際音楽コンクール声楽部門第一位受賞。オーストリア大使館等、国際的に重要な場面でも演奏を務めている。コンサート歌手として、全国で意欲的なプログラムに挑むリサイタルを数々手がけている。藤原歌劇団・日本オペラ協会正団会員。アルテリーベ東京演奏家。

田邉 安紀恵
Akie Tanabe ピアノ

京都市立京都堀川音楽高校ピアノ専攻、愛知県立芸術大学音楽学部音楽学科器楽専修ピアノコース、国立音楽大学大学院修士課程音楽研究科伴奏コース修了。日本音楽コンクール全国大会入選、万里の長城杯国際音楽コンクール優秀伴奏者賞、第2回k室内楽コンクール第2位受賞。第3回プレゾラーナ国際夏期音楽講習会にて、ソプラノ岡崎智恵子氏のマスタークラス公式伴奏を務める。これまでに芝崎美恵、田辺緑、佐藤俊、ラルフ・ナットケンパー、安井耕一、三木香代各氏に師事。ラフィ・ペザリアン、マウリツィオ・カルネッリ、若林顯、ノーマン・シェトラー、の特別レッスン受講。高槻音楽家協会会員。

ルーナ:スペインから来たの

バルビエリ:パロマの歌 (ラバピエスの理髪師)

チャピ:私に愛される人を思うとき (ゼベダイの娘)

リスト:スペイン狂詩曲 [ピアノソロ]

ベルリオーズ:オフェーリアの死

シュトラウス:オフェーリアの3つの歌曲

トマ:オフェーリアの狂乱の場 (ハムレット)

 

以下は当日配布しましたプログラムより、藤田 真有さん、田邉 安紀恵さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
スペインのサルスエラの舞台映像を観ていた際、そこで踊っている男性陣の衣装がどう見ても沖縄のエイサーそのものだった。触れてみるとなぜだか親近感の湧く音楽、それがスペイン音楽なのだなと感じた。胸を張り、自信のある笑みを浮かべ、音楽に身を委ねれば次第に楽しくなってくる。そんな力がある世界観だ。舞踊においても数多くの題材があるだけに、演奏しながら奏者も内心踊り出さずにはいられない。
“To be, or not to be, that ist the question”という文句であまりにも有名なシェイクスピアの戯曲「ハムレット」は、遡ること400年以上前に書かれた作品だ。亡くなった父王の仇をとるべく、自ら狂気の沙汰を演じ続け、復讐をしていく中で仇以外の様々な人を失い、最終的には死んでしまうハムレット。恋人のオフェーリア(オフィーリアとも言うが、ここではオフェーリアとする)をも間接的に死へと追いやってしまう。オフェーリアは、狂ったハムレットに尼寺へ行けと冷酷になじられ、父も殺され、徐々に正気を失っていき小川で亡くなる。そのシーンを描いた絵画作品も存在する。
声楽曲では、オフェーリアの立場になって書かれた曲がたくさん存在する中で、今日演奏するのはその中のほんの一部。簡単に悲劇だとも形容できないこの感情を、私たちなりに身に落とし込むことができれば幸いだ。

【インタビュー】2019年5月5日(日祝)菅野可南子&蔡翰平ジョイントリサイタル


2019年5月5日(日祝)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンで菅野可南子&蔡翰平ジョイントリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて菅野可南子さん、蔡翰平さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

 

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

菅野可南子さん
このような演奏の機会をいただき大変嬉しく思っております。昨年一般企業を退職し、音楽の勉強と演奏・指導中心の生活を始めて1年になります。才能溢れる蔡翰平くんのピアノとともに、1年間の、そしてこれまでの経験の集大成となるような演奏をしたいと思っています。

蔡翰平さん
私事ながら、昨年5年間のベルギー留学から完全帰国致しました。今回は帰国後最初の大舞台、このような場で高校時代からの付き合いであり、私の信頼する演奏家の1人でもある可南子さんと共演する機会をいただけたことに心踊っております。この喜びと感謝を私たちの演奏を通して皆様にお伝えできればと思います。

 

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

菅野可南子さん
どの人もある程度の多面性をもって生活をしていると思います。誰と話すかによって少しずつ違う自分が登場するように。蔡翰平くんと共演できることになり、今回は自分の中の「情熱」的な部分にスポットを当てることにしました。ときに激しく、そして温かなピアノの音色と、歌い、語り、踊るようなサックスの旋律を楽しんでいただければと思います。

蔡翰平さん
今回の私たちのプログラムはラテン音楽がテーマとなっており、南米の作曲家の作品のみで構成しました。ラテン音楽の重要なジャンルであるタンゴをクラシックと融合させたピアソラ、クラシックにブラジル独自の音楽を取り入れたヴィラ=ロボス、サロン音楽の伝統に基づいた作風から「ブラジルのショパン」と呼ばれたナザレー、ロマン派の様式に始まりフランス印象主義にも傾倒したポンセなど、ラテン・クラシックの魅力を様々な側面からお楽しみいただけるプログラムになっています。私がソロで演奏するヴィラ=ロボスの「吟遊詩人の印象」は、シンプルながら美しい旋律が歌われる神秘的な部分と独特の和声が激しく奏でられる焦熱的な部分の対比が見事な作品です。私たちのそれぞれの個性がラテン音楽というテーマの元にどのように溶け合っていくのかも合わせてお楽しみいただければ幸いです。

 

・あなたにとって音楽とは何ですか。

菅野可南子さん
難しい質問ですね。わたしにとっては「一生のお友達」のような存在です。音楽や楽器と向き合う中には苦しいこと、辛いこともあるけれど、音楽なしの人生は考えられない。音楽が多くの人との出会いをくれたし、音楽があるからこそできたコミュニケーションがたくさんあります。常に生活を共にし、人生を彩ってくれていると思います。

蔡翰平さん
あえて一言にまとめるならば「生き甲斐」です。


演奏会詳細

2019年5月5日(日祝)菅野可南子&蔡翰平ジョイントリサイタル
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

菅野 可南子 Kanako Kanno,  Saxophone

宮城県仙台市出身。東北大学経済学部・武蔵野音楽大学別科卒。ヤマハ大人の音楽教室講師。第36回全日本アンサンブルコンテスト第1位金賞受賞。第72回TIAA全日本クラシック音楽コンサート入賞。第71回東京国際音楽協会新人演奏会出演。これまでにサクソフォーンを佐藤こずえ、林田和之、栃尾克樹の各氏に、室内楽を亀井政孝氏に師事。

蔡 翰平 Kanpei Sai,  Piano

宮城県仙台市出身。ブリュッセル王立音楽院ピアノ科学士課程卒及び修士課程を最優秀の成績で修了。第16回ロッケッタ国際ピアノコンクール第2位、第11回セシリア国際音楽コンクール第3位、第5回イスキア国際ピアノコンクール第2位。これまでにピアノを徳本美智子、庄司美知子、菅野潤、ヨハン・シュミットの各氏に師事。

 

プログラム:

ピアソラ:タンゴ・エチュード No.4, No.3
ヴィラ=ロボス:ブラジルの詩 より 「吟遊詩人の印象」
ナザレー:ブラジル風組曲 Zenite
ピアソラ:タンゴの歴史
ポンセ:エストレリータ
ピアソラ:リベルタンゴ

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)