カテゴリー : レポート

【ギャラリー】2018年2月18日(日)第2回Duo Mixtedリサイタル


2018年2月18日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
第2回Duo Mixtedリサイタルが開催されました。

Duo Mixted
神垣文恵、ネリ・コイチェヴァにより2015年に結成。2016年第8回東京国際声楽コンクールにて重唱部門第2位(1位なし)。

神垣文恵

Fumie Kamigaki, Soprano

神戸大学教育学部音楽科卒業。ニース夏期国際アカデミーにて故ジェラール・スゼー氏にディプロマを受ける。2012年ソロリサイタルを開催。現在コロン由子氏に師事し、スペイン、フランス、日本の歌曲などを中心に研鑽を積む。フリオ・ムニョス、サンドラ・シルビオ各氏のマスタークラス修了。声楽アンサンブルカメラータメンバー。神戸フォーレ協会、神戸音楽家協会、神戸波の会各会員。

ネリ・コイチェヴァ

Neli Koycheva,Contralto

ブルガリア出身。プロヴディフ音楽舞踊芸術アカデミーに学び、声楽、演奏技法、音楽教育学を専攻、修士課程を修了、音楽学及び音楽芸術において博士号を取得。1996年よりプロヴディフ国立音楽舞踊学校及び母校にて教鞭をとり現在に至る。カンタータ、オラトリオ等多くの作品にアルトとして携わり、ブルガリア、独、墺、日本など各地での演奏会に出演。2010年より日本在住。


宮本あんり

Anri Miyamoto, Piano

桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。作曲を宍戸睦郎、理論ピアノを三善晃、間宮芳生、ソルフェージュをピュイグ・ロジェ女史ほかに師事。アンサンブルピアニストとして、声楽・器楽・合唱のレコーディングやリサイタル、コンサートでの演奏を国内外で行っており、作・編曲家としても多方面で活躍している。元 聖徳学園大学附属高校音楽科講師。和洋ユニット「朔」メンバー、音楽教室「あんずjam」主宰。

 

G.F.ヘンデル:
私は悲しむために生まれ≪エジプトのジュリアス・シーザー≫より[Duo]

C.モンテヴェルディ:
すべてをお忘れなさい≪ポッペアの戴冠≫より[N.K.]

A.リテレス:
信じきった紅ヒワ≪アシスとガラテア≫より[F.K.]

B.デ・ラセルナ:
金色のくちばしの紅ヒワ≪からかわれた求愛者≫より[F.K.]

A.ヴィヴァルディ:
飢えているものを≪マニフィカート≫より[N.K.]

J.P.ラモー:
恋する鶯、わたしたちの声に答えて≪イッポリトとアリシー≫より[F.K.]

A.ヴィヴァルディ:
魂と心を捕えようと≪コントラルトと通奏低音のためのカンタータ≫より[N.K.]

G.F.ヘンデル:
涙の流れるままに≪リナルド≫より[F.K.]

G.F.ヘンデル:
優しき薔薇よ、百合よ≪テオドーラ≫より[N.K.]

G.B.ペルゴレージ:
聖なる母よ
地獄の火からおまもりください
アーメン
≪スターバトマーテル≫より[Duo]

以下は当日配布しましたプログラムより、神垣文恵さんとネリ・コイチェヴァさんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は寒さ厳しい中、第二回Duo Mixtedリサイタルにお越しいただきありがとうございます。
今回は一昨年のコンクールで歌ったヘンデルの重唱をもう一度歌いたいという希望から、テーマを「バロック時代の音楽」としました。オペラが生まれ、楽器が発展し、音楽のすそ野が広がっていった時代。そんなイタリア、イギリス、フランス、スペインのバロックの名曲をごゆっくりお楽しみくださいませ。

【ギャラリー】2018年2月18日(日)谷田部実香ピアノ・リサイタル


2018年2月18日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
谷田部実香ピアノ・リサイタルが開催されました。

谷田部実香

Mika Yatabe, ピアノ

盛岡市出身。4歳よりピアノを始める。
昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。
第14回、第17回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。
大学在学中、学内コンチェルト定期演奏会にソリストとして出演。
昭和音楽大学卒業演奏会、第79回読売新聞社新人演奏会に出演。
大学卒業後、ドイツに留学。シュトゥットガルト国立音楽演劇大学大学院ピアノ科卒業。
ザルツブルグ夏期国際音楽アカデミー、ムルハルト国際ピアノアカデミー他、国外の講習会に参加。ドイツ国内にて、ソロ・室内楽のコンサートに出演。
帰国後、ソロリサイタルを開催。
これまでにピアノを平川洋子、内海咲子、萩島薫、小林美樹、カール・ヴィルヘルム・ベルガーの各氏に、室内楽を奥平純子、松岡淳の各氏に師事。

 

ベートーヴェン
Beethoven
ピアノソナタ第27番 ホ短調 作品90
Sonate No.27 e-moll Op.90

第1楽章
Mit Lebhaftigkeit und durchaus mit Empfindung und Ausdruck
活発に、終始感情と表情をもって 3/4拍子 ホ短調 ソナタ形式

第2楽章
Nicht zu geschwind und sehr singbar vorgetragen
速すぎず、十分歌うように演奏すること 2/4拍子 ホ長調 ロンド形式

 
シューマン
Schumann
幻想曲 ハ長調 作品17
Fantasie C-Dur Op.17

第1楽章
Durchaus phantastisch und leidenschaftlich vorzutragen
徹底して幻想的に、情熱的に演奏すること ハ長調

第2楽章
Mäßig – Durchaus energisch
中庸に、徹底してエネルギッシュに 変ホ長調

第3楽章
Langsam getragen – Durchweg leise zu halten
ゆっくりと保って、常にひそやかに ハ長調

以下は当日配布しましたプログラムより、谷田部実香さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は、お忙しい中ご来場いただき、誠にありがとうございます。
3回目のリサイタルを開催させていただくこととなり、皆様の前で演奏できることを大変嬉しく思います。
音楽的に内容の深い2つの作品に全力で取り組んでまいりました。少しでも作品の素晴らしさを感じ取って頂けたら幸いです。
本日の演奏会の開催にあたり、ご支援いただきました皆様に、心から感謝申し上げます。

【ギャラリー】2018年2月18日(日)千布幸奈&福田木綿子 ランチタイム リサイタル


2018年2月18日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
千布幸奈&福田木綿子 ランチタイム リサイタルが開催されました。

千布幸奈

Yukina Chibu, ソプラノ

神奈川県横浜市出身。都立総合芸術高等学校を経て、現在東京音楽大学声楽演奏家コース在学。2016年東京音楽大学有志公演オペレッタ『ミカド!』ピープ・ボー役を務める。現在、菅有実子、萩原みかの各氏に師事。


福田木綿子

Yuko Fukuda, ピアノ

4歳よりピアノを始める。第8回ロシアン・ピアノスクールin東京の受講生に選抜される。第10回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール大学・一般部門第3位、他。現在東京音楽大学にてソロを浜口奈々、伴奏を吉本悟子の各氏に師事。3年在学中。

 

小林秀雄:日記帳

別宮貞雄:さくら横ちょう

シューマン:はすの花
Robert Schumann:Die Lotosblume

ベッリーニ:オペラ「カプレーティとモンテッキ」より
“ああ、幾たびか”
Vincenzo Bellini:《I Capuleti e i Montecchi》”Oh!Quante volte,oh! quante”

スクリャービン:幻想曲 ロ短調 作品28 (ピアノソロ)
Alexander Scriabin:Fantaisie h-moll op.28

シューマン:時は春
Robert Schumann:Er ist’s

ヴォルフ:時は春
Hugo Wolf:Er ist’s

ドビュッシー:星の夜
Claud Debussy:Nui d’Etoiles

グノー:オペラ「ファウスト」より“宝石の歌”
Charles Gounod:《Faust》”L’air de bijioux”

以下は当日配布しましたプログラムより、千布幸奈さんと福田木綿子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は、私達のリサイタルにお越し下さり、誠にありがとうございます。
私達はご縁により約1年前に知り合い、現在に至りました。
今回のリサイタルでは、様々な曲を通して学んだことの集大成として、そしてこれまでご支援いただいた全ての方に感謝の気持ちを込めて演奏させていただきます。
短い時間ですが、皆様と音楽の素晴らしさを共有できる時間になればと思っています。

【ギャラリー】2018年1月21日(日)佐藤玲果ヴァイオリンリサイタル


2018年1月21日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
佐藤玲果ヴァイオリンリサイタル Méli-mélo ~capricieusement~ が開催されました。


佐藤 玲果

Reika Sato, ヴァイオリン

1999年生まれ。スズキメソードにて3歳よりヴァイオリンを始める。2014-2017年京都フランス音楽アカデミー受講、優秀受講生コンサート出演。2016-2017ニース夏期国際音楽アカデミー受講、学生選抜コンサート出演。ザルツブルク国際音楽祭2017参加、ザルツブルク大聖堂ミサにて演奏、コンサート出演。2017年11月東京交響楽団と東京オペラシティコンサートホール、ミューザ川崎シンフォニーホールにて共演。全日本ジュニアクラシック音楽コンクール高校生の部第2位。大阪国際音楽コンクールAge-H第2位(最高位)。これまで齋藤律子、齋藤真知亜、大谷康子、E.オクーン、O.シャルリエ各氏に師事。現在、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校3年生。


山崎 早登美

Satomi Yamazaki, ピアノ

東京藝術大学附属音楽高等学校、同大学を経て、同大学大学院修了。現在、東京藝術大学弦楽科伴奏助手および東京音楽大学弦楽科非常勤講師。

 

マスネ:「タイス」の瞑想曲
Massenet:Méditation de “Thais”

バッハ:無伴奏ヴァイオリンパルティータ 第2番 BWV1004より
第4楽章 Gigue
J.S.Bach:Partita for Solo Violin No.2 BWV1004 Gigue

ローデ:24のカプリス 作品22 より 第8番
Rode:24Caprices Op.22 No.8

プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 作品19 第1楽章
Prokofiev:Violin Concerto Op.19 1mov

パガニーニ:24のカプリス 作品1 より 第11番
Paganini:24Caprices Op.1 No.11

バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ 第2番 BWV1003より
第1楽章 Grave
J.S.Bach:Sonata for Solo Violin No.2 BWV1003 Grave

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 作品64 より 第1楽章
Mendelssohn:Violin Concert Op.64 1mov

以下は当日配布しましたプログラムより、佐藤玲果さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
皆さまお忙しいなか、お運び頂き有り難うございます。このリサイタルのサブタイトルをMéli-mélo ~capricieusement~としました。 フランス語でMéli-mélo …ごちゃまぜ、capricieusement…自由気ままに、という意味があります。私自身が様々な年代の作曲家、演奏スタイルの研究、勉強中であるということと、私自身も音楽の持つ柔軟さ、自由さの中で演奏をしたいという意味を込めました。今日は今の私に出来る精一杯の演奏をしたいと思っています。どうぞ最後まで温かく見守って下さい。

【ギャラリー】2018年1月21日(日)藤田真有ソプラノリサイタルVol.2


2018年1月21日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
藤田真有ソプラノリサイタルVol.2 日本の歌 ~ 北から南へ が開催されました。


藤田 真有

Mayu Fujita, ソプラノ

沖縄県立芸術大学音楽学部を経て、鹿児島国際大学専攻科卒業。ドイツ・オーストリアで研鑽を積み、オーストリア国立グラーツ芸術大学大学院修士課程を優秀な成績で修了。在学中、グラーツ芸術大学及びグラーツ市より奨学金を受け表彰される。アメリカの代表的なマスタークラスであるAIMSに全額奨学金を得て参加し、オーケストラ公演に多数出演。その他にも、マスタークラスの枠組みで多くの著名な歌手、指揮者、演出家から指導を受け、大学のオペラ公演、大聖堂でのミサにも多数出演。グラーツ歌劇場にて合唱歌手として契約を結び、オペラやコンサートの舞台に出演。東京国際芸術協会第67回新人演奏会奨励賞受賞。第68回全日本クラシック音楽コンサート審査員賞受賞。コンサート歌手として活動の幅を広げている。愛知県出身、東京都在住。藤原歌劇団正団員、日本オペラ協会正会員。ウェブサイト


太田 翔子

Shoko Ota, ピアノ

都立芸術高等学校卒業。沖縄県立芸術大学卒業。江戸川区新人演奏会オーディション合格、同演奏会出演。第7回ルーマニア国際音楽コンクール最優秀賞伴奏者賞受賞。コンクール受賞者による演奏旅行でルーマニア渡航。各地での演奏会に多数出演。現在はフリーランスのピアニストとして、クラシック音楽だけでなく様々なジャンルで活動中。

 

早坂 文雄 作曲 / 佐藤 春夫 作詩
春夫の詩に據る四つの無伴奏の歌 より
うぐひす

伊福部 昭 作曲 / 作詩
ギリヤーク族の古き吟誦歌 より
彼方の河び

山田 耕筰 作曲 / 三木 露風 作詩
風に寄せてうたへる春のうた より
Ⅰ 青き臥床をわれ飾る
Ⅱ 君がため織る綾錦
Ⅲ 光に顫ひ 日に舞へる
Ⅳたたへよ、しらべよ、歌ひつれよ

中田 喜直 作曲 / 阪田 寛夫 作詩
はなやぐ朝

服部 正 作曲 / 大木 惇夫 作詩
野の羊

中田 喜直 作曲 / 鎌田 忠良 作詩
霧と話した

木下 牧子 作曲 / 谷川 俊太郎 作詩
いちばんすきなひとに より
しぬまえにおじいさんのいったこと

團 伊玖磨 作曲 / 佐藤 春夫 作詩
しぐれに寄する抒情

山田 耕筰 作曲 / 北原 白秋 作詩
AIYANの歌 より 曼珠沙華

大中 寅二 作曲 / 島崎 藤村 作詩
椰子の実

高田 三郎 作曲 / 高野 喜久雄 作詩
くちなし

小林 秀雄 作曲 / 野上 彰 作詩
落葉松

以下は当日配布しましたプログラムより、藤田真有さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

外国で過ごす年月が長くなったある時、留学先の歌曲科の教授になんらかのきっかけで別宮貞雄の「さくら横ちょう」を歌って聞かせたところ、熱狂的な賛辞を受けて演奏会でも歌うことになった。その時課題として痛感したのが、母国語である日本歌曲に対する自分の探究心の中途半端さであった。なんとなくふんわり歌っていた。自国の文化を外国で伝えるには、確固たる意思と理解が必要である。それからというもの私にとり、日本語で歌うことは新たな発見の連続であり、歌いながら涙腺が緩むことも経験し、探求の最重点対象であり続けてきた。日本歌曲のみを厳選した念願のプログラム。現代曲の領域でもあり、演奏解釈には責任が伴う。ただ今の時点での私が感じる、できるだけ多くのことを歌を通じて皆様にお届けしたい。ちなみに私は巳の生まれである。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)