カテゴリー : レポート

【ギャラリー】2017年7月22日(土)住澤怜伽ソプラノ・リサイタル


2017年7月22日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
住澤怜伽ソプラノ・リサイタル が開催されました。

住澤怜伽

Reika Sumizawa, ソプラノ

大阪音楽大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業。同大学院歌曲研究室修士課程修了。ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学マスタークラスに特待生として参加、ディプロマを取得。ヘンデル「主は言われた」、メンデルスゾーン「エリヤ」、ヴィヴァルディ「グローリア ニ長調」、バッハ「わが心は血の海に漂う」のソリストを始め、数々の演奏会に出演。また一方では、シンガーソングライターとして2014年に1stアルバム「Hello from Heaven」を発売、ワンマンライブを開催。現在ボーカルインストラクターをしながら、クラシック歌手、シンガーソングライターとして活動中。大橋ジュン、松田昌恵の各氏に師事。大阪ゲヴァントハウス合唱団特別団員。大阪音楽大学演奏員。

佐藤亜衣

Ai Sato, ピアノ

大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ演奏家特別コース卒業。同大学院音楽研究科修士課程修了。ソロの研鑽を積むとともに、アンサンブルも積極的に行い、器楽や声楽の伴奏者としても幅広く活動する。これまでに遠藤裕子、津田安紀子、小森谷泉、鳥居知行、仲道郁代の各氏に師事。現在兵庫大学非常勤講師。

 

グノー:”アヴェ・マリア”

ハイドン:「天地創造」より”力強い翼を広げて”

モーツァルト:”エクスルターテ・ユビラーテ”

團伊玖磨:”はる”

山田耕筰:”ばらの花に心をこめて”

住澤怜伽(自作・初演):”祈り”

 

 

以下は当日配布しましたプログラムより、住澤怜伽さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

 

本日はお忙しい中「住澤怜伽ソプラノ・リサイタル 祈りの調べ」にお越しいただきまして、誠に有難うございます。

この度クラシック歌手として初めてソロリサイタルを開催する運びとなりました。

未熟な私を支えてくださる恩師を始め、愛する家族や友人、また応援してくださる皆様に心より感謝申し上げます。

本日は、私自身クリスチャンということもあり宗教曲を中心に選曲させていただきました。

どうぞ最後までお楽しみください。

 

【ギャラリー】2017年7月27日(木)宮崎若菜ピアノ・リサイタル


2017年7月27日(木)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
宮崎若菜ピアノ・リサイタル が開催されました。

宮崎若菜

Wakana Miyazaki, ピアノ

3歳よりピアノを始める。2012年、桐朋学園大学音楽学部卒業、2014年同大学研究科修了。第3回東京ピアノコンクール大学生の部第3位。第7回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール大学生・一般部門第5位。第39回長崎県新人演奏会優秀賞。ピアノ伴奏として、ラ・フォル・ジュルネ新潟2011・2012、シャネル主催ピグマリオン・デイズ2010に出演。2016年、モーツァルテウム大学主催Future MAstersに推薦され出演。これまでに三村則子、多美智子、多紗於里、山本光世、吉村真代、鶴園紫磯子の各氏に師事。現在、ザルツブルク・モーツァルテウム大学演奏学科修士課程に在籍し、ピアノをG.クライナー氏に、室内楽をW.レディック、T.クルツ、A.ミッテラーの各氏に師事。

 

W. A.モーツァルト:パイジェッロの歌劇「哲学者気取り」の「主に幸いあれ」による6つの変奏曲 へ長調 KV398

C.ドビュッシー:版画

R.シューマン:謝肉祭 作品9

 

 

 

以下は当日配布しましたプログラムより、宮崎若菜さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日は、お暑い中「宮崎若菜ピアノ・リサイタル」にお越しくださり、ありがとうございます。私は2015年秋よりオーストリア・ザルツブルクにて音楽の勉強をしております。生活の中に根付いた自由な音楽、心から音を楽しむ人々、それを皆で共有できる喜び、興奮・・・そんな豊かな音楽を間近で見て感じることができました。
本日は、私が感じ味わってきた音楽の感覚を少しでも皆さまと共有できましたら幸いです。
モーツァルト、ドビュッシー、シューマン、生きた時代も国も異なるそれぞれの作曲家のカラーをお楽しみください。

2017年7月17日(月祝)前田理恵ソプラノリサイタル【ギャラリー】


2017年7月17日(月祝)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
前田理恵ソプラノリサイタル が開催されました。
 

前田理恵:ソプラノ
鳥取県出身。大分県立芸術短期大学音楽科声楽専攻卒業。卒業時、成績優秀者による卒業演奏会に出演。在学中、オペラ『フィガロの結婚』バルバリーナ役、『ヘンゼルとグレーテル』露の精を演じる。鳥取県高等学校総合文化祭独唱の部において優秀賞を受賞。第66回TIAAクラシック音楽コンサートにおいて奨励賞を受賞。これまでに平野弘子、行天正恭、佐々木典子、福田美樹子の各氏に師事。宮崎義昭声楽塾キャリアアップクラス第9期に在籍し、研鑽を積んている。東京国際芸術協会会員。
 
 

西村晶子:ピアノ
東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。同大学同声会主催卒業演奏会に出演。その後渡仏し、ブーローニュ音楽院ソルフェージュ科を審査員全員一致の首席で卒業。マルセイユ音楽院国際コンクール準備科修了。帰国後はフランス音楽を中心にさまざまな演奏会に出演。器楽・声楽との共演も多く、合唱団のピアニストも務めるなど幅広い演奏活動を行っている。ピアノを伊達純、植田克己、ジャック・ルヴィエの各氏に、ソルフェージュをアンヌ・ルフォレスティエ女史に師事。
 
 
 


スカルラッティ:すみれ
 
カルダーラ:親愛なる森よ
 
ヘンデル:オラトリオ「メサイア」HWV56 より シオンの娘よ、大いに喜べ
 
ロッシーニ:「音楽の夜会」より 約束、非難
 
團伊玖磨:「わがうた」より 紫陽花、ひぐらし 
 
小林秀雄:演奏会用アリア「すてきな春に」


 
 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、前田理恵さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日はお忙しい中ご来場いただき、誠にありがとうございます。
 普段の私の事をご存知の方は、「あの前田がリサイタル…だと…!?」と思っているかもしれません。誰よりも私が一番思ってます(笑)
 ですが、今回のリサイタルのお話をいただいた時、「こうしてお話をいただいたのは、今の自分にも音楽を通して何か伝える事が出来るのかもしれない。何よりも、今の私と私の音楽を創ってくださった人たちに、音楽で何か返したい」という気持ちの方が強く、今回のリサイタルの開催に至りました。
 本日お送りする曲は、私が一番長く向き合ってきたイタリア歌曲から、声楽を始めた頃からずっと歌いたかったけれど中々ご縁がなかったオラトリオ、私にとってキーパーソンとなる作曲家の日本歌曲と、それぞれの曲にそれぞれ思い出のある、私らしいプログラムとなっております。色々歌っちゃう辺りが若干食い意地ならぬ「歌い意地」が張ってる気がするのも私という事で(笑)
 リサイタル開催にあたり、現在ご指導をいただいております、福田美樹子先生、宮崎義昭先生、本日素敵なピアノで私を支えてくださる西村晶子先生、そして、これまで私を応援してくださったたくさんの方々や、私と一緒に音を重ねてくださった音楽関係者のみなさまに、この場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。
 本日は通常の演奏会よりも少し短めではございますが、どうぞ最後までごゆっくりお楽しみください。このリサイタルの時間が、明日少しだけ皆様が頑張れる力となりますように…。

2017年7月15日(土)立川正美サクソフォンリサイタル【ギャラリー】


2017年7月15日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
立川正美サクソフォンリサイタル が開催されました。
 

立川正美:サクソフォン
大阪音楽大学音楽学部器楽学科管楽器専攻卒業。第11回宝塚ベガ新人演奏会にて優秀賞を受賞。第2回FUGA国際音楽コンクールのゴールドコンサートにて準スープリーム賞を受賞。神戸新人音楽賞コンクールにて最優秀賞を受賞。第66回TIAA全日本クラシック音楽コンサートに選抜メンバーとして出演し奨励賞を受賞。第17回大阪国際音楽コンクール入選。ブルガリアにてソフィア フィル ハーモニーと共演。2017年ザ・シンフォニーホールのニューイヤーコンサートにてオーケストラと共演。これまでにサクソフォンを石田智子、篠原康浩、赤松二郎、小村由美子、田端直美の各氏に師事。ジャズを入江美香氏に師事。
 
 

三橋祥子:ピアノ
大阪音楽大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。同大学音楽専攻科修了。第15回奈良市新人演奏会に出演。在学中より各種演奏会、リサイタル、コンクール等でアンサンブル、伴奏ピアニストとして演奏活動を続ける。ピアノを桐村啓子、羽田久美子、中尾園子の各氏に師事。
 
 
 


A.マルチェロ:オーボエ協奏曲 ニ短調
 
H.トマジ:バラード
 
P.ボノー:ワルツ形式によるカプリス
 
F.ボルヌ:カルメンファンタジー


 
 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、立川正美さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日は立川正美サクソフォンリサイタルにお越しくださいまして誠にありがとうございます。本格的に演奏活動を始めて6年となりこの度初めての東京でのリサイタルを開かせて頂く運びとなりました。本日のプログラムは、これまでに出会った思い入れのある曲を中心に構成致しました。今日も皆様の前でサクソフォンが吹ける幸せを噛みしめながら、一音一音を大切に演奏致します。どうぞ最後までごゆっくりお楽しみくださいませ。

2017年7月15日(土)町村彰リサイタル【ギャラリー】


2017年7月15日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
『男の愛と生涯Ⅳ ~恋愛編~』と題して、町村彰リサイタル が開催されました。
 

町村 彰:バリトン
東京大学大学院総合文化研究科 修士課程修了。
永井宏氏に指揮法を、青木洋也、大山大輔、浦野智行、トーマス・プファイファーの各氏に声楽を学ぶ。バロック音楽の要素をドイツ歌曲のフィールドで活かすべく、日々苦闘している。第13回ブルクハルト国際音楽コンクール声楽部門で審査員賞を受賞。現在、『笹の葉合唱団』指揮者、『アンサンブル タピーロ』代表、『アンサンブル薑(はじかみ)』メンバー、ロックバンド『猥談オペラ』ボーカル。無類のカレーライス好き。
 
 

山口泰平:ピアノ
東京大学工学部建築学科卒業。会社員を経て、東京芸術大学音楽学部作曲科にて研鑽を積む。作編曲・演奏の両面で活動中。主な出版:リコーダー四重奏曲『或る眠りの中でのこと』(Vorn Musikより出版)、『Sweet Memories』女声二部合唱版の編曲(雑誌「ハンナ(2015年9月号)」に掲載)。東京国際芸術協会新人オーディション審査員特別賞受賞。
 
 
 


クララ・シューマン:『月が静かに昇ってくる』作品13-4
 
ヨハネス・ブラームス:『5つの歌』 作品71
  春の恋はとても愛らしい
  月に寄せて
  秘密
  僕が行ってしまうことを望んでいるの?
  愛の歌
 
クララ・シューマン:『暗い夢の中に立っていた』 作品13-1
 
ローベルト・シューマン:『詩人の恋』 作品48


 
 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、お二人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 ご来場ありがとうございます。
 「男の愛と生涯」も、おかげさまで4回目の開催となりました。
 前回はトスティと日本歌曲という、少し方向性を変えたこのリサイタルですが、今回は原点に戻り、オール・ドイツ歌曲でお送りします。
 ローベルト・シューマン、クララ・シューマン、そしてヨハネス・ブラームスと、スタイルのそれぞれ違う作曲家の「恋愛」の歌をお送りします。
 そして実生活での「恋愛」という意味でも色々とあった(と言われている)この三者。その背景の感情に思いを馳せながら聴いていただくのも、味わい深いかと思います。
 どうぞごゆっくりお楽しみください。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)