2017年4月8日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
宮地亜論ピアノ・リサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
宮地亜論さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 

宮地亜論:ピアノ
第32回かながわ音楽コンクール中学生の部最優秀賞、神奈川県知事賞、コンチェルト賞を受賞。第68、70回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。江口玲氏に師事。現在、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校2年在学中。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
この度はこのような機会を提供して下さり、大変嬉しく思っています。まだ経験も浅く未熟な自分ですが、聴いて下さる方に楽しんでいただけるような演奏がしたいと思います。
 
 
・演奏される曲の聴きどころなどを教えてください。
 
今回演奏する曲はどれも有名な曲で、聴いたことがあるという方も多いかも知れません。また自分も大好きな曲なので楽しんで演奏したいと思います。ワーグナーは楽劇からの編曲で、オーケストラとは違った世界をピアノで表現できたらと思います。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか?
 
音楽は常に自分の中にあり、なくてはならないものです。音楽を聴いていると、どこか遠い世界に旅をしているような気分になることがあります。旅先には言葉では表現することのできない様々な世界が広がっています。そのような世界を自分でも表現できるようになりたいです。
 
 

時間: 15:30開演(15:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
プログラム:
シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化芝居「幻想的情景」
ショパン:スケルツォ 第3番 嬰ハ短調
ショパン:ポロネーズ 第6番「英雄」 変イ長調
ワーグナー/タウジッヒ:ワルキューレの騎行
ワーグナー/リスト:イゾルデの愛の死
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。