【インタビュー】2019年6月15日(土)篠村友輝哉ピアノリサイタル


2019年6月15日(土)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンで篠村友輝哉ピアノリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて篠村友輝哉さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

音楽の背景には、精神の静寂があります。それは、生の演奏会でこそ、より強く感じることができます。音楽の精神の静けさと、そこにいる全ての人の「気」が音楽に集中することで生まれる静けさ。そうした静寂を、聴衆の皆様と共有できたとき、そこに無言の対話を感じることができます。その対話には、直接の言葉による対話以上に、深いものがあります。今回の演奏会でも、皆様と共に静寂に耳を澄まし、そのような対話が生まれればと願っています。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

今回のプログラムには愛や死という、音楽において最も多く表現されてきたであろう概念が凝縮されています。

まず、個人的に思い入れ深いブラームスの晩年の作品集から、3つの間奏曲作品117。3曲1つ1つが繊細でかつ、確かな重みを持っています。第1曲にはブラームスの深い優しさを感じます。聴く者の心の傷を大きなもので包み込んでくれるような愛があります。第2曲は叫びたいのだけれども叫べない、内包するエネルギーは大きいけれどそれが外に出ていきそうで出ていかない、行き場のない悲しみを感じます。中間部の慈愛もブラームスの真骨頂。そして第3曲は陰鬱で、絶望の淵を這うような作品。しかしこれもやはり内包するエネルギーには濃密で強いものがある。これはブラームスの晩年の最大の魅力かもしれません。また、これらの作品は、第1曲において顕著ですが、主旋律が外声ではなく内声で歌われることが多く、これもブラームスの内面性を象徴しているようで心惹かれます。

先にこのブラームスと最後のリストを選び、間に何を入れるかだいぶ悩みました。ブラームスもリストも、重い、絶望感に満ちた作品ですから、今回は対照的に少し肩の力を抜ける、心安らぐ作品を挟もうと思い、グリーグの作品から特に幸福感や愛を感じる3曲を。叙情小曲集からの「春に寄す」は、まだ寒さの残る中の春の訪れ。澄み切った空気と自然への愛を感じます。「トロルドハウゲンの婚礼の日」は、妻ニーナに贈った躍動感溢れる作品ですが、なかでもト長調の中間部のどこか切ない懐かしさが心に染み入ります。最後は歌曲のピアノ編曲である「君を愛す」、これも妻ニーナに贈った作品です。人間の愛をストレートに歌い上げた、大変情熱的な作品です。グリーグなどの北欧の音楽には、素朴と洗練が同居する独特の魅力がありますね。

そして最後のリストの「葬送」。これはリストの作品の中でも内面性の強い作品ですが、壮絶なるドラマを感じます。重厚な序奏に始まり、沈黙のち聞こえてくるバスの嘆きのテーマがあり、叙情性たっぷりの部分があり、勝利のような雄渾な楽想があり…叙情性たっぷりの部分と言った個所は、「悲しげに」と書かれていることもあるからか、故人の回想と解説されているのを目にしますが、私は人間的な愛や官能を感じます。そして、勝利のような雄渾な部分で最高潮を迎えますが、ここでリストがしばしば用いる減7の和音でそれが引き裂かれるのです。絶望の響きに変わり、嘆きのテーマが慟哭となって回帰し、最後に天から一筋の光が見えたかに思われますが、やはり闇に引き戻される。

それぞれの作品の世界、そして全体に通底している愛や死の匂いを感じていただければと思っております。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

人生の最大の喜びであり、苦しみでもあり…音楽に限りませんが、表現は、苦しみなしには生まれません。そんなに苦しいならやめればいいじゃないかと言われそうですが、おそらく表現者は、それでも表現せずにはいられない、内面的な葛藤を抱えているのだと思います。私ですら多少なりとも苦しみを感じているのですから、作曲家のそれは計り知れないほど深いものなのだと思います。

音楽をするということは、すなわち音楽とは何かを問い続けるということです。協会の会報での連載コラムにも書いているように、私はよって音楽に精神的に救われた経験を多く持っています。音楽によってしか、救えない苦しみがあります。音楽のない人生は考えられません。でもその一方で、本当に音楽が人のためになるのだろうかという思いも持っています。音楽に触れなくても幸せな人生を送る人はいるでしょうし、音楽を聴いても何も感じない人もいるでしょう。

一方では音楽の可能性を信じ、一方ではそれを疑う、あるいは限界があるということを知っているということ。この矛盾と表現する苦しみがあればこそ、音楽をする喜びもまた深くなるのです。


演奏会詳細

2019年6月15日(土)篠村友輝哉ピアノリサイタル
時間:15:30開演(15:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

篠村 友輝哉 Yukiya Shinomura, ピアノ

桐朋学園大学卒業、同大学大学院修士課程修了予定(2019年3月)。桐朋学園表参道サロンコンサートシリーズ、大学ピアノ専攻卒業演奏会などに出演。桐朋ピアノコンペティション第3位、熊谷ひばりピアノコンクール金賞及び埼玉県知事賞、東京ピアノコンクール優秀伴奏者賞など受賞。かさま国際音楽アカデミーにてかさま音楽賞。東京国際芸術協会会報にてコラムの連載など執筆活動も行っている。ピアノを寿明義和、岡本美智子、田部京子の各氏に、室内楽を川村文雄氏に師事。

 

プログラム:

ブラームス:3つの間奏曲 作品117 第1曲 変ホ長調、第2曲 変ロ短調、第3曲 嬰ハ短調
グリーグ:叙情小曲集より「春に寄す」 作品43-6 「トロルドハウゲンの婚礼の日」 作品65-6
グリーグ:「君を愛す」(自作の歌曲によるピアノ小品集 作品41より 第3曲)
リスト:詩的で宗教的な調べ S.173より 第7曲「葬送」

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2019年5月25日(土)山口芽依パーカッション&ヴィブラフォン ソロリサイタル


2019年5月25日(土)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンで山口芽依パーカッション&ヴィブラフォン ソロリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて山口芽依さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

打楽器をはじめてから15年程になりました。これまでに出会った人、物。勉強してきた事から、今回のプログラムは、これまでに培ってきたものと自分への挑戦を込めたものになっています。また、今年は学部卒業となる節目の年でもあります。学部生最後の年にふさわしい演奏、1曲1曲にエネルギーのこもった演奏会にしたいと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

ヴィブラフォンの曲では、C.ディーンの“嘆きバトのソネット”と、ゲイリー・バートンのトランスクリプションで“想いあふれて”を演奏します。両曲、ヴィブラフォンという楽器の特性を発揮するのに絶好の曲であり、真反対の性格の曲だと思っております。
“嘆きバトのソネット”では、近年のヴィブラフォン独奏曲において進化してきた現代ヴィブラフォンの特殊奏法の数々を使いこなす事を試みた曲です。“想いあふれて”は、スタンダードジャズナンバーであり、ゲイリー・バートンのトランスクリプションがとても有名です。現代ヴィブラフォンとしてのヴィブラフォンの音色つ、ジャズヴィブラフォンとしてのヴィブラフォンの音色の2面性を楽しんでいただけたら幸いです。
打楽器の曲は、スネアドラム独奏の“Tchick”とA.ジョリヴェの《エプタード》を演奏いたします。“Tchick”は、スネアドラム1台の可能性をとても感じられる1曲となっております。今回の演奏会のメインとなる《エプタード》は、A.ジョリヴェの残した名作の1つで、7楽章からなっており、数多くの打楽器とトランペットのデュオによる20分に及ぶ大作となっています。作曲者ジョリヴェは、自身の作品にジャズの要素を多く取り入れており、リズムがかなり複雑なのはジャズを思わせます。私とトランペットの山川さんは、ビッグバンドで一緒に活動していたのがきっかけで知り合いました。そんな私達にはぴったりな曲だと思っています。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

私にとって音楽とは、私を作ってくれるものです。音楽というものに打ち込むようになってから、音楽を通じて出会う先生、友人、先輩、後輩、経験、考え方などが、今の私を作り出しています。音楽がなければ、全く違う性格や考え方になっていたと思います。これからも、音楽を通して自分がいい方向変わっていけるように向き合っていきたいと思います。


演奏会詳細

2019年5月25日(土)山口芽依パーカッション&ヴィブラフォン ソロリサイタル
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

山口 芽依 Mei Yamaguchi,  パーカッション&ヴィブラフォン

幼少より父に和太鼓を、12歳より打楽器をはじめる。埼玉県立芸術総合高等学校音楽科卒業。第12回日本管弦打楽器ソロ・コンテスト打楽器高校の部グランプリ・クリスタルミューズ賞および全部門1位の文部科学大臣賞受賞。第20回“長江杯”国際音楽コンクール打楽器一般Aの部第1位および審査委員長賞受賞。第34回日本管打楽器コンクールパーカッション部門第3位受賞。第71回TIAA全日本クラシック音楽コンサート優秀賞受賞(最高位)。第22回松方ホール音楽賞選考会打楽器部門音楽賞受賞。現在、武蔵野音楽大学ヴィルトゥオーソ学科3年次在学。打楽器を秋田円美、吉原すみれ。ラテンパーカッションをカルロス菅野、山北健一。ヴィブラフォンを山本玲子。ジャズ理論を船山美也子の各氏に師事。

 

山川 永太郎 Eitaro Yamakawa,  トランペット

青森県青森市出身。尚美学園大学音楽表現学科を卒業。第34回ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。小澤征爾音楽塾のオーデイションに合格し、「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXⅥ」に参加。トランペットを内藤知裕に師事、室内楽を後藤文夫氏に師事。H.ロイビン氏のマスタークラスを受講。現在、桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程生。

プログラム:

C.ディーン:嘆きバトのソネット
N.マルタンシォウ:Tchik
A.C.ジョビン / G.バートン:想いあふれて
A.ジョリヴェ:エプタード トランペットと打楽器のための

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【ギャラリー】2019年3月17日(日)第8回 神谷玲子 ピアノ リサイタル ~春の宵のノスタルジア~


2019年3月17日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
第8回 神谷玲子 ピアノ リサイタル ~春の宵のノスタルジア~が開催されました。

神谷玲子
Reiko Kamiya ピアノ

武蔵野音楽大学ピアノ科卒。エッセンフォルクヴァンク芸術大学卒。エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール第3位。「長江杯」第3位。「万里の長城杯」2位。「全日本クラシック音楽コンサート」優秀賞、審査員賞。「アジア国際文化芸術フェスティバル」優秀賞。東京ピアノコンクール審査員特別賞。神奈川県立音楽堂推薦音楽会出演。リサイタル、2台ピアノリサイタルの他、日本ニューフィルハーモニー管弦楽団、TIAA管弦楽団と共演。コンビネーションCD「REFRESH!」「TRAVELING vol・2」に参加。故デトレフ・クラウス、小川冨美子、石井三恵、故梅谷明、各氏に師事。又、太田国際音楽セミナーにて、故イーゴリ・ニコノビッチ、ウラディミール・トロップ、リュウドミーラ・ブルーシニク、イーゴリ・レべデフ、各氏に師事。YAA会員。

バッハ
きらきら星変奏曲

ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ 第23番「熱情」

シューマン
「子供の情景」作品15より トロイメライ

リスト
ラ・カンパネラ(鐘)

 

以下は当日配布しましたプログラムより、神谷玲子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は「第8回神谷玲子ピアノリサイタル」にお越し下さいまして、誠にありがとうございます。今回8回目を迎えることができましたのも、ご来場下さいました皆様と、東京国際芸術協会のスタッフの方々のお力添えによるものと心から感謝しております。
今日のプログラムは、昨年この会場でアンケートをとらせて頂きました結果をもとに、構成されております。短いお時間ではございますが、お楽しみ頂けましたら幸いです。

【ギャラリー】2019年3月17日(日)ピアノと歌曲の調べ~昭和音大大学院歌曲伴奏研究履修生による~


2019年3月17日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
ピアノと歌曲の調べ~昭和音大大学院歌曲伴奏研究履修生による~が開催されました。

加護友也
テノール

奈良県生まれ福岡県育ち。福岡県立育徳館高校卒。サッカー部に所属し、三年次に声楽を始める。声楽を森岡憲昭、井ノ上了吏両氏に師事。D.マッツォーラ氏マスタークラス受講。これまでにミュージカル「朱き燃え石」主演「アクアの肖像」水樹役「姫神の宝物」主演「この世を花にするために」篤史役。オペラでは「魔笛」「フィガロの結婚」等に出演。昭和音楽大学音楽学部卒業見込み。同大学大学院へ進学予定。

高木直樹
ピアノ

群馬県出身。ヒナステラ国際音楽コンクール(タイ)第2位並びにチェンマイ交響楽団財団賞、ヒナステラ特別賞、第42回ピティナピアノコンペティション全国決勝大会A1 カテゴリー第1位及び聖徳大学川並弘昭賞、第28 回日本クラシック音楽コンクール全国大会第3位(最高位)、第1回京都国際音楽コンクール第2位及び聴衆賞等、国内外のコンクールで多数受賞。スタインウェイ&サンズ東京「ライラ・コンサートシリーズ」、昭和音楽大学卒業演奏会、第87回読売新人演奏会に出演。国内をはじめ、タイ、イタリア等国外の演奏会にも招待され出演。サン=オートム室内オーケストラと共演。昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。同大学大学院修士課程終了見込。ピアノを江口文子、上野優子の各氏に、歌曲伴奏法を浅野菜生子氏に、室内楽を末永匡氏に師事。

杉山沙織
メゾソプラノ

新潟県魚沼市出身。声楽を高波礼子、石川誠二に師事。学部2年時に昭和音楽大学学長賞コンクールにて最優秀賞を受賞。その後学部4年時に同大学のメサイア公演にてアルトソリストとして出演。声楽科を首席で卒業し第88回読売新人演奏会に出演。大学院1年時では第54回日伊声楽コンコルソに入選し、今年の1月には川崎声楽新人コンクールにて第2位を受賞。2018年・2019年度宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学生。

田中梨央
ピアノ

東京都出身。大阪国際音楽コンクールAge-U大学生部門第1位、及び大阪府知事賞受賞。ヨーロッパ国際音楽コンクールin Japan 銀賞等多数受賞。ローラント・バーダー指揮ポーランドクラクフ室内管弦楽団と共演。アプリコピアノコンサートVol.52リサイタル出演。オランダ大使館(日本)、ユトレヒト芸術大学(オランダ)、ソウル市立大学(韓国)など国内外にて多数のコンサートに出演。P.ネルセシアン、A.ピサレフ、P.パレチニ等マスタークラス受講。昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。同大学大学院修士課程修了見込。これまでに長沢あけみ、江口文子、小林仁、奈良井巳城、ミハウ・ソブコヴィアクの各氏に師事。

吉見真帆
ソプラノ

兵庫県出身。京都市立芸術大学音楽学部声楽科卒業。昭和音楽大学大学院修士課程音楽芸術表現専攻修了見込。これまでに山田暢、日紫喜恵美、水澤節子、相可佐代子、折江忠道の各氏に師事。第13回大阪国際音楽コンクール声楽部門Age-H第2位、第9回神戸新人音楽賞コンクール優秀賞及び聴衆賞。第46回京都市立芸術大学音楽学部卒業演奏会出演。

岸本聖華
ピアノ

鳥取県出身。第27回PTNAピアノコンペティション西日本本選第2位、全国大会出場。第57回全日本学生音楽コンクール大阪大会本選出場。第25回日本ピアノ教育連盟JPTAオーディション全国大会出場。第13回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA岡山大会第1位、全国大会出場。2014年から3年間倉吉アザレアのまち音楽祭に出演。昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。同大学大学院修士課程修了見込。ピアノを大友聖子氏、歌曲伴奏法を浅野菜生子氏、室内楽を本尾かおる氏に師事。

ベッリーニ: 6つのアリエッタ
1. マリンコニア
2. お行き、幸せなバラよ
3. 美しいニーチェよ、この愛の
4. もしも私にできないのなら
5. お願いだ、私の美しい理想の人よ
6. 喜ばせてあげて

トスティ: 4つのアマランタの歌
1. 私を一人にしてくれ!
2. 夜明けは光から暗闇を分かち
3. 虚しく祈り
4. 賢者の言葉は何を語るか

ドナウディ: 私の愛の日々

レスピーギ: 最後の陶酔
舞踏への誘い

チェスティ: 憧れの人の周りに

レスピーギ: 古い歌に寄せて

以下は当日配布しましたプログラムより、高木直樹さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はお忙しい中「ピアノと歌曲の調べ」にご来場くださいまして誠にありがとうございます。私たちは昭和音楽大学大学院の授業の1つである歌曲伴奏研究で浅野菜生子先生に師事し、一年間歌曲伴奏者としての勉強を重ねてまいりました。今日はその成果を発表できればと思います。ピアノと声楽のアンサンブルをどうぞお楽しみください。

【ギャラリー】2019年3月17日(日)中山遥歌チェロリサイタル~チェロがくれたたくさんの出逢いに感謝をこめて~


2019年3月17日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
中山遥歌チェロリサイタル~チェロがくれたたくさんの出逢いに感謝をこめて~が開催されました。

中山遥歌
Haruka Nakayama チェロ

2000年生まれ。3才前よりスズキメソードの佐藤明氏のもとでチェロを始める。2007年中日友好青少年音楽交流会in北京(外務省後援)に参加。2010年第10回泉の森ジュニアチェロコンクール小学生の部の最年少で金賞受賞、翌年の春スズキメソードの全過程、全研究科を卒業。2016年桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)に入学。その後、第4回JASTAフレッシュコンクールチェロ部門優秀賞受賞、第71,72回全日本学生音楽コンクール東京大会チェロ部門高校の部第3位入賞、第24回ブルクハルト国際音楽コンクール弦楽器部門第1位受賞。今年の春、桐朋学園大学音楽科にチェロ専攻、副専攻声楽で入学予定。これまでにチェロを倉田澄子、常光聡の各氏に、室内楽を名倉淑子、磯村和英、山崎伸子、北本秀樹、山口裕之の各氏に師事。現在、北本秀樹氏に師事。

山谷 碧月
Atsuki Yamaya ピアノ

2001年生まれ。3歳よりピアノを始める。2012年桐朋学園子供のための音楽教室(仙川教室)に入室。2016年桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)に入学。第8回ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール高校生部門第2位。これまでにピアノを坪井圭子、松谷園子の各氏に、室内楽を松谷園子、岩下佐和子の各氏に師事。現在三輪郁氏に師事。

 

フレスコバルディ
トッカータ(カサド編)

シューマン
幻想小曲集 Op.73

ショスタコーヴィチ
チェロ・ソナタ Op.40

 

以下は当日配布しましたプログラムより、中山 遥歌さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はお忙しい中、この会場にお集まりいただき心から感謝です。
つい先日、わたしは高校を無事卒業することができました。思えばチェロは3歳になったときには既にわたしのおもちゃでした。スズキメソッドでたくさんの友達に囲まれて楽しい先生とチェロで気持ちを表現する喜びを身につけて育ちました。辛いことも山ほどありましたが、涙の跡がついたチェロはわたしの親友であり、分身。今日も話すのは苦手な私ですが、チェロでみなさまに感謝をお伝えできるようがんばります。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)