2016年 4月 の記事

2016年7月2日(土)小西もも子ヴァイオリンリサイタル【インタビュー】


2016年7月2日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
小西もも子ヴァイオリンリサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
小西もも子さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のために
このブログを書かせていただきました。
 
小西もも子
小西もも子:ヴァイオリン
第20回KOBE国際音楽コンクール優秀賞、神戸新聞社賞受賞。第17回日本演奏家コンクール大学の部第1位、併せて神奈川県知事賞、毎日新聞社賞受賞。これまでにヴァイオリンを永峰高志、篠崎功子、川畠正雄、玉井菜採、Herwig Zackの各氏に師事。日本女子大学附属高校を経て、現在東京藝術大学4年在学中。
 
奥田ななみ
奥田ななみ:ピアノ
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部4年在学中。これまでに、ピアノを中井正子、ジャン=マルク・ルイサダ、ソルフェージュと和声を小鍛冶邦隆、湯本芳子の各氏に、現在、有森博氏に師事。現代音楽演奏コンクール「競楽Ⅶ」、全日本学生音楽コンクールなどに入選、入賞している。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
普通のリサイタルよりは短めのプログラムですが、どれもが繊細かつ美しい曲なので、美しい音楽を聴いてくださるお客様に届けられるよう隅々まで心を込めて丁寧に演奏したいと思います。
この1時間がお客様にとって素敵な空間になるようにしたいです。
 
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
今回は、前々から弾きたいと思っていたフランクのソナタを後半のメインにし、前半にはプログラムのスターターとしてモーツァルトの小さめのソナタを、そして次にバッハのとても重要な作品であるシャコンヌを演奏予定です。
 
モーツァルトのソナタは、リサイタルの出だしにぴったりな可愛らしい曲です。この頃のソナタはヴァイオリンソナタ、というよりはピアノに対してヴァイオリンが伴奏という位置付けでしたが、ヴァイオリンの流れるような魅力的な旋律は、ヴァイオリンが伴奏にとどまることなく、対等な関係で扱われようとしている新たな試みがみられる作品です。
 
バッハのシャコンヌは、全部で6曲ある無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータのうちの、無伴奏パルティータ2番の組曲の最後に置かれた楽章です。バッハの作品の中でも最高傑作の1つとされています。日常に起こる悲しみ、苦しみ、喜び…色んな彼の魂を感じ取りながら聴いていただきたい作品です。
 
最後のフランクのヴァイオリンソナタは、同じベルギー人でヴァイオリ二ストのウジェーヌ・イザイの結婚式に出席できなかったフランクが、彼と奥さんへの結婚の贈り物として書いた曲です。フランス系のヴァイオリンソナタの中でも最高傑作と言われており、演奏される事の多い人気高い曲の1つです。この曲の4つの楽章は全曲を通して特定の主題、または動機をもった循環形式によって書かれています。この曲もヴァイオリンソナタでありながら、ピアノにも高度な技術を求められます。ピアノとヴァイオリンの美しい旋律のかけあいを楽しんでもらえたら嬉しいです。
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
わたしにとって音楽とは、無限の可能性があり、国境さえも超える事のできるコミュニケーションの1つで、言葉にできない自分のあらゆる感情を表現できる手段だと思います。
 
人々を楽しませ、時には勇気づけ、喜びを与えたり、怒りや悲しみや苦しみを共有できるものでもあると思います。
そしてそれを演奏する演奏家というのは、同じ芸術でも美術作品とは違い、作曲された作品に入り込むことができ、またそこから自らの感情や考えをプラスして表現する事ができるものだと思います。わたしにとって、なくてはならない存在です。
 
 
160702
時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演:
ヴァイオリン:小西もも子
ピアノ:奥田ななみ
 
プログラム:
モーツァルト:ヴァイオリンソナタ ト長調 K.301
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より シャコンヌ
フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2016年6月25日(土)寺根佳那 ピアノ・リサイタル【インタビュー】


2016年6月25日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
~神秘の鐘~ と題して、寺根佳那 ピアノ・リサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
寺根佳那さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のために
このブログを書かせていただきました。
 
LU02_00144_DLG(1)
寺根佳那:ピアノ
東京音楽大学大学院修士課程鍵盤楽器研究領域(ピアノ)修了。
ヤマハPTCコンサート金賞、推薦演奏会(ザ・シンフォニーホール)出演。
東京国際芸術協会第44回新人演奏会合格、審査員特別賞。
埼玉県芸術文化祭2010第3回熊谷ひばりピアノコンクールG1部門(大学・一般の部)金賞。
ハンガリー国立リスト音楽院交歓演奏会(ブダペスト・リスト記念館ホール)出演。
第18回太田国際音楽セミナーにて、イーゴリ・レベデフ教授によるマスタークラス受講。
現在、若手女性演奏家グループ「リュミエール」メンバー。
ラ・フォル・ジュルネ新潟「熱狂の日」音楽祭出演。秋篠音楽堂ロビーコンサート出演。
秋山徹也、荻野千里、村上隆、弘中孝、播本枝未子の各氏に師事。
日本演奏連盟正会員。東京国際芸術協会演奏家会員。
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 
今回のコンサートのサブタイトルである『神秘の鐘』。
ロマンティックであり、情熱的であり、神秘的であり、様々な要素を秘めた美しい名曲を揃えました。
西欧クラシック音楽においても、ロシアの文化においても鐘という楽器やその音色の模倣は重要なモチーフとして用いられてきました。
また、私自身10代の頃から、ピアノを演奏する上で、いつも鐘の音色を意識していました。
そして、『鐘』の音色をテーマとする曲に惹かれていました。
私が感じる『鐘』の音色を、心を込めて表現します。
皆様と会場でお会いできるのを楽しみにしております。
 
 
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
 
まずは、フォーレの舟歌第4番。舟歌とは、ヴェネツィアのゴンドラ漕ぎの歌に由来します。優しくゆったりとしたリズムや揺れ動く波の雰囲気、ロマン的な調の選定と、舟歌の特徴的なリズムで親しまれている曲です。
 
フォーレの夜想曲第6番は、「至上の美しさ」、「天上の音楽の清澄な光の印象」と評されている曲です。フォーレの傑作として広く認められている美しい曲です。
 
ラフマニノフの前奏曲「鐘」は、モスクワのクレムリン宮殿の荘厳な鐘の音にインスピレーションを受けた作品であり、ラフマニノフの最も有名な楽曲の一つです。
 
スクリャービンのピアノソナタ第9番「黒ミサ」は、悪魔的な作品で、神秘和音の頻出が印象的な名曲です。スクリャービンの神秘的芸術観、哲学、心理、独特の世界観を表現し、何かを感じて頂けたらと思っています。
 
リストの超絶技巧練習曲第11番「夕べの調べ」。平和な夕べに鳴り響く美しい教会の鐘の「調べ」。夕べの鐘の響きの描写によって夕暮れの情景を映し出したロマンティックな叙情に溢れる曲です。叙情的でスケールが大きく、大変美しい楽曲です。
 
スペイン狂詩曲は、「ピアノの魔術師」と呼ばれたリストの、超絶技巧が多彩に駆使されている華やかな曲です。副題として≪フォリ・デスパーニュとホタ・アラゴネス≫とあり、この曲では、2つのスペインの旋律が同じ扱いによって処置されています。民族的な旋律の要素もあり、絢爛豪華なピアニズムも印象的です。熱狂的な部分も魅力的で、情熱を感じる名曲です。
 
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
 
私は、3歳からピアノを始めました。
幼少期の「将来の夢」などの作文を見ると、ピアニスト・バレリーナ・モデルになりたいと書いてしまうような夢見がちな子供でした。
小学生の頃は、縁にも恵まれ、ピアノに夢中でした。
学校の授業が終わったら、走って帰宅し、深夜までピアノの練習をすることが日課であり、日々の楽しみでもありました。
小学5年生の頃、ピアニストとバレリーナを当時は目指していましたが、中途半端になるのが嫌だったので、両方は出来ないと思い、どちらかに道を絞る決断をしようと思いました。当時、ピアノのコンクールで毎年金賞を頂き、益々ピアノに夢中になっていたことや、当時の先生の勧めもあり、ピアノを選択しました。
当時、兵庫県に住んでいた私は、小学6年生の時に、大阪音楽大学附属音楽学園(現音楽院)ピアノセミナークラス(ピアニストコース)の受験を勧められ合格し、公立中学校に通いながら、毎週1~2回大阪音大まで通いました。セミナークラスでは、大学生の方と合同でレッスンを教授から受けていました。中学生の頃から、大学生の方と同じクラスでレッスンを受けていたことは大変勉強になり、貴重な機会を頂きました。
それから1年後、中学2年生の秋頃に、公立中学校の音楽の先生に強く勧められ、熱心に誘って頂き、東京音楽大学教授の方とコンサートに出演する機会がありました。その後、兵庫県から神奈川県までレッスンに通うことになり、また同時期にWレッスンの先生として、京都の先生を紹介して頂きました。この頃は、兵庫県の公立中学校に通いながら、毎週、大阪や京都、神奈川までレッスンに通う日々でした。
私は、兵庫県の公立高校の音楽科を受験しようと思っていたのですが、京都の先生にその事を伝えると、「東京に行かないなら私はもうレッスンはしないわ。」とおっしゃられ、東京音大付属高校を受験する事になりました。この時、受験の3ヶ月前でした。
受験の面接の際に、「これが貴女の人生の転機となりますね。」と面接官の方に言われました。その言葉が今でも忘れられません。
面接が終わった日に、母と物件探しをしました。多くの縁や導き、また周りの方の協力があったからこそ、こうやって今も音楽を続けられているということ。改めて思いを馳せると感慨深いものがあります。
音楽を通じて、どう生きるべきかを考える機会も多く、また自分の心の奥底にある感情に気付くことも多々あります。
自分が音楽を続けているのは、惰性なのか、日々の習慣としてなのか。それとも執着心だろうか。3歳から小学生までは、日々最低5~6時間、学生時代は8~10時間の練習をこなす日々でした。
人間関係に辟易してしまうことが多々あり、長年蓄積されていたものが重なり、音楽を愛していたにも関わらず、大学院修了後、(一時期)全て断ち切り離れました。
もう二度と人前で演奏をしようと思わないだろう。万が一またピアノを再開することがあったとしても、以前のように情熱を持って向き合えることはもうないだろう、と漠然と思っていました。
ピアノから離れていた時期は、自分が自分であるという感覚自体が薄れ、いつも物足りなさや虚しさを感じ、また苛々することも増えました。自分がこれまで保ってきたバランスが崩れるのを感じました。
兎に角、3歳からピアノに没頭してきた人生だったので、ピアノが全く無い生活、生き方がどういうものなのか、果たして自分にその生活が出来るのか、全く想像がつきませんでした。それまでの人生といえば、練習が生活の中心で最優先事項でした。一度離れたことにより、初めて人を愛することが出来たり、今まで見えなかった世界をたくさん感じ、学び、価値観が大きく変わりました。
ピアノ、また音楽がずっと自分の心の支えになっていたこと、自分の核であったことに気付きました。また、自分を表現出来る喜びを改めて感じました。
今は、これまでで一番心にゆとりがあり、喜びを持って音楽に向き合えています。
今回、このような素晴らしい演奏の機会を頂けたことに感謝しています。
人が生きていく中で、苦しみや辛いことの方が多いかもしれません。
試練の連続であって、試練を乗り越えていく過程においても、様々な事柄が降りかかります。
音楽によって、希望を感じたり、心が安らいだり高揚したり。
様々な感情を自身で感じ、恐れずに表現し伝えること。苦しい時であっても、心の拠り所にきっとなると思います。
私自身も、音楽を通して人生を謳歌したいと思っています。
 
 
 
160625
時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
プログラム:
フォーレ作曲 舟歌第4番変イ長調 Op.44 、夜想曲第6番変二長調 Op.63
ラフマニノフ作曲 絵画的練習曲 ハ短調 Op.39-1 、前奏曲「鐘」嬰ハ短調 Op.3-2
スクリャービン作曲 ピアノソナタ第9番 Op.68「黒ミサ」
リスト作曲 超絶技巧練習曲第11番「夕べの調べ」 、スペイン狂詩曲
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2016年5月29日(日)スギテツ 軽めに幻想曲【掲載】


 
 
(前記事はコチラ)
 
 
2016年5月29日(日)に東京・日暮里サニーホールで開催される
スギテツ with 東京国際芸術協会管弦楽団 『軽めに幻想曲』 
につきまして現在発行されている以下のフリーペーパーに記事が掲載されております。
 
『 VIVACE 』2016年4月号
(上のリンク先からご覧いただくことができます。また、下の画像をクリックしていただきますと大きく表示されますので読むことができます。)
VIVACE201604
 
設置場所は、コチラ(リンク先)になります。
関東の主要ホール・レコード店で入手できますので、お手にとってみて下さい。
 
 
また、FM NACK5で毎週日曜日6:00〜6:55に放送されているスギテツの番組
「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」でも本公演のCMが流れております。
カッコいいCMを作って下さいましたので、そちらも是非お聞き下さい。
 
 
<チケットのお求めにつきまして>
 
イープラスでのご購入はコチラとなります。
 ※手数料をお安くおさえる購入方法がリンク先に書かれています。
 
東京国際芸術協会でのご購入はコチラになります。
 ※1万円以上(2枚以上)のご購入で送料(佐川急便での発送)が無料となります。
 ※お電話でのお問い合わせは03-6806-7108(平日9:30~18:30のみ)となります。
 
 
16052903
 
この公演の大きな特徴は、オーケストラとスギテツさんとのコラボレーションにございます。
 
岡田鉄平さんは、ハトヤのカルメン幻想曲を演奏されますが、ハトヤのカルメン幻想曲はオーケストラ版がこのコンサートで初演となります。元になったサラサーテのカルメン幻想曲も、鉄平さんのCDアルバム『BRILLIANT ~ヴァイオリン作品集~』ではピアノ伴奏でしたが、フルオーケストラで演奏するバージョンとなります。
 
杉浦哲郎さんは、フルオーケストラを前についに○○をすることになります! 3月21日のツアー東京公演では本人の口からポロっとネタバレがありましたが、最後までお楽しみにお待ち下さい。
 
指揮はイギリスからスティーヴェン・エレリ氏をお迎えして東京国際芸術協会管弦楽団の伴奏のもと、お届けいたします。スティーヴェン・エレリ氏は世界中で指揮をされていて10数カ国語をあやつるマルチリンガルな方です。日本語も非常に得意で、彼が発する冗談のおかげでリハーサルもほのぼの進むような温かいお人柄です。
 
 
スギテツwith東京国際芸術協会管弦楽団
『 軽めに幻想曲 』

日程: 2016年5月29日(日)
場所: 東京・日暮里サニーホール(JR日暮里駅・南口より徒歩2分)
時間: 19:30開演(19:00開場)
料金: 全自由席 前売5,000円 当日5,500円
指揮: スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽: 東京国際芸術協会管弦楽団
プログラム:
【第1部】
ロッシーニ:ウィリアム・テル序曲
サラサーテ:カルメン幻想曲 他
【第2部】
ハトヤのカルメン幻想曲 (オーケストラ版初演)
その他、第1部で演奏した曲目を題材にしたスギテツの曲目たち
 
16052904
 
<ご入場につきまして>
 
会場は全席自由席でのご販売となります。
17:30から整理券を発行させていただきますので、チケットを予めご購入の上、整理券配布の列にお並びください。
チケットをご購入されていないお客様は、当日のチケット販売や前売券の取り置きチケットのお引き換えが、同じく17:30からとなりますので、整理券配布の列にお並びいただけるのが遅くなってしまいます。
その点を考慮しますと、当日券の購入や、前売券の取り置きチケットになさるよりは、事前購入で御手元にチケットを確保されていることをお勧めします。
 
19:00から開場となりますが、整理券の若い番号の方からご入場いただくことになりますので、若い番号の整理券をお持ちの方は19:00前にご参集下さい。

2016年4月9日(土)齋藤恵理&椿太陽 デュオ・リサイタル vol.2【ギャラリー】


2016年4月9日(土)に日暮里サニーホールで
齋藤恵理&椿太陽 デュオ・リサイタル vol.2 が開催されました。
 
齋藤恵理
齋藤 恵理(ソプラノ)
東京音楽大学音楽学部声楽専攻卒業。成田繪智子氏に師事。ウィーン留学。K・エクイルツ氏の元でドイツ・リート等学び、演奏会に出演。オペラでは「フィガロの結婚」伯爵夫人、「コジ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「ラ・ボエーム」ムゼッタ、「カルメン」フラスキータ、「ワルキューレ」オルトリンデ、「魔笛」侍女Ⅰ、「トゥーランドット」タイトルロール、「メリー・ウイドウ」ハンナ役等で出演。2009年CMに歌が起用される。2010年9月上海万博日本館にて演奏会出演。国際基督教大学献学60周年記念事業演奏会、ブラームス・ドイツレクイエムのソプラノソリストにて出演。現在オペラに出演する一方、オペラ制作、コンサート企画等をし、好評を得ている。横浜シティオペラ会員。東京国際芸術協会会員。東京音楽学院講師。よみうりカルチャー講師。
 
 
椿太陽 (4 - 4)
椿 太陽(ヴァイオリン)
2歳よりヴァイオリンを始める。第17回高文連ソロ・コンテストにおいて最優秀音楽賞(全4部門総合1位)受賞。第10回“万里の長城杯”国際音楽コンクール第1位。併せて、中国駐大阪総領事賞受賞。他、多数のコンクールにおいて受賞。昭和音楽大学器楽学科演奏家コース卒業。活発な演奏活動を行いながら、後進の指導にもあたり多くの門下生がコンクールに上位入賞している。また数多くのコンクールに審査員として招かれている。2011年より、タレントでシャンソン歌手のピーコ氏とコンサートを行う。作曲家としても活動し、自身が作曲し演奏したCDが2013年にリリースされた。東京音楽学院講師。これまでにヴァイオリンを河村百合子、小林美恵、ジェラール・プーレの各氏に、ピアノを花田直美、金子勝子、上野裕規子の各氏に師事。
 
 
蔵愛美
蔵 愛美(ピアノ)
三歳より昭和音楽大学附属音楽教室に入室、ピアノを始める。私立国立音楽大学附属高校を経て昭和音楽大学ピアノ演奏家コースを卒業。同大学研究生課程修了。高校大学在学中より学内外の演奏会に出演。卒業後はピアノソロ、伴奏等の他にアコーディオンでの演奏も行っている。これまでにピアノを峰岸小織、吉野康弘、N.ユジャニン、窪田あや子、川染雅嗣各氏に師事。町田市芸術協会指導者連盟会員。東京音楽学院講師。
 
 
IMG_1973

IMG_1976

IMG_1978

IMG_1979

IMG_1986
IMG_1975

IMG_1993

IMG_1997

IMG_1999
ヨハン・シュトラウス2世:春の声
 
ドナウディ:ああ、愛する人の
 
バッハ:無伴奏ヴァィオリンパルティータ 第2番より「シャコンヌ」
 
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」より“私が街を歩けば ”
 
マスカーニ:アヴェ・マリア
 
エルガー:愛の言葉
 
椿太陽:For You
 
小林秀雄:演奏会用アリア すてきな春に
 
フランク:ヴァィオリン・ソナタイ長調より第4楽章
 
ジーツィンスキー:ウィーン わが夢のまち 
 
レハール:喜歌劇「メリー・ウイドウ」より“たかなるしらべ”
 
 
IMG_1971

IMG_1972

2016年4月9日(土)鈴木萌子ピアノ・リサイタル【ギャラリー】


2016年4月9日(土)に日暮里サニーホールで
「ロマン派音楽に魅せられて」と題して、鈴木萌子ピアノ・リサイタル が開催されました。
 
鈴木萌子@Shigeto Imura
鈴木 萌子:ピアノ
12歳より柚木裕美子氏よりペース・メソッドによる音楽教育を受ける。
神奈川県立弥栄高等学校芸術科音楽専攻を経て、2015年上野学園大学音楽学部音楽学科演奏家コースピアノ専門卒業。
第14回スガナミピアノコンクール音大生部門銅賞。第30回日本ピアノ教育連盟主催ピアノオーディション「地区優秀賞」受賞。第35回コンセール・ヴィヴァン新人オーディション合格。平成26年度「葉山町新人演奏会・輝け若き演奏家たち」にソロで、「皇居内 桃華楽堂御前演奏会」「読売新人演奏会」に助演で出演。
ソロのみならず室内楽、合唱伴奏なども数多く手がけ様々な演奏会に出演。
現在、コンセール・ヴィヴァン「リュール」に所属し演奏活動をしながら後進の指導にあたっている。スガナミ楽器ピアノ科講師、弥栄高等学校芸術科音楽専攻非常勤講師。
これまでにピアノを横山幸雄、山崎紫乃、田中照子の各師に師事。
 
 
IMG_1958

IMG_1961

IMG_1962

IMG_1964

IMG_1966

IMG_1967

IMG_1969
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第30ホ長調 作品109
ブラームス:2つのラプソディ より 第1番
シューマン:フモレスケ 作品20

20160409鈴木1

20160409鈴木2

20160409鈴木3

20160409鈴木4

20160409鈴木5

20160409鈴木6

20160409鈴木7

20160409鈴木8

20160409鈴木9
 
 
以下は当日配布しましたプログラムより、鈴木萌子さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日は日々お忙しい中ご来場いただき、ありがとうございます。そしてこのような機会を提供してくださった東京国際芸術協会の皆様、この日を迎えるにあたって先生や両親、友人、生徒さん、関係者の方々といった多くの方々に支えられました。感謝申し上げます。大学を卒業して1年経ち、様々な想いを持ってステージに立ちます。皆様が来て良かったと思える演奏会になるよう精一杯演奏します。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)