カテゴリー : リサイタル

【インタビュー】2017年9月30日(土)宮下玲衣&吉田桃子Duo Recital


2017年9月30日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで宮下玲衣&吉田桃子Duo Recitalを開催いたします。リサイタルに向けて宮下玲衣さん・吉田桃子さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

吉田
今回共演する宮下さんとは、高校、大学と同じで、プライベートでも仲良しな大切な友人です。共に学び、悩んできたからこそ奏でられる息の合った演奏がしたいです。一音一音を大切に、聴きに来て下さる方々の心に届くように演奏します。

宮下
ピアノの吉田さんとは高校生の時からのお付き合いで、これまでにも何度も共演をしています。大学でも二年間室内楽のレッスンを受けていました。彼女となら良い演奏をすることができると思い、今回も迷わず彼女にお願いをしました。この度のリサイタルは、足をお運び下さる皆さまがお楽しみ頂けるような場にするのはもちろんのこと、また私たちにとっても次へのステップアップの良い機会になればと思っています。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

吉田
この曲は、画家ジャン・アントワーヌ・ヴァトーの作品「シテール島への船出」から着想されたと言われています。恋人が愛の神ヴィーナスを祭る島に船出する情景が描かれています。この曲が書かれた頃、ドビュッシーはエンマ・バルダックという女性に夢中で、ジャージー島に駆け落ちしました。曲全体を通して喜びに満ち溢れています。装飾音やリズムの変化、きらめくような細かい音が創り出す豊かな色彩感、幸福で満たされている様子をお聴きください。

宮下
今回は室内楽を中心としたプログラム構成にしました。二人の息の合うところがまた聴きどころなのではないかなと思います。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

吉田
「心を成長させてくれるもの」です。これまで様々な曲に出会い、学ぶ中で、自分の表現したいことが発揮出来た時もあれば、上手くいかなくて悔しい思い、反省したことも沢山ありました。音楽は、辛く、苦しい時も楽しい時も自分と向き合って内面を見つめさせてくれるものでした。音楽を学ぶ立場にいなかったら、経験出来なかった緊張感、感動、達成感がありました。これから先、より多くの作品と出会うことになると思います。その時にさらに一歩、成長することが出来たら良いなと思います。

宮下
良き相棒、戦友のようなもの。読んで字のごとく音を楽しむ時ももちろんあります。しかし自分自身と対峙しまた成長させてくれる、そのようなものでもあると思います。自分をみつめ、内面と向き合うことで時には苦しい時もありますが、それがうまく達成できた時には良き相棒のようなものになっています。


演奏会詳細

2017年9月30日(土)宮下玲衣&吉田桃子Duo Recital ヴァイオリンとピアノの織りなすきらめきの旋律
時間: 11:30開演(11:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


宮下玲衣(ヴァイオリン)
東京都立芸術高等学校、桐朋学園大学を卒業。現在、同大学研究科、日本大学大学院修士課程に在籍。霧島国際音楽祭、宮崎国際音楽祭、ウィーン国立音楽大学マスタークラス等に参加。ディヒラー音楽コンクール第2位。駐日セルビア大使館
やJ.ハイドン生家にて演奏。これまでにヴァイオリンを緒方恵、藤原浜雄の各氏に師事。

 


吉田桃子(ピアノ)
東京都立芸術高等学校を経て、桐朋学園大学卒業。同大学研究科修了。ピアノを三上桂子に師事。室内楽を三上桂子、藤
原浜雄に師事。フランス・パリにてAnne=Lize Gastaldiに師事。ニースにて講習会参加。第10回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA全国大会銅賞、アジア大会入選。

プログラム:
ドヴォルザーク:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ ト長調 作品100より 第一楽章
ドビュッシー:喜びの島
グリーグ:ヴァイオリンソナタ 第3番 ハ短調 作品45

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2017年9月30日(土)栗山真綺・田中彩織・渡辺奏南トリオリサイタル


2017年9月30日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで栗山真綺・田中彩織・渡辺奏南トリオリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて栗山真綺さん・田中彩織さん・渡辺奏南さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

 

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

まず、このような機会を頂けたことにとても感謝しております。私自身、リサイタルというのは初めてですが、大学の同期と演奏できることがとても嬉しく、楽しみです!短い時間ではありますが、皆様と素敵な時間を共有できるように精一杯演奏させて頂きます。(栗山)

大学の同級生と3人でリサイタルに出演できること、大変嬉しく思います。フルート2本とピアノという華やかな編成なので、その華やかさを生かしていけるよう、精一杯演奏したいと思います。(田中)

私はアンサンブルでの演奏が好きなので、今回の演奏会にはとても思い入れがあります。本日、演奏会を聞きに来てくださったお客様の一人でも多くの方に、ピアノやフルートが素晴らしい楽器であると感じていただければ幸いです。(渡辺)

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

とても華やかな曲を多く選曲致しました。特に、「プロブァンス風組曲」は難易度がとても高いですがとても聞き応えがある曲です。(栗山)

全体的に華やかで綺麗な曲が多いですが、3曲目の「プロヴァンス風組曲」は特殊奏法がたくさん散りばめられていてとてもかっこよくて楽しい曲です。景色を描写したような曲ですので、様々な景色を連想していただけるような演奏を意識したいです。(田中)

「ウィリアム・テル」の主題による華麗な二重奏 では、皆様も1度は耳にしたことがあるようなフレーズが多く存在してます。聞いたことがあるフレーズがいくつあるかなど、考えながら聞いていただければこの曲が皆様にとってもっと楽しくなるかと思います。(渡辺)

・あなたにとって音楽とは何ですか。

私にとって音楽は、なくてはならない存在です。音楽をしている時は幸せな気持ちでいっぱいです。音楽がないことなんて、考えたくないくらいに音楽を愛しています。(栗山)

私にとってはいろいろな人に出会ったり、自分の想いを伝え、繋がることのできる「手段」です。これからも音楽を通じて、様々な方と繋がることができたらいいなと思います。(田中)

私にとっての音楽は、私の人生において切っても切れない関係であるものだと思います。 私自身、1歳の頃から音楽を学び始め、今年で19年目となりました。その間、手を故障し、思うようにタッチが出来なくなった時期など様々な困難もありましたが音楽を辞めるという考えには1度も至りませんでした。私にとって音楽は人生そのものであり、生きがいになっているものです。(渡辺)


演奏会詳細

2017年9月30日(土)栗山真綺・田中彩織・渡辺奏南トリオリサイタル
時間: 15:30開演(15:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

栗山真綺(フルート)
神奈川県立弥栄高等学校芸術科音楽専攻卒業。現在、国立音楽大学2年在学中。第13回日本アンサンブルコンクールジュニアクラス室内楽部門入選。第9回横浜国際音楽コンクール管楽器部門高校の部第3位。これまでに、故甲斐道雄、砂井利恵、木ノ脇道元、立川和男の各氏に師事。

田中彩織(フルート)
14歳よりフルートを始める。国立音楽大学附属高等学校音楽科を経て同大学2年在学中。高校在籍時くにたち音楽会ソロ・アンサンブルの部に出演。これまでに大友太郎、菅井春恵、野原千代の各氏に師事。

渡辺奏南(ピアノ)
1歳より音楽教育を受け、5歳でピアノを始める。第12回ピアノ愛好家コンクール(エターナルピアノコンクール)小学生Ⅰ部門第3位受賞。国立音楽大学附属高等学校を卒業、現在同大学2年在学。これまでに津嶋啓一、金子恵の各氏に師事。

プログラム:
J.ドゥメルスマン:「ウィリアム・テル」の主題による華麗な二重奏
G.ショッカー:3つのダンス
D.シュニーダー:プロヴァンス風組曲
F.クーラウ:三重奏曲

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2017年9月30日(土)日和佐守バリトン・リサイタル


2017年9月30日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで日和佐守バリトン・リサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて日和佐守さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

 

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

この度はリサイタルを開かせて頂けることになりまして、大変嬉しく思っております。私にとって大きな挑戦になりますが、良い演奏になる様に、精一杯歌いたいと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

今回リサイタルで、歌わせて頂くシューベルトの「白鳥の歌」は本来14曲あるのですが今回はレルシュタープが作詞をした7曲を演奏します。それぞれが独立した曲で、一曲ごとに雰囲気や世界観も異なります。シューベルトの素敵な曲に乗せて、その世界を表現出来る様に精一杯歌いたいと思います。「白鳥の歌」はどの曲も素晴らしいのですが、私は第1曲目の《愛の使い》と第4曲目の《セレナーデ》が特にお気に入りです。また今回ピアノ伴奏を引き受けてくださった、藤永貴大さんは若き、素晴らしい才能のピアニストです。私自身今から、彼と一緒に演奏出来ることを楽しみにしています。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

音楽は、これまで私が曲がりなりにも続けてきたもので、いつも心を満たしてくれるものです。そして今も追いかけていて、演奏する度に一喜一憂をしています。また音楽を通して、素晴らしい先生方、共に音楽を志す仲間、そして演奏を聴いてくださった皆さま、多くの人との出会いに恵まれました。これまでお世話になった皆さまに感謝をして、またこれから良い音楽を届けることが出来る様に、努力していきたいと思います。


演奏会詳細

2017年9月30日(土)日和佐守バリトン・リサイタル シューベルト《白鳥の歌》レルシュタープの詩によせて
時間: 13:30開演(13:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


日和佐守(バリトン)
東京都出身。6歳の頃からピアノを習う。2010年東京音楽大学大学院を修了。これまでに声楽を鹿野道男、杉野正隆の各氏に師事。2017年2月、ウィーン国立音楽大学にてフランツ・ルカソフスキー氏のマスタークラス修了。これからも良い音楽を皆さまに届けることが出来る様に、努力していきたいと思います。

 


藤永貴大(ピアノ)
6歳よりピアノを始める。第10回横浜国際音楽コンクールピアノ部門大学の部第二位(最高位)、第11回セシリア国際音楽コンクール大学生以上専門の部第一位など受賞多数。現在一橋大学経済学部3年在籍。これまでに伊藤美千子、吉田恵、竹内啓子、フランク・ウィボウ、ローナン・マギルの各氏に師事。

プログラム:
シューベルト:歌曲集「白鳥の歌」より
1.愛の使い
2.兵士の憩い
3.春の憧れ
4.セレナーデ
5.仮の宿
6.遠い国で
7.別れ
滝廉太郎:荒城の月
平井康三郎:九十九里浜
米山正夫:津軽のふるさと

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【ギャラリー】2017年7月22日(土)住澤怜伽ソプラノ・リサイタル


2017年7月22日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
住澤怜伽ソプラノ・リサイタル が開催されました。

住澤怜伽

Reika Sumizawa, ソプラノ

大阪音楽大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業。同大学院歌曲研究室修士課程修了。ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学マスタークラスに特待生として参加、ディプロマを取得。ヘンデル「主は言われた」、メンデルスゾーン「エリヤ」、ヴィヴァルディ「グローリア ニ長調」、バッハ「わが心は血の海に漂う」のソリストを始め、数々の演奏会に出演。また一方では、シンガーソングライターとして2014年に1stアルバム「Hello from Heaven」を発売、ワンマンライブを開催。現在ボーカルインストラクターをしながら、クラシック歌手、シンガーソングライターとして活動中。大橋ジュン、松田昌恵の各氏に師事。大阪ゲヴァントハウス合唱団特別団員。大阪音楽大学演奏員。

佐藤亜衣

Ai Sato, ピアノ

大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ演奏家特別コース卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。ソロの研鑽を積むとともに、アンサンブルも積極的に行い、器楽や声楽の伴奏者としても幅広く活動する。これまでに遠藤裕子、津田安紀子、小森谷泉、鳥居知行、仲道郁代の各氏に師事。現在兵庫大学非常勤講師。

 

グノー:”アヴェ・マリア”

ハイドン:「天地創造」より”力強い翼を広げて”

モーツァルト:”エクスルターテ・ユビラーテ”

團伊玖磨:”はる”

山田耕筰:”ばらの花に心をこめて”

住澤怜伽(自作・初演):”祈り”

 

 

以下は当日配布しましたプログラムより、住澤怜伽さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

 

本日はお忙しい中「住澤怜伽ソプラノ・リサイタル 祈りの調べ」にお越しいただきまして、誠に有難うございます。

この度クラシック歌手として初めてソロリサイタルを開催する運びとなりました。

未熟な私を支えてくださる恩師を始め、愛する家族や友人、また応援してくださる皆様に心より感謝申し上げます。

本日は、私自身クリスチャンということもあり宗教曲を中心に選曲させていただきました。

どうぞ最後までお楽しみください。

 

【ギャラリー】2017年7月27日(木)宮崎若菜ピアノ・リサイタル


2017年7月27日(木)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
宮崎若菜ピアノ・リサイタル が開催されました。

宮崎若菜

Wakana Miyazaki, ピアノ

3歳よりピアノを始める。2012年、桐朋学園大学音楽学部卒業、2014年同大学研究科修了。第3回東京ピアノコンクール大学生の部第3位。第7回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール大学生・一般部門第5位。第39回長崎県新人演奏会優秀賞。ピアノ伴奏として、ラ・フォル・ジュルネ新潟2011・2012、シャネル主催ピグマリオン・デイズ2010に出演。2016年、モーツァルテウム大学主催Future MAstersに推薦され出演。これまでに三村則子、多美智子、多紗於里、山本光世、吉村真代、鶴園紫磯子の各氏に師事。現在、ザルツブルク・モーツァルテウム大学演奏学科修士課程に在籍し、ピアノをG.クライナー氏に、室内楽をW.レディック、T.クルツ、A.ミッテラーの各氏に師事。

 

W. A.モーツァルト:パイジェッロの歌劇「哲学者気取り」の「主に幸いあれ」による6つの変奏曲 へ長調 KV398

C.ドビュッシー:版画

R.シューマン:謝肉祭 作品9

 

 

 

以下は当日配布しましたプログラムより、宮崎若菜さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日は、お暑い中「宮崎若菜ピアノ・リサイタル」にお越しくださり、ありがとうございます。私は2015年秋よりオーストリア・ザルツブルクにて音楽の勉強をしております。生活の中に根付いた自由な音楽、心から音を楽しむ人々、それを皆で共有できる喜び、興奮・・・そんな豊かな音楽を間近で見て感じることができました。
本日は、私が感じ味わってきた音楽の感覚を少しでも皆さまと共有できましたら幸いです。
モーツァルト、ドビュッシー、シューマン、生きた時代も国も異なるそれぞれの作曲家のカラーをお楽しみください。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)