2017年9月3日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
福井奈都子ソプラノ・リサイタル が開催されました。

福井 奈都子

Natsuko Fukui, ソプラノ

東京都出身。声楽を羽根田宏子氏に師事し、イタリア、フランスのオペラアリアを中心に研鑽を積む。コロラトゥーラソプラノ向けの曲を得意とし、主なレパートリーに、「ラクメ」の鐘の歌、「ランメルモールのルチア」の狂乱の場のアリア等がある。第11回日本演奏家コンクールアマチュア部門3位、第2回AJIAAアマチュアクラシック音楽コンクール銅賞、第7回東京国際声楽コンクール 声楽愛好者A部門入選。第7回東京国際声楽コンクール入選・入賞者ガラコンサートの他、各コンクールの入賞披露コンサートやジョイントコンサートに出演。東京国際芸術協会会員。

小谷野 孝衣(助演)

Takai Koyano, ソプラノ

東京都出身。青山学院女子短期大学卒業。声楽を羽根田宏子氏に師事。Kアンリミテッド音楽コンクール5周年記念コンクール奨励賞受賞。松丘小PTAコーラスアンダンテ副団長。全日本おかあさんコーラス大会東京支部大会に毎年出場し、12年連続受賞。うち全国大会2回受賞。イルミナート合唱団に所属し、ヴァチカン国際音楽祭、座オペラin新橋演舞場「蝶々夫人」、MBS音舞台「泉涌寺」、125周年記念帝国ホテル芸術祭ディナーコンサート、座オペラin大阪松竹座「蝶々夫人」などに出演。

栗原 正和

Masakazu Kurihara, ピアノ

玉川大学工学部電子工学科卒業。エンジニア、ピアノ調律師を経てピアニストに転身。第2回日本クラシック音楽コンクール特別賞及び安藤賞受賞。第3回 P.I.A.Japanピアノコンクール広岡淑生賞受賞。ピアノを雁部一浩氏に師事。2作のCD「ロマンティックピアノに魅せられて」「Melody 栗原正和ピアノ・リサイタル」をリリースするほか、合唱作品(教育芸術社)や室内楽作品、声楽家のアルバムにも参加。NHK-FM「ベストオブクラシック」(今秋も出演予定)など、ラジオ、テレビに出演。その特異なキャリアから、レクチャーコンサートや講演なども多く、それぞれ好評を得ている。

 

G.カッチーニ:アヴェ・マリア

G.ヘンデル:私を泣かせてください ― 歌劇「リナルド」より

J.シュトラウス2世:春の声

平井康三郎:幻想曲「さくらさくら」[ピアノソロ]

團伊玖磨:花の街 [デュエット]

岡野貞一:故郷 [デュエット]

E.サティ:ジュ・トゥ・ヴ [小谷野孝衣]

F.プーランク:愛の小径 [小谷野孝衣]

J.オッフェンバック:森の小鳥は憧れを歌う(オランピアの唄) ― 歌劇「ホフマン物語」より

R.ジーツィンスキー:ウィーン わが夢のまち [小谷野孝衣]

L.ドリーブ:どこへ行く 若いインドの女よ(鐘の歌) ― 歌劇「ラクメ」より

 

 

以下は当日配布しましたプログラムより、福井 奈都子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日はお忙しい中ご来場いただき、誠にありがとうございます。
高校時代からの友人と共に初めてのリサイタルを開催できますこと、本当に嬉しく思っています。
お越し下さった皆様は勿論のこと、ご指導いただいている羽根田宏子先生、演奏活動を応援してくれる友人、家族への感謝を込めて演奏しますので、どうか最後までごゆっくりお楽しみください。