2017年10月14日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
磯貝萌子ピアノリサイタル ~フランス近代と現代音楽~ が開催されました。

磯貝 萌子

Moeko Isogai, ピアノ

東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、現在同大学院修士課程鍵盤楽器研究領域(ピアノ)2年在学中。第8回北本ピアノコンクールF部門第2位、第6回横浜国際音楽コンクール大学の部審査員特別賞、第22回ヤングアーチストピアノコンクールピアノ協奏曲部門シニアグループ銅賞、第25回彩の国・埼玉ピアノコンクールF部門銅賞、第19回PIARAピアノコンクール全国大会シニアC部門第1位・浜松市長賞。 2016年より演奏活動を開始し、ソロではレストランでの演奏、伴奏ではコンサートやコンクールの伴奏を行っている。ピアノを倉沢仁子、伊賀あゆみの各氏に、作曲を土屋雄氏に、室内楽を山洞智氏に、歌曲伴奏を野宮淳子氏に師事。

 

G.リゲティ:ムジカ・リチェルカータ

M.ラヴェル:クープランの墓

 

以下は当日配布しましたプログラムより、磯貝萌子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日はお忙しい中お越しいただきまして、誠にありがとうございます。
この度は、学生生活最後の年にソロリサイタルを開催できますことを光栄に存じます。これまで最も多く学んできた現代音楽、フランス音楽をプログラムに入れさせて頂きました。1時間程のハーフリサイタルになりますが、聴いてよかったと思っていただけるよう、精一杯演奏させていただきたいと思います。