2017年 1月 の記事

2017年3月25日(土)山本有莉ヴァイオリンリサイタル【インタビュー】


2017年3月25日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
山本有莉ヴァイオリンリサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
山本有莉さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 
 

山本有莉:ヴァイオリン
千葉県出身。私立女子学院高等学校を経て武蔵野音楽大学を卒業。在学中、同大学管弦楽団コンサートミストレスを務める。これまでにヴァイオリンを山中光、奥田雅代の各氏に、室内楽をK.グントナー、C.ドル、小池ちとせ、青山聖樹の各氏に師事。現在は室内楽を中心に活動を行うと共に後進の指導にあたっている。
 
 

山本佳澄:ピアノ
東京芸術大学附属高校、東京芸術大学を経て、同大学院を修了。ハンガリー国立リスト音楽院に留学。第25回ヌエバ・アクロポリス国際ピアノコンクール(マドリッド)にて第3位入賞。N響メンバーによる合奏団、東京フィルハーモニー交響楽団、アンサンブル金沢と共演。NHK-FM「まろのSP日記」に出演。
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
今回もこうして機会をいただきまして昨年に引き続き2回目のリサイタルになりますが、今年は春やツィガーヌなど、昨年のプログラムよりも更にそれぞれの毛色や系統の違いがハッキリしているのでそれを上手くお客様に伝わるように演奏したいなと思っております。また昨年からいらしていただいているお客様にはこの一年での変化を感じていただける演奏を目指しております。
 
 
・演奏される曲の聴きどころなどを教えてください。
 
今回のプログラムも素敵な曲ばかりですが、特にツィガーヌは私が一番気に入っている曲なので是非皆様にもこの曲の面白さを感じていただけたらなと思っております。ツィガーヌは中学生の時に初めて聴いてからずっとずっと好きで挑戦したいと思い続けてきました。新しい曲に挑む時は少し怖さもありますが、思い入れのある曲なので心を込めてしっかり弾き上げたいと思います。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか?
 
基本的なスタンスは昨年のインタビューの際にお答えした「生きていく上で欠かせないものの一つ」というところから変わりありませんが、今までかなり内向的な追求の仕方をしていたものがここ最近は外に開けてきたように思います。純粋に弾くこと、聴くこと、聴いてもらうことを楽しめるようになってきました。そういった点では自分が一番親密に外との繋がりを持てる手段という新しい意味もできて来たかもしれません。
 
 

時間: 17:30開演(17:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 山本有莉(ヴァイオリン) 山本佳澄(ピアノ )
 
プログラム:
ベートーヴェン:
ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第5番 へ長調 作品24
チャイコフスキー:
ワルツ・スケルツォ 作品34
チャイコフスキー:
なつかしい土地の思い出 より メロディ 作品42
ラヴェル:
ツィガーヌ/演奏会用狂詩曲
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2017年1月28日(土)赤木奏映マンドリンリサイタル【ギャラリー】


2017年1月28日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
赤木奏映マンドリンリサイタル が開催されました。
 

赤木奏映:マンドリン
現在エリザベト音楽大学大学院修士課程マンドリン専攻2年在学中。同志社大学文学部美学芸術学科(音楽学)卒業。第7回コンコルソ・ムジカアルテ金賞、第65回TIAA全日本クラシック音楽コンサート審査員賞受賞。2014年インターカレッジ・ソニック・アーツ・フェスティバル、2016年イタリア世界遺産音楽芸術国際フェスティバル、MusicArte高台寺特別演奏会などに出演。2016年学長表彰を受ける。2016年4月より東京・京都にて「演奏会をしよう!―20代のマンドリン・ギター奏者による演奏会」シリーズを共催。2015年ギタリスト福田進一氏のマスタークラスを受講。これまでマンドリンを石村隆行、佐古季暢子、音楽学を根岸一美の各氏に師事。
 
 

山岸知子:ピアノ
エリザベト音楽大学器楽学科ピアノコース卒業、及び同大学大学院修了。ピアノを小嶋素子、広沢久美子の各氏に師事。卒業後はオペラの練習ピアニストや合唱、楽器の伴奏をてがけアンサンブルピアニストとして活動している。またその傍ら後進の指導にあたっている。
 
 


ヨハン・ネポムク・フンメル:マンドリンのためのグランド・ソナタ
 Ⅰ.Allegro con spirit
 Ⅱ.Andante moderanto sizilino
 Ⅲ.Rondo
 
桑原康雄:じょんがら
 
ニコラ・マリア・カラーチェ:マンドリン協奏曲 第1番「アンダンテとポロネーズ」
 
ラファエレ・カラーチェ:マンドリン協奏曲第2番 イ短調 作品144


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、赤木奏映さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日はお忙しい中、ご来場くださり誠にありがとうございます。
マンドリンの起源は古代まで遡りますが、バロック時代イタリアの文献に初めてその名を現して以来、楽器も奏法も様々な変遷を経て現在にいたります。ヴィヴァルディ、ベートーヴェン、マーラー、ストラヴィンスキーなど多くの作曲家が作品を残しました。今回は古典から現代までの作品を取り上げます。各時代の奏法やスタイルを楽しんでいただけますと幸いです。

2017年1月28日(土)柿内美緖オカリーナリサイタル2017in東京【ギャラリー】


2017年1月28日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
柿内美緖オカリーナリサイタル2017in東京 が開催されました。
 

柿内美緖:オカリーナ
くらしき作陽大学音楽学部音楽学科ホルン専攻卒業。ホルンを金星眞、瀬尾達也、佐藤量太郎の各氏に師事。2011年よりオカリーナを始める。オカリーナを大沢聡氏に師事。2013年、第50回国際芸術連盟新人オーディション合格。2014年より大沢聡氏の元へ弟子入りし、山梨県に移住。2015年、中国で開催されたFocalink International Ocarina Festivalにてソロ演奏を披露。音楽大学で培った知識と経験、堅実な性格と特異なキャラクターから紡ぎ出す旋律は、他に類がない新しいタイプのオカリナ奏者である。現在、国際芸術連盟専門家会員。東京国際芸術協会演奏家会員。山梨オカリナ連盟理事。
 
 

海野綾子:ピアノ
山梨英和高校・国立音楽大学卒業後、プラハに渡り、カレル大学にてチェコ語とチェコ学を学ぶ。その後、プラハ芸術アカデミー(HAMU)に在籍し、故Miroslav Langer教授、Hana Dvorakova氏の下で研鑽を積む。在欧中2004年第13回国際音楽祭ヤング・プラハに出演。2006年帰国記念リサイタルを開催。これまでに若月由喜子、土橋飛鳥、大塚成子、遠藤恵美子、J. Korbelovaの各氏に師事。現在、ソロ・室内楽・伴奏の他に、オーケストラの鍵盤楽器などを担当し演奏活動を行う。
 
 

ゲスト:大沢聡:オカリーナ
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。サキソフォーンを服部吉之氏、下地啓二氏、吹奏楽法・音楽表現技法を榊原達氏、ピアノ・ソルフェージュを故 榊原純子氏に師事。2004年10月プロ活動開始し、同年12月波多野杜邦氏制作のトリプレットオカリーナ「イカロス」の提供を受ける。2006年イタリアで東洋人初のリサイタルを開催後世界中から賞賛され、国際的に活動する。クラシック、ポップス、ジャズ等、全てのジャンルで賞賛を受け、尚且つ、楽曲と楽器の創作もできる唯一無二の演奏家である。
 
 


カッチーニ:アヴェ・マリア
 
エルガー:愛のあいさつ
 
吉松隆:フルートとピアノのためのデジタルバード組曲より 鳥回路
 
マスネ:タイスの瞑想曲
 
スメタナ:交響詩「わが祖国」よりモルダウ
 
プーランク:フルート協奏曲より第1楽章、第3楽章
 
日本の四季 メドレー
 
モンティ:チャールダーシュ


 


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、柿内美緖さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日は「柿内美緖オカリーナリサイタル2017in東京」にご来場いただき、誠にありがとうございます。
初めて東京でリサイタルを開催できることを、とても嬉しくありがたく思っております。これまでお世話になった皆さまへ、感謝の気持ちを込めて演奏させていただきます。
どうぞ最後までごゆっくりお聴きください。
結びに、リサイタルの開催にあたり多大なるご支援ご協力をいただきました関係者の皆さまに、心から感謝申し上げます。

2017年1月28日(土)大塚ゆきのヴァイオリン・リサイタル【ギャラリー】


2017年1月28日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
大塚ゆきのヴァイオリン・リサイタル が開催されました。
 

大塚ゆきの:ヴァイオリン
1999年生まれ。これまでに臼木麻弥、林智之、東彩子、吉川朝子各氏に師事。現在原田幸一郎、水野佐知香、神谷美千子各氏に師事。第5期エコール・プーレ生。第8回セシリア国際音楽コンクール第1位並び審査員長賞、第16回洗足学園ジュニア音楽コンクールグランプリ受賞。第69回全日本学生音楽コンクール全国大会入選。第2回オレグ・クリサ国際ヴァイオリンコンクール ディプロマ受賞。仏・パブロ カザルス国際音楽アカデミー受講及びコンサート出演。受講費免除にて伊・ピエディルーコ国際音楽セミナー参加、同音楽祭コンコルソ第1位受賞。2015年桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマコース及び東洋英和女学院高等部入学、現在2年生。
 
 

三又瑛子:ピアノ
仙台市出身。4才よりピアノを始める。桐朋学園大学ピアノ科を首席で卒業。同大学卒業演奏会、室内楽演奏会に出演。第16回ABC新人コンサート、第78回読売新人演奏会に出演。これまでに、ピアノを庄司美知子、加藤伸佳、田崎悦子、室内楽を加藤知子、徳永二男の各氏に師事。桐朋学園大学弦楽部嘱託演奏員。石川ミュージックアカデミー、ミュージックアカデミーinみやざき、などで公式伴奏者を務める。
 
 


イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第4番 ホ短調 Op.27-4
 
ブラームス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番 ニ短調 Op.108
 
サラサーテ:カルメン幻想曲 Op.25


 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、大塚ゆきのさんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日はご来場頂きありがとうございます。この一年の間に大好きな祖母と恩師である林智之先生が神さまの元へ旅立ち、途方も無い悲しみや虚無感、絶望など様々な感情を抱きました。如何なる経験も自分の音にして前に進んで歩む事が何よりの供養と自身を鼓舞し精一杯演奏させて頂きます。未熟な私をお導き下さる先生方、支えてくれる家族や友人、応援して下さる全ての皆さまに感謝申し上げます。

2017年1月28日(土)日暮里ランチタイムコンサート 2017 Jan.【ギャラリー】


2017年1月28日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
日暮里ランチタイムコンサート 2017 Jan. が開催されました。

photo:Naoya Yamaguchi(Studio☆Di:VA)
 
山口好美:ピアノ
神奈川県出身。県立厚木高校、桐朋学園大学ピアノ科卒業後、渡仏。フランス・パリ市立音楽院(CRR de Paris)最高課程修了、高等音楽研究資格取得。2012年、イタリア・パドヴァ国際コンクールピアノ部門第2位。ソロ、伴奏の他、ヴァイオリニスト武蔵里佳氏とのデュオ、アンパフェとして活動する傍ら、更生施設や老人ホームでの演奏も積極的に行う。これまでに、ピアノを金澤希伊子、増澤英子、Judy CHIN、室内楽を、Pascal PROUST各氏に師事。東京音楽学院講師、小田原短期大学特別講師、湯河原第一檜ホールレギュラーピアニストを務める。日本演奏連盟会員。
 


 
フォーレ:ノクターン 6番 Op.63
 
ベートーヴェン:ソナタ「月光」Op.27-2
 1. アダージョ ソステヌート Adagio sostenuto
 2. アレグレット Allegretto
 3. プレスト アジタート Presto Agitato
 
ショパン:スケルツォ 3番 Op.39
 
ドビュッシー:映像 第1集
 1. 水の反映 Reflets dans l’Eau
 2. ラモーをたたえて Hommage à Rameau
 3. 運動 Mouvement
 


 
以下は当日配布しましたプログラムより、山口好美さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
皆様のご支援のお蔭で、このランチタイムコンサートも本日第2回目を迎えることが出来ました。本当に有難うございます。3年半を過ごした『パリの香りを感じていただく』をテーマに曲を選びながら、今頃の凍える石畳に響く足音やノートルダム寺院の鐘の音、そしてブーランジェリーから漂うおいしそうなパンの香り・・そんな空気をみなさんにお届け出来るよう精いっぱい演奏いたします。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)