2018年3月31日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンでMaya Purdue Piano Recitalを開催いたします。リサイタルに向けてパデュー麻耶さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

 

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

私にとって初めてのソロリサイタルです。小さい頃からの夢だった憧れのソロリサイタル、このような機会を頂けたこと心より感謝しています。このリサイタルを、これからピアニストとして、音楽家としての新たな出発点と考え、自分の音楽を聞きに来てくださる皆様に精一杯表現したいと思っています!

 

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

バロックから近現代まであらゆる時代の作品を網羅したプログラムを作りました!クラシック音楽と一括りに言っても、こんなにも変化に富んでいる、「クラシック音楽の世界は無限に広がっている」と、感じて欲しいという願いからこのようなプログラムを組みました!私自身このリサイタルに向けての準備で数え切れないほどの発見がありました。60分という限られた時間の中ですが、聞きに来てくださる皆様が何か新しい発見ができたらとても嬉しいです!

 

・あなたにとって音楽とは何ですか。

私にとって音楽は至高の学問であり、私ができる些細な善行です。音楽は今まで当たり前のように私の中心にありましたが、これからもそうあり続けられるように日々精進していきたいです。

 


演奏会詳細

2018年3月31日(土)Maya Purdue Piano Recital
時間: 15:30開演(15:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:


パデュー麻耶  Maya Purdue, ピアノ
上野学園大学ピアノ演奏家コース2年在学中。1歳よりリトミック、3歳からピアノを始める。第10回東関東学生ピアノコンクール上級2位、優秀賞。第26回日本クラシック音楽コンクール大学生の部全国大会入選。東京国際芸術協会主催、第67回新人演奏会に出演。2017年夏、モーツァルテウム芸術大学マスタークラスにて、Claudius Tanaki氏のレッスンを受講し選抜コンサートに出演。ジャン=ジャック・バレー氏の室内楽の公開レッスンにピアノトリオにて出演。横山幸雄氏のマスタークラスを複数回受講。現在、ピアノを、植田克己、田中美千子、米川幸余の各氏に師事。室内楽を、松崎裕氏に師事。

 

プログラム:
バッハ:フランス風序曲 (パルティータ)変ロ短調
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第3番 ハ長調
リスト:リゴレットパラフレーズ
ドビュッシー:「版画」より 雨の庭
ドビュッシー:喜びの島

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。