2017年9月3日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
井川知海帰国記念リサイタル -ポーランドの息吹- が開催されました。

井川 知海

Tomomi Ikawa, ヴァイオリン

3歳よりヴァイオリンを始める。2011年に東京音楽大学付属高校を卒業後、単身ポーランドに渡欧し、国立フレデリック・ショパン音楽大学にて研鑽を積む。2017年に同大学の全過程を、最優秀の成績で修了し、日本に完全帰国を果たす。これまでにヴァイオリンを、立元きよみ、椙山久美、鈴木亜久里、海野義雄、K.A.クルカ各氏に師事。室内楽を、A.グズ、R.ドゥシュ、P.ウォサキエヴィチ各氏に師事を受ける。数々のコンクールにおいて優秀な成績を残し、帰国後現在は、埼玉・東京を中心に演奏活動や、後進の指導にあたる。
ホームページ : http://www.tomomiikawa.com

 

木米 真理恵

Marie Kiyone, ピアノ

東京音楽大学付属高校ピアノ演奏家コース卒業。ポーランド国立ショパン音楽大学、同大学院を首席卒業。同研究科修了。並びにイモラ国際ピアノアカデミー(イタリア)卒業。播本枝未子、岡田敦子、ピオトル・パレチニ、ピエロ・ラッタリーノの各氏に師事。ピティナ、全ポーランドショパンピアノコンクール、ザレンプスキ国際、Premio Accademia(ローマ)をはじめ国内外のコンクールにて多数優勝、入賞。2010年ショパン国際ピアノコンクール出場。2014年北陸新人登竜門コンサート優秀賞。オーケストラ・アンサンブル金沢等、著名なオーケストラとの共演、各国でのリサイタルに招待されるなど演奏活動を行う。2017年3月に完全帰国。昭和音楽大学非常勤講師。

 

K・シマノフスキ:ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 Op.9

H・ヴィエニアフスキ:華麗なるポロネーズ 第1番 ニ長調 Op.4

H・ヴィエニアフスキ:伝説曲 Op.17

H・ヴィエニアフスキ:スケルツォ・タランテラ ト短調 Op.16

 

以下は当日配布しましたプログラムより、井川 知海さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋

本日は私達の帰国記念リサイタルにお越しいただき、誠にありがとうございます。今回のリサイタルでは、ポーランドの気品溢れる甘美な名曲の数々を、お聴き頂ければと思います。音楽の原動力は想像力です。想像することが、音楽を聴く事に楽しみをもたらしてくれます。願わくば、このリサイタルを通じて、ポーランドの事を少しでも知って頂くと共に、想像する事の楽しさを、切っ掛けを、美しさを、少しでも多く持ち帰って頂ければと思います。