根本昌明&レーベンバッハ管弦楽団


紳介プロデュースで昨年と今年の2回に渡って特集の組まれた指揮者の根本昌明氏が指揮するコンサートが5月8日に第一生命ホールでございます。
わが東京国際芸術協会は、氏のレーベンバッハ管弦楽団の運営を協力させていただいております。
本日はそのリハーサルがござましたので、コンサートの宣伝も兼ねて皆様にもリハーサル状況をご覧いただこうと思い、ブログを書きました。

いやぁ、根本氏の指揮は熱い!
あるときはモーツァルトの音楽のひだをやさしくなぞり、あるときは烈火のごとく空気を切り裂き、
オーケストラとともに素晴らしい音楽が作られています。



今回のプログラムは「モーツァルト讃」のとおりモーツァルトの後期の有名作品が並びます。
クラリネット協奏曲(ソリスト:野口琢磨氏)
交響曲第40番
交響曲第41番
本来はここにピアノ協奏曲第27番が入っていたのですが、
ソリストとして招聘するはずのイエルク・デームス氏が体調を崩されてしまったので
急遽、川畠成道氏をソリストにお迎えして、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が
プログラムに入りました。

弦楽器の配置もモーツァルトやメンデルスゾーンの時代にならって
対向配置(第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリンが指揮者の左右に配置される)になっています。
上の写真にあるように、チェロやコントラバスが第一ヴァイオリンの横に来ています。

写真手前は、コンサートマスターの三ツ木摩理さんですが、その隣りにチェロパートがいるのが
おわかりかと思います。そしてその後ろには

通常はお客様から見て右側に配置しているコントラバスが右側に来ています。
そして第一ヴァイオリンの向かいには、客先側に第二ヴァイオリンが内側にヴィオラが来ています。


木管楽器の配置は変わりませんが、金管楽器や打楽器は若干配置が変わってきております。



本日はソリストとリハーサルの予定ではなかったため御紹介できませんが、
次のリハーサルが楽しみです。そして本番も♪

主催のレーベンバッハは根本御夫妻で運営をしていらっしゃいますが、
リハーサル中も奥様がチケットの御申込などの事務作業をなさっていました。
まだ、座席は残っておりますので、お時間に余裕のある方は是非いらっしゃっていただきたいと思っております。
根本氏の作り上げるエモーショナルなモーツァルト、深い愛に包まれたモーツァルトをお聴き下さい。

2011年5月8日(日) 第一生命ホール(晴海トリトンスクエア内)14:00~開演

メンデルスゾーン  ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64番
モーツァルト クラリネット協奏曲 イ長調 作品622番
       交響曲 第40番 ト短調 作品550番
       交響曲 第41番 ハ長調「ジュピター」作品551番

指揮者 根本 昌明
ヴァイオリン 川畠 成道
クラリネット 野口 琢磨
演奏 レーベンバッハ管弦楽団
  
S席 6,000円  A席 5,000円 全席指定
*未就学児の御入場はお断りさせていただきます。
  
チケット取扱先
レーベンバッハ 080-5377-3303
lebenbach37@mirror.ocn.ne.jp
e+ イープラス http://eplus,jp
東京国際芸術協会 03-3809-9712
http://www.tiaa-jp.com/concert/
 
チケットご購入の方には、昨年7月25日東京オペラシティコンサートホールで行なわれた根本昌明指揮東京フィルハーモニー交響楽団による「第九」&「皇帝」のDVDをプレゼントいたします。

後援:オーストリア大使館・日本フルトヴェングラー協会・プロアルテ ムジケ
協賛・協力:東京国際芸術協会
主催:レーベンバッハ

「魔笛」の特集記事UPしましたよ


先日もブログでご案内させて頂きましたが、
公演監督の田辺とおる執筆の特集記事

ドイツオペラとしての「魔笛」

をアップしましたよ。今回の≪あらかわバイロイト≫がワーグナーじゃない理由を
どうぞ、以下のリンクからご覧下さい。

魔笛公式スペシャルサイト» http://www.tiaa-jp.com/tiaa_opera/DieZauberflote/index.html

この記事は「Vivace」2011年4月号にも掲載されていますので、
駅やホールで本誌を見かけましたら、ぜひお持ち下さい。

TiaaBlogをバージョンアップしましたよ


まだまだ騒がしい日々続いておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
地震、津波、原発の危機から、なかなか収束と復興の先が見えてきませんが、
それでも今できることやっていくしかありません・・・

さてさて、先週末ぐらいからTiaaBlogをバージョンアップしましたよ。

  1. テーマを変更。落ち着いたpianoblackに。
  2. テーマにあわせて、ブログのロゴも少し変更。

それと、TiaaJPのツイッター公式アカウントを作成しましたgood
しばらくはつぶやく時間はないかもしれませんが、
まずブログとYoutubeの連動で運営します。
落ち着けば色々活用していきたいと思います。
よければフォローしてね。

TIAA公式ツイッターアカウント http://twitter.com/TiaaJP

「あらかわバイロイト」特別公演 「魔笛」!


ついに「あらかわバイロイト」特別公演オペラ 「魔笛」の公式サイトが公開になりました!

なんと、今回の公演はTIAAオペラ第50回の記念公演になりまして、総勢59名のキャストによる4公演になります。
指揮は「あらかわバイロイト」お馴染みのクリスティアン・ハンマー氏(A/B/C)と佐々木修氏(D)、
演出は佐藤美晴氏。

「今回はワーグナーじゃないの?」って思う方もいっらしゃると思いますが、
そのわけは、
近々公式サイトに掲載します公演監督田辺さんの特集記事をご期待下さい・・・happy01

公式スペシャルサイト» http://www.tiaa-jp.com/tiaa_opera/DieZauberflote/index.html

弦楽オーケストラの演奏会(お知らせ)


弦楽オーケストラ 【Souvenir della Musica】の第二回演奏会が、今週日曜日2月13日に催されます。
Souvenir della Musicaとは「音楽の贈り物」という意味です。

昨年の第一回演奏会では、すみだトリフォニー小ホールが満席になり、多くのお客様をお断りせざるをえませんでした。今回はより多くのお客様に御来場いただけるよう、少し大きめの会場になりました。

既に、S席(指定席)は残り1枚となってしまいました。 A席(自由席)はまだ残りがございます。

会場は、東京・旧東京音楽学校奏楽堂にて18:00開演(17:30開場)です。

先日、同会場でリハーサルを行いましたが、明治より数多くの音楽家を輩出してきた素晴らしい上野のホールでの演奏はまた格別なものです。

今回はご縁がありまして、高木和弘先生(東京交響楽団コンサートマスター、山形交響楽団特別首席コンサートマスター)のレッスンをアンサンブルとして受けることができ、団員の意気も上っております。

曲目はサブタイトルの『From northern countries』の通りヨーロッパの北側の国々の作曲家の作品からお届けします。

エルガー:弦楽セレナーデ


ニールセン:小組曲


シベリウス:アンダンテ・フェスティーヴォ

チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ(チェロ独奏:広瀬直人)

グリーグ:2つの悲しき旋律

グリーグ:組曲『ホルベアの時代から』




(アンコール)

司会の北川美紀さんを交えて、クラシック初心者にもわかりやすいコンサートになります。
【特別サイト】http://www.tiaa-jp.com/souvenirdellamusica/20110213/index.html

『あらかわバイロイト』公演監督の田辺とおる氏から寄稿をいただきました推薦文(『夢追いストリングスが奏でる北の国の調べ』)も掲載させていただいております。

♪皆様の耳に音楽が届きますように♪

(追記:コンサートが終わりましたので動画を埋め込みました)

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)