2017年12月17日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
白井麻友&秋津瑞貴デュオ・リサイタル が開催されました。

白井 麻友

Mayu Shirai, ヴァイオリン

東京藝術大学卒業。第56回全日本学生音楽コンクール高校の部全国第1位、第16回日本演奏家コンクール第1位、第20回KOBE国際音楽コンクール最優秀賞、ほか多くのコンクールで優勝。ソリストとしてニューフィルハーモニーオーケストラ千葉(現・千葉交響楽団)と多数共演。これまでに、ヴァイオリンを澤和樹、故・若林暢、漆原朝子、花田和加子、清水厚師の各氏に師事。兵庫芸術文化センター管弦楽団フォアシュピーラー、高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト、新日本フィルハーモニー交響楽団契約フォアシュピーラーを経て、現在、サントリーホール室内楽アカデミー第4期フェロー。ウェブサイト

秋津 瑞貴

Mizuki Akitsu, チェロ

麻布学園在学中、13歳よりチェロを始める。桐朋学園大学音楽科弦楽器専攻(チェロ)を経て、桐朋学園大学院大学へ進学。2013年3月に同大学院を修了。2015年第25回日本クラシック音楽コンクール一般部門第2位(1位なし)。翌年より同コンクール予選・本選審査員を務める。これまでにチェロを荒庸子、毛利伯郎、岩崎洸、銅銀久弥、堤剛の各氏に師事。ジャン・ワン、チャバ・オンツァイ各氏のマスタークラスを受講。室内楽を毛利伯郎、藤原浜雄、岩崎洸、銅銀久弥、上田晴子、若林顕、東京カルテットの各氏に師事。サントリー室内楽アカデミー第4期フェロー。現在桐朋学園大学音楽学部嘱託演奏員。

モーツァルト:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 第1番 ト長調 K.423
Mozart:Duo for Violin and Cello No.1 in G major, K 423

グリエール:ヴァイオリンとチェロのための8つの二重奏曲 Op.39
Glière:8 Duos for Violin and Cello Op.39

オネゲル:ヴァイオリンとチェロのためのソナチネ ホ短調 H.80
Honegger:Sonatine in E minor for Violin and Cello H.80

ヘンデル=ハルヴォルセン:パッサカリア
Handel=Halvorsen:Passacaglia


以下は当日配布しましたプログラムより、白井 麻友さんと秋津 瑞貴さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

この度は、私たちのコンサートに足をお運び頂き、ありがとうございます。ヴァイオリンとチェロのニ重奏というあまり聴き馴染のない編成でのコンサートですが、演奏される機会は少ないものの名曲の多い編成でもあります。今日のコンサートで室内楽の愉しさと奥深さをお伝えできればと思っております。精一杯演奏させて頂きます。どうぞ最後までお楽しみください。