2018年 9月 の記事

【インタビュー】2018年11月18日(日)Yuri Yamanishi & Sakura Taga Duo Concert


2018年11月18日(日)に東京・日暮里サニーホールコンサートサロンでYuri Yamanishi & Sakura Taga Duo Concertを開催いたします。リサイタルに向けて山西由莉さん、夛賀さくらさんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

山西由莉さん:

大好きなハープと一緒にリサイタルをする、というのは私の長年の夢でした。今回このような機会を頂き、感謝の気持ちで一杯です。心から嬉しく思っているのと同時に、身が引き締まる思いです。来て頂いたお客様が笑顔になるような音楽をしたいです。ひとつひとつの瞬間を大切にし、素敵な時間を共有出来たらと思います。

夛賀さくらさん:

オーボエとハープの音がきれいに響き合って素敵な音楽を作れるように、思いを込めて演奏したいと思います。最後の曲までしっかりと、一つずつ集中して、完成度の高い良い音楽が出来るよう、聴いている方々にも楽しんで頂けるよう、頑張ります。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

山西由莉さん:

今回はクラシックの曲の中でも、美しい曲ばかりを集めました。オーボエとハープという編成はなかなか聴くことの少ない編成ですが、音色の相性は抜群です。中でもボクサとブロの作品は、オーボエとハープのために書かれた楽曲です。2つの楽器の良さを存分に発揮したいと思います。

夛賀さくらさん:

一曲だけハープのソロを演奏させて頂くのですが、その曲はジャズの要素が入っていて、物語性もありとても面白い曲です。白鳥や夢のあとに等は弦楽器で演奏されることが多い作品ですが、オーボエやコールアングレによる演奏もまた違う味わいがありとても素敵なので、聴いて頂きたいです。ハープとオーボエのために書かれた作品も、それぞれの楽器の良さが発揮できるような曲になっています。それぞれの技巧やオーボエなどの伸びやかな音色やハープの華やかさなどにご注目ください。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

山西由莉さん:

私にとって音楽とは、生きることそのものだと思います。音楽によってある時は癒されたり、楽しくなったり、幸せになったり、逆にとても不安になったり、寂しくなったりもします。人生や心に潤いを与えてくれるものだと思っています。

夛賀さくらさん:

私にとって音楽とは、希望であり、また生きていくために必要な心のエネルギーであると思っています。音楽は私が生きていく上では欠かせないもので、当たり前にあるもので、いつでも私に力を与え、助けてくれます。音楽は聴く人の心を優しく包み込み、癒し、明るくし、勇気づけることができ、人の心やその場の空気までも一瞬で変えてしまえるとても素敵な魔法だとも思います。そんな不思議な音楽の素晴らしさやエネルギーを多くの人に伝え、届けていきたいです。今までは多くの音楽に支えられてきて、これからも一生様々な音楽に支えられながら生きていくと思いますが、これからは自分も誰かの支えや力となれるような音楽を奏でていけたら嬉しいです。


演奏会詳細

2018年11月18日(日)Yuri Yamanishi & Sakura Taga Duo Concert
時間:19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

山西由莉 Yuri Yamanishi, オーボエ

神奈川県出身。東京音楽大学卒業。管打部会主催卒業演奏会に出演。第89回横浜新人演奏会出演、最優秀賞及び横浜市長賞を受賞。これまでに宮村和宏、広田智之、宮本文昭、南方総子、是澤悠、吉井瑞穂の各氏に師事。現在日本国内のプロ吹奏楽団、オーケストラに客演などフリーランスのオーボエ奏者として積極的に活動中。

夛賀さくら Sakura Taga, ハープ

アイルランドで生まれる。第15回大阪国際音楽コンクールハープ部門エスポアール賞受賞。第28回日本ハープコンクールアドバンス部門4位。第66回東京国際芸術協会新人演奏会に出演。これまでにハープを佐藤厚子、木村茉莉、松井久子、福井麻衣の各氏に師事。東京藝術大学卒業、同大学院音楽研究科修士課程1年に在学中。

 

プログラム:

アンリ・ブロ:ロッシーニのオペラ「コリントの包囲」のモチーフによる変奏曲形式のノクターン Op.16[ オーボエ & ハープ ]
サンカン:主題と変奏[ ハープソロ ]
フォーレ:夢のあとに[ コールアングレ&ハープ ]

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【インタビュー】2018年11月11日(日)Joint Concert


2018年11月11日(日)に横浜市鶴見区民文化センター・サルビアホール3F音楽ホールでJoint Concertを開催いたします。リサイタルに向けて岩井亜咲さん、後藤哲大さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

岩井亜咲さん:

今回、このような機会をいただき、身が引き締まると同時に、とてもうれしく思っています。聴いてくださる方々に、共に楽しい時を過ごしていただけるよう、心を込めて演奏したいです。

後藤哲大さん:

今回、このようなリサイタルの機会を頂くことができ、とても嬉しいです。今回のようなチラシを作り、宣伝をし、という本格的なリサイタルは初めてなのでとてもわくわくしています!と同時にきちんと準備しなければ、という思いです。初めてなので今からとても緊張していますがお客様に自分の音楽を聞いていただけることは僕にとって本当に大きな歓びです。音楽高校に入学し、日々ハイレベルな仲間たちに揉まれてたくさんの経験をしてきました。入学後はいろいろなことに常に悩み、大変な思いをすることも何度もありました。自分の思い描いていたような成長をすることはできていませんがそれでも3年間の経験は無駄ではなかったと思っています。今回、これまで音楽と向き合ってきた自分のひとつの成果として舞台に立てればとおもいます。よろしくお願いします。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

岩井亜咲さん:

演奏させていただくドビュッシーとショパンは、二人とも私の大好きな作曲家です。ドビュッシーの繊細かつ豊かな色彩感、ショパンの甘く切ないメロディを、私なりに表現できたらと思います。

後藤哲大さん:

ベートーヴェン ピアノソナタ 第27番 ホ短調 Op. 90
2楽章構成の比較的短めのソナタです。以前からずっと弾きたいと思っていた曲なので今回正面から向き合うことができとても嬉しいです。1楽章の厳格さと2楽章のおおらかさの対比が僕は好きなのでそこを含め楽しんでいただきたいです。

ショパン 幻想曲 Op.49
僕は昔からショパンがとても好きです。高校に入ってから様々な作曲家と出会いましたがそれでもやはりショパンが好きです。しかし昔からとても苦手なのです。一時期、自分には合わない作曲家なんだと少し距離を置いてしまっていた時期がありましたがそれに自分が納得できず諦めきれなかったのでまた挑戦することにしました。自分のショパンに対する思いを皆様にも感じていただければ幸いです。

・あなたにとって音楽とは何ですか。

岩井亜咲さん:

私にとって音楽とは、楽しんだり、癒されたり、興奮したり、穏やかな気持ちになったり、人生を豊かにしてくれる宝物です。

後藤哲大さん:

ここではクラシック音楽という前提で書かせていただきます。今ではほんとうに大好きでなくてはならないものです。昔からとても練習が嫌いでした。その頃は同年代の方達がインタビューや記事などで音楽が大好きです、と答えているのを見る度に、なぜ自分は心からそう思えないのだろう…と焦りを感じていたのを覚えています。しかし高校で様々な経験をしてきた今では心から音楽が大好きだと言うことができます。巷の若い人達に流行るようなポピュラー性もわかりやすく共感できるような歌詞もありませんが(ピアノの場合)、だからこそクラシック音楽で表現出来る奥深さ、深い精神世界があると思います。むしろクラシック音楽の方がより自由に表現をすることができると思います。楽譜に込められている作曲家の心情、景色、願い、様々なものを自分なりに感じ取りながらまた、それを自分を通じて大好きなピアノの音に乗せて表現することに僕は強い歓びを感じます。これからも自分と音楽から逃げずに大好きな音楽と一生を共にしていきたいです。


演奏会詳細

2018年11月11日(日)Joint Concert
時間:17:30開演(17:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

岩井亜咲  Asaki Iwai, Piano

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校3年在学中。これまでに高島真知子、木村真由美、白水芳枝、藤井隆史、有森博の各氏に師事。第25回彩の国埼玉ピアノコンクール中学生部門第一位および埼玉県知事賞、第71回全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会入選。埼玉新人演奏会、全国新聞社主催『交流の響き』に出演。

後藤哲大  Tetsuhiro Goto, Piano

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校3年在学中。これまでに、壁谷文男、藤代のりこ、播本枝未子、迫昭嘉の各氏に師事。第25回日本クラシック音楽コンクール中学校男子の部第2位(最高位)。第18回洗足学園ジュニア音楽コンクールピアノ部門高校生の部最優秀賞及び準グランプリ受賞。

プログラム:

岩井亜咲
ドビュッシー:前奏曲第1集より 5.アナカプリの丘
ドビュッシー:前奏曲第2集より 12.花火
ショパン:12の練習曲 作品10の4番
ショパン:ピアノソナタ 第3番 ロ短調 作品58 第1、4楽章
後藤哲大
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第27番 ホ短調 Op.90 他

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

【ギャラリー】2018年9月8日(土)Nacionalizmus ~バルトークとヤナーチェク~


2018年9月8日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
Nacionalizmus ~バルトークとヤナーチェク~ が開催されました。

片山瑠央
Luna Katayama,  ヴァイオリン

東京音楽大学卒業。これまでにヴァイオリンを清水高師氏、荒井英治氏に師事。主にプロオーケストラや室内楽で活動を行なっている。

野底 彩芽
Ayame Nosoko,  ピアノ

東京音楽大学ピアノ科卒業、音楽学課程修了。現在、同大学院伴奏科在籍。草加市演奏家協会会員。第26回京都フランス音楽アカデミー受講。(公財)板橋区文化・国際交流財団第35回クラシック音楽オーディション合格。

 

レオシュ・ヤナーチェク
Leoš Janáček
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ JW Ⅶ/7
Sonata for Violin and Piano, JW VII/7

休 憩

ベーラ・バルトーク
Béla Bartók
ピアノ・ソナタSz.80 より 第1楽章
Sonata for Piano Sz.80 1 mov.

ベーラ・バルトーク
Béla Bartók
ヴァイオリンとピアノのための狂詩曲
第1番 BB 94a
Rhapsody No. 1 for Violin and Piano, BB 94a

 

以下は当日配布しましたプログラムより、野底 彩芽さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はご来場ありがとうございます。
またこの度は、海外音楽大学マスタークラス派遣助成オーディションを経て、副賞リサイタルの場を頂き、心より感謝申し上げます。
本日は片山瑠央さんとの共演です。彼女と知り合い、様々な場で演奏をしてきて、彼女の演奏、音楽全体に惚れ込みました。更に彼女を通じてバルトークに惚れ込みました。大好きな演奏者と作曲家…この上ない幸せを噛み締めて演奏します。
バルトーク、また彼と同じように民俗音楽の収集を積極的に行ったヤナーチェクを組み合わせたプログラムをお楽しみ下さい。

【ギャラリー】2018年9月8日(土)望月稜香トロンボーンリサイタル


2018年9月8日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
望月稜香トロンボーンリサイタルが開催されました。

望月 稜香
Ryoka Mochizuki,  トロンボーン

長野県出身。高松第一高等学校音楽科卒業。金管楽器との出逢いは10歳。小学校のマーチングバンド部に入部し、ユーフォニアムを担当する。12歳、中学校の吹奏楽部でトロンボーンを始める。第1・2回山口トロンボーンコンペティション奨励賞受賞、第19回KOBE国際音楽コンクール本選出場、第31回香川ジュニア音楽コンクール金賞受賞、第70回TIAA全日本クラシック音楽コンサート本選出場、同コンサート本選にて審査員賞受賞。これまでにトロンボーンを、眞砂美輪、村山修一、吉川武典、倉田寛、府川雪野の各氏に師事。東邦音楽大学音楽学部中途退学後、現在明星大学教育学部教育学科音楽コース在学中。ボランティア演奏や、主に小学校吹奏楽部の指導なども行う。

市原 珠美
Tamami Ichihara,  ピアノ

大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻卒業。関西フィルハーモニック管弦楽団、大阪シンフォニカー管弦楽団、高松交響楽団、瀬戸フィルハーモニー管弦楽団等と協奏曲や室内楽曲を共演する他、ソロ、デュオでの演奏会、学校や病院等での演奏、また各種コンクールやリサイタルのアンサンブルピアニストとしても活動している。現在、高松第一高等学校音楽科非常勤講師。日本ピアノ教育連盟会員。

 

シュレック
S.Sulek
トロンボーンとピアノのためのソナタ
“天使ガブリエルの嘆き”
Sonata for Trombone and Piano, “Vox Gabrieli”

ショパン
F.Chopin
練習曲 作品10-10
[ ピアノソロ ]
Étude Op.10, No.10

川西 志門
トロンボーンとピアノのための演奏会用小品
[ 委嘱作品 世界初演 ]

休 憩

エワイゼン
E.Ewazen
トロンボーンとピアノのためのソナタ
Sonata for Trombone and Piano

 

以下は当日配布しましたプログラムより、望月 稜香さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はお忙しい中、「望月稜香トロンボーンリサイタル」にお越しくださり誠にありがとうございます。未熟な私を常に支え、導いて下さいます先生方、家族や友人、応援して下さる全ての皆様に心から感謝申し上げます。
一度は離れ、二度と吹くことは無いと思ったトロンボーン。素敵な出逢いや機会に恵まれ、前向きに再スタートができました。全ての方々に音楽の楽しさを、今まで私に少しでも関わってくださった全ての方々に感謝の気持ちを、精一杯お届け致します。

【ギャラリー】2018年9月8日(土)三宅音菜ヴァイオリンリサイタル


2018年9月8日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
三宅音菜ヴァイオリンリサイタルが開催されました。

三宅 音菜
Nena Miyake,  ヴァイオリン

4歳よりヴァイオリンを始める。第27回子供のためのヴァイオリンコンクール金賞受賞。第63回全日本学生音楽コンクール名古屋大会第3位。第10回セシリア国際音楽コンクール入賞。市川市文化振興団 第29回 新人演奏家コンクール優秀賞。第20回ブルクハルト国際音楽コンクール第1位。2016年、フランスで行われたMusicAlp夏季国際アカデミーに参加。R.Daugareil氏のレッスンを受講、選抜コンサートに出演。これまでに、服部芳子、漆原朝子、H.Zack、大谷康子、海野義雄の各氏に師事。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学を卒業。現在、東京音楽大学大学院修士課程に準特別招待生として在学中。

片岡 健人
Taketo Kataoka,  ピアノ

東京都出身。3歳よりヤマハ音楽教室にてピアノ、作曲を始める。2014年度ヤマハ音楽奨学支援対象者。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て現在、東京芸術大学卒業。これまでに、K.András、M.Béroff、 P.Rogé、J.Rouvier、D.Thai son、R.McDonaldの各氏のレッスンを受講、新理恵、川染雅嗣、植田克己、江口玲の各氏に、室内楽を玉井菜採、坂井千春の各氏に師事。全国各地のコンサートホール、小学校等で演奏活動を行うかたわら、韓国、米国、スペイン、ポルトガルなど国外の演奏活動も行っている。また、ソリストとしての活動のみならず、歌曲伴奏や室内楽の活動にも力を注いでおり、多種多様な演奏活動を展開中。

 

ブラームス
Brahms
FAEソナタ より スケルツォ
Scherzo in C minor from ‘FAE’ sonata

ドビュッシー
Debussy
ヴァイオリン・ソナタ
Sonata for Violin and Piano

シュトラウス
Strauss
ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 Op.18
Sonata for Violin and Piano E-flat major Op.18

 

以下は当日配布しましたプログラムより、三宅 音菜さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日は三宅音菜ヴァイオリンリサイタルにお越しいただきましてありがとうございます。
今日このようにリサイタルを迎えることができたのも、このコンサートを開催するにあたってご尽力くださった方々をはじめ、今日演奏会にいらしてくださった方々の応援があってこそだと思っております。本当にありがとうございます。精一杯心を込めて演奏いたしますので、どうぞ最後まで楽しんでいただけたらと思います。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)