カテゴリー : リサイタル

【インタビュー】2018年1月20日(土)伊関愛里テューバ リサイタル


2018年1月20日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで伊関愛里テューバ リサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて伊関愛里さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

 

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

今回、歌の曲を多く入れさせて頂きました。シンプルなメロディーの歌に込められた想いを、“言葉を乗せられない楽器”であるこのテューバでどこまで表現できるか、というところでは私にとって大きなチャレンジでもあります。

 

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

生きていると、理由がなくともふと哀愁に浸りたい瞬間ってありますよね。
今回は哀しく、切ない、あるいはノスタルジックなメロディーを集めてみました。それらの音楽の持つ少しの寂しさが、皆さまの心の癒しになるような世界観…それそのものが、聴きどころに当たるのかもしれません。

 

・あなたにとって音楽とは何ですか。

きっと実は誰しもが持っている心の奥底にある、ぽっかりと空いた穴のようなものを埋めてくれたり、それを人と共有・共感することのできる、次元を超えた手段のように思います。

 


演奏会詳細

 

2018年1月20日(土)伊関愛里テューバ リサイタル
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


伊関 愛里  Airi Iseki, テューバ
2013年東京音楽大学を卒業。テューバを寺山香澄、田中眞輔、大塚哲也の各氏に師事する。2013年3月東京音楽大学シンフォニーオーケストラヨーロッパ演奏旅行に参加。第57回TIAA新人演奏会に出演。アンサンブルPassageメンバー。プレスト音楽教室、平山音楽院、各テューバクラス講師。現在、フリーランスプレイヤーとして活動中。

 

プログラム:
P.I.チャイコフスキー:夜想曲 Op.19-4
J.S.バッハ / W.J.ベル編:エアーとブーレ
G.マーラー:「亡き子をしのぶ歌」 より“いま晴れやかに陽が昇る”
G.マーラー:「さすらう若人の歌」 より“朝の野を歩けば”
F.P.シューベルト:月に寄す
V.ベッリーニ:追憶
G.U.フォーレ:夢のあとに
S.V.ラフマニノフ:「チェロ・ソナタ ト短調 Op.19」 より 第1楽章

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2018年1月21日(日)佐藤玲果ヴァイオリンリサイタル Méli-mélo ~capricieusement~


2018年1月21日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで佐藤玲果ヴァイオリンリサイタル Méli-mélo ~capricieusement~を開催いたします。リサイタルに向けて佐藤玲果さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

 

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

今回はこの様なリサイタルを開催する機会を下さり、東京国際芸術協会の皆様に本当に感謝をしております。春には高校を卒業しますが、この節目の時期にこれまで勉強してきたことを聴いて頂けること、大変嬉しく思います。
このリサイタルに”Méli-mélo  ~capricieusement~”というサブタイトルをつけました。Méli-mélo …ごちゃまぜ、capricieusement…自由気ままに、という意味があります。これは、私自身がまだ未完成で、様々な年代の作曲家、様々な演奏スタイルの研究・勉強中であるということと、私自身も音楽の持つ柔軟さ、自由さの中で演奏をしたいという意味を込めました。今回のリサイタルでは、今の私に出来る、等身大の演奏をしたいと思っています。

 

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

今回、様々な年代の曲をプログラムしました。無伴奏の曲、コンチェルトからの抜粋と、ヴァイオリンを勉強していく上でどれも欠かせない曲ばかりです。それぞれの時代に即し、無伴奏の曲とコンチェルト、双方の良さを表現出来るように演奏したいと思っています。

 

・あなたにとって音楽とは何ですか。

私が演奏できるのは、言葉の無い音楽ですが、同じ演奏でも、演奏者自身も聴く人も、それぞれ受け止め方が違い、それも音楽の面白みの一つだと思います。また、音楽のジャンルの一つであるクラシック音楽が、広く暮らしの中に浸透し、人々の心に寄り添っていける存在になれるような活動もこれからしていきたいです。
私は2012年11月、東日本大震災が起こってから約1年8ヶ月後、宮城県の名取市文化会館でジュニアのオーケストラの一員としてチャリティー・コンサートで演奏させて頂いたのですが、まだ名取市文化会館の周囲に建物はほぼ建っておらず、津波の爪痕が残る中、多くの方がいらして下さり、”元気をもらった”とたくさんの方に声を掛けて頂きました。その時、私自身の力は小さくても、音楽を通してなら人を勇気づけられるかもしれない、と思いました。私は、音楽を通して人との繋がりの中で少しでも社会貢献が出来る演奏家になりたいと思っています。

 


演奏会詳細

2018年1月21日(日)佐藤玲果ヴァイオリンリサイタル Méli-mélo ~capricieusement~
時間: 15:30開演(15:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


佐藤 玲果  Reika Sato,  ヴァイオリン
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校3年生。ニース、ザルツブルク、京都、朝来、各地での講習会、音楽
祭に参加しコンサートに出演。「スパークリング・ヴァイオリンズ2016」出演。2017年11月、東京交響楽団と共演。これまでに、齋藤律子、齋藤真知亜、大谷康子、エドアルド・オクーン、オリヴィエ・シャルリエ各氏に師事。
プログラム:
マスネ:「タイス」の瞑想曲
パガニーニ:24のカプリス 作品1 より 第11番
バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ 第2番 BWV1003 より 第1楽章 Grave
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 作品64 より 第1楽章
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 作品19 より 第1楽章

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2018年1月20日(土)日暮里ランチタイムコンサート 2018 Jan.


2018年1月20日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
山口 好美さん(ピアノ)が日暮里ランチタイムコンサート 2018 Jan.を開催されます。
リサイタルに向けて山口 好美さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

 

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

皆様のご支援のおかげで、ランチタイムコンサートも3回目を迎えることができました。

この一年の間に、ヴァイオリンとのデュオ、2台ピアノでの共演、オーケストラとのピアノコンチェルト・・・1つ年齢を重ねた分、より多くの経験を積ませていただけたことに感謝しております。

その貴重な経験を糧に、寒さ厳しい中お越しいただいた皆様の帰り道が少しでも温かくなっていただけるよう精一杯の演奏を心掛けたいと思っております。

 

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

今回は古典派のベートーヴェンから、ロマン派ショパン、近代のドビュッシーとバランスよく時代を感じられる作品を選びました。特にドビュッシーの版画はその名の通り、情景を切り取ったような音楽になっていて、東洋の情緒を思い起こさせる「塔」・スペインの魅力がつまった「グラナダの夕暮れ」・パリの夕立を描く「雨の庭」・・・つかの間の小旅行を感じていただける美しい作品です。

 

・あなたにとって音楽とは何ですか。

子供のころ、上手にピアノが弾けたと褒めてもらえることを嬉しく思っていました。今でも根底にはいつも人に喜んでもらいたいという気持ちで音楽を続けています。また音楽の喜びは皆様とのつながりがどんどん広がっていくことにもあると思います。様々なご縁のある方から励ましやご指導をいただき音楽家として成長していきたいと願っています。

 


演奏会詳細

2018年1月20日(土)日暮里ランチタイムコンサート 2018 Jan.
時間: 11:30開演 (11:00開場)
料金: 全席自由 2,000円
出演:


山口 好美  Yoshimi Yamaguchi,  ピアノ
神奈川県立厚木高校、桐朋学園大学ピアノ科(金澤希伊子氏に師事)卒業後渡仏。フランス・パリ市立音楽院最高課程修了。2012年イタリア・パドヴァ国際コンクールピアノ部門第2位。現在、東京音楽学院講師、小田原短期大学特別講師、檜チャリティコンサートホールレギュラーピアニストを務める。日本演奏連盟会員。

プログラム:
サン=サーンス: アレグロ・アパッショナート 作品70
ベートーヴェン: ソナタ「悲愴」 作品13
ショパン: バラード2番 作品38
ドビュッシー: 版画

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2017年12月17日(日)白井麻友&秋津瑞貴デュオ・リサイタル


2017年12月17日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで白井麻友&秋津瑞貴デュオ・リサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて白井麻友さん・秋津瑞貴さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

 

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

白井麻友さん
弦楽ニ重奏というとあまり聴き馴染のないお客様も多いかと思いますが、弦楽四重奏から楽器が半分になったというわけではなく、それぞれの楽器の役割が増えて、緻密かつダイナミックなアンサンブルが求められる、魅力的な編成です。今回も室内楽の愉しさと魅力をお伝えできるように、精一杯頑張ります。

秋津瑞貴さん
弦のみでしか表現できない繊細な音色で、感情の機微を伝えたい。

 

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

白井麻友さん
弦楽器二台という編成ならではの、緻密ながらも情感あふれるアンサンブルをお楽しみください。

秋津瑞貴さん
細かなアーティキュレーションや場面ごとに色が変わる瞬間を是非聴いてほしい。

 

・あなたにとって音楽とは何ですか。

白井麻友さん
幼い頃からずっと共にあり、切り離すことができない、私の一部です。

秋津瑞貴さん
自分が得た感動を伝えるには終わりのない鍛錬が必要であり、時には苦しいと感じる事もあるが、それでもなお手段としては魅力的で、常に挑戦し続けたいと思えるもの。

 


演奏会詳細

2017年12月17日(日)白井麻友&秋津瑞貴デュオ・リサイタル
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


白井 麻友  Mayu Shirai,  ヴァイオリン
東京藝術大学卒業。第56回全日本学生音楽コンクール高校の部全国第1位をはじめ、第16回日本演奏家コンクール第1位、ほか多数のコンクールで優勝。元兵庫芸術文化センター管弦楽団フォアシュピーラー、元新日本フィルハーモニー交響楽団契約フォアシュピーラー。現在、サントリーホール室内楽アカデミー第4期フェロー。
公式ホームページはこちら

秋津 瑞貴  Mizuki Akitsu,  チェロ
1987年東京生まれ。麻布学園在学中よりチェロを始める。桐朋学園大学を経て、桐朋学園大学院大学を修了。2015年第25回日本クラシック音楽コンクール一般部門第2位(1位なし)。チェロを毛利伯郎氏に師事。サントリーホール室内楽アカデミー第4期フェロー。現在、桐朋学園大学音楽学部嘱託演奏員。

 

プログラム:
モーツァルト: ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 第1番 ト長調 K.423
グリエール: ヴァイオリンとチェロのための8つの二重奏曲 Op.39
オネゲル: ヴァイオリンとチェロのためのソナチネ ホ短調 H.80
ヘンデル=ハルヴォルセン: パッサカリア

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【ギャラリー】2017年11月19日(日)若原真由子ピアノ・リサイタル


2017年11月19日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
若原真由子ピアノ・リサイタル が開催されました。

若原 真由子
Mayuko Wakahara  ピアノ

「第34回及川音楽事務所新人オーディション」に於いて優秀新人賞受賞。「平成27年度第19回旭川新人音楽会オーディション」ピアノ部門に於いて旭川新人音楽賞受賞。「第65回東京国際芸術協会新人オーディション」ピアノ部門に於いて准合格。「第22回ブルクハルト国際音楽コンクール」に於いて奨励賞受賞。「第20回長江杯国際音楽コンクール」に於いて優秀賞受賞。
現在、北海道教育大学大学院2年在学中、北海道深川東高等学校非常勤講師、及川音楽事務所所属。

 

木村 貴紀
Takanori Kimura  ピアノ[賛助出演]

武蔵野音楽大学卒業。同大学大学院修了。受賞は「第10回鳥栖ピアノコンクール」第2位他。東京・金沢でリサイタル、東京・福岡・佐賀・北海道でピアノ協奏曲。2013年旭川フィルハーモニー管弦楽団を振って指揮活動も開始し、2016年には弾き振りの演奏会を催してもいる。
現在、北海道教育大学旭川校准教授。月刊『音楽現代』演奏会評等執筆者。

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332

スラヴィツキー:3つのピアノ小品
1.ブルレスカ
2.インテルメッツォ
3.トッカータ

チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」組曲 Op.71a(2台ピアノ編曲版)より
1. 小序曲
2. 行進曲
8. 花のワルツ

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)