カテゴリー : コンクールオーディション

【全日本ジュニア】「青のオーケストラ」に取材協力しました


現在、第34回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールの申込み受付を開始しております。

毎年多くの方にご受験をいただき、保護者の皆様・指導されている先生方から好評をいただいている当コンクールですが、先日「青のオーケストラ」の取材協力をさせていただきました。

「青のオーケストラ」は、とある理由でバイオリンを弾くのを辞めた元・天才少年が、一人の少女と高校オーケストラ部に出会い、もう一度バイオリンを手にする・・・というストーリーです。努力あり挫折あり、音と音、人と人が繋がっていく、アンサンブル青春ドラマとなっています。

可愛らしいキャラクラーと緻密な演奏描写が素晴らしい作者の阿久井真先生は「心が叫びたがってるんだ」のコミカライズを手掛けている方で、本作が4作目だそうです。

当作品は現在、小学館の裏サンデーにて好評連載中です。

http://www.urasunday.com/blueorchestra/index.html

以下のページから第1話を見ることができます。

http://urasunday.com/blueorchestra/comic/29310.html

現在一生懸命練習している皆さんも、久しくクラシックに触れていない方も楽しめる内容になっています。漫画の中に当コンクールのことがチラッと載っているかもしれませんので、ぜひ探してみて下さい!!

第34回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 受付開始!!


6月から開催しておりました第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールが、9月に行われた全国大会をもちまして全日程を終了致しました。参加者の皆様はもちろん、保護者の皆様、審査員の先生方、各ホールや自治体の担当者様より多大なご協力を頂戴したお陰で無事終了しましたことを改めて厚く御礼申し上げます。

今回も1000名を超える多くの方々にご参加頂きました。特に全国大会では日本各地より多数のお子様がご参加され、参加者の熱気と充実感で満たされた大変活気のある8日間となりました。

現在、第34回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールの受付を開始いたしました。

https://www.tiaa-jp.com/jcmcj/

第34回当コンクールは予選41会場、本選35会場、全国大会15日程という過去最大規模での開催となります。皆様の参加を心よりお待ちしております!!

 

2017年9月3日(日)岡田愛歌曲個展【インタビュー】


2017年9月3日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
「~時をつなぐ新しい日本のうた~」と題して、岡田愛歌曲個展 が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
岡田愛さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 

岡田 愛:作曲・ピアノ
神戸女学院大学音楽学部ミュージック・クリエィション専攻卒業。兵庫教育大学大学院文化表現系教育コース修了。第21回及び23回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門第3位、第5回東京国際歌曲作曲コンクール第2位(最高位)、第21回TIAA全日本作曲家コンクール奨励賞等を受賞。歌曲作品は特に多く、作詞を手がけた作品もある。
 
 

大澤 明子:ソプラノ
神戸女学院大学音楽学部声楽専攻卒業後、東京音楽大学研究科修了。ソレイユ新人オーディション合格、優秀賞受賞、マリア・カナルス国際音楽コンクール(バルセロナ)入選。現在二期会準会員、同志社混声合唱団「シャンテ」ヴォイストレーナー、「京都ゲヴァントハウス合唱団」独日通訳を務める。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
 みなさま、こんにちは。作曲・ピアノの岡田愛です。このような機会を頂けることに、心から感謝しています。この度はすべて歌の作品でプログラムを構成した、歌曲個展を開催させていただきます。
 また、共演いただくのは、ソプラノの大澤明子さんです。同窓の先輩でもある大澤さんと一緒に演奏させて頂けますこと、とても嬉しく思っています。
 聴いて下さる皆様に楽しんで頂けますよう、そして詩の美しさや世界観が伝わりますよう、心を込めて精一杯演奏いたします。
 
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
 
 多くの皆様にとって、初めて聴いていただく曲、ということになるかと思います。4つのプログラムの簡単な解説も交えながらお話をさせていただけたらと思います。
 まずオープニングは「Vocalise~雅~」という楽曲です。Vocaliseとは、母音のみによる歌唱法のことで、~雅~という題は、曲のコンセプトをあらわしています。ソプラノならではの響きを楽しんでいただけると思います。
 続いて「利根川の岸邊より」は、萩原朔太郎の詩による歌曲組曲です。詩から感じた重厚で厳格なイメージを大切に、作曲しました。詩が語る情景や揺れ動く感情を、皆様にも感じていただきたいと願っています。
 そして「青い空とお日さま」は、作詞も手掛けた楽曲です。私たちをあたたかく見守ってくれる“青い空”と“お日さま”に、「ありがとう」という気持ちも込めて作詞・作曲しました。皆様にも親しんでいただけたら嬉しいです。  
 プログラム最後は『八木重吉の詩による歌曲集』です。一つひとつの詩が持つメッセージを伝えたいという思いはもちろん、曲集としての展開や進行も楽しんでいただけたらと、思いを込めながら作曲しました。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
 
 なくてはならない大切なものです。いわば「酸素」のような、存在でしょうか。音楽によって生かされているとも思っています。そんな音楽を通して、自分以外の誰かと繋がることが出来たり、感動を共に出来たりするなら、それは本当に幸せなことだと思います。今回の歌曲個展でも、そんな瞬間を皆様と共有したいという思いでいっぱいです。皆様のご来場を、心よりお待ちいたしております。
 
 

時間: 13:30開演(13:10開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 岡田愛(作曲・ピアノ)、大澤明子(ソプラノ)
 
プログラム:
岡田愛:Vocalise ~雅~
岡田愛:「利根川の岸邊より」 (詩/萩原朔太郎)
岡田愛:櫻/なにか知らねど/利根川の岸邊より
岡田愛:青い空とお日さま (詩/岡田愛)
岡田愛:『八木重吉の詩による歌曲集』 (詩/八木重吉)
    1.貫ぬく 光 2.母の瞳 3.妻に与ふ
    4.春 5.壺のような日
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。
 
 
 
なお、岡田愛さんは、2017年7月27日(木)に京都にて作品リサイタルを開催されます。
関西にお住まいの方は、こちらのリサイタルはいかがでしょうか。

~時をつなぐ新しい日本歌曲、情景を奏でるピアノ曲~
 
場所: 京都 青山音楽記念館 バロックザール
 
時間: 19:00開演(18:30開場)
 
料金: 全席自由 2,000円
 
出演: 岡田愛(作曲・ピアノ)、大澤明子(ソプラノ)、朝山加奈子(メゾ・ソプラノ)、別所ユウキ(ピアノ)、齋藤遥佳(ピアノ)
 
プログラム:
岡田愛作曲:Vocalise~雅~
岡田愛作曲:歌曲集「季節の歌」(詩/野口雨情・北原白秋)
岡田愛作曲:「利根川の岸邊より」(詩/萩原朔太郎)
岡田愛作曲:「独唱とピアノのためのメルヘン」(詩/岡田愛)
岡田愛作曲:ピアノのための標題音楽~通り雨~~夏の日~
岡田愛作曲:『八木重吉の詩による歌曲集』
 
主催: (公財)青山財団新人助成公演
後援: 東京国際芸術協会、他
ご注文・お問合せ: チケットぴあ 、京都 青山音楽記念館 075-393-0011

ショパン国際ピアノコンクール鑑賞ツアー【残席あり】その2


今年10月に開催される第17回ショパン国際ピアノコンクールの
一次予選に出場が決まった日本人12名のプロフィールを記事の末尾にご紹介します。

ワルシャワの現地まで行く鑑賞ツアーは、売り切れになっている旅行会社も多い中、
まだ全日程受付可能な旅行会社もございます。
一つ前の記事に書いたツアーで5年に一度のイベントを鑑賞しに行きませんか?

<このブログを見た方への特典>
「協会ブログを見た」とお電話かメールをいただけましたら、上記リンク先に記載されているご参加費よりお値引きさせていただきます。詳細はお問合せをいただけたらと思いますが、他社さんに比べても非常にお安い料金設定になっているかと存じます。
電話番号 / 東京国際芸術協会:03-6806-7108 もしくは ラテーザ:03-6806-7820
ご応募締切は9月14日(月)となります。ご検討・ご紹介いただけましたら幸いです。

氏名(年齢) 出身 プロフィール
有島京(23) 熊本県 第5回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA」のコンチェルトA部門金賞。桐朋女子高校からポーランドのビドゴシチュ音楽院へ留学。ブレハッチを育てたショパンコンクール審査委員長ズィドロン教授らに師事。
古海行子(17) 神奈川県 第15回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA アジア大会高校生部門金賞。第15回ローゼンストック国際ピアノコンクール第5位。神奈川県立海老名高校在学、昭和音大付属ピアノアカデミーにて研鑽。
木村友梨香(22) 北海道 第13回ショパン国際コンクールinASIAプロフェッショナル部門アジア大会最高位。ポーランド・クラクフ室内管弦楽団、オーケストラHARUKA、ワルシャワ・ストリング・カルテット、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。
小林愛実(20) 山口県 第12回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAコンツェルトC部門金賞。 7歳でデビュー、14歳ではメジャーCDデビュー。桐朋女子高校在学中より米国カーティス音楽院に留学。
丸山凪乃(16) 愛知県 第12回ショパン国際ピアノコンクールinASIA アジア大会 小学5・6年生銀賞。第15回浜松国際ピアノアカデミー最年少合格。パリのコンセルバトワール卒業後 東京音大付属高校在学中。
三重野奈緒(20) 兵庫県 第12回ショパン国際ピアノコンクールinASIA アジア大会 高校生部門金賞。第22回日本クラシック音楽コンクール高校部門第3位。東京芸術大学在学中。
中川真耶加(21) 愛知県 第15回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAアジア大会プロ部門銅賞。第16回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール中学生部門第3位。2012年より名古屋、神戸でリサイタルを開催。また東京でジョイントコンサート、ランチタイムコンサートなどに出演。東京音楽大学在学中。
中桐望(28) 岡山県 第8回浜松国際ピアノコンクール2位受賞。第18回シューベルト国際ピアノデュオコンクール(チェコ)第1位。国内外でのリサイタル、音楽祭参加多数。東京芸術大学主席卒業後、ポーランドのビドゴシチュ音楽院留学中。
野上真梨子(24) 千葉県 第8回青少年ショパン国際ピアノコンクール(ポーランド)日本人初1位。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2014第3位。第16回ショパン国際ピアノコンクール参加。桐朋学園大学卒業。東京国際芸術協会管弦楽団と協演
小野田有紗(19) 三重県 第10回ショパン国際ピアノコンクール・イン in Asia コンチェルトB部門金賞。第16回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール中学生の部第4位。東京芸術大学付属高校在学中から米国ジュリアード音楽院へ留学、現在は英国ロイヤルミュージックオブアカデミーに留学中。
須藤梨菜(27) 栃木県 第5回浜松国際ピアノコンクール第4位。第7回ダブリン国際ピアノコンクール日本人最高位。 第16回ショパン国際ピアノコンクール参加。昭和音楽大学卒業。
竹田理琴乃(21) 石川県 第8回ショパン国際ピアノコンクール in ASIAアジア大会コンチェルトB部門 金賞。第82回日本音楽コンクール第3位。遊学館高校卒業後、ポーランド国立ショパン音楽大学在学中。

ショパン国際ピアノコンクール鑑賞ツアー【残席あり】


1927年に第1回が開催されたショパン国際ピアノコンクールですが
5年に一度開催されるコンクールの第17回が今年の10月にございます。
 
予備予選を通過した日本人は、ポーランド、中国についで3番目に多い12人のエントリーとなります。
(このブログの最後に1次予選の全出場者名を挙げております)
その12人の日本人の中でも、東京国際芸術協会と関わりの深い以下の5名(順不同)を私どもは応援したいと思っております。
 
☆2009年の第16回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール・ピアノ部門・中学生の部で第3位だった中川真耶加さん
☆2009年の第16回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール・ピアノ部門・中学生の部で第4位だった小野田有紗さん
☆2009年の『TIAA協奏曲ヌーベルバーグ』でショパンの協奏曲第1番のソリストをして下さった野上真梨子さん
☆2013年の第15回ローゼンストック国際ピアノコンクールで第5位だった古海行子さん
☆例年、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール石川予選の審査をして下さっている東海林也令子先生のお弟子さんの竹田理琴乃さん
 
さて、弊会の関連会社に株式会社ラテーザという旅行会社がございます。クラシック音楽鑑賞や公演旅行を専門とした創業26年の歴史のある旅行会社ですが、このたび、ショパン国際ピアノコンクールの鑑賞ツアーを企画させていただいております。
この機会にぜひ一緒にショパン国際ピアノコンクールを鑑賞しませんか?
 
現在入手しにくくなっている3次予選やファイナルのツアーも、まだ空き席を御用意できます。
 
詳しくはこちらに旅程を掲載させていただいております。
スケジュール
【Aコース】9月30日(水)~10月6日(火) 5泊7日で327,000円
< マルタ・アルゲリッチ、ギャリック・オルソン>オープニングコンサートと1次予選(前半2日間)
Aコース
【Bコース】10月3日(土)~10月9日(金) 5泊7日で298,000円
1次予選(後半3日間)
Bコース
【Cコース】10月8日(木)~10月14日(水) 5泊7日で328,000円
2次予選(全日程)
Cコース
【Dコース】10月13日(火)~10月19日(月) 5泊7日で395,000円
3次予選(全日程)+レクイエムコンサート
Dコース
【Eコース】10月16日(金)~10月22日(木) 5泊7日で488,000円
ファイナル(全日程)+レクイエムコンサート
Eコース
 
<このブログを見た方への特典>
「協会ブログを見た」とお電話かメールをいただけましたら、上記ご参加費よりお値引きさせていただきます。詳細はお問合せをいただけたらと思いますが、他社さんに比べても非常にお安い料金設定になっているかと存じます。
電話番号 / 東京国際芸術協会:03-6806-7108 もしくは ラテーザ:03-6806-7820
 
<ツアーの魅力>
(その1)成田から日本人の添乗員が同行いたします。英語などで不自由するときは添乗員をお頼りください。
(その2)空港からホテルまでは専用車で送迎がございます。不慣れな地で迷うことがありません。
(その3)泊まりますホテルはコンクール会場まで歩ける良い立地のところにございます。
chopin
マウリツィオ・ポリーニやマルタ・アルゲリッチ、ダン・タイ・ソン、ユンディ・リィなどが第1位を受賞していますが、まだ日本人の第1位がありません。
ぜひこの機会に今回の日本人挑戦者を応援していただき、現地の雰囲気を味わってみてはいかがでしょう。
ご応募締切は9月14日(月)となります。ご検討・ご紹介いただけましたら幸いです。
 
 
(1次予選の全出場者名)
1. Ms Soo Jung Ann (South Korea)
2. Ms Miyako Arishima (Japan) 有島京
3. Mr Tymoteusz Bies (Poland)
4. Mr Rafat Btaszczyk (Poland)
5. Mr Tukasz Piotr Byrdy (Poland)
6. Ms Michelle Candotti (Italy)
7. Mr Luigi Carroccia (Italy)
8. Ms Galina Chistiakova (Russia)
9. Ms Irina Chistiakova (Russia)
10. Mr Seong-Jin Cho (South Korea)
11. Mr Ashley Fripp (United Kingdom)
12. Ms Yasuko Furumi (Japan) 古海行子
13. Ms Saskia Giorgini (Italy)
14. Ms Katarzyna Go?ofit (Poland)
15. Mr Adam Mikotaj Gozdziewski (Poland)
16. Ms Ivett Gyongyosi (Hungary)
17. Mr Chi Ho Han (South Korea)
18. Mr Olof Hansen (France)
19. Mr Zhi Chao Julian Jia (China)
20. Mr Aljo?a Jurini? (Croatia)
21. Ms Joo Yeon Ka (South Korea)
22. Mr Honggi Kim (South Korea)
23. Ms Su Yeon Kim (South Korea)
24. Ms Yedam Kim (South Korea)
25. Ms Yurika Kimura (Japan) 木村友梨香
26. Ms Dinara Klinton (Ukraine)
27. Ms Aimi Kobayashi (Japan) 小林愛実
28. Mr Qi Kong (China)
29. Mr Marek Kozak (Czech Republic)
30. Mr Tukasz Krupinski (Poland)
31. Mr Krzysztof Ksiazek (Poland)
32. Ms Rachel Naomi Kudo (United States)
33. Mr George Li (United States)
34. Mr Ning Yuen Li (China)
35. Ms Kate Liu (United States)
36. Mr Eric Lu (United States)
37. Ms Tian Lu (China)
38. Mr Xin Luo (China)
39. Mr Roman Martynov (Russia)
40. Ms Nagino Maruyama (Japan) 丸山凪乃
41. Mr Vladimir Matusevich (Russia)
42. Ms Nao Mieno (Japan) 三重野奈緒
43. Mr Tukasz Mikotajczyk (Poland)
44. Mr Pawet Motyczynski (Poland)
45. Ms Alexia Mouza (Greece)
46. Ms Jiyeong Mun (South Korea)
47. Ms Mayaka Nakagawa (Japan)中川真耶加
48. Ms Nozomi Nakagiri (Japan) 中桐望
49. Mr Szymon Nehring (Poland)
50. Ms Anastasiia Nesterova (Russia)
51. Mr Ronald Noerjadi (Indonesia)
52. Ms Mariko Nogami (Japan) 野上真梨子
53. Mr Piotr Nowak (Poland)
54. Ms Arisa Onoda (Japan) 小野田有紗
55. Mr Georgijs Osokins (Latvia)
56. Mr Jinhyung Park (South Korea)
57. Mr Piotr Ryszard Pawlak (Poland)
58. Ms Zuzanna Pietrzak (Poland)
59. Ms Tiffany Poon (China)
60. Mr Kausikan Rajeshkumar (United Kingdom)
61. Mr Charles Richard-Hamelin (Canada)
62. Ms Tamila Salimdjanova (Uzbekistan)
63. Mr Cristian Ioan Sandrin (Romania)
64. Ms Natalie Schwamova (Czech Republic)
65. Mr Aristo Chingtoa Sham (China)
66. Ms Boyang Shi (China)
67. Mr Dmitry Shishkin (Russia)
68. Ms Rina Sudo (Japan) 須藤梨菜
69. Mr Michat Szymanowski (Poland)
70. Ms Rikono Takeda (Japan) 竹田理琴乃
71. Mr Arseny Tarasevich-Nikolaev (Russia)
72. Mr Alexei Tartakovsky (United States)
73. Mr Hin-Yat Tsang (China)
74. Mr Alexander Ullman (United Kingdom)
75. Mr Chao Wang (China)
76. Mr ZhuWang (China)
77. Mr Andrzej Wiercinski (Poland)
78. Mr Yuchong Wu (China)
79. Mr Zi Xu (China)
80. Mr Yike (Tony) Yang (Canada)
81. Ms Yuliya Yermalayeva (Belarus)
82. Mr Cheng Zhang (China)
83. Ms Chuhan Zhang (China)
84. Ms Annie Zhou (Canada)

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)