2018年2月25日(日)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
椿太陽&金子幸子デュオリサイタルが開催されました。

椿太陽

Taiyo Tsubaki, ヴァイオリン

2歳よりヴァイオリンを始める。第17回高文連ソロ・コンテストにおいて最優秀音楽賞(全4部門総合1位)受賞。第10回“万里の長城杯”国際音楽コンクール第1位。併せて、中国駐大阪総領事賞受賞。授業料免除給費生として、昭和音楽大学器楽学科演奏家コース卒業。ソリストとして活発な演奏活動を行いながら、後進の指導にもあたり多くの門下生がコンクールに上位入賞している。数多くのコンクールに審査員として招聘されている。2011年より、タレントでシャンソン歌手のピーコ氏とコンサートを行う。作曲家としても活動し、自身が作曲・演奏したCDがリリースされる。東京音楽学院専任講師。これまでにヴァイオリンを河村百合子、小林美恵、ジェラール・プーレの各氏に、ピアノを花田直美、金子勝子、上野裕規子の各氏に師事。公式ホームページはコチラ


金子幸子

Sachiko Kaneko,ピアノ

4歳よりピアノを始める。国立音楽大学ピアノ専攻卒業。東京国際芸術協会主催のリサイタルに多数出演。ヴァイオリニスト椿太陽氏とのデュオリサイタルは4回目を迎える。CD制作にも参加する。現在、演奏活動の他、東京音楽学院講師として、趣味から音楽家を目指す方まで、ピアノ、楽典、ソルフェージュの指導を担当する。発表会、コンクール等の伴奏も務める。全日本ピアノ指導者協会会員。

ショパン
舟歌
F.Chopin : Barcarolle Fis-Dur Op.60

ベートーヴェン
ロマンス 第2番
L. v. Beethoven : Romanze für Violine und Orchester Nr.2 F-Dur

ショパン(サラサーテ編曲)
ノクターン 第2番
F.Chopin : Nocturne in E-Flat Major Op.9 No.2 (arr. P.Sarasate )

ブラームス
ヴァイオリンソナタ 第3番
J.Brahms : Sonate für Klavier und Violine Nr.3 d-moll Op.108