2017年2月18日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
クラリネットアンサンブルの夕べ が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
クインテットの皆さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 
松山想
“クラリネットアンサンブルを追及したい”という想いから日々研鑽を積み、これまでクラシックや現代曲を中心に様々な楽曲に取り組んできました。今回は作曲家大澤徹訓先生のオリジナル曲をたずさえ、トリオからクインテットまでの幅広い編成で、クラリネットアンサンブルの変幻自在な響きをお届けいたします!
 
松山想(B♭clarinet)
大分県出身。武蔵野音楽大学2年次在学中。山口えつこ、三倉麻実の各氏に師事
 
常田加奈子(B♭clarinet)
青森県出身。武蔵野音楽大学2年次在学中。澤村康恵、三倉麻実の各氏に師事
 
大迫由佳(B♭clarinet)
福岡県出身。武蔵野音楽大学2年次在学中。吉田尚子、三倉麻実の各氏に師事
 
伴花澄見(B♭clarinet)
新潟県出身。武蔵野音楽大学2年次在学中。住田立夫、三倉麻実の各氏に師事
 
志村航天(Bass clarinet)
千葉県出身。武蔵野音楽大学1年次在学中。粟生田直樹、三倉麻実の各氏に師事
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
演奏会におこし下さったお客様に、『楽しんで頂ける演奏会にしよう!』と、メンバー一丸となり日々取り組んで参りました。
クラリネットは表現力がとても豊かな楽器です。音域が広く、柔らかい音から迫力のある音まで、さらには鋭い音からあたたかく包み込むような音色まで、あらゆる響きを作り出すことができます。そのため、メロディーや伴奏のどちらも担うことができ、実際の楽曲ではクラリネットはひっぱりだこです。
今回の演奏会ではそれらの特徴が詰まっているプログラムをご用意致しました。
お客様と一緒にクラリネットの楽しさ、良さを共有できる演奏会にしたいと思います。
メンバー一同楽しみながら精一杯演奏させて頂きますので是非、お越し下さい。
 
 
・演奏される曲の聴きどころなどを教えてください。
今回演奏するのは、王道なクラリネットアンサンブル曲からジャズ、爽やかで可愛らしい曲や高度な技術が盛り込まれた曲など幅広いジャンルを演奏します。
編成もクラリネットの色とりどりな世界観を楽しんで頂けるようトリオからクインテットまで様々な編成にしました。クラリネットを吹いている方でも以前吹いていたという方でも、そして全くクラリネットに触れたことがない方でも聴きに来てくださった方々に『クラリネットって面白い!楽しそう!』そう感じていただけたらと思います。曲ごとによって生み出される変幻自在な響きをお楽しみ下さい。
そして1番の聴きどころは今回の演奏会のメインであります大澤徹訓作曲『Sonata for 4 Clarinet and Bass Clarinet(2014年の作)』です。この曲は調性を持つ3楽章構成の古典的な器楽曲です。とても面白く、でも複雑さもあり、この曲の終着点である”ブラームスへのオマージュ”に果たしてたどり着けるのか!自分たちで試行錯誤し作り上げたオリジナルの『Sonata for 4 Clarinet and Bass Clarinet』をお聴かせできたらと思います。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか?
私達は音大生生活の中でいくつもの苦しい事や悲しい事、逃げ出したい事、また心が踊るような嬉しいこと数多くの感情と直面します。
そんな時に音楽は楽しい、悲しい、嬉しいなど様々な感情に寄り添ってくれ、その時々によって癒されたり、励まされたり、感動を与えてくれるものであり、気づけば私達にとってなくてはならないものとなっていました。
音楽とは、私達に必要不可欠なものです。
 
 
 
17021805
時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 松山想(B♭clarinet) 常田加奈子(B♭clarinet) 大迫由佳(B♭clarinet) 伴花澄見(B♭clarinet) 志村航天(Bass clarinet)
 
プログラム:
ヒロキ タカハシ:3つの魔法
アルフレート・ウール:ディベルティメント
ハリー・スタルパース:クラウナリー
アディ・レイニンガー:ブルース
大澤徹訓:Sonata for 4 clarinet and Bass clarinet(2014)
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。