【インタビュー】2017年11月4日(土)東祐輔×薄木葵 ピアノデュオ リサイタル


2017年11月4日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで東祐輔×薄木葵 ピアノデュオ リサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて東祐輔さん・薄木葵さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

東祐輔
多くのリサイタルでは、演奏効果の高さからソロや二台ピアノがメインですが、今回は、敢えて連弾曲のみでプログラムを組みました。今回のリサイタルを通して、連弾というジャンルの持つ可能性を限界まで追究したいと思います。そのため、聴きごたえを出すために演奏効果の高い作品を選びました。どれも重量級なので大変です(笑)
面白い演奏会になると思うので、是非皆様お越しください!

薄木葵
共に音楽を作り上げ、共に一つの演奏会を作るという大きな作業。大作が多く不安もありますが、同じ大学で学ぶ彼と共に真摯に音楽に向き合い、最高の連弾・最高の音楽を作り上げたいと思います。華やかな曲目でお送りする彩り豊かな1時間、是非お越し下さい!!

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

東祐輔
今回はオーケストラ作品を多く取り上げています。どの曲も素晴らしいオーケストレーションで書かれているので、その色彩感を出来るだけ失わず演奏できればと思います。そして、唯一三善晃だけがオリジナルの作品です。他の編曲作品と対照的な、個人的で親密な世界を表現したいです。なかでも、音の手帳のプレリュードは大好きな曲です。

薄木葵
大好きなラプソディーインブルー、オーケストラ的色彩と華やかな技巧を持ち合わせたこの曲を、遊びごころたっぷりに弾きます。見て楽しい聴いて楽しいこの曲を、2人の個性で様々に工夫を凝らし、演奏します。どんな世界が出来上がるでしょうか!コンサートの最後を飾るこの曲、私たちも今から楽しみです。どうぞお楽しみ下さい!

・あなたにとって音楽とは何ですか。

東祐輔
一生かけて勉強していきたいと思える唯一の学問であり、常に新しい、理論だけでは説明のつかないような魅力を教えてくれる芸術です。

薄木葵
人生の中心であり、私が今幸せである理由であり、人と私を繋いでくれる存在であり、一生憧れ尊敬し、愛し続ける存在が音楽です。


演奏会詳細

2017年11月4日(土)東祐輔×薄木葵 ピアノデュオ リサイタル
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


東 祐輔(ピアノ)
第26回日本クラシック音楽コンクール全国大会出場。東京国際芸術協会第66回新人演奏会オーディション、第22回ブルクハルト国際音楽コンクールにて奨励賞を受賞。同新人演奏会出演。青山学院高等部を経て、現在上野学園大学演奏家コース2年在学中(特待生)。現在、干野宜大、川田健太郎、江口玲の各氏に師事。


薄木 葵(ピアノ)
常盤木学園高等学校音楽科卒業。第37回ピティナピアノコンペティションE級全国大会出場。第14回東北ショパン学生ピアノコンクール高校生の部銀賞。東京国際芸術協会第67回新人演奏会オーディションにて審査員賞を受賞し合格。現在上野学園大学演奏家コース2年。これまでにピアノを伊東ゆかり・手塚真人の各氏に師事。

プログラム:
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
三善晃:音の手帳
チャイコフスキー=ラフマニノフ:組曲「眠れる森の美女」より
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【ギャラリー】2017年9月30日(土)藤本江利子ピアノリサイタル


2017年9月30日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
藤本江利子ピアノリサイタル が開催されました。

藤本 江利子

Eriko Fujimoto, ピアノ

5歳で桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室へ入室、ソルフェージュ指導を受ける。6歳よりピアノを始め桐朋女子高等学校音楽科へ進学、成績優秀者による卒業演奏会出演。桐朋学園大学卒業後ハンガリー国立リスト音楽院にて学ぶ。帰国後、桐朋学園大学附属音楽教室、東京成徳短期大学で指導経験を積む他、チェロを始めとする器楽や声楽伴奏に取り組む。第49回全日本学生音楽コンクール入選。ローマ国際ピアノコンクール”ROMA 2006″第3位。第63回東京国際芸術協会新人御木本澄子、恩田明香、A.ケメネシュ各氏に師事。故・井上直幸、F.ラドシュのレッスンを受講。演奏会オーディションにて優秀新人賞受賞。
これまでに山田朋子、竹内啓子、御木本澄子、恩田明香、A.ケメネシュ各氏に師事。故・井上直幸、F.ラドシュのレッスンを受講。

 

バルトーク:『戸外にて』 より

第1曲 太鼓と笛で

第4曲 夜の音楽

シューベルト:即興曲集 D.935

第1曲 アレグロ・モデラート ヘ短調

第2曲 アレグレット 変イ長調

第3曲 アンダンテ 変ロ長調

第4曲 アレグロ・スケルツァンド ヘ短調

 

 

以下は当日配布しましたプログラムより、藤本江利子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日はお忙しい中、私の演奏会に足をお運び頂き誠にありがとうございます。
大学生の時シューベルトの即興曲D.935に深く共感し、いつか全4曲を、私の心からの音楽として演奏できる様になりたいと願っておりました。
バルトークの作品からは、鮮烈な響きや視覚的イメージの広がる2曲をお楽しみ頂きたいと思います。
今日皆様の心にも、彼らの音楽を魅惑的に響かせる事ができましたら幸いです。

【ギャラリー】2017年9月30日(土)栗山真綺・田中彩織・渡辺奏南トリオリサイタル


2017年9月30日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
栗山真綺・田中彩織・渡辺奏南トリオリサイタル が開催されました。

栗山真綺

Maki Kuriyama, フルート

神奈川県立弥栄高等学校芸術科音楽専攻卒業。現在、国立音楽大学2年在学中。第13回日本アンサンブルコンクールジュニアクラス室内楽部門入選。第9回横浜国際音楽コンクール管楽器部門高校の部第3位。これまでに、故甲斐道雄、砂井利恵、木ノ脇道元、立川和男の各氏に師事。

田中彩織

Saori Tanaka, フルート

14歳よりフルートを始める。国立音楽大学附属高等学校音楽科を卒業。現在同大学2年在学中。第16回洗足学園ジュニア音楽コンクール管楽器A部門高校生の部優秀賞受賞。第30回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールフルート部門高校生の部入選。フルートを大友太郎、菅井春恵、野原千代の各氏に師事。

渡辺奏南

Kanami Watanabe, ピアノ

1歳より音楽教育を受け、5歳よりピアノを始める。第12回ピアノ愛好家コンクール(エターナルピアノコンクール)小学生Ⅰの部 第3位受賞。国立音楽大学附属高等学校を経て現在同大学2年在学中。高校在学時、伴奏ピアニストとして、アンナ=マリア・パーマー氏の公開レッスンの受講や学内の新入生歓迎演奏会に出演等、現在も様々な伴奏活動を行う。これまでに津嶋啓一、金子恵の各氏に師事。

 

J.ドゥメルスマン:「ウィリアム・テル」の主題による華麗な二重奏

G.ショッカー:3つのダンス

D.シュニーダー:プロヴァンス風組曲

F.クーラウ:三重奏曲

 

 

以下は当日配布しましたプログラムより、栗山真綺さんと田中彩織さんと渡辺奏南さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日は「栗山真綺・田中彩織・渡辺奏南トリオコンサート」にお越しいただき有難うございます。
国立音楽大学の同級生である私たちは刺激を受けながら日々を送っています。そんな3人で演奏会を開催させて頂けることをとても嬉しく思います。今回はこの編成で演奏されることの多い曲目を選びました。さまざまな時代の曲目なのでお楽しみ頂ければ幸いです。
最後となりますが、開催にあたりご支援ご協力を頂きました皆様に感謝申し上げますとともに挨拶とさせて頂きます。

【ギャラリー】2017年9月30日(土)日和佐守バリトン・リサイタル


2017年9月30日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
日和佐守バリトン・リサイタル シューベルト《白鳥の歌》レルシュタープの詩によせて が開催されました。

日和佐 守

Mamoru Hiwasa, バリトン

東京都出身。1985年生まれ。6歳の頃からピアノを習う。2010年東京音楽大学大学院を修了。卒業後、デパート、レストラン等で歌やピアノ演奏。教会、病院、施設等でボランティアコンサート。2014年初リサイタル、シューベルト歌曲集《美しき水車小屋の娘》。翌年にシューベルト《美しき水車小屋の娘》(ピアノ・高知尾純)でCDデビューを果たす。2016年第8回東京国際声楽コンクール入選。2017年2月、ウィーン国立音楽大学にて研鑽を積み、フランツ・ルカソフスキー氏のマスタークラス修了。これまでにピアノを梅田敦子、青木なつ江、一戸智之、御邊典一の各氏に、声楽を鹿野道男、杉野正隆の各氏に師事。

 

藤永 貴大

Takahiro Fujinaga, ピアノ

6歳よりピアノを始める。第39回ピティナ・ピアノコンペティショングランミューズ部門Yカテゴリー第3位。第1回東京国際ピアノコンクール大学生部門第2位(最高位)。第10回横浜国際音楽コンクールピアノ部門大学の部第二位(最高位)。第11回セシリア国際音楽コンクール大学生以上専門の部第一位。第4回イモラ国際ピアノオーディションin JAPAN大学・一般の部第一位並びに特別優秀賞。これまでウィーン国立音楽大学マスタークラス、イモラ・サマーフェスティバルに参加しディプロマ取得。現在一橋大学経済学部3年在籍。これまでに伊藤美千子、吉田恵、竹内啓子、フランク・ウィボウ、ローナン・マギルの各氏に師事。

 

シューベルト:歌曲集「白鳥の歌」より

1.愛の使い

2.兵士の憩い

3.春の憧れ

4.セレナーデ

5.仮の宿

6.遠い国で

7.別れ

滝廉太郎:荒城の月

平井康三郎:九十九里浜

米山正夫:津軽のふるさと

 

 

以下は当日配布しましたプログラムより、日和佐守さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

この度はお忙しいなか、日和佐守(ひわさまもる)のバリトン・リサイタルにお越しくださいまして、ありがとうございます。
これまでじっくりと取り組んできたシューベルトの歌曲や、日本の歌曲を精一杯歌いたいと思います。まだまだ未熟ではありますが、最後まで聴いてくださればという思いで一杯です。本日は誠にありがとうございます。

【ギャラリー】2017年9月30日(土)宮下玲衣&吉田桃子Duo Recital


2017年9月30日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
宮下玲衣&吉田桃子Duo Recital ヴァイオリンとピアノの織りなすきらめきの旋律 が開催されました。

宮下玲衣

Rei Miyashita, ヴァイオリン

東京都立芸術高等学校、桐朋学園大学を卒業。現在、同大学研究科、日本大学大学院芸術学研究科修士課程に在籍。霧島国際音楽祭、宮崎国際音楽祭、ウィーン国立音楽大学マスタークラス等に参加。ディヒラー音楽コンクール第2位。駐日セルビア大使館、旧前田侯爵邸、萬翠荘、J.ハイドン生家(オーストリア)にて演奏。また、2014年には高円宮妃久子殿下の御前演奏を務めた。これまでにヴァイオリンを緒方恵、藤原浜雄の各氏に師事。室内楽を漆原啓子、毛利伯郎、北本秀樹、木越洋、練木繁雄、三上桂子に師事。

 

吉田桃子

Momoko Yoshida, ピアノ

東京都立芸術高等学校を経て、桐朋学園大学卒業、同研究科修了。第10回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA全国大会銅賞、アジア大会入選。2010年東京都立芸術高等学校校内オーディション合格者による音楽科発表演奏会にて、ソロ出演。(東京文化会館小ホール)旧前田侯爵邸サロンコンサート出演。第53回東京国際芸術協会新人演奏会出演。第5,6,7回ミュージックアカデミーinみやざき参加、受講生コンサートに出演。ピアノを三上桂子、室内楽を三上桂子、藤原浜雄の各氏に師事。フランス・パリにてAnne=Lize Gastaldi に師事。フランス・ニースにて講習会参加。

 

ドヴォルザーク:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ ト長調 作品100より 第一楽章

ドビュッシー:喜びの島

グリーグ:ヴァイオリンソナタ 第3番 ハ短調 作品45

 

以下は当日配布しましたプログラムより、宮下玲衣さんと吉田桃子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日は、「宮下玲衣&吉田桃子 Duo Recitial」にご来場頂き、誠にありがとうございます。
時の流れは早いもので、気がつけば私たちは出会ってから10年が経とうとしています。公私ともに仲の良い私たちですが、初めてこのような機会を持つことができ、大変嬉しく思っております。
どうぞ最後までごゆっくりお楽しみ下さい。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)