2017年4月23日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
「~ショパンからラヴェルへ~心動く名曲のプログラム」と題して、朴曉群ピアノリサイタル が開催されました。
 

朴曉群(Hyogun Park): ピアノ
ヤマハ音楽教室、桐朋学園大学付属こどものための音楽教室を経て桐朋学園大学音楽部演奏科卒業。室内楽や伴奏ピアニストとして演奏活動をする傍ら、ボランティアの一環として韓国の童謡、民謡の編曲提供に10年携わる。駐日韓国大使館公式行事にて演奏。アラビア音楽の編曲にも携わり、CDレコーディング、キーボードニストとしてツアーコンサートに参加するなど幅広いジャンルで活動。ローゼンストック国際ピアノコンクール、東京国際ピアノコンクール入選。日本ピアノ研究会ピアノオーディション西関東グランプリ、杉並区長賞。全国大会銀賞。ウィーン国立音楽大学マスタークラス参加、演奏会出演。村田槇子、高良芳枝、今野尚美、松浦健、各氏に師事。現在、ヤマハ音楽教室システム講師。
 
 


ショパン:バラード 第1番 作品23
ラヴェル:ソナチネ
ドビュッシー:12の練習曲 第1番 5本の指のために(チェルニー氏による)
ショパン:2つの夜想曲 作品62
ショパン:ポロネーズ 第7番 “幻想” 作品61
 


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、朴曉群さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日は、会場までわざわざ足を運んでいただきどうもありがとうございます。
 今回、好きな曲を素直に並べたところ、名曲揃いのプログラムとなり、自分の器に見合わず一体どうなることやら…
 お話など交えながら、ゆっくり進めたいと思います。少しでも楽しんでいただけましたら、こんなに幸せなことはありません。私自身、皆さまと過ごす時間を心から楽しみにしております。