カテゴリー : リサイタル

2017年4月23日(日)朴曉群ピアノリサイタル【ギャラリー】


2017年4月23日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「~ショパンからラヴェルへ~心動く名曲のプログラム」と題して、朴曉群ピアノリサイタル が開催されました。
 

朴曉群(Hyogun Park): ピアノ
ヤマハ音楽教室、桐朋学園大学付属こどものための音楽教室を経て桐朋学園大学音楽部演奏科卒業。室内楽や伴奏ピアニストとして演奏活動をする傍ら、ボランティアの一環として韓国の童謡、民謡の編曲提供に10年携わる。駐日韓国大使館公式行事にて演奏。アラビア音楽の編曲にも携わり、CDレコーディング、キーボードニストとしてツアーコンサートに参加するなど幅広いジャンルで活動。ローゼンストック国際ピアノコンクール、東京国際ピアノコンクール入選。日本ピアノ研究会ピアノオーディション西関東グランプリ、杉並区長賞。全国大会銀賞。ウィーン国立音楽大学マスタークラス参加、演奏会出演。村田槇子、高良芳枝、今野尚美、松浦健、各氏に師事。現在、ヤマハ音楽教室システム講師。
 
 


ショパン:バラード 第1番 作品23
ラヴェル:ソナチネ
ドビュッシー:12の練習曲 第1番 5本の指のために(チェルニー氏による)
ショパン:2つの夜想曲 作品62
ショパン:ポロネーズ 第7番 “幻想” 作品61
 


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、朴曉群さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日は、会場までわざわざ足を運んでいただきどうもありがとうございます。
 今回、好きな曲を素直に並べたところ、名曲揃いのプログラムとなり、自分の器に見合わず一体どうなることやら…
 お話など交えながら、ゆっくり進めたいと思います。少しでも楽しんでいただけましたら、こんなに幸せなことはありません。私自身、皆さまと過ごす時間を心から楽しみにしております。

2017年4月8日(土)恒成澪ピアノリサイタル【ギャラリー】


2017年4月8日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「17歳が奏でるピアノのしらべ」と題して、恒成澪ピアノリサイタル が開催されました。
 
 

恒成澪:ピアノ
1999年生まれ、2歳から8歳までアメリカ在住。3歳よりインガ・カポウラ氏にピアノを師事。2006年「ニュージャージー若いピアニストコンクール」(アメリカ)で金賞、2010年「エトリンゲン青少年国際ピアノコンクール」(ドイツ)Aカテゴリーにて若い才能に対する特別賞、2010年「ペティナピアノコンペティション」D級全国決勝大会ベスト賞、2011年「ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」小学生5.6年の部門アジア大会金賞、2014年「ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」コンチェルB部門アジア大会銅賞、2015年「ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」高校生の部門アジア大会銅賞、2016年「全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」全国大会4位等複数受賞。これまでに、ポーランドのシレジア・フィルハーモニー管弦楽団と共演、NHK交響楽団のコンサートマスター篠崎史紀氏と共演。カーネギーホール、紀尾井ホール、サントリーホールブルーローズ等で演奏。現在、ピアノを渡辺美恵氏に師事。晃華学園高等学校3年在学。
 
 


スカルラッティ:ソナタ ニ長調 K492
 
シューベルト:即興曲 変ホ長調 Op.90-2
 
ショパン:バラード第1番 ト短調 Op.23
 
シューマン:謝肉祭 Op.9
  1.前口上
  2.ピエロ
  3.道化役者(アルルカン)
  4.高貴なワルツ
  5.オイゼビウス
  6.フロレスタン
  7.コケット
  8.返事(応答)
  9.蝶々
  10.躍る文字
  11.キアリーナ
  12.ショパン
  13.エストレラ
  14.回り逢い(再会)
  15.パンタロンとコロンビーヌ
  16.ワルツ・アルマンド(ドイツ風ワルツ)
  17.パガニーニ
  18.告白
  19.プロムナード
  20.休憩(休息)
  21.フィリシテ人と闘う「ダヴィッド同盟」の行進


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、恒成澪さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日はお忙しい中、ご来場くださり、誠にありがとうございます。ピアノを始めて14年になりますが、この度、初めてのソロリサイタルを開かせていただく運びとなりました。このリサイタルは、未熟な私を常に支え導いて下さいました渡辺先生をはじめ、両親、友人、そして本日このホールにお越し下さった皆様なくしては成り立ちませんでした。リサイタルの開催にあたり多大なるご支援ご協力をいただきました関係者の皆様に心から感謝申し上げます。音楽は生まれた瞬間に消えていく形のないものですが、だからこそ、その瞬間に触れられる一音一音を大切にしたいと思っています。短い時間ですが、皆様と一緒に素敵な時間を作ることができれば幸いです。心からの感謝をこめて。

2017年4月8日(土)岡真里ヴァイオリン・リサイタル【ギャラリー】


2017年4月8日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「バッハからプロコフィエフまでヴァイオリンとピアノで奏でるヨーロッパの情景」と題して、岡真里ヴァイオリン・リサイタル が開催されました。
 
 

岡 真里:ヴァイオリン
東京都出身。英国パーセル音楽学校、王立音楽大学卒業。米国イェール大学音楽学部大学院修士課程修了(2016)。ヴァイオリンを田中千香士、ヨッシー・ジヴォーニ、安芸晶子の各氏に師事。江藤俊哉ヴァイオリンコンクール、TIAAクラシック音楽コンサート審査員賞(2016)他受賞・入賞。現在ソリスト、室内楽音楽家、並びにバロックヴァイオリニストとして活動中。
 
 

津留﨑 公子:ピアノ
東京都出身。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。ピアノを坂井玲子、高橋綾子、駒ヶ嶺大三の各氏に師事。ソルフェージュ、和声の指導を受けた田鎖大志郎氏(横浜国大名誉教授)と共にアマチュア合唱の在り方を模索中。現在川口市民合唱団、合唱団ブルンネン・オアシス、ロビンコーラス、コールリラにおいて伴奏、指導等。Tokyo Embassy Choirにてアルト団員、副監督を務める。
 
 


フリッツ・クライスラー:ウィーン奇想曲
 
ヨハン・セバスティアン・バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番 ハ長調より
  ラルゴ、アレグロ・アッサイ
 
ウジェーヌ・イザイ:悲劇的な詩
 
セルゲイ・プロコフィエフ:ヴァイオリンとピアノのソナタ 第2番ニ長調


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、岡真里さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
今回のリサイタルでは、ヴァイオリン、ピアノの演奏家でもあったヨーロッパの大作曲家たちの曲を聴いていただきます。
ドイツのケーテン宮廷楽長だった30代のバッハの曲(無伴奏ソナタ)、音楽の都ウィーンのワルツを織り込んだクライスラーの曲(ウィーン奇想曲)、EU本部があるベルギーのイザイの曲(悲劇的な詩)、ロシア帝国の首都であったサンクトペテルブルクで学んだプロコフィエフの曲(ソナタ2番)です。皆さんにヨーロッパの情景を感じてもらおうと思って集めました。

2017年4月8日(土)宮地亜論ピアノ・リサイタル【ギャラリー】


2017年4月8日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
宮地亜論ピアノ・リサイタル が開催されました。
 
 

宮地亜論:ピアノ
第32回かながわ音楽コンクールにて中学生の部最優秀賞、神奈川県知事賞、コンチェルト賞を受賞。第32回トップコンサートで神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。第68全日本学生音楽コンクール東京大会中学生の部、第70回高校生の部にてそれぞれ入選。江口玲氏に師事。現在、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校2年在学中。
 
 


シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化芝居「幻想的情景」
 
ショパン:スケルツォ 第3番 嬰ハ短調
 
ショパン:ポロネーズ 第6番「英雄」 変イ長調
 
ワーグナー/タウジッヒ:ワルキューレの騎行
 
ワーグナー/リスト:イゾルデの愛の死


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、宮地亜論さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日はご来場頂き、ありがとうございます。今回演奏させて頂く曲はどれも自分が大好きな曲であり昔から弾きたいと思っていたので、このような場で夢を叶えることができて大変嬉しく思います。皆様にも是非楽しんで聴いて頂けたらと思います。最後になりますが、この演奏会の機会を設けて下さった東京国際芸術協会の方々にこの場をお借りして厚く御礼を申し上げます。

2017年4月8日(土)Duo Mixted リサイタル【ギャラリー】


2017年4月8日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「ブルガリアの歌、日本の歌 ~Bulgarian song meets Japanese song」と題して、Duo Mixted リサイタル が開催されました。
このデュオが両国文化の架け橋と言うことで、当日は駐日ブルガリア大使ご夫妻がご来場くださいました。
 
 
<Duo Mixted>
神垣文恵、ネリ・コイチェヴァにより2015年に結成。2016年第8回東京国際声楽コンクールにて重唱部門第2位(1位なし)。
 

神垣文恵:ソプラノ
神戸大学教育学部音楽科卒業。ニース夏期国際アカデミーにて故ジェラール・スゼー氏にディプロマを受ける。2012年ソロリサイタルを開催。現在コロン由子氏に師事し、スペイン、フランス、日本の歌曲などを中心に研鑽を積む。フリオ・ムニョス、サンドラ・シルビオ各氏のマスタークラス修了。声楽アンサンブルカメラータメンバー。神戸フォーレ協会、神戸音楽家協会、神戸波の会各会員。
 
 

ネリ・コイチェヴァ(Neli Koycheva):コントラルト
ブルガリア出身。プロヴディフ音楽舞踊芸術アカデミーに学び、声楽、演奏技法、音楽教育学を専攻、修士課程を修了、音楽学及び音楽芸術において博士号を取得。1996年よりプロヴディフ国立音楽舞踊学校及び母校にて教鞭をとり現在に至る。カンタータ、オラトリオ等多くの作品にアルトとして携わり、ブルガリア、独、墺、日本など各地での演奏会に出演。2010年より日本在住。
 
 

辻陽子:ピアノ
大阪教育大学音楽科卒業。同大学専攻科ピアノ専攻科修了。ソロ演奏のほか歌曲伴奏や室内楽の分野でも活動し、歌手や室内楽奏者と多くのリサイタルやコンクールで共演している。ピアノをDaniel Shulman、Dido Keuningの各氏に、室内楽をDaniel Shulman、Duo HAYASHI(林由香子、林俊昭)の各氏に師事。神戸フォーレ協会、神戸音楽家協会各会員。
 
 


荒城の月
詩:土井晩翠
曲:滝廉太郎
編曲:平井康三郎
 

詩:武島羽衣
曲:滝廉太郎
 
泣かないで、かわいいお嬢さん
詩:伝承
曲:D.フリストフ
 
お月さま、お月さま…
詩:伝承
曲:D.ペトコフ
 
子守歌
詩:G.ヤガロフ
曲:D.ペトコフ
 
道化師のラブソング
詩:シェークスピア
曲:P.ヴラディゲロフ
 
一人ぼっちの道化師の歌
詩:シェークスピア
曲:P.ヴラディゲロフ
 
はる
詩:谷川俊太郎
曲:團伊玖磨
 
さくら横ちょう
詩:加藤周一
曲:別宮貞雄
 
すてきな春に
詩:峯陽
曲:小林秀雄
 
いつもあなたのことを思っている
詩:B.ディミトローヴァ
曲:G.ズラテフ=チェルキン
 

詩:L.ブレン
曲:P.ハジエフ
 
娘たちは踊る
詩:伝承
曲:N.ストイコフ
 
ゆく春
詩:小野良照
曲:中田喜直
 
風のように
詩:五十川式部
曲:平野淳一
 
かわいいヤナちゃん
詩:T.ツェルコフスキ
曲:G.ズラテフ=チェルキン
  
ガドゥルカのお稽古
詩:W.パスパレーヴァ
曲:N.ストイコフ
  
さくら
日本古謡 編曲:清水脩


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、お二人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日はお忙しい中私たちDUO MIXTEDのコンサートにお越しいただきありがとうございます。今回はプログラムにそれぞれの国の歌を揃えました。文化の十字路に位置するブルガリアと、シルクロードの終点である日本。一見対照的な文化ですが、それぞれの伝統的な音楽の中にも響きあうものを感じていただけるのではないでしょうか。ごゆっくりお楽しみくださいませ。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)