2016年 8月 の記事

2016年10月29日(土)フルート•ピアノデュオリサイタル【インタビュー】


2016年10月29日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
「~音で紡ぐ物語~」と題して、フルート•ピアノデュオリサイタル が開催されます。

リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
お二人の演奏を心待ちになさっているファンの方々のためにこのブログを書かせていただきました。
 
 
津崎このみ(フルート)
沖縄県うるま市出身。桐朋学園芸術短期大学芸術科卒業、研究科修了。フライブルクにてヴァンサンリュカ氏のマスタークラス受講。フルートを白尾隆、石垣円の両氏に師事。オペラシティリサイタルホールにて 第41回フルートデビューリサイタル出演。現在、同年代での演奏会企画•出演の他、演劇舞台での生演奏、ライブサポート、レコーディング等活動中
 
比嘉洸太(ピアノ)
沖縄県うるま市出身。9歳よりピアノを始める。桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。ディーナ・ヨッフェ氏、マキシム・モギレフスキー氏のマスタークラスを受講。これまでにピアノを屋良久美子、平良敏人、岩崎セツ子、佐々木崇、川村文雄、大野眞嗣の各氏に師事。
室内楽を藤井一興に師事。
 
image
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
今回、もっと多くの人に知ってほしい曲、私たちの大好きな曲でプログラムを作りました。お客様に様々な景色を楽しんでもらえるようなリサイタルにしたいです。(津崎このみ)
東京での初めてのデュオリサイタルということで、緊張感を持ち、真摯に曲と向き合っていきたいです。(比嘉洸太)
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
フルートのピアノのためのソナタ“ウンディーネ”です。フーケの小説、“ウンディーネ”は騎士と水の精の悲しい恋物語。その物語にインスピレーションを受け、ライネッケにより作曲されました。水の精と騎士が戯れる様子、愛、怒り、悲しみなどの様々な感情、情景をフルートとピアノの音から感じていただければと思います。(津崎このみ)
~音で紡ぐ物語~という副題の通りストーリーを思い起こさせる曲、実際に物語からインスピレーションを受け作曲された曲達が続きます。情景の描写だけでなく、感情の表現や、不思議な世界へと誘うような響きに耳を傾け、想像を膨らませてみてください。(比嘉洸太)
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
求め続けることのできるもの。(津崎このみ)
自分自身を成長させてくれます。(比嘉洸太)
 
 
16102903
 
時間: 13:30開演(13:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 津崎このみ(フルート)、比嘉洸太(ピアノ)

プログラム:
A.オネゲル:牝山羊の踊り
F.リスト:巡礼の年第1年「スイス」より 第6曲オーベルマンの谷
C.ライネッケ:フルートとピアノのためのソナタ“ウンディーネ(水の精)”op.167
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2016年10月15日(土)鈴木真理乃 TORIO CONCERT【インタビュー】


2016年10月15日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
「~トリオ結成を記念して~」と題して、鈴木真理乃 TORIO CONCERT が開催されます。
 
宮尾安紀子、鈴木真理乃、岩本果子
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
三名の演奏を心待ちになさっているファンの方々のために
このブログを書かせていただきました。
 
 
鈴木真理乃

鈴木真理乃(フルート)
4歳よりピアノ、12歳よりフルートをはじめる。フルートを白尾彰氏、永井由比氏に、室内楽を神田寛明氏、倉田優氏に師事。日本ジュニアクラシックコンクールで審査員賞受賞。桐朋短期大学在学中に学内演奏会、定期演奏会に出演。同年、ヴァンサン・リュカ氏のマスタークラスを受ける。短大卒業後、桐朋学園大学に3年次編入し現在同大学4年在学。
 
 
宮尾安紀子
宮尾安紀子(オーボエ)
大分県出身。桐朋学園大学音楽学部卒業、同大学研究科修了。これまでにオーボエを高田喜夫、小畑善昭、蠣崎耕三、浦丈彦、最上峰行に師事。同大学卒業演奏会ならびに第85回読売新人演奏会に出演。新進演奏家育成プロジェクト オーケストラ・シリーズ 第27回福岡にて九州交響楽団と共演。現在、桐朋オーケストラ・アカデミーに在籍
 
 
岩本果子
岩本果子(ピアノ)
1993年生まれ。2014年度大学卒業演奏会に出演。2015年、日本ピアノ調律師協会第16回新人演奏会、第85回読売新人演奏会に出演。2015年桐朋学園音楽大学ピアノ科卒業、現在同大学ピアノ科研究生2年。管楽器嘱託伴奏員。ピアノを村上弦一郎、加藤智子の各氏、チェンバロを有田千代子の各氏に師事。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
今回、私の尊敬するお二人とこのように演奏会を出来る事、とても幸せに思います。昨年一年間、このトリオで室内楽を勉強してきました。その中でフルートとオーボエ、ピアノが組み合わさることによって、それぞれの楽器のキャラクターがより引き出されていくことに気がつき、このトリオでの演奏がとても好きになりました。今回、演奏させて頂けることに感謝してこの編成の響きのおもしろさを伝えられるよう、精一杯演奏致します。(鈴木真理乃)
 
木管楽器と言えど金属でできていて空気の振動で音を出すフルートと二枚の木製のリードを振動させて出すオーボエ、張り巡らせた弦をハンマーで叩いて音を鳴らすピアノ、3つの異なる楽器の奏でる三位一体の音楽を皆さまにお楽しみいただけるよう心を込めて演奏いたします。(宮尾安紀子)
 
わたしたち3人は、昨年度学内でトリオを組みレッスンなどを受けていましたが、こうして皆さまの前で演奏させていただくのは今回が初めてで、この機会をとても嬉しく思っております。室内楽には様々な編成がありますが、フルート、オーボエ、ピアノのトリオというのは、ありそうでいて実は珍しい編成かと思います。各楽器の良さをお互い聴き合い、引き出し合い、皆さまに楽しんで聴いていただけるよう心を込めて演奏いたします。(岩本果子)
 
 
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
〈イベール:2つの間奏曲、イベール:フルート協奏曲の聴きどころ〉
イベールは1890年にパリで生まれました。12歳の時から作曲を始め才能に恵まれたイベールですが、プライベートでは映画や演劇に心酔し、俳優になることを夢見ていたそうです。
そんなイベール作曲の「2つの間奏曲」はもともと演劇の付随音楽として作曲されました。原作のお芝居がスペインの作家によるものなので、装飾やリズムからスペインの雰囲気を感じます。元の編成はフルート、ヴァイオリン、ハープですが、今回はフルート、オーボエ、ピアノで演奏致します。
フルート協奏曲は、イベールが最も盛んに創作をしていた時期に作曲され、フルートの巨匠でイベールの1つ歳上のモイーズにより初演されました。モイーズに献呈されたこの作品は、イベールとモイーズの強い結びつきの中で生まれ、フルートにおける「フランス派」をまさに代表する作品です。今回の演奏会でも演奏いたします、イベールの間奏曲とはまた全く違ったフランスの響きをお楽しみいただければと思います。(鈴木真理乃)
 
〈シューマンの聴きどころ〉
ドイツ・ロマン派を代表する作曲家のロベルト・シューマンは7歳の頃からピアノを習い、12歳の頃にはピアノ曲、合唱曲、管弦楽曲などを作曲していました。
今回演奏します「アダージョとアレグロop.70」は元々はホルンとピアノのために作曲されました。タイトルの通り、前半部分のオーボエとピアノの掛け合いが美しいアダージョ、後半のアレグロ部分には何度も出てくるメロディが印象的です。
オーボエの他にもヴァイオリンやチェロなどでも演奏されています。(宮尾安紀子)
 
〈ドゥメルスマンの聴きどころ〉
ドゥメルスマンは1833年にフランスに生まれ、パリでフルーティストと作曲家として活躍しましたが33歳という若さで亡くなりました。
「協奏的幻想曲 op.36」はアルプス山岳の田園情景を描写した非常に華やかな曲です。小鳥のさえずりを表現した技巧的なカデンツと序奏から始まり、ヨーデルの主題と2つの変奏曲、最後は美しい牧歌で終わります。(宮尾安紀子)

〈バッハの聴きどころ〉
ヨハン・セバスティアン・バッハは、17世紀、バロック時代の大作曲家です。バッハは作曲家であると同時に天才的なオルガンの即興能力があり、また宮廷楽長やトーマスカントル(教会の音楽を執り仕切る責任者)となって宗教音楽を書くなどして膨大な作品を後世に残しています。
当時トリオソナタの形式は非常に人気があり、この曲もその形式にそって作曲されています。今回はゆったりと美しい旋律が続く1楽章と、対照的にアップテンポで楽しい4楽章を抜粋して演奏いたします。(岩本果子)

〈アルベニスの聴きどころ〉
アルベニスはスペイン生まれの作曲家です。クラシックの世界ではスペインという国は中心ではないのですが、だからこそ、アルベニス始めスペインの作曲家の作品には他の国の作曲家には無い斬新さがあり、異国の雰囲気や色に溢れています。曲の題名アルバイシンはジプシーの居住区のことを意味しており、曲の最初には< 常にメランコリックに>、と指示されています。ギターの爪弾き、カスタネット、フラメンコの足捌きなどを思わせる箇所もあり、想像しながら聴いていただけると嬉しいです。(岩本果子)
 
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
今まで、音楽は私を沢山の素敵な人に巡り合わせてくれました。息を入れると毎日違った表情を見せてくれるフルートは、私に毎日多くの課題をくれます。音楽とフルートは私の生活のすべてで、なくてはならない大切な存在です。今、音楽と毎日向き合えることにとても感謝しています。(鈴木真理乃)
 
アイデンティティのようなものです。
幼い頃から音楽に触れ、音楽と共に育った私から音楽を離したらどうなるのか考えると怖くなります。そう思わせてくれる音楽をこれからも大事にしていきたいです。(宮尾安紀子)
 
毎日ピアノに触れ、様々なジャンルの音楽を聴き、時には歌ったりと、音楽をしない日はありません。今の生活は音楽無しには考えられないもので、今までの経験やこれからの目標、人とのつながりなど、音楽が無ければ得られなかったものばかりです。
当たり前に音楽ができる今の環境に感謝し、これからも日々誠実に音楽に向き合っていきたいと思います。(岩本果子)
 
 
16101503
時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演: 鈴木真理乃(フルート)、宮尾安紀子(オーボエ)、岩本果子(ピアノ)
 
プログラム:
イベール.ジャック:2つの間奏曲
ロベルト.シューマン:アダージョとアレグロ op.70
イベール.ジャック:フルート協奏曲 1,2楽章
モーツァルト:オペラ「魔笛」より 「私は鳥刺し」 他
バッハ.ヨハン・セバスティアン:トリオ・ソナタ BWV1039 1,4楽章
アルベニス.イサーク:イベリアより エル・アルバイシン
ドゥメルスマン.ジュール=オーギュスト:ファンタジー・コンチェルタント op.36
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2016年10月18日(火)スギテツ&SINSKE ヴァイオリンとピアノとマリンバの調べ【チケット発売開始】


2016年10月18日(火)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
スギテツさんとSINSKEさんによる「ヴァイオリンとピアノとマリンバの調べ」が開催されます。
 
本日10:00AMよりチケット販売が開始されました。
コチラからお求め頂くことが可能です。
161018
 
サロンリサイタルシリーズ 2016
『 ヴァイオリンとピアノとマリンバの調べ 』
 
場所: 東京・日暮里サニーホールコンサートサロン
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全席自由 前売4,500円 当日5,000円
出演:
スギテツ 杉浦哲郎(Piano)  岡田鉄平(Violin)
SINSKE(Marimba)※specialguest
 
プログラム:
きょうの料理~ ビゼーに捧ぐ~
熊蜂の飛行
リベルタンゴ 他
※ 都合により変更となる場合がございます。
 
主催 : プラスギス
協力 : 東京国際芸術協会 ・ MUINIQUE

2016年7月30日(土)~Summer Memoris~Piano&Flute&Violin【ギャラリー】


2016年7月30日(土)に関内ホール 小ホールで
~Summer Memoris~Piano&Flute&Violin が開催されました。
 
 
160730
平野沙知:ピアノ
昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業および同大学院修了。在籍時、第20回コンチェルト定期演奏会にてソリストを務める。卒業演奏会、第86回読売新人演奏会、大学院室内楽演奏会等多くの演奏会に出演。フランスで開催されたムジークアルプ夏季国際音楽アカデミーに参加。パスカル・ドヴァイヨン氏のマスタークラス受講、ディプロマを取得。現在指導の傍らアンサンブルピアニストとしても研鑽を積む。
 
加賀美亜矢香:フルート
昭和音楽大学短期大学部卒業。在学中よりボランティア演奏や音楽事務所に所属しブライダル、パーティーでの演奏など活動を始める。これまで増村修次、佐藤大祐、堀田千秋の各氏に師事。卒業後、どれみふぁ音楽教室を開設。2013年にソロリサイタルを開催。現在アンサンブルやイベント、パーティーでの演奏活動を行いながら講師として後進の指導にあたっている。
 
松浦瑠奈:ヴァイオリン
昭和音楽大学演奏家コース卒業。日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。大阪国際音楽コンクールソリスト部門第3位受賞しオーケストラと協演。これまで吉井雅子、ジェラール・プーレの各氏に師事。現在、同大学研究科で学びつつアーティストのサポートやPV出演、福祉施設や企業レセプションでの演奏など精力的に活動。聖徳大学音楽学部演奏支援員。
 
 
IMG_4245

IMG_4247

IMG_4248

IMG_4249

IMG_4250

IMG_4251

IMG_4255

IMG_4258

IMG_4261

IMG_4264

IMG_4267

IMG_4268

IMG_4271

IMG_4272

IMG_4276

IMG_4277

IMG_4280

IMG_4282

IMG_4283

IMG_4288

IMG_4292

IMG_4296

IMG_4302

IMG_4305

IMG_4307

IMG_4308

IMG_4313

IMG_4318

IMG_4323

IMG_4324

IMG_4325

IMG_4326

IMG_4327

IMG_4329
エンニオ・モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス(Fl/Vn/Pf)
カミーユ・サン=サーンス:序奏とロンドカプリチオーソ(Vn/Pf)
イベール・ジャック:2つの間奏曲(Fl/Vn/Pf)
ドゥメルスマン・ジュール=オーギュスト:「ウィリアム・テル」の主題による華麗な二重奏(Fl/Vn/Pf)
松村崇継:Far Away~彼方の光~(Fl/Pf)
カミーユ・サン=サーンス:ロマンスOp.37(Fl/Pf)
モーリス・ラヴェル:ソナチネ(Pf)
ベット・ミドラー:ローズ(Fl/Vn/Pf)
ドップラー・アルベルト・フランツ:アメリカ小二重奏曲 Op.37(Fl/Vn/Pf)
20160730加賀美亜矢香01

20160730加賀美亜矢香02

20160730加賀美亜矢香03

20160730加賀美亜矢香04

20160730加賀美亜矢香05

20160730加賀美亜矢香06

20160730加賀美亜矢香07

20160730加賀美亜矢香08

20160730加賀美亜矢香09

20160730加賀美亜矢香10

20160730加賀美亜矢香11

20160730加賀美亜矢香12

20160730加賀美亜矢香13

20160730加賀美亜矢香14

20160730加賀美亜矢香15

20160730加賀美亜矢香16

20160730加賀美亜矢香17

20160730加賀美亜矢香18

20160730加賀美亜矢香19

20160730加賀美亜矢香20

20160730加賀美亜矢香21

20160730加賀美亜矢香22

20160730加賀美亜矢香23

20160730加賀美亜矢香24
 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、三人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日は「~Summer Memoris~」にご来場いただき、誠にありがとうございます。
私たちは、昭和音楽大学・同短期大学で出会い、今回コンサートを開催する運びとなりました。卒業後、それぞれの形で音楽を更に学び、学生時代には感じられなかった難しさもありましたが、それぞれの立場で積み重ねてきた経験を活かし、新たな響きを作り上げることができたのではないかと思います。
著名な曲ばかりではありませんが、極力、親しみやすい曲を選びました。どうぞ最後までごゆっくりご鑑賞ください。
最後になりましたが、日ごろの皆様のご支援に深く感謝しますとともに、今後も なお一層精進して参りますので、変わらぬご指導ご鞭撻をお願い致しましてあいさつとさせていただきます。
 
IMG_4332

IMG_4335

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)