2017年3月12日(日)齊藤州重&浅井文 デュオ リサイタルVol.2【ギャラリー】


2017年3月12日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「~歌とピアノの調べに愛をこめて~」と題して、齊藤州重&浅井文 デュオ リサイタルVol.2 が開催されました。
 
 

齊藤州重:バリトン
東京藝術大学声楽科卒業。鹿児島大学大学院教育実践総合専攻修了。第29回鹿児島県高等学校声楽コンクール声楽部門金賞及び最優秀賞受賞。薩摩川内市国際青少年音楽祭に度々出演。2007年オーストリア・ゴルデックにてJ.ロイブル(ミュンヘン音大)マスタークラス受講及びゴルデック城コンサートに出演。2008年中国北京大学・北京交通大学に招かれ中原中也生誕記念演奏プロジェクトに出演。2014年東京国際芸術協会主催海外音楽大学マスタークラス派遣オーディションに唯一合格。ウィーン国立音大で研鑽を積む。合唱作品のソリストを多数務める。ミュージカルでは日野原重明氏主催公演「葉っぱのフレディ」ダニエル役を好演した。ハイドンコレギウムシンガーズ、ボイストレーナー。東京国際芸術協会会員。
 
 

浅井文:ピアノ
東京音楽大学器楽専攻ピアノ演奏家コース卒業。同大学大学院器楽専攻鍵盤楽器研究領域修了。第9回大阪国際音楽コンクールピアノ部門Age-Uエスポアール賞。モーツァルテウム大学ザルツブルク国際サマー・アカデミーに短期留学奨学生として参加、A.ヤシンスキーのクラスを修了し、アカデミーコンサートに出演。第12回日本演奏家コンクールピアノ部門大学の部第2位及びファツィオリ賞。表参道サロンコンサートVol.10ピアノジョイントリサイタルに出演。サントリーホール主催レインボウ21デビューコンサートに出演。2014年ウィーン国立音楽大学国際サマーアカデミーに参加、W.モーア氏に師事。伴奏ディプロマを取得。第8回横浜国際音楽コンクール一般声楽部門にて優秀伴奏者賞受賞。2015年7月より、新国立劇場の音楽スタッフとして携わる。ピアノをイリーナ・メジューエワ、鷲見加寿子、河邉亮子、菊地裕介、野島稔の各氏に、伴奏を服部容子氏に師事。
 
 


ショパン:ピアノソナタ第3番 ロ短調 作品58
モーツァルト:歌劇「魔笛」より ”おいらは鳥刺し”
モーツァルト:歌劇「魔笛」より ”恋人か、女房か”
モーツァルト:歌劇「ツァイーデ」より「勇気をもて、私の心よ!」
ドビュッシー:「夜の星」
ラヴェル:歌曲集「ドゥルシネア姫に心をよせるドンキホーテ」より「酒の歌」
トマ:歌劇「ハムレット」より「酒よ憂さを晴らせ」
ロッシーニ:歌劇「セビリヤの理髪師」より ”私は町の何でも屋”


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、お二人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日はお忙しい中、私共のデュオリサイタルにお越しくださいまして誠に有難うございます。前回2015年6月にVol.1をさせていただき、それに引き続きましてVol.2の開催となりました。
 今回も東京国際芸術協会様をはじめ、ご指導くださいました先生方、私たちを陰ながらサポートをしてくれた家族、そしてご来場くださいましたお客様のおかげさまで実現いたしました。改めまして厚く御礼申し上げます。
 本日は、皆様へ感謝の気持ちを込めて演奏させていただきます。最後までごゆっくりお楽しみください。

2017年3月11日(土)Quartet Farbe Concert【ギャラリー】


2017年3月11日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
Quartet Farbe Concert が開催されました。
 
 

 
髙木凜々子:第1ヴァイオリン
第62回全日本学生音楽コンクール全国大会小学校の部第3位。財団法人ヤマハ音楽振興会から2010年度音楽奨学生として採用される。第64回全日本学生音楽コンクール東京大会中学校の部第1位。ベートーヴェン国際コンクール第1位。第1回ユーロアジアイタリア国際コンクール第1位。現在東京藝術大学音楽学部2年生、清水髙師氏に師事。
 
片山遥:第2ヴァイオリン
1997年鎌倉生まれ。第31回かながわ音楽コンクール高校生の部最優秀賞および大賞、神奈川県知事を受賞。トップコンサートにて、かながわフィルハーモニー管弦楽団と共演。同年ベルギーにて開催された、アルテュール・グリュミュオー国際コンクール第2位。現在松原勝也、梅津美葉、リチャードディーキン各氏に師事。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、現在東京芸術大学2年在学中。
 
野澤匠:ヴィオラ
兵庫県立西宮高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部卒業。またG.プーレ、A.ソリエール氏、D.キグル氏など多数のマスタークラス受講。ヴァイオリンを玉井洋子、折川真理、木田雅子、大谷玲子、沼田園子、玉井菜採の各氏に、ヴィオラを市坪俊彦氏に師事。現在、東京芸術大学大学院修士課程1年在学中。
 
山根風仁:チェロ
チェロを10歳で始める。佐渡裕率いるスーパーキッズ・オーケストラ元首席奏者。第22回日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門第1位。第14回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上の部第1位。第69回全日本学生音楽コンクール大学の部第2位。チェロを上塚幸代、上塚憲一、河野文昭、鈴木秀美の各氏に師事。
 
 


モーツァルト:弦楽四重奏曲第14番 ト長調 K.387「春」
 
メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第4番 ホ短調 作品44-2

以下は当日配布しましたプログラムより、四人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 今回弾かせていただくモーツァルトとメンデルスゾーンの作品は、私たちにとって思い出深いものです。特にモーツァルトの「春」は1番最初に勉強した曲で、初めて一緒に壁を乗り越えました。メンデルスゾーンの4番は、有名な2番、6番とまた違う味のある曲です。細かいパッセージを弾きながらも、ドイツリートの歌心を大切に演奏させていただきます。
 お客様にも4人で感じている和声感を感じとっていただけたら幸 いです。今しか聴けないFarbeの演奏をどうぞお楽しみに!!

2017年3月11日(土)伊藤智美・林枝里・郷奈歩ジョイントコンサート【ギャラリー】


2017年3月11日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「~異色のトリオ編成で奏でる、心に響く春の調べ~」と題して、伊藤智美・林枝里・郷奈歩ジョイントコンサート が開催されました。
 
 

伊藤智美:ソプラノ
神奈川県出身。神奈川県立弥栄東高等学校普通科音楽コース卒業。昭和音楽大学器楽科弦管打楽器コーストランペット専攻入学、二年次に声楽科へ転科し卒業。ウィーン国立音楽大学夏期マスタークラス修了。東京音楽大学大学院音楽研究科声楽専攻独唱研究領域修士課程修了。第65回東京国際芸術協会新人演奏会出演(奨励賞)。第8回東京国際声楽コンクール歌曲部門奨励賞受賞。声楽を立原ちえ子、成田繪智子、ロシア声楽曲を黒澤麻美、コレペティトールの服部容子の各氏に師事の他、A・Lantieri、R・Döring、K・Richter、B・Bopoнин各氏のレッスンを受講。「ビジヴォ」公認ヴォイストレーナー。
 
 

林枝里:クラリネット
神奈川県出身。13歳よりクラリネットを始める。神奈川県立弥栄東高等学校普通科音楽コース卒業。国立音楽大学演奏学科弦管打楽器専修クラリネット専攻卒業。クラリネットを飯島泉、武田忠善各氏に、室内楽を生島繁氏に師事。国立音楽大学神奈川県第36回新人演奏会、第41回東京国際芸術協会新人演奏会、同協会シューマンの環〜生誕200年記念〜に出演。第9回全日本演奏家協会ル・ブリアン・フランス音楽コンクールで奨励賞受賞、入賞者演奏会に出演。及川音楽事務所第29回新人オーディションで優秀賞受賞。現在ソロ、アンサンブル、吹奏楽などで活動し、音楽講師として指導にもあたっている。財団法人ヤマハ音楽振興会認定講師。
 
 

郷奈歩:ピアノ
神奈川県出身。東京都在住。幼少のころよりピアノを始め、神奈川県立弥栄東高等学校(現・弥栄高等学校)音楽コースを経て、国立音楽大学演奏学科ピアノ科を卒業。ピアノ・コース修了。ピアノを榎本潤に師事。第15回高文連ソロ・コンテストにて奨励賞受賞。大学卒業後、音楽教室講師をしながらピアノ・エレクトーン・即興演奏等のレッスンを受け、グレード取得。その頃から、ボランティア演奏、演奏会開催、コンサート出演、レストランでの演奏等の活動を行っている。今までに、声楽、クラリネット、フルート、オーボエ、トランペット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ連弾、2台ピアノ等、様々な演奏者との共演を果たしている。
 
 


シュポア:「6つの歌 Op.103」
 
ティリンデッリ:「おお、春よ」
 
ベールマン:「アダージョ」

ドビュッシー:ベルガマスク組曲より「月の光」
 
シューベルト:「岩の上の羊飼い Op.129, D.965」


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、三人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日は「伊藤智美・林枝里・郷奈歩 ジョイントコンサート」にご来場いただき、誠にありがとうございます。また開催にあたりご協力、応援をいただいた全ての方々に心より感謝申し上げます。今回は歌・クラリネット・ピアノのトリオ編成の作品の中から、比較的知られているシュポアとシューベルトの曲をメインに、馴染みあるソロ曲も加えて演奏致します。私達ならではのハーモニーを、どうぞ最後までごゆっくりお楽しみ下さい。

2017年4月23日(日)朴曉群ピアノリサイタル【インタビュー】


2017年4月23日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
「~ショパンからラヴェルへ~心動く名曲のプログラム」と題して、朴曉群ピアノリサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
朴曉群さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 

朴曉群:ピアノ
ヤマハ音楽教室、桐朋学園大学附属こどものための音楽教室を経て桐朋学園大学音楽部演奏科卒業、高良芳枝氏に師事。クラシックから民族音楽まで幅広いジャンルの演奏活動を行う。アラビア音楽のCDレコーディング、キーボードニストとしてツアーコンサートに参加、韓国民謡の編曲、演奏も行う。現在、ヤマハ音楽教室システム講師。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
 いつかはソロコンサートにチャレンジしたいという気持ちはありましたが、本当に実現するとは思いませんでした。
今回このような機会をいただけて、とても幸運だと感じています。
聴いてくださるお客様と一緒に楽しめるようなコンサートにしたいと思います!
 
 
・演奏される曲の聴きどころなどを教えてください。
 
 自分の好きな曲ばかり集めました。
ショパンはバラード、ノクターン、ポロネーズと名曲揃いなので、聞いていてきっと楽しいと思います。
 プログラムはショパンが中心ですが、共通点があるなぁと感じるラヴェルを一曲と、気分転換で、底抜けに明るいドビュッシーの練習曲を入れました。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか?
 
 子どもの頃から今まで、いつもそばで私を見守ってくれる存在のように思います。
 音楽に何度も救われ、同時に苦しめられ、成長させてもくれました。
 勉強する時は、自問自答しなさいといつも楽譜に言われているような気分になります。
 音楽は、音が消える瞬間に実体が消えてしまう形ないものですが、同じ場所、時間を共有することで、記憶という形に残してそれを自由自在に持ち続けられます。
 そんな”音楽”は、不思議で魅力的で、奇跡の連続だとしばしば感じます。
 
 

時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
プログラム:
ショパン:バラード 第1番 作品23
ラヴェル:ソナチネ
ドビュッシー:12の練習曲 第1番 5本の指のために(チェルニー氏による)
ショパン:2つの夜想曲 作品62
ショパン:ポロネーズ 第7番 “幻想” 作品61
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

TIAA音の博覧会 2016【記事掲載】


2016年10月16日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「未来に残すべき俊英作曲家による作品群」と題して、TIAA音の博覧会 2016 が開催されました。
音の博覧会チラシ
東京国際芸術協会が主催するTIAA全日本作曲家コンクールで受賞された作曲家様方の現在の作品を、作曲家様本人の解説によって人柄を感じながら聴いて頂くコンサート「TIAA音の博覧会」で5名の作曲家様方の作品をお届けいたしました。
 
当コンサートの記事が『音楽現代2017年2月号』に掲載されましたので、
こちらにご紹介いたします。

受賞者たちの「今」を知るこのコンサートは、作曲者と司会者との対話により“現代音楽”を身近に感じていただく内容となっております。
 
今年の「TIAA音の博覧会2017」は10月15日(日)の開催を予定しております。
ご予定が空いていらっしゃいましたらぜひ足をお運びください。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)