2016年 1月 の記事

2016年3月26日(土)氏家球子ソプラノ リサイタル【インタビュー】


2016年3月26日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
「~星に抱かれて~」と題して、氏家球子ソプラノリサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
氏家球子さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のために
このブログを書かせていただきました。
氏家球子 ソプラノ
氏家球子:ソプラノ
郡山女子大学短期大学部音楽科を経て、上野学園大学音楽学部音楽学科演奏家コース卒業。第17回“万里の長城杯”国際音楽コンクール声楽部門一般の部A第3位、第7回さくら音楽コンクール声楽部門一般A1第2位(1位なし)受賞。これまでに長谷川素子、遠藤優子、佐藤美枝子、庄智子の各氏に師事。コンセール・ヴィヴァン、石川音楽家協会会員。
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
 昨年に続きサニーホールで歌わせていただけることを心より感謝いたします。足を運んでくださる方へ、これまで私を支え導いてくださった方へ、少しでも何かお返しすることができたらと当日を心待ちにしております。

・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
 前半と後半に一曲ずつ、オペラの終幕でヒロインが息絶える場面を演奏いたします。前半の、オペラ≪マノン・レスコー≫よりアリア「一人さびしく捨てられて」は、欲望のままに生きたマノンがついに破滅し、自分の運命に対する悲しみと怒りを歌う絶望の音楽です。
後半の≪タイス≫より「覚えていますか、あの旅を…」は街を退廃させるほどの遊女だったタイスが改心し、罪を許され天に召される安らぎの音楽です。作曲者マスネはここに二幕の瞑想曲の旋律を登場させ、清らかで幸福に満ちた心情を表しています。
どちらの女性も美しさゆえに孤独な人生を送り、愛してくれた男性を残して行きますが、その場面を描く音楽は対照的です。それを表現しお伝えできたらと思います。

・あなたにとって音楽とは何ですか。
 「心を生かしてくれるもの」です。
 心は澄んだ音やきれいな色に癒されることで息をしているのだと思います。それは誰かにとっても同じかもしれないから、担い手の一人としては歌うことを単なる自己表現の手段にしてはならないと思います。音楽は人のつながりの中にあると同時に、たった一人のひとの、心の呼吸のためにあるものです。
 
 
16032602
場所: 東京・日暮里サニーホールコンサートサロン
 
時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
出演:
ソプラノ:氏家球子
ピアノ:吉田由美
 
プログラム:
トスティ:夢
トスティ:理想の人
プッチーニ:オペラ「マノン・レスコー」より “ひとり寂しく捨てられて”
フォーレ:夢のあとに
マスネ:オペラ「タイス」第三幕 第三場 “タイスの死”

 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2016年3月26日(土)マリンバ・ピアノ デュオ ランチタイムコンサート【インタビュー】


2016年3月26日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
「~打~ 木を打つ、弦を打つ、そして 心を打つ」と題して、マリンバ・ピアノ デュオ ランチタイムコンサート が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
お二人の演奏を心待ちになさっているファンの方々のために
このブログを書かせていただきました。
 

小池麻里子
小池麻里子:マリンバ
都立芸術高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部を卒業。世界的マリンバ奏者、安倍圭子に師事。安倍氏作曲の作品Wave impressions ||の演奏では表現力と卓越した演奏で安倍氏からも高い評価を受けている。現在、ソロ活動や様々なジャンルのゲストでの出演、ファッションショーのモデルなど、ジャンルを問わず幅広く活躍中。
 
 
坂巻貴彦
坂巻貴彦:ピアノ
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。同大学研究2年生に在籍し、高田匡隆氏のもとで研鑽を積む。第1回東京国際ピアノコンクール一般部門 第1位。第17回 “万里の長城杯”国際音楽コンクール ピアノ部門 一般の部 第2位。Pleiades music office所属アーティスト。
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
一年半前に出会った私たちが最初に演奏したのは第9回安倍圭子国際マリンバアカデミーが企画したコンサートでした。その時味わった感動を再び楽しみたい!そしてそれを超える演奏をしたい!と思い今回のコンサートを開催するに至りました。コンサートのタイトルにもありますように、今回のテーマは「打」。ピアノはハンマーで弦を打ち、マリンバはマレットで木を打ちます。その「打」という共通の手段で様々な名作を感動に変えてお届けします!!お楽しみに!!
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
今回はマリンバとピアノのオリジナル曲に限らず、ヴァイオリンの曲や歌曲などにも挑戦する予定です。「ヴァイオリンの曲がこんな風に変わるの?!?」「ピアノとマリンバの共鳴する響きってすごい!!」などなど感動を超えて驚きの連続だと思います!
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
この質問に音楽家は往々にして頭を悩まされます。「あなたにとって生きるとは?」と聞かれたときのことを想像してください。とても難しい質問です。つまり私たちにとって音楽とは生きることそのものなのです。
 
 
16032603
時間:11:30開演(11:00開場)
 
料金:全席自由 2,500円
 
出演:
小池麻里子:マリンバ
坂巻貴彦:ピアノ
 
プログラム:
モンティ:チャルダッシュ
ブラームス:ハンガリー舞曲 第5番
バルトーク:ピアノソナタより第3楽章
ガーシュイン:アイガットリズム
ピアソラ:1930 Café ,リベルタンゴ
その他、皆様がエキサイトできる曲目を たくさんご用意しております!!
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2016年3月22日(火)小田原美佳 ソプラノリサイタル【インタビュー】


2016年3月22日(火)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
小田原美佳ソプラノリサイタル が開催されます。

リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
小田原美佳さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のために
このブログを書かせていただきました。
小田原美佳
小田原美佳:ソプラノ
岩手県出身。上野学園大学音楽学部演奏家コース卒業。上野学園大学午後のコンサートシリーズ、卒業演奏会、東京国際芸術協会新人演奏会などに出演。東京二期会準会員。佐藤美枝子氏に師事。
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
このような舞台に立てた事を大変嬉しく思います。
これまでご指導下さった先生方、また支えて下さった方々に感謝しております。
初めてのリサイタルで大変緊張しておりますが、精一杯頑張ります。
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
プログラム前半は、日本語の曲を演奏致します。
日本語の美しい響きと和の柔らかなハーモニーを楽しんで頂けたらと思います。
プログラム後半はイタリア語の曲を演奏致します。
思わず踊り出してしまいそうな、イタリアの陽気なメロディとパッションをお楽しみください。
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
私にとって音楽は人生そのものです。
小さい頃から歌手になるのが夢でした。
今、その夢、目標に向けて精一杯生きています。
音楽がなければ今の私はないと思っております。
 
 
160322
時間:19:30開演(19:00開場)
 
料金:全席自由 2,500円
 
出演:
ソプラノ:小田原美佳
ピアノ:下岡達朗
 
プログラム:
〔 日本歌曲 〕
中田喜直 :日本のおもちゃうたより
  I. あねさまにんぎょう V. 竹とんぼ
  II. ヨーヨー VI. おまつりはどこ
  III. お手玉とおはじき VII. 紙風船
  IV. 海ほおずきと少年
團伊玖磨 : 「夕鶴」より さようなら
 
〔 イタリア近代歌曲 〕
A.ペスタロッツァ : チリビリビン
P.マスカーニ : セレナータ
P.チマラ : 郷愁
S.ガスタルドン : 禁じられた歌
G.プッチーニ : 「トゥーランドット」より
  お聴きください、王子さま
  氷のような姫君も
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2016年3月26日(土)飯塚美由記・横山祐子ジョイントリサイタル【インタビュー】


2016年3月26日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
飯塚美由記・横山祐子ジョイントリサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
お二人の演奏を心待ちになさっているファンの方々のために
このブログを書かせていただきました。
クラリネット  飯塚美由記
クラリネット:飯塚美由記
国立音楽大学器楽学科卒業。在学中ソロ・室内楽オーディションに合格。卒業演奏会出演。同大学より国内外研修奨学金を授与される。第1回ヤングクラリネッティストコンクール入選。その他、日本及びフランス各地にて多数の国際音楽祭に参加。ドルチェ・ミュージック主宰。小山音楽家協会会員。MCFオーケストラメンバー。
 
 
フルート  横山祐子
フルート:横山祐子
国立音楽大学フルート専攻卒業。ソロ室内楽演奏会、卒業演奏会、フルートデビューリサイタル等に出演。レ・スプレンデル音楽コンクール、TIAA日本クラシックコンクール等にて入賞、また審査員賞受賞。小山音楽家協会会員。日野社会教育センター講師。フルート教室「笛吹きの会」主宰。ムジカクオーレメンバー。
 
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
今回、大学時代の同級生の横山祐子さんと一緒にリサイタルを開催できますことを、とても嬉しく思います。
横山さんとは長く仲良くさせて頂いておりますが、フルートに対する真剣な姿勢を尊敬していますし、いつも会う度に、私も頑張ろう!と刺激を受けております。
それから、演奏会にお越しくださるお客さまに楽しんでいただけるよう、心より感謝の気持ちを込めて演奏したいと思います。(飯塚美由記)
 
今回こうしてリサイタルの機会を与えていただいたことにとても感謝しております。
これまで、フルートを通して多くの人の支えがあったからこそ、私はフルートを続けることができました。
惜しみなく勉強させてくれた両親、ご指導いただいた先生方、温かい言葉で勇気づけてくださった方々、ずっとずっと応援してくださる方々。
今の私を育ててくださった方々への気持ちを心に留め、これまで積み重ねてきたものを、感謝の気持ちとともに表現できるような演奏会にしたいと思っています。(横山祐子)
 
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
今日のリサイタルでは、ソロとアンサンブルの両方を演奏いたします。
曲目も、バッハ(1685~1750)からコネッソン(1970~)まで、 幅広いプログラムとなっておりますので、それぞれの曲の魅力を存分に味わって頂けたら嬉しいです。(飯塚美由記)
 
今回はバラエティ豊かなラインナップとなりました。
タランテラの不気味さや、ゴーベール独特の和音の美しさ、ショッカーの愉快さだったりウェーバーの華やかさ、テクノパレードのエキセントリックさ(笑)など、それぞれの曲の違いを感じていただきたいです。(横山祐子)
 
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
私にとっての音楽は、両親からいただいた、大切な宝物です。
私が音楽大学を目指したいと両親にお願いした時から、大学を卒業するまでの長い間応援、協力をしてくれました。
私も3児の母となった今、両親の大変さを見にしみて感じています。
こうして演奏活動が出来ることを家族に感謝しながら、これからも日々努力していきたいと思います。(飯塚美由記)
 
私にとっての音楽は「いつもここにあるもの」です。
いつもそばにあって、切り離すこともできなければ、消すこともできないものです。(横山祐子)

16032601
時間:15:30開演(15:00開場)
 
料金:全席自由 2,500円
 
出演:
クラリネット:飯塚美由記
フルート:横山祐子
ピアノ伴奏:高鳥舞
 
プログラム:
サン=サーンス:タランテラ 作品6
J.S.バッハ:フルートソナタ ロ短調
Ph.ゴーベール:ロマンス
G.ショッカー:スティルエアヘッド より
ウェーバー:グランド・デュオ・コンチェルタント 作品48
G.コネッソン:テクノパレード
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2016年2月21日(日)谷田部実香ピアノ・リサイタル【インタビュー】


2016年2月21日(日)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
谷田部実香ピアノ・リサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
谷田部実香さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のために
このブログを書かせていただきました。
谷田部実香
谷田部実香:ピアノ
盛岡市出身。4歳よりピアノを始める。
昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。
シュトゥットガルト国立音楽演劇大学大学院ピアノ科卒業。
第14回、第17回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。大学在学中、学内コンチェルト定期演奏会にソリストとして出演。昭和音楽大学卒業演奏会、第79回読売新聞社新人演奏会に出演。
ザルツブルグ夏期国際音楽アカデミー、ムルハルト国際ピアノアカデミー他、国外の講習会に参加。ドイツ国内にて、ソロ・室内楽のコンサートに出演。帰国後ソロリサイタルを開催。
これまでにピアノを平川洋子、内海咲子、萩島薫、小林美樹、カール・ヴィルヘルム・ベルガーの各氏に、室内楽を奥平純子、松岡淳の各氏に師事。
 
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
サニーホールで演奏させていただけることを、大変嬉しく思います。
聴きに来てくださる方々に良い時間を過ごしていただけるよう、準備を重ねて良い演奏が出来ればと思います。
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
ベートーヴェンの「告別」・ショパンの「葬送」など、標題のあるソナタを中心に演奏させていただきます。それぞれ時代も作曲されたきっかけも異なる作品ですので、聴きながら内容の違いを感じ取っていただけたら幸いです。
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
演奏にはすべてが表れると思いますので、音楽と向き合うときはいつも自然な気持ちでいたいと思っています。
音楽を聴いたりピアノを弾いたりすることは、私にとって特別な時間であり、これからもずっと大切にしていきたいもののひとつであると日々感じています。
 
 
16022101
時間: 13:30開演(13:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
プログラム:
ベートーヴェン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 作品81a 「告別」
ショパン:ノクターン第17番 ロ長調 作品62-Ⅰ
ショパン:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 作品35 「葬送」
 
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)