2018年2月24日(土)に日暮里サニーホールコンサートサロンで
木村雄太バリトンリサイタル ~イタリア・フランス・日本を歌う~ が開催されました。

木村 雄太

Yuta Kimura, バリトン

大分県立杵築高等学校卒業。東京藝術大学卒業。これまでにバッハのいくつかのカンタータや、フォーレ「レクイエム」でソリストを務める。またオペラでは、《コジ・ファン・トゥッテ》グリエルモ役、《ドン・パスクアーレ》マラテスタ役、《椿姫》G.ジェルモン役、《ファウスト》ヴァランタン役、《カルメン》モラレス役、《カヴァレリア・ルスティカーナ》アルフィオ役、《ラ・ボエーム》マルチェッロ役、《黒蜥蜴》愛男役、《サド侯爵夫人》司祭・暴徒役等に出演。東京国際芸術協会演奏家会員。

永井 みなみ

Minami Nagai,ピアノ

大阪府立夕陽丘高校ピアノ専攻を経て、東京芸術大学音楽部作曲科卒業。ピアノやアンサンブル、吹奏楽、合唱、邦 楽作品に加え、映像作品への提供など幅広いジャンルにおいて作曲・編曲を行う。また、歌曲やオペラを中心とし た伴奏ピアニストとしても活動しており、さまざまなコンサートやコンクールに出演。自身の作品が収録された『左手演奏のためのやさしい小品集』がワンハンド・ピアノミュージックより出版。

 

ドビュッシー:ヴェルレーヌの3つの歌曲
Debussy:3 mélodies de Verlaine

トスティ:魅惑 / 君なんかもう / セレナータ
Tosti:Malia / Non t’amo più / La serenata

山田耕筰:鐘が鳴ります / 待ちぼうけ / 赤とんぼ

ロッシーニ:《セビリアの理髪師》より 私は街の何でも屋
Rossini :《Il barbiere di Siviglia》 Largo al factotum

プッチーニ:《エドガール》より この愛は僕の恥
Puccini:《Edgar》 Questo amor vergogna mia

グノー:《ファウスト》より 門出を前に
Gounod:《Faust》 Avant de quitter ces lieux

以下は当日配布しましたプログラムより、木村雄太さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
本日はご来場誠にありがとうございます。「イタリア・フランス・日本を歌う」ということで、私が好きなドビュッシー、トスティ、山田耕筰の歌曲を選曲いたしました。またオペラアリアでは自分の声、キャラクターに合った役の曲を歌います。ピアニストは自分と何度も共演させて頂いている永井みなみさんです。息の合ったアンサンブルをお聞かせできればと思います。1時間ですが盛りだくさんのプログラム、どうぞお楽しみください。