2017年 10月 の記事

第34回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 受付開始!!


6月から開催しておりました第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールが、9月に行われた全国大会をもちまして全日程を終了致しました。参加者の皆様はもちろん、保護者の皆様、審査員の先生方、各ホールや自治体の担当者様より多大なご協力を頂戴したお陰で無事終了しましたことを改めて厚く御礼申し上げます。

今回も1000名を超える多くの方々にご参加頂きました。特に全国大会では日本各地より多数のお子様がご参加され、参加者の熱気と充実感で満たされた大変活気のある8日間となりました。

現在、第34回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールの受付を開始いたしました。

https://www.tiaa-jp.com/jcmcj/

第34回当コンクールは予選41会場、本選35会場、全国大会15日程という過去最大規模での開催となります。皆様の参加を心よりお待ちしております!!

 

【ギャラリー】2017年10月15日(日)Sound Gallery 佐川鮎子サクソフォン・リサイタル


2017年10月15日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
Sound Gallery 佐川鮎子サクソフォン・リサイタル が開催されました。

佐川鮎子

Ayuko Sagawa, サクソフォン

柏市立柏高等学校で吹奏楽部に入部しサクソフォンを始める。日本大学芸術学部音楽学科卒業、桐朋学園大学研究科修了。サクソフォンを小串俊寿、武藤賢一郎、須川展也、原ひとみ各氏に師事。現在、ヤマハミュージックジャパン管楽器・教育楽器講師。コンサート活動、吹奏楽指導、個人レッスン教室開講。2009年ファーストアルバム“素顔のままで”発売。2013年セカンドアルバム“メモリアス”発売。2014年サックスソロ譜「佐川鮎子 ソロシリーズ」発売。ホームページ

馬場みどり

Midori Baba, ピアノ

武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。クロイツァー賞受賞。第7回日本クラシック音楽コンクール最上位入賞。2000年、2002年にソロリサイタルを開催した他、近年はサックスや歌とのジョイントコンサートも数多く、積極的な演奏活動を行っている。2013年CD「Philosophy」をキングレコードよりリリース。聖徳大学准教授、武蔵野音楽大学附属音楽教室非常勤講師。

 

組曲ブエノスアイレスのマリア より 『フーガと神秘』 A.ピアソラ(arr.佐川鮎子)

天使の導入部  A.ピアソラ(arr.佐川鮎子)

悪魔のタンゴ  A.ピアソラ(arr.佐川鮎子)

天使のミロンガ  A.ピアソラ(arr.佐川鮎子)

天使の死  A.ピアソラ(arr.佐川鮎子)

悪魔のロマンス  A.ピアソラ(arr.佐川鮎子)

悪魔をやっつけろ  A.ピアソラ(arr.佐川鮎子)

天使の復活  A.ピアソラ(arr.佐川鮎子)

「風の谷のナウシカ」組曲5つのメロディーより『はるかな地へ』 久石譲 (藤原真理 校訂)

サイバーバード協奏曲  吉松隆

アヴェ・マリア  カッチーニ

佐川鮎子さんのリサイタルは、次回、2018年10月14日(日)に
日暮里サニーホール コンサートサロンにて開催いたします。
お楽しみにお待ちください。

【ギャラリー】2017年10月14日(土)磯貝萌子ピアノリサイタル


2017年10月14日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
磯貝萌子ピアノリサイタル ~フランス近代と現代音楽~ が開催されました。

磯貝 萌子

Moeko Isogai, ピアノ

東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、現在同大学院修士課程鍵盤楽器研究領域(ピアノ)2年在学中。第8回北本ピアノコンクールF部門第2位、第6回横浜国際音楽コンクール大学の部審査員特別賞、第22回ヤングアーチストピアノコンクールピアノ協奏曲部門シニアグループ銅賞、第25回彩の国・埼玉ピアノコンクールF部門銅賞、第19回PIARAピアノコンクール全国大会シニアC部門第1位・浜松市長賞。 2016年より演奏活動を開始し、ソロではレストランでの演奏、伴奏ではコンサートやコンクールの伴奏を行っている。ピアノを倉沢仁子、伊賀あゆみの各氏に、作曲を土屋雄氏に、室内楽を山洞智氏に、歌曲伴奏を野宮淳子氏に師事。

 

G.リゲティ:ムジカ・リチェルカータ

M.ラヴェル:クープランの墓

 

以下は当日配布しましたプログラムより、磯貝萌子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日はお忙しい中お越しいただきまして、誠にありがとうございます。
この度は、学生生活最後の年にソロリサイタルを開催できますことを光栄に存じます。これまで最も多く学んできた現代音楽、フランス音楽をプログラムに入れさせて頂きました。1時間程のハーフリサイタルになりますが、聴いてよかったと思っていただけるよう、精一杯演奏させていただきたいと思います。

【ギャラリー】2017年10月14日(土)池田まゆ子第五回ソプラノリサイタル


2017年10月14日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
池田まゆ子第五回ソプラノリサイタル ~日本のこころ~ が開催されました。

池田 まゆ子

Mayuko Ikeda, ソプラノ

フェリス女学院大学音楽学部声楽学科を卒業、同大学院音楽研究科修士課程声楽専攻を修了。第58回TIAA全日本クラシック音楽コンサートにて新人賞を受賞。現在までに四回のソロコンサートを開催。その他、積極的な演奏活動を行っている。声楽を蔵田雅之、長谷川久恵、花澤利枝子の各氏に師事。ブログ

谷坂 仁美

Hitomi Tanisaka, ピアノ

フェリス女学院大学音楽学部器楽学科卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。第44回全東北ピアノコンクール奨励賞受賞、第20回かながわ音楽コンクールシニアピアノ部門入選、第18回長江杯国際音楽コンクール第4位入賞。日墺文化協会フレッシュコンサート、葉山町新人演奏会、日本ショパン教会東北支部主催新人演奏会、横浜山手芸術祭、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンエリアコンサート等出演。現在コンサートやイベントにて演奏活動を行う他、2017年飛鳥Ⅱ海外クルーズにて講師を務める等、聖力的に活動している。ピアノを五十嵐和子、植木由利子、北川暁子、吉永哲道の各氏に師事。

 

G.プッチーニ:≪トゥーランドット≫より“お聞きください、王子様!”

山田耕筰:“野薔薇”

多忠亮:“宵待草”

山田耕筰:“からたちの花”

山田耕筰:“かやの木山の”

弘田竜太郎:“浜千鳥”

G.プッチーニ:≪ジャンニ・スキッキ≫より“私のお父さん”

G.プッチーニ:≪ラ・ボエーム≫より“私の名はミミ”

小林秀雄:“落葉松”

山田耕筰:≪AIYANの歌≫より“曼珠沙華”

山田耕筰:“赤とんぼ”

山田耕筰:“ペチカ”

山田耕筰:“この道”

以下は当日配布しましたプログラムより、池田まゆ子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日は『第五回池田まゆ子ソプラノリサイタル~日本のこころ~』にご来場頂き、ありがとうございます。
毎回、リサイタルの度に様々なテーマに挑戦して参りましたが、今回のテーマは『日本歌曲』です。まだまだ未熟な私ですが、少しでも日本歌曲の美しさや雰囲気をお伝え出来たら…と思っております。
美しくノスタルジックな日本歌曲を、皆様に楽しんで頂けましたら幸いです。

【ギャラリー】 2017年10月14日(土)安江秋ソプラノ・リサイタル


2017年10月14日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
安江秋ソプラノ・リサイタル が開催されました。

安江 秋

Aki Yasue, ソプラノ

神奈川県出身。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。声楽を、稲葉明子、三縄みどり、櫻田亮各氏に師事。卒業時に松田トシ賞、アカンサス賞、同声会賞受賞。第85回読売新人演奏会出演。東京国際芸術協会第66回新人演奏会オーディションにて優秀新人賞受賞。コンセール・ヴィヴァン新人オーディションにて優秀賞受賞。これまでに芸大オペラ定期「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ、「愛の妙薬」ジャンネッタ、「フィガロの結婚」バルバリーナで出演。現在、東京芸術大学大学院音楽研究科声楽(オペラ)に在学中。

秋山 友貴

Tomoki Akiyama, ピアノ

1992年愛知県生まれ。東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、現在同大学音楽研究科修士課程作曲専攻に在学中。作曲を田渕浩二、野平一郎、ピアノを杉谷昭子、長尾洋史各氏に師事。2013年度青山財団奨学生(作曲)。2014年奏楽堂モーニングコンサートにてオーケストラ作品を発表。作編曲の他ピアニストとしても活動し、ソリストとして藝大フィルハーモニア管弦楽団、藝大チェンバーオーケストなどと共演するほか、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、サントリー芸術財団サマーフェスティバル、BS-TBS「日本名曲アルバム」等に出演するなどその活動は多岐にわたる。

 

ロッシーニ:フィレンツェの花売り娘

ロッシーニ:誓い

ベッリーニ:「3つのアリエッタ」より

激しい希求

フィッリデの悲しげな姿よ

優雅な月よ

ドニゼッティ:オペラ「シャモニーのリンダ」より この心の光

ヴェルディ:ストルネッロ

プッチーニ:太陽と愛

プッチーニ:死とは?

プッチーニ:金の夢

プッチーニ:オペラ「ラ・ボエーム」より あなたの愛の呼ぶ声に

以下は当日配布しましたプログラムより、安江秋さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日は私の初リサイタルにお越しいただきまして、ありがとうございます。歌を始めて14年、これまでお世話になった全ての方に感謝を込めて歌わせていただきます。
空も美しく実り豊かな季節に、この小さな音楽会にて「芸術の秋」をお楽しみいただけたら幸いです。
大学院の卒業を前に、演奏家としてお客様に楽しんで頂ける音楽をこれからも一生みがき続けて行きたいと思っております。今後とも応援いただきますよう、どうぞ宜しくお願い致します。
今日は私がこれまで学んで来た美しいイタリアの音楽をお楽しみくださいませ。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)