2017年2月18日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
「ピアノソロと室内楽の調べ」と題して、高木直樹ピアノリサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
高木直樹さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 
 
高木直樹
高木直樹:ピアノ
群馬県出身。アジア国際音楽コンクール2016 第1 位、第25回日本クラシック音楽コンクール4 位、第5 回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール第5 位等を受賞。現在昭和音楽大学ピアノ演奏家コース4 年に在学中。ピアノを江口文子、上野優子の各氏に、室内楽を本尾かおる氏に師事。
 
 
高橋諒
高橋諒:フルート
昭和音楽大学音楽専攻科に在学中。中條秀記、堀井恵、清水信貴の各氏に師事。
 
 
豊田尚史
豊田尚史:フルート
昭和音楽大学弦管打楽器コース4 年在学中。漆原由紀子、大島千織、丸田悠太の各氏に師事。
 
 
松本智子
松本智子:クラリネット
昭和音楽大学弦管打演奏家コース4年生在学中。藤井一男、野田祐介、高嶋友子の各氏に師事。
 
 
斉藤ゆい
斉藤ゆい:クラリネット
現在昭和音楽大学弦管打楽器コース4年に在学中。三浦明美、勝山大輔、堀川豊彦の各氏に師事。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
今回2度目となる日暮里サニーホールでのリサイタルでは、大学卒業記念も兼ねてピアノソロだけでなくアンサンブルを入れたプログラムを構成しました。4年間の大学生活の集大成を披露すると共に今までお世話になった方々への感謝の気持ちをこめて演奏したいと思います。
 
 
・演奏される曲の聴きどころなどを教えてください。
前半のソロではショパンのノクターンとアルゼンチンの作曲家アルベルト・ヒナステラのピアノソナタを演奏致します。ショパンの幻想的、ヒナステラの情熱的な世界観、それぞれの作曲家の魅力をお伝えできればと思います。
後半のアンサンブルではドップラーのアンダンテとロンド、ポンキエッリのイル・コンヴェーニョを、大学で出会った仲間と共に演奏致します。ドップラーではピアノと2本のフルート、ポンキエッリでは2本のクラリネットとピアノ、それぞれの編成によるアンサンブルの響きの美しや違いをお楽しみいただけたらと思います。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか?
私にとって音楽とは、親友のようなものです。音楽はどんな時も私と一緒にいて、時には励ましてくれたり、時には落ち込まされる事もありますが(笑)でも音楽が私を支えてくれたり、まさに親友のようなものです。
 
 
17021802
時間: 13:30開演(13:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 高木直樹(ピアノ) 高橋諒(フルート) 豊田尚史(フルート) 松本智子(クラリネット) 斉藤ゆい(クラリネット)
 
プログラム:
ショパン:ノクターン第17番 ロ長調 作品62-1
ヒナステラ:ピアノソナタ第1番 作品22
ドップラー:アンダンテとロンド 作品25
ポンキエッリ:イル・コンヴェーニョ
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。