【ギャラリー】2019年1月20日(日)森下真衣ピアノリサイタル


2019年1月20日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
森下真衣ピアノリサイタルが開催されました。

森下真衣
Mai Morishita ピアノ

大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業後、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、同大学院鍵盤楽器研究領域修士課程修了。大学卒業時、ピアノ卒業演奏会出演。第8回ベーテン音楽コンクール大学生部門第2位。第44回堺新人演奏会最優秀賞。第23回年ブルクハルト国際音楽コンクール第1位。第21回姫路パルナソス音楽コンクール入賞。第1回京都国際音楽コンクール審査員特別賞。学費免除によりウィーン国立音楽大学マスタークラス受講しディプロマ取得、教授推薦によりDichler Competitionに参加し第2位受賞。2018年東京国際芸術管弦楽団とラフマニノフピアノ協奏曲第3番を共演。これまでに佐々木恵子、服部久美子、岡田敦子、西川秀人の各氏に師事。現在ピアノ指導の傍ら、関西を中心に演奏活動を行なっている。

 

ドビュッシー
C.Debussy
ベルガマスク組曲
Suit Bergamasque

リャプノフ
C.Lyapunov
12の超絶技巧練習曲 作品11 第10番「レズギンカ」
Transcendental Etude Op.11 No.10 “Lezghinka”

ボルトキエヴィチ
S.Bortkiewicz
10の前奏曲 作品33 第7番
10 Preludes Op.33-7

ピアノソナタ 第2番 作品60
Piano Sonata No.2 Op.60

以下は当日配布しましたプログラムより、森下 真衣さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はお忙しい中お越しいただき誠にありがとうございます。東京でのソロリサイタルという素晴らしい機会に恵まれたこと、本当に嬉しく思います。いつも支えて下さっている全ての方々に感謝の気持ちを伝えられるよう、心を込めて精一杯演奏致します。

【ギャラリー】2019年1月20日(日)堂本恭子ソプラノ リサイタル 音の情景 ~伝えたい想い~


2019年1月20日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
堂本恭子ソプラノ リサイタル 音の情景 ~伝えたい想い~が開催されました。

堂本 恭子
Kyoko Domoto ソプラノ

国立音楽大学音楽学部声楽科卒業。
神奈川県私学、橘学苑中学校高等学校教諭。子どもたちの心の教育に力を注いでいる。またその傍ら、地元教育機関のため、毎年ボランティアコンサートを開催。2008年、2009年には新潟県逆谷にて村おこしコンサートの企画運営を手掛け、自ら出演。ソロやアンサンブルにて演奏活動を行っている。
第70回TIAA全日本クラシック音楽コンサート出演。審査員賞受賞。ウィーン国立音楽大学にて、マスタークラスデュプロマ取得。これまでに、曽我博子、岡崎史恵子、牧山静江、Sona Ghazarian、各氏に師事。東京国際芸術協会会員。

広森 アケミ
Akemi Hiromori ピアノ

国立音楽大学ピアノ科卒業。二期会BLOCKビタミンミュージックおよびマミーシンガーズピアニスト。作曲家三木稔作品の公演、CD録音に多数参加。岡村喬生音楽監督、演出「魔笛」、横浜山手西洋館サマーコンサート、丸の内トラストシティコンサート、三枝成彰と本田美奈子おしゃべりコンサート、客船飛鳥中国クルーズコンサート、BS「モーツァルト・サロンコンサート」出演等、クラシックからポピュラーまで活動の場を広げる。

ドナウディ:ああ 愛する人の
STEFANO DONAUDY(1879-1925) : O del mio amato ben

ドナウディ:かぎりなく優雅な絵姿
STEFANO DONAUDY(1879-1925) : Vaghissima sembianza

ヘンデル:この胸に息のある限り
GEORG FRIEDRICH HENDEL(1685-1759) : Piangero, la sorte mia

ヘンデル:私を泣かせてください
GEORG FRIEDRICH HENDEL(1685-1759) : Lascia ch’io pianga

多忠亮(1895-1929)/竹久夢二(1884-1934):宵待草

越谷達之助(1909-1982)/石川啄木(1886-1912):初恋

ベッリーニ:ああ、幾度か オペラ「カプレティー家とモンテッキ家」より
VINCENZO BELLINI(1801-1835) : I CAPULETI E I MONTECCHI Oh! quante volte, oh! Quante

ヴェルディ:神よ、平和を与えたまえ オペラ「運命の力」より
GIUSEPPE VERDI(1813-1901) : LA FORZA DEL DESTINO Pace, pace, mio Dio

以下は当日配布しましたプログラムより、堂本 恭子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は、「堂本恭子 ソプラノリサイタル 音の情景~伝えたい想い~」にお越しいただき誠にありがとうございます。これまで自身が大事にしてきたものを、皆様にお届けできることが嬉しく、大変幸せに感じております。これからも、伝え繋がることの大切さ、素晴らしさをかみしめながら、音楽活動・教育活動に勤しみたいと考えております。
最後になりましたが、これまでお世話になった方々、いつも見守り支えてくださる皆様に心より御礼申し上げます。

【ギャラリー】2019年1月20日(日)木管五重奏リサイタルもくごっこ


2019年1月20日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
木管五重奏リサイタルもくごっこが開催されました。

木管五重奏もくごっこ
富山県の桐朋オーケストラ・アカデミーにて結成された木管五重奏。在籍中、オーディションで選抜され第46回室内楽定期演奏会に出演。メンバーそれぞれがソリストや室内楽奏者として多方面で活動中。

占部 智美
Satomi Urabe フルート

慶應義塾大学文学部、桐朋学園芸術短期大学卒業。市川市文化振興財団第30回新人演奏家コンクール管楽器部門最優秀賞など。フルートを吉岡次郎氏に師事。広島ウインドオーケストラ楽員。

中村 穂波
Honami Nakamura オーボエ

桐朋学園大学卒業後、桐朋オーケストラ・アカデミーを修了。オーボエを斎藤由紀、蠣崎耕三、浦丈彦、最上峰行の各氏に、室内楽を鈴木良明、蠣崎耕三、岡本正之、亀井良信、猶井正幸の各氏に師事。

江村 考広
Takahiro Emura ホルン

千葉県出身。東京音楽大学卒業。読売新聞社主催第85回新人演奏会に出演。小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVに参加。これまでにホルンを飯笹浩二、水野信行の各氏に師事。

岡野 公孝
Kimitaka Okano ファゴット

愛知県芸術大学卒業。チェコ共和国プラハ音楽院研修課程修了。2015年小澤征爾のオペラ塾に参加。ファゴットを青谷良明、前田信吉、トマーシュ・フランティシュ、オンドジェイ・ロスコヴェッツの各氏にに師事。

安田 菜々子
Nanako Yasuda クラリネット

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、同大学修士課程音楽研究科修了。第17回北陸新人登竜門コンサートに出演、田中祐子指揮、オーケストラ・アンサンブル金沢と協奏曲を共演。MCFオーケストラとちぎ団員。Yoro’s Music Factory Yasuda副代表。

ルフェーブル
Charles Lefebvre
木管五重奏のための組曲 作品57
Suite Op.57

ライヒャ
Antoine Reicha
木管五重奏曲 ホ短調 作品88-1
Wind Quintet e-moll Op.88-1

アーノルド
Malcolm Arnold
3つのシャンティ 作品4
Three Shanties for Wind Quintet Op.4

バーバー
Samuel Barber
サマー・ミュージック 作品31
Summer Music Op.31

以下は当日配布しましたプログラムより、占部智美さん、中村穂波さん、江村考広さん、岡野公孝さん、安田菜々子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は木管五重奏「もくごっこ」のリサイタルへお越しいただき、誠にありがとうございます。
私たちは富山県・呉羽にある桐朋オーケストラ・アカデミーというオーケストラ奏者を養成するための研究機関に所属し、研鑽を積んでおります。昨日(1月19日)には富山県のカフェ・スイミーにて初公演を行ったばかりです。
富山の豊かな自然、美味しいお酒と料理から恩恵を受けた「きときと」な演奏を、どうぞ最後までごゆっくりお楽しみください!

【インタビュー】2019年3月16日(土)Flute Quartet pisca-pisca 2nd Concert~再び光彩は灯る~


2019年3月16日(土)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンでFlute Quartet pisca-pisca 2nd Concert~再び光彩は灯る~を開催いたします。リサイタルに向けて東雅也さん、田島香菜さん、田邉実季さん、溝川麻由さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

東雅也さん:

まさかこんなにも早くまたこのメンバーでリサイタルが出来るとは正直思っておりませんでした。なのでこのような機会に巡り会えた事にとても感謝しております。今回のリサイタルは第一回の曲目より挑戦的な曲が多いのではないのかなぁと感じております。去年の2月から今年の今にかけて沢山の出会いや経験がありました。沢山刺激を貰ったと思います。
カルテットのメンバーですが大学に在学していた頃よりもみんなと会う頻度も多くなった気がします笑
お互いに感性(色々)を高めたり曲に対して色々言い合えたり素の自分を出しせたり、刺激し合えるいいカルテットだなと本当に思います。
より一層色の濃くなったカルテットの演奏を炸裂させたいと思ってます。楽しんでください。

田島香菜さん:

第2回目となるリサイタル、昨年よりもパワーアップした演奏をお客様1人1人へ向けてお届けすること。また、私達4人ならではの個性溢れる熱い演奏を是非お楽しみ頂きたい思いです!

田邉実季さん:

今回のリサイタルは第2回目ですが、昨年のリサイタルよりも曲の難易度が高く、常に自分の課題を探しながら成長を目指して1年練習をしてきました。昨年よりも私達の成長した姿と、曲の聴きどころを活かしていける演奏が出来るよう精一杯楽しみながら演奏します。

溝川麻由さん:

昨年のリサイタルより成長した姿をお見せ出来るよう頑張ります!

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

東雅也さん:

今回の演奏の聴きどころですが、、、、うーん。
全部の曲が良過ぎて中々決めれないのですが、強いて、これを是非聴いてもらいたいって曲は今回の演奏のトリに吹くローズローザと言う曲です。
楽章ごとに花言葉がモチーフになっている曲ですがどの楽章もいい曲すぎて吹くたびにワクワクしますね。どの楽章が良いかってもう2楽章ですね。なんたってずっと私がsoloで吹いてます笑

田島香菜さん:

どれも素晴らしい曲ばかりなのですが、歌劇「セミラーミデ」序曲は特に個人的ではありますがご注目頂きたいです。オペラ作曲家として活躍されたG.ロッシーニのイタリア時代最後の作品。オーケストラのあの迫力をフルート2本とピッコロ、アルトフルートでどれほど近づけられるか、楽しみで仕方ないです。今年も現代曲が多めですが…(笑)1曲1曲違った色をお楽しみ下さい。

田邉実季さん:

今回演奏をさせて頂く曲の中で誰もが楽しく聴ける曲が、ワルツィング・キャットだと思います。フルートカルテット以外にも様々な楽器の編成がありますが、フルートカルテットでは動物の鳴き声を曲の途中で演じるシーンが1番の見どころなので、楽しみにして頂きたいと思います。

溝川麻由さん:

現代奏法やとても綺麗なメロディ、難易度の高い曲など様々でとても聴き応えがあります。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

東雅也さん:

私にとっての音楽は自分を形成してるものだと思います笑
自分結構飽き性であまり物事ってそんなに続かないのですが、音楽だけは不思議と踏ん切りが付かなと言うかどうしても辞めれないんですよね。むしろもっと音楽に触れたいとか色んな音楽に興味を持ってしまってもう戻れないです笑
今の自分から音楽を抜いてしまったら廃人なってしまっているのではないでしょうか、、
特にやりたいことも趣味も見つかってないと思いますね。こうやってやりたい事に没頭できる環境下があって感謝してますね。

田島香菜さん:

私から音楽を取ってしまったら、、何も残らないのではないでしょうか。というぐらい音楽を中心に自分の人生は成り立っています。普段頭の中はほぼフルートの事のしか考えていません…(笑)そのぐらい没頭し、やりがいのある事なのです。是非、今年も沢山の方にお越し頂き、皆様1人1人に感謝の気持ちを込めて演奏をお届けします。

田邉実季さん:

私にとって音楽は、人生そのものです。クラシックに限らず様々なジャンルの音楽に触れることで視野も広がり、私自身の人生が豊かになりました。音楽に人生を変えられたと言っても過言ではありません。生涯音楽を愛し続け、音楽と共に生きていきたいと思います。

溝川麻由さん:

私にとって音楽は大切な仲間との出会いのきっかけであり、私を成長させてくれた無くてはならない存在です。


演奏会詳細

2019年3月16日(土)Flute Quartet pisca-pisca 2nd Concert~再び光彩は灯る~
時間:17:30開演(17:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

pisca-pisca

東 雅也 Masaya Azuma
田島 香菜 Kana Tajima
田邉 実季 Miki Tanabe
溝川 麻由 Mayu Mizokawa

国立音楽大学在学中に同級生で結成したフルートカルテット。
第18回大阪国際コンクールアンサンブル部門入選。2018年2月に第1回リサイタルを開催。これまでに室内楽を菅井春恵氏に師事。現在、関東エリアを中心に福祉施設やライブハウスで演奏活動を行っている。

 

プログラム:

鶴薗明人:組曲「あめ」より いそぎあめ かざりあめ わたりあめ
G.ロッシーニ:歌劇「セミラーミデ」序曲 (編曲:神田寛明)
L.アンダーソン:ワルツィング・キャット
Y.デポルト:イタリア組曲
多久潤一朗:ローズ・ローザ

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2019年3月17日(日)第8回 神谷玲子 ピアノ リサイタル ~春の宵のノスタルジア~


2019年3月17日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで第8回 神谷玲子 ピアノ リサイタル ~春の宵のノスタルジア~を開催いたします。リサイタルに向けて神谷玲子さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

2011年5月8日、第1回目として軽い気持ちで始めさせて頂いて以来、今回早いもので第8回目のピアノリサイタルとなりました。ここまで続けてこられたことを大変嬉しく想いますし、又今までお世話頂いた東京国際芸術協会の方々とお客様に対し、感謝の気持ちで一杯です。
今回のプログラムは、昨年の第7回リサイタルにご来場下さったお客様に対し当日お願いしたアンケートの結果をもとに、構成してみました。せっかく頂いたアンケート結果ですので、ご満足頂けるよう頑張りたいと思っています。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

昨年の第7回リサイタル当日にお願いしたアンケートの質問は「今まで演奏した中でどの曲がお好きですか?」というものです。その結果、リストのラ・カンパネラが17票で1位でした。2位には15票でシューマンの「トロイメライ」とベートーヴェンの「悲愴ソナタ」が入り、3位は14票でベートーヴェン「ピアノソナタ月光」という結果が出ました。これをもとに知恵を絞って考えだしたのが今回のプログラムです。バッハも聴かせてほしい、との御要望もございましたので、最初にバッハの平均律第1巻プレリュード1番で始め、お子様も大好きなモーツァルトの「きらきら星変奏曲」へと続きます。
アンケート結果から分かったことは、有名なベートーヴェンのソナタは、やはり多くの皆様がお好きなのだということでした。そこでベートーヴェンの3大ソナタのうち、まだ演奏したことのない残り1曲である「熱情」を演奏させて頂くことに致しました。この曲は大変難しく、また、少し長いのですが今回是非弾かせて頂きたいと考えています。この作品はベートーヴェンの最高傑作の1つであることは間違いないと思います。
ベートーヴェンの激しいパッションが溢れるこの作品を、心を込めて演奏したいと思います。
後半はアンケート2位の安らぎ溢れる「トロイメライ」と1位の華やかな「ラ・カンパネッラ」という流れで演奏を進めていこうと考えています。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

人は、何かを主張したい時、人それぞれの特性や持ち味で自己主張しています。例えば、言葉にたけている人は、演劇関係、司会者、アナウンサーetc.、活字にたけている人は、作家や、語学の学者など、又、体を使うことにたけている人は、バレリーナ、ダンサー、アスリートなど数えたらきりがありません。
そして、たまたま、音を使って何かを表現することに興味があり満足を得られる人は、音楽関係の分野に進んでいるのだと思います。心の中にあるものを言葉を使って表現することと同じように、或いはそれ以上に、音で表現できたら本望なのですが、それがなかなか難しいことなのです。
しかしその難しさがあるからこそ、「音楽」というものと、一生涯の友になれるのかもしれません。


演奏会詳細

2019年3月17日(日)第8回 神谷玲子 ピアノ リサイタル ~春の宵のノスタルジア~
時間: 17:30開演(17:00開場)
料金: 全席自由 2,000円
出演:

神谷玲子 Reiko Kamiya,  Piano

武蔵野音楽大学ピアノ科卒。エッセンフォルクヴァンク芸術大学卒。「エレーナリヒテル国際ピアノコンクール」第3位。「万里の長城杯」第2位。「長江杯」第3位。「アジア国際文化芸術フェスティバル」優秀賞。「全日本クラシック音楽コンサート」優秀賞。「東京ピアノコンクール」審査員賞。ピアノリサイタル、二台ピアノコンサート他、日本ニューフィルハーモニー管弦楽団、TIAA管弦楽団と共演。故デトレフ・クラウス、故小川冨美子、故梅谷明、各氏に師事。太田国際音楽セミナーにて、ウラディミールトロップ、リュドミラー・プルゥーシニク、故イーゴリニコノビッチ、イーゴリレベデフ各氏に師事。

 

プログラム:

バッハ:平均律 第1巻 第1番 ハ長調 プレリュード
モーツァルト:きらきら星変奏曲
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番「熱情」
シューマン:「子供の情景」作品15より トロイメライ
リスト:ラ・カンパネラ(鐘)

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)