2019年1月20日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
森下真衣ピアノリサイタルが開催されました。

森下真衣
Mai Morishita ピアノ

大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業後、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、同大学院鍵盤楽器研究領域修士課程修了。大学卒業時、ピアノ卒業演奏会出演。第8回ベーテン音楽コンクール大学生部門第2位。第44回堺新人演奏会最優秀賞。第23回年ブルクハルト国際音楽コンクール第1位。第21回姫路パルナソス音楽コンクール入賞。第1回京都国際音楽コンクール審査員特別賞。学費免除によりウィーン国立音楽大学マスタークラス受講しディプロマ取得、教授推薦によりDichler Competitionに参加し第2位受賞。2018年東京国際芸術管弦楽団とラフマニノフピアノ協奏曲第3番を共演。これまでに佐々木恵子、服部久美子、岡田敦子、西川秀人の各氏に師事。現在ピアノ指導の傍ら、関西を中心に演奏活動を行なっている。

 

ドビュッシー
C.Debussy
ベルガマスク組曲
Suit Bergamasque

リャプノフ
C.Lyapunov
12の超絶技巧練習曲 作品11 第10番「レズギンカ」
Transcendental Etude Op.11 No.10 “Lezghinka”

ボルトキエヴィチ
S.Bortkiewicz
10の前奏曲 作品33 第7番
10 Preludes Op.33-7

ピアノソナタ 第2番 作品60
Piano Sonata No.2 Op.60

以下は当日配布しましたプログラムより、森下 真衣さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はお忙しい中お越しいただき誠にありがとうございます。東京でのソロリサイタルという素晴らしい機会に恵まれたこと、本当に嬉しく思います。いつも支えて下さっている全ての方々に感謝の気持ちを伝えられるよう、心を込めて精一杯演奏致します。