2018年3月31日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで松村由慶ピアノリサイタルを開催いたします。リサイタルに向けて松村由慶さんにインタビューいたしましたので、ご覧ください。

 

・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。

私にとって初めてのリサイタルなので、とても楽しみです。このような機会を頂けたことを大変光栄に思っております。リサイタルを開くことは、昔からの夢であり目標でしたので、とても嬉しいです。今の自分が考えていること、感じていることを最大限に表現できればいいなと思っています。

 

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。

今回はドイツ、フランス、ロシアと3つの国の作曲家を取り上げてみました。どの曲もその国らしさがよく表れていると思うので、それを楽しんでいただけたらうれしいです。
3曲ともとても素晴らしい曲で、私が大好きな曲でもあります。この曲の良さが、できるだけ多くのお客様に伝えられたらいいなと思っています。

 

・あなたにとって音楽とは何ですか。

「鏡」です。演奏には良くも悪くもその時の自分の精神状態などが正直に出てしまいます。本番の度にそれを実感するのですが、良い演奏をしたいと思ったら、その時その瞬間に音楽に100%集中できるだけの精神力を持ち合わせている必要があると私は考えています。いつもそれができているか考える上で、音楽は自分を正すきっかけを与えてくれる存在です。また、単純に「聴く」という面でも、音楽は私に落ち着きや安らぎ、活力を与えてくれます。私にとって音楽は必要不可欠です。これからも音楽と良い関係を築いていけるようにしたいです。

 


演奏会詳細

2018年3月31日(土)松村由慶ピアノリサイタル
時間: 17:30開演(17:00開場)
料金: 全席自由 2,500円
出演:

松村 由慶  Miki Matsumura, ピアノ
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部3年在学中。2014年第1回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール本選D部門第2位。第68回全日本学生音楽コンクール東京大会ピアノ部門高校の部第3位、同全国大会入選。第1回東京国際ピアノコンクール大学生部門第4位。現在、三上桂子、海老彰子の各氏に師事。

 

プログラム:
バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻 より 第9番 ホ長調 BWV878
ラヴェル:クープランの墓
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 作品36 [1931年版]

 

チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。