【ギャラリー】2018年9月8日(土)望月稜香トロンボーンリサイタル


2018年9月8日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
望月稜香トロンボーンリサイタルが開催されました。

望月 稜香
Ryoka Mochizuki,  トロンボーン

長野県出身。高松第一高等学校音楽科卒業。金管楽器との出逢いは10歳。小学校のマーチングバンド部に入部し、ユーフォニアムを担当する。12歳、中学校の吹奏楽部でトロンボーンを始める。第1・2回山口トロンボーンコンペティション奨励賞受賞、第19回KOBE国際音楽コンクール本選出場、第31回香川ジュニア音楽コンクール金賞受賞、第70回TIAA全日本クラシック音楽コンサート本選出場、同コンサート本選にて審査員賞受賞。これまでにトロンボーンを、眞砂美輪、村山修一、吉川武典、倉田寛、府川雪野の各氏に師事。東邦音楽大学音楽学部中途退学後、現在明星大学教育学部教育学科音楽コース在学中。ボランティア演奏や、主に小学校吹奏楽部の指導なども行う。

市原 珠美
Tamami Ichihara,  ピアノ

大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻卒業。関西フィルハーモニック管弦楽団、大阪シンフォニカー管弦楽団、高松交響楽団、瀬戸フィルハーモニー管弦楽団等と協奏曲や室内楽曲を共演する他、ソロ、デュオでの演奏会、学校や病院等での演奏、また各種コンクールやリサイタルのアンサンブルピアニストとしても活動している。現在、高松第一高等学校音楽科非常勤講師。日本ピアノ教育連盟会員。

 

シュレック
S.Sulek
トロンボーンとピアノのためのソナタ
“天使ガブリエルの嘆き”
Sonata for Trombone and Piano, “Vox Gabrieli”

ショパン
F.Chopin
練習曲 作品10-10
[ ピアノソロ ]
Étude Op.10, No.10

川西 志門
トロンボーンとピアノのための演奏会用小品
[ 委嘱作品 世界初演 ]

休 憩

エワイゼン
E.Ewazen
トロンボーンとピアノのためのソナタ
Sonata for Trombone and Piano

 

以下は当日配布しましたプログラムより、望月 稜香さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はお忙しい中、「望月稜香トロンボーンリサイタル」にお越しくださり誠にありがとうございます。未熟な私を常に支え、導いて下さいます先生方、家族や友人、応援して下さる全ての皆様に心から感謝申し上げます。
一度は離れ、二度と吹くことは無いと思ったトロンボーン。素敵な出逢いや機会に恵まれ、前向きに再スタートができました。全ての方々に音楽の楽しさを、今まで私に少しでも関わってくださった全ての方々に感謝の気持ちを、精一杯お届け致します。

【ギャラリー】2018年9月8日(土)三宅音菜ヴァイオリンリサイタル


2018年9月8日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
三宅音菜ヴァイオリンリサイタルが開催されました。

三宅 音菜
Nena Miyake,  ヴァイオリン

4歳よりヴァイオリンを始める。第27回子供のためのヴァイオリンコンクール金賞受賞。第63回全日本学生音楽コンクール名古屋大会第3位。第10回セシリア国際音楽コンクール入賞。市川市文化振興団 第29回 新人演奏家コンクール優秀賞。第20回ブルクハルト国際音楽コンクール第1位。2016年、フランスで行われたMusicAlp夏季国際アカデミーに参加。R.Daugareil氏のレッスンを受講、選抜コンサートに出演。これまでに、服部芳子、漆原朝子、H.Zack、大谷康子、海野義雄の各氏に師事。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学を卒業。現在、東京音楽大学大学院修士課程に準特別招待生として在学中。

片岡 健人
Taketo Kataoka,  ピアノ

東京都出身。3歳よりヤマハ音楽教室にてピアノ、作曲を始める。2014年度ヤマハ音楽奨学支援対象者。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て現在、東京芸術大学卒業。これまでに、K.András、M.Béroff、 P.Rogé、J.Rouvier、D.Thai son、R.McDonaldの各氏のレッスンを受講、新理恵、川染雅嗣、植田克己、江口玲の各氏に、室内楽を玉井菜採、坂井千春の各氏に師事。全国各地のコンサートホール、小学校等で演奏活動を行うかたわら、韓国、米国、スペイン、ポルトガルなど国外の演奏活動も行っている。また、ソリストとしての活動のみならず、歌曲伴奏や室内楽の活動にも力を注いでおり、多種多様な演奏活動を展開中。

 

ブラームス
Brahms
FAEソナタ より スケルツォ
Scherzo in C minor from ‘FAE’ sonata

ドビュッシー
Debussy
ヴァイオリン・ソナタ
Sonata for Violin and Piano

シュトラウス
Strauss
ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 Op.18
Sonata for Violin and Piano E-flat major Op.18

 

以下は当日配布しましたプログラムより、三宅 音菜さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は三宅音菜ヴァイオリンリサイタルにお越しいただきましてありがとうございます。
今日このようにリサイタルを迎えることができたのも、このコンサートを開催するにあたってご尽力くださった方々をはじめ、今日演奏会にいらしてくださった方々の応援があってこそだと思っております。本当にありがとうございます。精一杯心を込めて演奏いたしますので、どうぞ最後まで楽しんでいただけたらと思います。

【ギャラリー】2018年9月8日(土)日和佐守バリトン・リサイタル


2018年9月8日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
日和佐守バリトン・リサイタルが開催されました。

日和佐 守
Mamoru Hiwasa,  バリトン

東京都出身。6歳の頃からピアノを習う。2010年東京音楽大学大学院を修了。卒業後、デパート、レストラン等で歌やピアノ演奏。2014年初リサイタル、シューベルト歌曲集《美しき水車小屋の娘》。翌年にシューベルト《美しき水車小屋の娘》(ピアノ・高知尾純)でCDデビューを果たす。2016年第8回東京国際声楽コンクール入選。2017年2月、ウィーン国立音楽大学にて、フランツ・ルカソフスキー氏のマスタークラス修了。2017年9月リサイタル、~シューベルト《白鳥の歌》レルシュタープの詩によせて~。これまでにピアノを梅田敦子、青木なつ江、一戸智之、御邊典一の各氏に、声楽を鹿野道男、杉野正隆の各氏に師事。

藤永 貴大
Takahiro Fujinaga,  ピアノ

6歳よりピアノを始める。第39回ピティナ・ピアノコンペティショングランミューズ部門Yカテゴリー第3位。第1回東京国際ピアノコンクール大学生部門第2位(最高位)。第10回横浜国際音楽コンクールピアノ部門大学の部第二位(最高位)。第11回セシリア国際音楽コンクール大学生以上専門の部第一位。第4回イモラ国際ピアノオーディションinJAPAN大学・一般の部第一位並びに特別優秀賞。これまでウィーン国立音楽大学マスタークラス、イモラ・サマーフェスティバルに参加しディプロマ取得。現在一橋大学経済学部4年在籍。これまでに伊藤美千子、吉田恵、竹内啓子、フランク・ウィボウ、ローナン・マギルの各氏に師事。

 

シューベルト:歌曲集「白鳥の歌」D.957より
F.Schubert:Schwanengesang

8. アトラス 8. Der Atlas
9. 君の像 9. Ihr Bild
10. 漁師の娘 10. Das Fischermädchen
11. まち 11. Die Stadt
12. 海辺にて 12. Am Meer
13. 影法師 13. Der Doppelgänger
14. 鳩の便り 14. Die Taubenpost

越谷達之助:初恋

八洲秀章:あざみの歌

中田喜直:木兎

大中寅二:椰子の実

 

以下は当日配布しましたプログラムより、日和佐 守さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
この度はお忙しいなか日和佐守(ひわさまもる)のリサイタルにお越しくださりまして、ありがとうございます。
これまで練習してきたシューベルトの歌曲や日本の歌曲を精一杯歌いたいと思います。まだまだ未熟ではありますが、最後まで聴いて頂ければという思いで一杯です。今年またリサイタルを開くことが出来たのは、応援し支えてくださった皆様のお蔭です。本日は誠にありがとうございます。

【ギャラリー】2018年7月11日(水)Chansons de bijoux ~歌の宝石~


2018年7月11日(水)にかつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホールで
『Chansons de bijoux ~歌の宝石~ 』 TIAAフランス音楽シリーズ vol.11 が開催されました。

石井恵子 : ソプラノ
千葉大学教育学部音楽科卒。在学中文部省給費生としてパリ・エコール・ノルマル音楽院留学。都立高校音楽教諭職を経て、東京芸術大学大学院修士課程声楽科修了。’91年フランス音楽コンクール第1位(稲畑賞)’92年日本声楽コンクール入選。’94~’95年アメリカ留学。秋山衛、山本敬、G.トゥレーヌ、H.ピュイグ=ロジェ、R.ミラー、中村浩子の各氏に師事。「カルメン」「エトワール」「フィガロの結婚」「電話」「黒蜥蜴」「龍の雨」「たらちね」「しばはま」「ファウスト」「パルシファル」「魔笛」「レクイエム」「ヴェスペレ」「紀州路」等に出演。植草学園、文京学院大学(非)講師。コンセール・C、フォーレ協会、二期会会員。

上村聡子 : ソプラノ
大分県大分市出身。大分県立芸術文化短期大学音楽科声楽専攻卒業。東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルヴァトアールディプロマ科声楽コース修了。2008年度フランス音楽コンクール第2位、日仏協会関西賞、フランス総領事賞、エールフランス賞受賞。コンセール・C創立50周年回記念コンサートに出演の他、2010年に大分市にてオータムコンサート「歌のレストラン」を開催するなど、積極的に活動している。宮本修、片岡敬、田中正子、下瀬徳吉、中村浩子の各氏に師事。Fontana di Musicaメンバー。コンセール・C会員。

河内紀恵 : ソプラノ
東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学同声会卒業演奏会出演。二期会オペラ研修所プロフェッショナル・コース総合第3期修了。ソリストとして都内などでソロリサイタルを開催する他、コンサートに多数出演。アメリカ・アスペン音楽祭出演、イタリア・サンタマルゲリータ音楽講習会に参加し、研鑚を積む。日伊声楽コンコルソ、日本声楽コンクール入選。故畑中良輔氏、故東敦子氏、帆足卓也氏に師事。東京芸術大学同声会会員、二期会会員、日伊音楽協会会員、全埼玉私立幼稚園連合会講師、公益財団法人草加市文化協会評議員、草加市文化団体連合会副会長、草加市演奏家協会会長。現在地元草加市演奏家協会会長を務め、演奏活動とともに、協会として「クラシック音楽ジュニアコンクール」「クラシック音楽オーディション」や市民のための「オペラ・オラトリオ塾」「ハートフルコンサート」「ティータイムコンサート」を主催、出演しているほか、コーラス指導、幼稚園や市内の小・中学校、福祉施設などで演奏指導やコンサートを行っている。

林志乃 : ソプラノ
東京ミュージック&メディアアーツ尚美音楽芸術表現コース・ディプロマコース卒業。二期会オペラ研修所修了。第11回クラシック音楽コンクール合格。第42回フランス音楽コンクール入選、フランス総領事賞受賞。中村浩子、野口浩志、竹村靖子、藤井あや の各氏に師事。日本ピアノギャラリー講師。Fontana di Musica メンバー。コンセール・C、二期会会員。

田中正子 : メゾ・ソプラノ
福岡女子短期大学声楽科、東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。東京の夏音楽祭、郷土音楽家の夕べ(久留米市)に出演。ジョイントリサイタル、フランス音楽の夕べ、エテルナコンサート、等に出演。コンサート活動の他、モーツアルトの戴冠ミサ、ミサブレヴィス、ベートーヴェンの第九のアルトソロを務める。Fontana di Musicaのメンバーとして、バッハのカンタータなど歌う。メサジェのオペラコミック「ヴェロニク」のエルムランス役で出演。中村浩子、桐山愛海、川口雪子の各氏に師事。アルファ医療福祉専門学校 こども保育学科教員。東京音楽学院講師。スタジオMINE発声講座講師。コンセール・C会員。

 

西村晶子 : ピアノ
東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。同大学同声会主催卒業演奏会に出演。その後渡仏し、ブーローニュ音楽院ソルフェージュ科を審査員全員一致の首席で卒業。マルセイユ音楽院国際コンクール準備科修了。コンクール“Les Clés d’Or du Piano” ピアノ4手部門で一等賞受賞。パリにてリサイタルを開催。帰国後はフランス音楽を中心にさまざまな演奏会に出演。また、多くの合唱団やNPO日本国際童謡館のピアニストを務めるなど幅広い活動を行なっている。ピアノを伊達純、植田克己、ジャック・ルヴィエの各氏に、ソルフェージュをアンヌ・ルフォレスティエ女史に師事。

~ デュパルク H.Duparc ~

悲しき歌  上村 聡子
Chanson triste

フィレンツェのセレナード  石井 恵子
Sérénade Florentine

旅への誘い  石井 恵子
L’Invitation au Voyage

フィディレ  河内 紀恵
Phidyle

~ グノー C.Gounod ~

アヴェマリア  全 員
Ave Maria

どこへ行きたいの?  田中 正子
Où voulez-vous aller?

セレナード  河内 紀恵
Sérénade

オペラ「ロミオとジュリエット」より “私は、夢に生きたいの”  上村 聡子
Roméo et Juliette “Je veux vivre dans le rêve”

オペラ「ファウスト」より “宝石の歌”  林  志乃
Faust “O Dieu! que de bijoux!”

 

《特別企画フランスのエスプリを感じる日本歌曲》

~中田喜直~

悲しくなったときは  河内 紀恵

~高田三郎~ 「パリ旅情」より

さすらい  石井 恵子

街頭の果物屋  石井 恵子

市の花屋  林  志乃

すずらんの祭  林  志乃

~橋本国彦~

お菓子と娘  田中 正子

薊の花  田中 正子

~別宮貞雄~ 歌曲集「淡彩抄」より

泡  上村 聡子

天の川  上村 聡子

 

~ シャルパンティエ G.Charpentier ~

オペラ「ルイーズ」より “その日から”  河内 紀恵
Luise “Depuis le jour”

~ ビゼー G. Bizet ~

オペラ「真珠採り」より “昔のように夜の暗がりの中”  林  志乃
Les Pêcheurs de Perles “Comme autrefois, dans la nuit sombre”

オペラ「カルメン」より Carmen

“ハバネラ”  田中 正子
“Habanera”

“もう恐れはしない”   石井 恵子
“Je dis, que rien ne m’épouvante”

 

 

 

以下は当日配布しましたプログラムより、田中正子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

今回のコンサートのタイトルは~歌の宝石~です。フランスの歌は、フランス語の響きと、言葉によく合ったメロディーの流れや和声が、どの曲もキラキラとした、宝石のように感じます。
生誕200年のグノー、180年のビゼー、170年のデュパルクと、メモリアルイヤーの作曲家が多いこの年。お祝いも込めて、作曲家各々の名曲を聴いて頂きたいと思います。
また今回、特別企画として、“フランスのエスプリを感じる日本歌曲”という、フランス音楽に、大きな影響を受けた作曲家の、パリをテーマにした歌曲や、和声感、詩などに、より共通の魅力を持つ曲を入れました。それぞれに美しいメロディーの世界を感じて頂ければ幸いです。

 

田中正子さんらによるTIAAフランス音楽シリーズ、次回のvol.12は、
2019年7月14日(日)にかつしかシンフォニーヒルズ アイリスホールにて開催いたします。
お楽しみにお待ちください。

【インタビュー】2018年9月8日(土)Nacionalizmus


2018年9月8日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンでNacionalizmusを開催いたします。リサイタルに向けて片山瑠央さん、野底彩芽さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

片山瑠央さん:

今のこの年だからできる、バルトークの濃厚な民族音楽、まるで魂を委ねたようなヤナーチェクの音楽と向き合い、ソナタとして2つの楽器でしかできない私達の演奏をしたいです。

野底彩芽さん:

昨年度、大学を卒業してすぐの頃、 共演の片山さんとより一層親しくなりました。
彼女とは様々な場で演奏してきましたが とにかく彼女の演奏、そして音楽全体に惚れ込み、さらに彼女を通じてバルトークに惚れ込みました。
大好きな演奏者と大好きな作曲家の演奏するこの上ない幸せを噛み締めて演奏いたします。
バルトーク、また彼と同じように民俗音楽の収集を積極的に行ったヤナーチェクを組み合わせたプログラムをお楽しみいただきたいです。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

片山瑠央さん:

バルトークのラプソディ1番はバルトークの作品の中でもリズム、和声、メロディーにおいて最も強烈な民族音楽要素が盛り込まれているため、いろんな意味で呑み込まれないようにしたいです。ヤナーチェクは溢れんばかりの情熱、そしてバルトークとはまた違った自由な民族音楽の世界を楽しめると思います。

野底彩芽さん:

ヴァイオリンもピアノも対等な立場をとり、かなり高難易度の楽曲を選びました。
互いに楽曲の中でオイシイ部分がたくさんあります。
民族音楽の香りを存分に味わっていただけたら幸いです。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

片山瑠央さん:

音楽を語ることなんて私にとっては大変恐縮なのですが。
音楽とは、自然にいつも自分の中にあるものだと思っています。言葉にならない、或いはできない何かを、その作曲家のルール、枠の中で自由に表現できるものだと思います。

野底彩芽さん:

まだ23年しか生きてない私が音楽を語るのは大変恐縮ですがその中でも思ったことはズバリ音楽は自分にとって”酸素”です。
現実的にいえば、音楽はなくても生きていけるものですがわたしは、人生の中で、”音楽があったから生きてこれた”というところがたくさんあります。
まだまだ未熟で音楽の”お”の字すら書けているのかわかりませんが日々努力していきたいです。


演奏会詳細

2018年9月8日(土)Nacionalizmus
時間: 19:30開演(19:15開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

片山瑠央  Luna Katayama,  ヴァイオリン
野底彩芽  Ayame Nosoko,  ピアノ

 

 

プログラム:

レオシュ・ヤナーチェク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ JW Ⅶ/7
ベーラ・バルトーク:ヴァイオリンとピアノのための狂詩曲 第1番 BB 94a

 

「民俗音楽と芸術音楽は一つの管で繋がっているようなものである」-ヤナーチェク-
クラシック音楽史上で民俗音楽の収集を精力的に行い、その語法を自身の作品に取り入れた作曲家として、多く取り上げられる、ハンガリーのバルトーク。そして同様の活動を行った先人には、チェコのヤナーチェクがいた。
果たして彼らが見た民俗音楽とは ・・・?

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)