カテゴリー : 演奏会案内

【インタビュー】2017年11月4日(土)東祐輔×薄木葵 ピアノデュオ リサイタル


2017年11月4日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで東祐輔×薄木葵 ピアノデュオ リサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて東祐輔さん・薄木葵さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

東祐輔
多くのリサイタルでは、演奏効果の高さからソロや二台ピアノがメインですが、今回は、敢えて連弾曲のみでプログラムを組みました。今回のリサイタルを通して、連弾というジャンルの持つ可能性を限界まで追究したいと思います。そのため、聴きごたえを出すために演奏効果の高い作品を選びました。どれも重量級なので大変です(笑)
面白い演奏会になると思うので、是非皆様お越しください!

薄木葵
共に音楽を作り上げ、共に一つの演奏会を作るという大きな作業。大作が多く不安もありますが、同じ大学で学ぶ彼と共に真摯に音楽に向き合い、最高の連弾・最高の音楽を作り上げたいと思います。華やかな曲目でお送りする彩り豊かな1時間、是非お越し下さい!!

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

東祐輔
今回はオーケストラ作品を多く取り上げています。どの曲も素晴らしいオーケストレーションで書かれているので、その色彩感を出来るだけ失わず演奏できればと思います。そして、唯一三善晃だけがオリジナルの作品です。他の編曲作品と対照的な、個人的で親密な世界を表現したいです。なかでも、音の手帳のプレリュードは大好きな曲です。

薄木葵
大好きなラプソディーインブルー、オーケストラ的色彩と華やかな技巧を持ち合わせたこの曲を、遊びごころたっぷりに弾きます。見て楽しい聴いて楽しいこの曲を、2人の個性で様々に工夫を凝らし、演奏します。どんな世界が出来上がるでしょうか!コンサートの最後を飾るこの曲、私たちも今から楽しみです。どうぞお楽しみ下さい!

・あなたにとって音楽とは何ですか。

東祐輔
一生かけて勉強していきたいと思える唯一の学問であり、常に新しい、理論だけでは説明のつかないような魅力を教えてくれる芸術です。

薄木葵
人生の中心であり、私が今幸せである理由であり、人と私を繋いでくれる存在であり、一生憧れ尊敬し、愛し続ける存在が音楽です。


演奏会詳細

2017年11月4日(土)東祐輔×薄木葵 ピアノデュオ リサイタル
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


東 祐輔(ピアノ)
第26回日本クラシック音楽コンクール全国大会出場。東京国際芸術協会第66回新人演奏会オーディション、第22回ブルクハルト国際音楽コンクールにて奨励賞を受賞。同新人演奏会出演。青山学院高等部を経て、現在上野学園大学演奏家コース2年在学中(特待生)。現在、干野宜大、川田健太郎、江口玲の各氏に師事。


薄木 葵(ピアノ)
常盤木学園高等学校音楽科卒業。第37回ピティナピアノコンペティションE級全国大会出場。第14回東北ショパン学生ピアノコンクール高校生の部銀賞。東京国際芸術協会第67回新人演奏会オーディションにて審査員賞を受賞し合格。現在上野学園大学演奏家コース2年。これまでにピアノを伊東ゆかり・手塚真人の各氏に師事。

プログラム:
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
三善晃:音の手帳
チャイコフスキー=ラフマニノフ:組曲「眠れる森の美女」より
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2017年11月19日(日)若原真由子ピアノ・リサイタル


2017年11月19日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで若原真由子ピアノ・リサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて若原真由子さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

この度はこのような機会をいただき大変嬉しく思います。ご指導して下さる先生や応援して下さる皆さまへの感謝の気持ちを忘れずに演奏をできればと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

古典から現代曲と異なる時代の曲でプログラムが構成されておりますので、時代による音楽の違いや二台ピアノによる演奏もございますのでそれぞれ楽しんでいただけましたらうれしく思います。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

音楽が無い生活は考えられないほど自分にとって一番中心になっているものが音楽と思いますが、音楽を学び聴いて頂くことができる今の環境を、当たり前のものと思わず感謝し、さらに励んでいきたいと思っております。


演奏会詳細

2017年11月19日(日)若原真由子ピアノ・リサイタル
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

若原 真由子(ピアノ)
「第34回及川音楽事務所新人オーディション」優秀新人賞受賞。「平成2 7年度第1 9回旭川新人音楽会オーディション」旭川新人音楽賞受賞。「第65回東京国際芸術協会新人オーディション」准合格。「第22回ブルクハルト国際音楽コンクール」奨励賞受賞。現在、北海道教育大学大学院2年在学中、北海道深川市立東高校非常勤講師。

木村 貴紀(賛助出演ピアノ)
武蔵野音楽大学卒業。同大学大学院修了。受賞は「第10回鳥栖ピアノコンクール」第2位他。東京・金沢でリサイタル、東京・福岡・佐賀・北海道でピアノ協奏曲。2013年旭川フィルハーモニー管弦楽団を振って指揮活動も開始し、2016年には弾き振りの演奏会を催してもいる。現在、北海道教育大学旭川校准教授。月刊『音楽現代』演奏会評等執筆者。

 

プログラム:
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332
スラヴィツキー:3つのピアノ小品
1.ブルレスカ
2.インテルメッツォ
3.トッカータ
チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」組曲 Op.71a(2台ピアノ編曲版)より
1. 小序曲
2. 行進曲
8. 花のワルツ

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2017年11月4日(土)鈴木大 ピアノリサイタル


2017年11月4日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで鈴木大 ピアノリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて鈴木大さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

この度リサイタルという形で演奏をお聴かせできる機会をいただけたことを大変喜ばしく思います。お聴きくださる皆様がお楽しみいただけますよう、曲の持つ個性、世界を最大限表現できるよう努めたいと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

リストのバラードは楽曲の持つ豊かな表情が文学的な様相を持って私たちを楽しませ、ブラームスの間奏曲は晩年の作曲者による静かな語り口が記憶の中のいくつかの場面を思い起こさせてくれることでしょう。フォーレの変奏曲は巧みに引き出された主題動機の可能性と見事なバランス感覚による構成が作品の中に自由さと統一感を共存させ、また彼の語法と相まって特別な美しさを醸し出しています。ベートーヴェンのピアノソナタ「告別」では躍動感のある動きと変化が心地よく、第2楽章の暗闇をさまようような様子と第3楽章の喜びに満ちた音楽が強烈なコントラストを描き、劇的な効果を見せます。簡単に挙げてみましたが音楽は聴く人によって様々な捉え方があって良いと思います。また、作曲者はいくつも細やかな工夫を作品に込めているので、お聴きくださる方は是非それぞれご自身の感じた魅力を見つけていただけたらより一層お楽しみいただけると思います。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

あるピアニストが音楽を聴くことは自然の風景を眺めることに似ていると言っていたのを覚えています。私には的を射ているように思えました。風景を作る物それ自体はただそこにあるだけで何かを表現しているわけではないものの、見る人はそこから得られる情報から自動的に意味を推理して多様な感情を呼び起こします。視覚に限らずあらゆる感覚が捉える情報はすでに持っている感情や記憶と瞬時に結びつき我々に新たな感情を起こし、行動への要因ともなります。風景というとなんだか平和な響きですが人間の持つこういった能力は危機回避の役割も担っています。動物の生存の為の仕組みなの一つなのでしょう。元をたどれば、確かにこのような脳の連想する特性を利用して音楽も作られていることと思います。
私にとって音楽とは何かという問いは私の音楽の捉え方をある程度明確にすることを求めているのかもしれませんが、色々と言葉を当てはめてもどれも語弊をはらんでいるように感じました。良い説明が見当たらないので今一番共感している先に挙げた言葉を少しお借りしたいと思います。私にとって音楽とは風景と似ています。


演奏会詳細

2017年11月4日(土)鈴木大 ピアノリサイタル
時間: 17:30開演(17:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

鈴木 大(ピアノ)
神奈川県相模原市出身。国立音楽大学を卒業後、同大学アドヴァンストコースにて研修を積む。その後渡独し、ケルン音楽大学にてピアノ科修士過程を修了。これまでにピアノを渡邊明子、故・田辺緑、芝治子、江澤聖子、ヤコブ・ロイシュナーに、室内楽をアンソニー・シュピリ、ロベルト・クーレック各氏に師事。

 

プログラム:
リスト:バラード 第2番 ロ短調
ブラームス:間奏曲 イ長調 作品118-2
フォーレ:主題と変奏 嬰ハ短調 作品73
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第26番 変ホ長調 作品81a 「告別」

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2017年10月12日(木)藤村瑛亮&福田木綿子ピアノジョイントリサイタル


2017年10月12日(木)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで藤村瑛亮&福田木綿子ピアノジョイントリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて藤村瑛亮さんと福田木綿子さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

< 藤村瑛亮さんインタビュー >

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

この度は、演奏会を開催出来ること、光栄に思います。私にとって初のジョイントリサイタルです。今までお世話になった先生、両親、家族、友人知人全ての人に感謝を込めて演奏したいです。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

前半、ヴィルトゥオーソとして名高いリストが作曲、編曲した作品を演奏します。”エステ荘の噴水”は、彼の晩年の作品の一つで、水の動き、流れが巧みに表現されています。”「ファウスト」のワルツ”は、オペラ作品を数多く編曲したリストの作品の中でも特に有名で、非常に華やかな一曲です。

次に演奏するのが、ドビュッシーの”前奏曲集第2集”です。印象主義の作曲家として有名で、彼はパリ万博で東洋音楽に触れたことをきっかけに、世界のあらゆる音楽から着想を得て作曲しましたが、この曲集も顕著に表れています。今回は十二曲ある中から、三曲抜粋して演奏します。

最後に演奏するシマノフスキも、二十世紀初頭に活躍したポーランドの作曲家です。高度なテクニックと難解で複雑な作品が多いですが、初期の作品ほど、ワーグナーやスクリャービン、ショパンといった作曲家に影響を受けています。今回演奏する”幻想曲”もその一つで、劇的で壮大な、プログラムの最後に相応しい一曲です。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

心を、気持ちを豊かにしてくれる存在です。

 

< 福田木綿子さんインタビュー >

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

この度はこのような演奏の機会をいただき大変嬉しく思っています。
これまでお世話になった全ての方に感謝の気持ちを込めて、そして自分らしく演奏しようと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

前半、はじめに、「近代クラヴィーア奏法の父」といわれるドメニコ・スカルラッティのソナタ作品から2曲演奏します。簡潔な二部形式の中から溢れ出す即興的で独創性に富んだ多彩な表情がとても魅力的です。
続いて、シューマン作曲の歌曲集「ミルテの花」の第1曲である「献呈」のリスト編曲版を演奏します。恋人への思慕を吐露する恋愛歌で、そこにリストの様々な手法が加わりさらに情熱的な作品となっています。
後半はショパンの作品を演奏します。
ピアノソナタ第2番は、第3楽章の「葬送行進曲」が他の楽章に先立って作曲されたため
「葬送行進曲付」の名で広く知られています。このソナタは古典的な「ソナタ」観からは大きく逸脱していますが、そこにはショパンならではの「ソナタ」観が存在していて、様式的にもたいへんユニークなショパンの音楽の魅力が詰まった作品です。
プログラムの最後は、スケルツォ第1番で締めくくります。
冒頭、意表をつくような不協和音で始まり、曲は3部形式で構成されています。ドラマティックで緊迫した雰囲気をもつ2つの主題のかけあい、そしてさらにその2つの主題と  長調に転調し柔らかい雰囲気を持つ中間部との対比がとても個性的にかかれています。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

いつも素直な心で向き合うことの大切さを教えてくれた存在と感じています。


演奏会詳細

2017年10月12日(木)藤村瑛亮&福田木綿子ピアノジョイントリサイタル
時間: 19:00開演(18:30開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

藤村瑛亮(ピアノ)
東京音楽大学にて武田真理、浜口奈々の各氏に師事。エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール第1位。日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション全国大会最優秀で荻原和子賞授与。ヤングアーチストピアノコンクールグランプリ。日本イタリア協会MusicArte優秀大賞。日本クラシック音楽コンクール第3位。他

 

福田木綿子(ピアノ)
東京音楽大学にて浜口奈々氏に師事。第14回ショパン国際ピアノコンクールinASIA高校生部門にてアジア大会進出及び奨励賞受賞。第8回ロシアン・ピアノスクールin東京の受講生に選抜される。第10回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール大学生・一般部門第3位。他

プログラム:
D.スカルラッティ:ソナタ K.1 L.366 ニ短調
D.スカルラッティ:ソナタ K.427 L.286 ト長調
シューマン=リスト:献呈 S.566 R.253
F.ショパン:ピアノソナタ第2番 作品35「葬送」 変ロ短調
F.ショパン:スケルツォ第1番 作品20 ロ短調
F.リスト:巡礼の年 第3年より エステ荘の噴水 S.163 R.10
グノー=リスト:歌劇「ファウスト」のワルツ S.407 R.166
C.ドビュッシー:前奏曲集第2集より 6.風変りなラヴィーヌ将軍
C.ドビュッシー:前奏曲集第2集より 8.水の精
C.ドビュッシー:前奏曲集第2集より 12.花火
K.シマノフスキ:幻想曲 ハ長調 作品14

チケットは完売御礼となっております。演奏会詳細はコチラです。

【インタビュー】2017年10月14日(土)池田まゆ子第五回ソプラノリサイタル


2017年10月14日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで池田まゆ子第五回ソプラノリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて池田まゆ子さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

リサイタルも今回が五回目となりました。
それもこれも、私を支えてくださる皆様のお陰です。
リサイタルは毎回その度ごとにテーマを変えて開催して参りましたが、今回は『日本歌曲』をテーマとさせて頂きました。
日本歌曲の奥深さ、美しい旋律の背後に流れる日本独特の味を表現できたら、と、思っております。
皆様に楽しんで頂けますよう、精一杯頑張りたいと思います。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

今回は日本歌曲がメインになります。
私は大学院で、日本歌曲を中心に研究しておりました。
しかし当時はまだ未熟過ぎて、日本歌曲というものの素晴らしさは痛い程わかっていても、本質を捉えきれていなかったと、今振り返ってみて思います。
今でも、奥の深い、深過ぎる日本歌曲の全てを表現できるかどうかはわかりません。
しかし、私が今出来る全てを、今だからこそわかる全てを、歌に込めたいと思います。
少しでも日本歌曲の奥深さを、皆様に楽しんで頂けたら嬉しいです。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

私にとって音楽は、ずっと共に歩んで来た大切な存在です。
落ち込んだ時には励ましてくれて、嬉しい時にはその喜びを何倍にもしてくれるものです。
そして同時に、私の気持ちや想いを表現させてくれるものでもあります。
一言では言い尽くせない、大切な宝物です。


演奏会詳細

2017年10月14日(土)池田まゆ子第五回ソプラノリサイタル
時間: 15:30開演(15:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

池田まゆ子(ソプラノ)
フェリス女学院大学音楽学部声楽学科を卒業、同大学院音楽研究科修士課程声楽専攻を修了。第58回TIAA全日本クラシック音楽コンサートにて新人賞を受賞。積極的な演奏活動を行っている。声楽を蔵田雅之、長谷川久恵、花澤利枝子の各氏に師事。

 

谷坂仁美(ピアノ)
フェリス女学院大学音楽学部器楽学科を経て、同大学院音楽研究科修士課程修了。第18回長江杯国際音楽コンクール第4位入賞。現在、室内楽やラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンエリアコンサート等、様々なコンサートやイベントに出演する他、2017年飛鳥Ⅱ海外クルーズにて講師を勤める等、精力的に活動を行っている。

プログラム:
G.プッチーニ:≪トゥーランドット≫より“お聞きください、王子様!”
山田耕筰:“野薔薇”
多忠亮:“宵待草”
山田耕筰:“からたちの花”
山田耕筰:“かやの木山の”
弘田竜太郎:“浜千鳥”
W.A.モーツァルト:≪フィガロの結婚≫より “恋とはどんなものかしら”
G.プッチーニ:≪ジャンニ・スキッキ≫より “私のお父さん”
G.プッチーニ:≪ラ・ボエーム≫より “私の名はミミ”
小林秀雄:“落葉松”
山田耕筰:≪AIYANの歌≫より “曼珠沙華”
山田耕筰:“赤とんぼ”
山田耕筰:“ペチカ”
山田耕筰:“この道”

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)