2017年 7月 3日 の記事

2017年9月3日(日)近藤毬生ピアノ・リサイタル【インタビュー】


2017年9月3日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
「~オール・リスト・プログラム~」と題して、近藤毬生ピアノ・リサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
近藤毬生さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 

近藤毬生:ピアノ(写真©井村重人)
1歳半より音感教育を受け、3歳よりピアノをはじめる。神奈川県立相模原中等教育学校を経て、現在桐朋学園大学2年在学中。第2回日本ベートーヴェンコンクール第2位など。これまでピアノを芦田くみ氏に師事し、奈良康佑、エリザベス・プリドノフ、ロルフ・プラッゲの各氏からも指導を受ける。現在、小森谷泉氏に師事。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
今回は私にとって初めてのリサイタルで、特に重点的に勉強してきたフランツ・リストの作品を演奏致します。
今回このような機会を頂けたことは本当に幸せな事で、お客様にもリストの作品の魅力が伝わるような演奏が出来ればと思います。
今後の活動へのよいスタートを切れるよう、また、奏者として成長できるような演奏会にしたいです。
 
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
 
今回はリスト作品の様々な面を知って頂きたいと思い、リストが旅先で見た自然を表した作品や歌曲からの編曲、また彼の文学的な面や宗教的な面などを映した作品によるプログラムとしました。これらの作品からは、リストが感覚や経験を常に音楽に表していたという事が感じられるかと思います。
最後に演奏する『ダンテを読んで』はダンテの『神曲』を題材とした大曲で、技巧的な部分が取り上げられがちですが、悪魔の音程と言われる増音程の独特の響きや中間部の旋律の美しさにもご注目頂きたいです。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
 
音楽は私にとって親のような存在です。小さい頃から関わっていたというのもありますが、音楽が無かったら恐らく知ることの出来かった感覚や感情も多く、色々な事を教わったと思います。楽しい事ばかりではありませんが、音楽に対しては誠実でいたいと感じます。
 
 

時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
プログラム:
フランツ・リスト:巡礼の年第1年 「スイス」 S.160 第4曲 『泉のほとりで』 第5曲 『嵐』
フランツ・リスト:コンソレーション 第3番 S.172
フランツ・リスト:伝説 第2番 『波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ』 S.175
フランツ・リスト:3つの夜想曲 「愛の夢」 第3番 S.541
フランツ・リスト:巡礼の年第2年 「イタリア」 S.161 第7曲 『ダンテを読んで』
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2017年9月3日(日)岡田愛歌曲個展【インタビュー】


2017年9月3日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
「~時をつなぐ新しい日本のうた~」と題して、岡田愛歌曲個展 が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
岡田愛さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 

岡田 愛:作曲・ピアノ
神戸女学院大学音楽学部ミュージック・クリエィション専攻卒業。兵庫教育大学大学院文化表現系教育コース修了。第21回及び23回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門第3位、第5回東京国際歌曲作曲コンクール第2位(最高位)、第21回TIAA全日本作曲家コンクール奨励賞等を受賞。歌曲作品は特に多く、作詞を手がけた作品もある。
 
 

大澤 明子:ソプラノ
神戸女学院大学音楽学部声楽専攻卒業後、東京音楽大学研究科修了。ソレイユ新人オーディション合格、優秀賞受賞、マリア・カナルス国際音楽コンクール(バルセロナ)入選。現在二期会準会員、同志社混声合唱団「シャンテ」ヴォイストレーナー、「京都ゲヴァントハウス合唱団」独日通訳を務める。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
 みなさま、こんにちは。作曲・ピアノの岡田愛です。このような機会を頂けることに、心から感謝しています。この度はすべて歌の作品でプログラムを構成した、歌曲個展を開催させていただきます。
 また、共演いただくのは、ソプラノの大澤明子さんです。同窓の先輩でもある大澤さんと一緒に演奏させて頂けますこと、とても嬉しく思っています。
 聴いて下さる皆様に楽しんで頂けますよう、そして詩の美しさや世界観が伝わりますよう、心を込めて精一杯演奏いたします。
 
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
 
 多くの皆様にとって、初めて聴いていただく曲、ということになるかと思います。4つのプログラムの簡単な解説も交えながらお話をさせていただけたらと思います。
 まずオープニングは「Vocalise~雅~」という楽曲です。Vocaliseとは、母音のみによる歌唱法のことで、~雅~という題は、曲のコンセプトをあらわしています。ソプラノならではの響きを楽しんでいただけると思います。
 続いて「利根川の岸邊より」は、萩原朔太郎の詩による歌曲組曲です。詩から感じた重厚で厳格なイメージを大切に、作曲しました。詩が語る情景や揺れ動く感情を、皆様にも感じていただきたいと願っています。
 そして「青い空とお日さま」は、作詞も手掛けた楽曲です。私たちをあたたかく見守ってくれる“青い空”と“お日さま”に、「ありがとう」という気持ちも込めて作詞・作曲しました。皆様にも親しんでいただけたら嬉しいです。  
 プログラム最後は『八木重吉の詩による歌曲集』です。一つひとつの詩が持つメッセージを伝えたいという思いはもちろん、曲集としての展開や進行も楽しんでいただけたらと、思いを込めながら作曲しました。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
 
 なくてはならない大切なものです。いわば「酸素」のような、存在でしょうか。音楽によって生かされているとも思っています。そんな音楽を通して、自分以外の誰かと繋がることが出来たり、感動を共に出来たりするなら、それは本当に幸せなことだと思います。今回の歌曲個展でも、そんな瞬間を皆様と共有したいという思いでいっぱいです。皆様のご来場を、心よりお待ちいたしております。
 
 

時間: 13:30開演(13:10開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 岡田愛(作曲・ピアノ)、大澤明子(ソプラノ)
 
プログラム:
岡田愛:Vocalise ~雅~
岡田愛:「利根川の岸邊より」 (詩/萩原朔太郎)
岡田愛:櫻/なにか知らねど/利根川の岸邊より
岡田愛:青い空とお日さま (詩/岡田愛)
岡田愛:『八木重吉の詩による歌曲集』 (詩/八木重吉)
    1.貫ぬく 光 2.母の瞳 3.妻に与ふ
    4.春 5.壺のような日
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。
 
 
 
なお、岡田愛さんは、2017年7月27日(木)に京都にて作品リサイタルを開催されます。
関西にお住まいの方は、こちらのリサイタルはいかがでしょうか。

~時をつなぐ新しい日本歌曲、情景を奏でるピアノ曲~
 
場所: 京都 青山音楽記念館 バロックザール
 
時間: 19:00開演(18:30開場)
 
料金: 全席自由 2,000円
 
出演: 岡田愛(作曲・ピアノ)、大澤明子(ソプラノ)、朝山加奈子(メゾ・ソプラノ)、別所ユウキ(ピアノ)、齋藤遥佳(ピアノ)
 
プログラム:
岡田愛作曲:Vocalise~雅~
岡田愛作曲:歌曲集「季節の歌」(詩/野口雨情・北原白秋)
岡田愛作曲:「利根川の岸邊より」(詩/萩原朔太郎)
岡田愛作曲:「独唱とピアノのためのメルヘン」(詩/岡田愛)
岡田愛作曲:ピアノのための標題音楽~通り雨~~夏の日~
岡田愛作曲:『八木重吉の詩による歌曲集』
 
主催: (公財)青山財団新人助成公演
後援: 東京国際芸術協会、他
ご注文・お問合せ: チケットぴあ 、京都 青山音楽記念館 075-393-0011

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)