カテゴリー : リサイタル

【インタビュー】2019年3月17日(日)中山遥歌チェロリサイタル~チェロがくれたたくさんの出逢いに感謝をこめて~


2019年3月17日(日)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンで中山遥歌チェロリサイタル~チェロがくれたたくさんの出逢いに感謝をこめて~を開催いたします。リサイタルに向けて中山遥歌さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

とにかく感謝をこめて弾きたいです!まだ未熟な私がこうしてリサイタルをさせていただけること、そうしてたくさんの支えてきてくださった方々が集まってくださること、こんなにしあわせなことはありません。ピアノをお願いした山谷さんとの出会いも運命だと感じています。彼女の人柄、真摯な姿勢、秘めた情熱、私達の演奏からお伝えできると思います。これからに向けての勇気とパワーをみなさまからいただき、いまの私の精一杯の練習の成果を音に乗せて皆様の心におとどけできるように毎日練習に励んでいます!

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

シューマンは北本先生がリサイタルで演奏されたときから一目惚れ!していました。心に直接語りかけてくるひとつひとつの音、連なるフレーズに癒やされます。

ショスタコーヴィチは難曲です。交響曲もショスタコーヴィチはグイグイ引き込まれていき興奮します。今回のソナタでは、二楽章と四楽章のピアノどの掛け合いをお楽しみいただけたら幸いです‥技巧的にもすばらしいピアノにお客様の拍手を持っていかれないようにチェロも魅力的に演奏したいです!

・あなたにとって音楽とは何ですか。

こたえるにはむずかしすぎる問いですね。

スズキメソードで2歳からチェロを始めたわたしにとって、音楽がなかったら、チェロがなかったら、ということはそもそも有り得ないのです。幼稚園のころは十分の一のチェロや八分の一のチェロが常にリビングのピアノいすのしたにおいてありました。朝起きるとご飯の前にまずチェロであそんで、幼稚園から帰って来てもチェロで遊ぶ、母がそれにビアノで伴奏をつけてくれる、、小学生でもずっとそうでした。何度弾いても弾けなくて母にもかなり叱られたりもして涙の後がチェロについたこともたくさんあります。それでもやめたいとは思わなかった。それはチェロがわたしの云いたいことを喋ってくれるから。わたしはしゃべるのは得意ではないんです。だからチェロは友達であり、分身なのかも。。全てに通じるものかなて思う。ことばで言い切れないことをニュアンスでつたえることができる。それがチェロであり、私にとっての音楽、かな。


演奏会詳細

2019年3月17日(日)中山遥歌チェロリサイタル~チェロがくれたたくさんの出逢いに感謝をこめて~
時間:13:30開演(13:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

中山 遥歌 Haruka Nakayama,  チェロ

3才前よりスズキメソードの佐藤明氏のもとでチェロを始める。2007年中日友好青少年音楽交流会in北京(外務省後援)参加。2010年第10回泉の森ジュニアチェロコンクール小学生の部金賞受賞、翌年の春スズキメソードの全課程、全研究科を卒業。2016年桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)に入学。その後、第4回JASTAフレッシュコンクールチェロ部門優秀賞受賞。第71回全日本学生音楽コンクール東京大会チェロ部門高校の部第3位入賞。第24回ブルクハルト国際音楽コンクール弦楽器部門第1位受賞。これまでにチェロを倉田澄子、常光聡の各氏に、室内楽を名倉淑子、磯村和英、山崎伸子、北本秀樹、山口裕之の各氏に師事。現在、北本秀樹氏に師事。

山谷 碧月 Atsuki Yamaya,  ピアノ

2001年生まれ。3歳よりピアノを始める。2012年桐朋学園子供のための音楽教室(仙川教室)に入室。2016年桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)に入学。第8回ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール高校生部門第2位。これまでにピアノを坪井圭子、松谷園子の各氏に、室内楽を松谷園子、岩下佐和子の各氏に師事。現在三輪郁氏に師事。

 

プログラム:

フレスコバルディ:トッカータ (カサド編)
シューマン:幻想小曲集 Op.73
ショスタコーヴィチ:チェロソナタ Op.40

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2019年3月16日(土)Quartet Nigun〜音楽の「リアリティ」を求めて〜


2019年3月16日(土)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンでQuartet Nigun〜音楽の「リアリティ」を求めて〜を開催いたします。リサイタルに向けて堀真亜菜さん(ヴァイオリン)、栗原壱成さん(ヴァイオリン)、桂田光理さん(ヴィオラ)、安保有乃さん(チェロ)にインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

堀真亜菜さん:

この度は、このような機会をいただき心より感謝申し上げます。このカルテットのメンバーとは2年間共に勉強してきました。私自身、とても音楽的に尊敬していて、人間的にも気の合うメンバーと共にコンサートできることが大変嬉しいです。4人で音楽と向き合って、自分たちなりの解釈で、聴いてくださる方々に新鮮な感動をお届けできるよう精一杯楽しみます!

栗原壱成さん:

Quartet Nigunが結成してから2年が経とうとしています。それぞれ個性的で、素晴らしい演奏家がメンバーに集まっています。今このカルテットで出来る最高の演奏を創れたらなと思っております。

桂田光理さん:

今回、このように4人でコンサートをすることができることにとても感謝しております。2年前にこのメンバーでカルテットを組み始めてから、本格的なコンサートをするのは初めてのことなので、とてもワクワクしながら準備を進めております。皆さまにカルテットの魅力を最大限お伝えできるよう頑張ります!

安保有乃さん:

この度は、このような弦楽四重奏コンサートの機会をいただき誠に嬉しくそして感謝しております。このコンサートを経て自分自身も弦楽四重奏のグループもさらに発展できるよう、一生懸命にコンサートに取り組みたいと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

堀真亜菜さん:

今回演奏する3曲ではそれぞれ異なった要素をお楽しみいただけると思います。ハイドン(ホフシュテッター)では、日常会話でのやりとりのような気楽さ、軽快さを、
シューベルトでは随所に現れる表情豊かな”歌”を、ショスタコーヴィチでは心の内の痛みや苦しみ、叫びなどをお届けできればと思います。また、私たち自身も毎回新鮮な気分で曲に向き合いますので、”今”しか聴けない音楽の臨場感を感じていただけましたら幸いです。

栗原壱成さん:

今回のコンサートでは、3人の時代が異なる作曲家を演奏させて頂きます。
特にショスタコーヴィチの8番はファシズムの犠牲となった人々に捧げられた、20世紀に作曲された傑作の1つで、音楽的にも精神的にもとても充実した曲になっています。

桂田光理さん:

ハイドン(ホフシュテッター)の曲は、とても軽快で、コンサートの幕開けにぴったりな曲です。
シューベルトの曲は、隠れた名曲です。あまり演奏される機会がないのですが、この機会に皆さまにご紹介できることがとても嬉しいです。
ショスタコーヴィッチの曲は、戦後間も無く書かれたということもあり、戦争の苦悩、もう繰り返してはならないという熱い思いが、暗い曲想の中から溢れ出しています。
それぞれ全く違う雰囲気を持った曲なので、その違い、魅力をぜひ聴いていただきたいです。

安保有乃さん:

最初に演奏するホフシュテッターの曲は、実はハイドンが作曲したと偽り、世に送り出された曲でホフシュテッター自身はアマチュアの作曲家です。演奏を聴いてみるとそれは明瞭。しかしながら楽しくそして可愛げもあり、お客様に気楽に楽しんでいただけたらと思います。
シューベルト3番はあまり演奏されない曲ですが、美しい和声進行や可愛らしい旋律など魅力たっぷりの曲です。このコンサートをきっかけにたくさんの方々がこの曲の素晴らしさを知っていただけたら幸いです。
ショスタコーヴィッチ8番はとてもメジャーで最近では弦楽合奏の形でも弾かれるほど有名な曲です。そんな曲に挑戦するにあたり私たちもドキドキなのですが、コンサートのテーマでもある「音楽のリアリティ」をお客様に感じていただけるよう、また私達も作曲家の想いを理解して曲にリアリティを出せるように一生懸命取り組みたいと思います。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

堀真亜菜さん:

まだまだ私はあまりに未熟で、自分の中で何もこれといった正解は出せていませんが、今の段階では、音楽は時空を超えた人と人とを繋ぐためのものであるのである気がしています。そのため、演奏している時は自分は作曲者と聴衆の間の媒体であり、音楽は自分の中を自然な流れで通過するものだと思っています。作曲家が思い描いた景色や感動などを、そのままの魅力で聴いている人にお伝えできるような音楽家になりたいです。

栗原壱成さん:

私にとっての音楽は、生活する上で絶対に欠けてはならないものです。

桂田光理さん:

自分にとって世界観、価値観を広げ、成長させてくれるものです。
アンサンブルをすることによってたくさんの人と繋がり、国籍を問わずたくさんの友達ができました。他の方の演奏を聴くことで、いままで味わったことのない感情を知りました。自分が演奏することで、自分の欠点を知り、向上心、忍耐力や集中力が養われたと思います。音楽なしではいまの自分はないと思います。とても大切なものです。

安保有乃さん:

自分自身の様々な面を発展ささてくれる誘因のような存在です。色々な感情、感じたことない高揚感を生まれさせてくれるし、勉強もさせてくれる。無くてはならない存在です。


演奏会詳細

2019年3月16日(土)Quartet Nigun〜音楽の「リアリティ」を求めて〜
時間:19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


堀真亜菜 Maana Hori,  ヴァイオリン

横浜国際音楽コンクール大学の部第2位。かながわ音楽コンクールヴァイオリン部門一般の部最高位。これまでに三浦道子氏、中学3年より現在、漆原朝子氏に師事。附属高等学校を経て、現在東京藝術大学音楽学部4年に在籍。2019年4月より同大学院修士課程に進学予定。

栗原壱成 Issei Kurihara,  ヴァイオリン

3歳よりヴァイオリンを始める。リピッツァ国際コンクール5位、スピヴァコフ国際コンクール3位受賞。ルーマニアにてブラショフフィルと共演。現在東京藝術大学音楽学部4年に在籍、清水高師に師事。

桂田光理 Hikari Katsurada,  ヴィオラ

第16回日本演奏家コンクール弦楽器部門第一位。2017年小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト参加。ヴィオラを、ザザ・ゴグア、山本由美子、市坪俊彦、百武由紀の各氏に師事。現在、東京藝術大学音楽学部3年に在籍。

安保有乃 Yuno Ambo,  チェロ

4歳より才能教育研究会でチェロを始める。第70回全日本学生音楽コンクール全国大会チェロ部門大学の部第2位。第13回ビバホールチェロコンクール第3位。他、受賞多数。現在東京藝術大学音楽学部器楽科4年に在籍。2019年4月より同大学院修士課程に進学予定。

 

プログラム:

ハイドン(ロマン・ホフシュテッター):弦楽四重奏 作品3 第1番 へ長調 Hob.Ⅲ:13
シューベルト:弦楽四重奏 第3番 D36
ショスタコーヴィッチ:弦楽四重奏 第8番 作品110

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2019年4月6日(土)小野泰久テノールリサイタル~テノールの名曲と若き作曲家の作品を歌う~


2019年4月6日(土)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンで小野泰久テノールリサイタル~テノールの名曲と若き作曲家の作品を歌う~を開催いたします。リサイタルに向けて小野泰久さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

今回のリサイタルは
フランスのプーランクの作品 チャイコフスキーのオペラアリア TIAA全日本作曲家コンクール第1位受賞者の青木聡汰さんの作品を東京.日暮里サニーホールコンサートサロンにて歌わせて頂くことになりました
研究の成果を発揮し
そして自己の啓発と技術の向上
テノールの魅力とクラシック音楽の発展にも努めて行きたいです

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

日本歌曲では
日本の作曲家 山田耕作の日本歌曲《鐘がなります》と《つばくろの歌を歌います》を歌います

《鐘が鳴ります》はピアノの伴奏譜の中に鐘の音が表現されています
また 中盤ではピアノ伴奏譜に一番低いラまで使われその重音で深い響きの中
ちらつく星や山の大きさ
鐘の響き渡る余韻や光景のすべてを
音楽で物語っているようにも聴こえます

そして後半「なぜに ちらりとも でてみえぬ」の歌詞と旋律は星はちらつくのに
恋人はなぜ姿を現さないのかという
感傷的な思いが旋律となって表現されています

《つばくろの歌》は、つばくろの飛翔を思わせるかのような和音がいくつか感じられます
間奏も幻想的です
最後はpppで「ゆるるを」は 柳が揺れる中つばくろが飛び去っていく姿をファルセットで表現したいと思います

イタリアの作曲家
チマーラの《郷愁》は
曲の山場と盛り上がり、ピアノの三連音符と流れるような旋律が美しく魅力的です

フランスの作曲家プーランクでは
流れるような ゆったりとした音楽表現を 歌い手は求められます。
最後は O ma France,o ma delaisse’eとsubito molto ppで フェルマータをし、そしてportandoを表現します
美しい音楽です

チャイコフスキーの悲劇オペラ「エフゲニーオネーギン」のレンスキーのアリアでは
レンスキーは、友人を待ちながら
決闘を約束したことの後悔や死を予感します。
過去の思い出や恋人との別れを惜しみ
それが、音楽となりホ短調で表現されています
ピアノ伴奏譜には 右手3連符の旋律にたいし
左手8分音符のタイが使われ、ホ短調からト長調 ロ長調へ転調します。
歌詞は「забудет мир меня но ты ты オリガだけは忘れないでほしい」と歌い
再びピアノが寂しさや悲しみを表現するような旋律を奏で再びホ短調へと繋ぎます
このアリアの聴き所の一つです

古典派の作曲家モーツァルトのオペラ「魔笛」は
タミーノがパミーナ姫に一目惚れをする感動を跳躍音形の音楽で表現されています
曲の後半
タミーノは「An diesen heissen Busen drükken, Und ewig wäre sie dann mein この熱い胸に押しつけるだろう そして 永遠に私のたもの」と歌い 楽譜には書かれていないpoco ritや ファルセット等も歌い手はこの歌詞の部分で表現します

ヴェルディのオペラ「リゴレット」から女心の歌
テノールの曲の中では プッチーニ作曲トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」に続く有名なオペラアリアであり 聴きやすく 親しみやすい旋律です
最後のカデンツがテノールの魅力と技巧が試されます

最後は青木聡太君作曲の《黄金色の蓮》と《想の薄明》です。
今回は独唱版を歌わせて頂きます 2曲とも今回のリサイタルが初演になります
彼が書いた音楽から 彼のエネルギーや音楽を堪能しながら彼の音楽を表現したいと思います

・あなたにとって音楽とは何ですか。

人を喜こばせる術
また一緒につくりあげる芸術作品
や芸術の世界

そして
共に分かち合う
技術の披露や成果


演奏会詳細

2019年4月6日(土)小野泰久テノールリサイタル~テノールの名曲と若き作曲家の作品を歌う~
時間:19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


小野 泰久 Yasuhisa Ono,  テノール

東京芸術大学声楽科テノール専攻を卒業。卒業後日本合唱協会プロ合唱団のオーディション合格。フェルディナンドシューベルト作曲 レクイエムソリストとして出演。2018年草加市クラシック音楽オーディション合格。第72回東京国際芸術協会新人演奏会オーディション合格。

 

青木 聡汰 Sota Aoki,  ピアノ

東京藝術大学音楽学部作曲科在学時に作曲を原田敬子、小鍛冶邦隆の各氏に、声楽伴奏を永田峰雄氏に師事。第21回TIAA全日本作曲家コンクール重唱・合唱部門で第1位を受賞。

 

プログラム:

山田耕筰:つばくろの歌、鐘が鳴ります
チマーラ:郷愁
プーランク:ルイ・アラゴンの2つ詩
チャイコフスキー:オペラ「エフゲニー・オネーギン」から レンスキーのアリア 青春は遠く過ぎ去り
モーツァルト:オペラ「魔笛」から タミーノのアリア なんと美しい絵姿
ヴェルディ:オペラ「リゴレット」から マントゥヴァのアリア 女心の歌
青木聡汰:黄金色の蓮、想の薄明

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【ギャラリー】2019年1月20日(日)石川美羽ピアノリサイタル


2019年1月20日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
石川美羽ピアノリサイタルが開催されました。

石川美羽
Miu Ishikawa ピアノ

2000年生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部1年に在学中。
ピティナ・ピアノコンペティションB、D、Jr.G、G級で全国決勝大会入賞入選。全日本学生音楽コンクール小学校の部第3位、中学校の部東京大会第2位。2017年第22回コンセール・マロニエ21第2位、東京国際ピアノコンクール高校の部第1位。2016年かさま国際音楽アカデミーにてかさま音楽賞を、2017年ドリアードピアノアカデミーにて第1位及びあすなろ奨学金を授与される。
これまでに国内外で演奏し、2017年日本財団ランチタイムコンサートに出演。
これまでにピアノを後藤康孝、財満和音、寺田悦子、大嶺未来、江口玲の各氏に、ソルフェージュを秋山徹也氏に師事。

モーツァルト
Mozart
ピアノソナタ 第13番 K.333 変ロ長調
Sonate für Klavier Nr.13 B-Dur K.333

ラヴェル
Ravel
ラ・ヴァルス ニ長調
La Valse D-Dur

ショパン
Chopin
ピアノソナタ第3番 Op.58 ロ短調
Sonate No.3 h-moll Op.58

以下は当日配布しましたプログラムより、石川 美羽さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はお越しいただきありがとうございます。
5歳でピアノを始めて13年、憧れだったリサイタルをさせていただけることに喜びを感じています。60分演奏するのはまだまだ大変なことではありますが、皆さんに楽しんでいただけるようとっておきの3曲を用意しました。
今の時代、クラシック音楽は皆さまにとって少し親しみにくいものかもしれません。しかし何百年も人々に受け継がれてきた「古典的」な音楽にはそうやって残るだけの良さがあると私は感じます。その良さを一つでも見つけて帰っていただけたら嬉しいです。

【ギャラリー】2019年1月20日(日)第5回大津康平バリトンリサイタル~平成日本歌曲の花束~


2019年1月20日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
第5回大津康平バリトンリサイタル~平成日本歌曲の花束~が開催されました。

大津 康平
Kouhei Otsu バリトン

1991年生まれ。バリトン・合唱指揮者。声楽を池田直樹氏、指揮法を川本統脩氏、合唱指揮を大谷研二氏に師事。日本大学藝術学部音楽学科声楽コース首席卒業。卒業時に卒業演奏会出演、藝術学部長賞受賞。日本大学大学院芸術学研究科音楽芸術専攻修了。修了時に修了演奏会出演。第83回読売新人演奏会出演。第3回声楽アンサンブルコンテスト全国大会一般部門1位金賞受賞。第13回中田喜直記念コンクール2位銀賞受賞。東京国際芸術協会新人演奏会出演。Salicus Kammerchor、Icola Chamber Choir所属。JCDA日本合唱指揮者協会会員。千葉県合唱連盟、松戸市合唱連盟理事。

谷本 喜基
Yoshiki Tanimoto ピアノ

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。現在、都内を中心に10の合唱団の音楽監督・指導を務める傍ら、アンサンブル歌手、また指揮者、ピアニスト、アレンジャー、イングリッシュハンドベル奏者として、ジャンルを問わず幅広く活動している。Icola Chamber Choir主宰。神奈川県立弥栄高等学校音楽科非常勤講師、川和高校合唱部インストラクター。

松尾芭蕉 句 新実徳英 作曲
芭蕉の句による歌曲集《おくのほそ道-越の国々》
Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

星野富弘 作詩 新実徳英 作曲
歌曲集《花に寄せて》
1. たんぽぽ
2. ねこじゃらし
3. しおん
4. つばき・やぶかんぞう・あさがお
5. てっせん・どくだみ
6. みょうが
7. ばら・きく・なずな

野呂昶 作詩 千原英喜 作曲
歌曲集《みやこわすれ》
1. 薔薇のかおりの夕ぐれ
2. はっか草
3. すみれ
4. みやこわすれ

以下は当日配布しましたプログラムより、大津 康平さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
お陰様で第5回リサイタルを開催することができました。
本日は私の27歳最後の日です。そして、平成最後のリサイタルということで、今回は平成時代の日本歌曲の傑作を揃えました。
メロディーの花束が、皆様の耳で香り、心に咲きますように。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)