2017年 6月 7日 の記事

鎮魂歌・あざみの花に / 懐かしい未来へ【楽譜出版】


東京国際芸術協会では作曲家様のために楽譜を出版しております。
この度、野村朗様が作詞作曲されました二つの組曲(バリトンとピアノによる歌曲)を2017年6月9日(金)に発売させていただく運びとなりました。
 
 

東日本大震災で被災され亡くなられた方々に向けて作曲された悲しみの曲『鎮魂歌・あざみの花に ~東日本大震災被災者への~』
(第17回TIAA全日本作曲家コンクール 歌曲部門 奨励賞受賞作品)
 
悲しみを受け止めその先の未来へと続く希望の曲『なつかしい未来へ ~もう一つの鎮魂歌~』
(第22回TIAA全日本作曲家コンクール 歌曲部門 審査員賞受賞作品)
 
 
 
 
この二つの組曲を作曲されるにあたって野村様はそうしたテーマをもって臨まれました。この素晴らしい曲が出版されることによって、世界中で演奏されることを願います。
 
 
この作品のご購入を希望される方はコチラからお求め下さい。
 
 
 

野村朗(作詞作曲)
名古屋音楽短期大学作曲専攻卒業。「詩と詩人の世界」をそっとすくい上げ聴く人の心に届けることを責務として、「新しい日本歌曲の創造」を志す。作曲活動を通じて「いのちの輝き」を追い求めてきた。作曲リサイタル3 回。ミュージカル「おはよう!アント」、連作歌曲「智恵子抄」、合唱曲「永訣の朝」、連作歌曲「智恵子抄巻末の短歌六首より」、歌曲集「鳳琳」、ソナチネ「EnfanceFinie」、「鎮魂歌・あざみの花に」、「懐かしい未来へ~もう一つの鎮魂歌~」他、作品多数。全日本作曲家コンクールに第12 回から第21 回まで連続10 回入賞を果たすほか、第4 回~第6回・東京国際歌曲作曲コンクールに連続入賞。2016 年度「国際芸術連盟作曲賞」受賞。作曲を小櫻秀爾氏、故有賀正助氏に、ピアノを廣瀬惠子氏、土屋寛恒氏に師事。国際芸術連盟作曲家会員、東京国際芸術協会会員。

2017年7月15日(土)立川正美サクソフォンリサイタル【インタビュー】


2017年7月15日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
立川正美サクソフォンリサイタル が開催されます。
 

立川正美:サクソフォン
大阪音楽大学音楽学部器楽学科管楽器専攻卒業。神戸新人音楽賞コンクールにて最優秀賞を受賞。第66回TIAA全日本クラシック音楽コンサートに選抜メンバーとして出演し奨励賞を受賞。ブルガリアにてソフィアフィルハーモニーと共演。これまでにサクソフォンを石田智子、篠原康浩、赤松二郎、小村由美子、田端直美の各氏に師事。
 
 

三橋祥子:ピアノ
大阪音楽大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。同大学音楽専攻科修了。第15回奈良市新人演奏会に出演。在学中より各種演奏会、リサイタル、コンクール等でアンサンブル、伴奏ピアニストとして演奏活動を続ける。ピアノを桐村啓子、羽田久美子、中尾園子の各氏に師事。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
今年の4月に私の地元である神戸市内でファーストリサイタルを開催致しました。東京でのジョイントコンサートやバーでのライブなどは今までにさせて頂きましたが今回のようなソロのコンサートは初めてとなります。東京での演奏活動も本格的に始動して参りますので、今回のリサイタルをきっかけに良いスタートダッシュがきれるようにしたいと思います。そしてたくさんのお客様に私のことを知って頂けるようなリサイタルにしたいです。
 
 
・演奏する曲の聴き所などを教えてください。
 
今回のプログラムは私が学生の時から学んでいた思い入れのある曲を中心に選曲致しました。バロック音楽から現代曲まで幅広い時代の作品を演奏致します。大学を卒業し今年で5年目となりました。私が今までに培ってきたこと皆様にお披露目致します。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
 
私にとって音楽とはなくてはならない存在で、サクソフォンを演奏することを通じて感情表現や私自身を皆様にお伝えする架け橋となっています。人の心を癒し、また笑顔にさせるそんな不思議なパワーをもった音楽という素晴らしいものが私の職業となり私はとても幸せに感じております。
 
 
 

時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 立川正美(サクソフォン)、三橋祥子(ピアノ)
 
プログラム:
J.イベール:アルトサクソフォンと11の楽器のためのコンチェルティーノ
P.ボノー:ワルツ形式によるカプリス
H.トマジ:バラード
A.マルチェロ:オーボエ協奏曲 ニ短調
F.ボルヌ:カルメンファンタジー
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)