2015年 6月 の記事

2015年6月20日(土)吉田千花 ピアノ・リサイタル【ギャラリー】


2015年6月20日(土)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
吉田千花ピアノ・リサイタルが開催されました。
 
ピアノ:吉田千花
吉田千花 (2 - 4)
東京音楽大学音楽学部器楽専攻を経て、東京音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻鍵盤楽器研究領域(ピアノ)修士課程修了。第35回東京音楽大学学内演奏会、平成23年度ピアノ卒業演奏会等に出演。
第1回東関東ピアノコンクール上級の部優秀賞受賞。第7回フレッシュ横浜音楽コンクール大学生S部門銅賞。第16回“長江杯”国際音楽コンクールピアノ部門大学の部第3位。第7回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール大学生・一般部門第4位受賞により、学費免除推薦にてウィーン国立音楽大学マスタークラスを受講しSontraud Speidal氏に師事、ディプロマを取得。第22回ヤングアーチストピアノコンクールピアノ独奏部門Gグループ銅賞。第27回大仙市大曲新人音楽祭コンクールピアノ部門奨励賞受賞。第21回おきでんシュガーホール新人演奏会入選。
4歳より清水律子氏の手ほどきでピアノを始め、これまでに上仲典子、米元えり、水谷稚佳子、岡藤由希子、播本枝未子、ピアノデュオを植木純、室内楽を伊賀あゆみの各氏に師事。
現在、東京都内・茨城を中心にソロ・アンサンブル等の演奏活動を行っている。うしく音楽家協会会員。
 
IMG_9028

IMG_9032

IMG_9042
 
バルトーク: ピアノ・ソナタ
グリーグ:組曲「ホルベアの時代より」 作品40
シューマン: アレグロ ロ短調 作品8
伊福部昭: 「ピアノ組曲」より「盆踊」「七夕」
芥川也寸志: ラ・ダンス
シマノフスキ: 仮面劇 作品34
 
201506201吉田千花1

201506201吉田千花2
 
以下は当日配布しましたプログラムより、吉田さんからお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日は、お忙しい中お越しいただきありがとうございます。学生を卒業して約1年が経ったところで、人生初のソロリサイタルを開催するチャンスをいただき大変嬉しく思っております。先生方、家族や友人、応援してくださるすべて方々に支えられながら大好きな音楽を勉強し続けられる幸せを噛み締め、感謝の気持を込めて演奏いたします。
今回主催をされます東京国際芸術協会様をはじめとするすべての関係者の方々に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

2015年5月23日(土)TIAA協奏曲 ヌーベルバーグ2015 PART1&2【動画】


2015年5月23日(土)に日暮里サニーホールで開催されました
「TIAA協奏曲 ヌーベルバーグ2015 PART1&2」の動画(抜粋)がyoutubeにアップされました。
 
PART.1とPART.2に出演された12名のソリスト様たちを
ピアノ編と弦楽器&声楽編に分けて2つのクリップにまとめさせていただきました。
 
<弦楽器/声楽>

松原まり(ヴァイオリン)
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35

外村理紗(ヴァイオリン)
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64

山本絵里奈(ヴァイオリン)
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番 ト短調 作品63

安田沙綾(チェロ)
ハイドン:チェロ協奏曲第1番 ハ長調

中島晶子(メゾソプラノ)
マスカーニ:ママも知るとおり(オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より)
 
 
<ピアノ>

堀江美華(ピアノ)
ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11

橋本先絵(ピアノ)
ハイドン:ピアノ協奏曲第11番 ニ長調

志村麻美(ピアノ)
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37

浜野千佳子(ピアノ)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 作品30

新妻友機(ピアノ)
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品.16

平岩政子(ピアノ)
シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品54

渡辺まこみ(ピアノ)
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
 
 
<番外編>

エルガー:威風堂々第1番
指揮:スティーヴェン・ドミニク・エレリ
管弦楽:東京国際芸術協会管弦楽団
 
指揮者が暮らすイギリスが生んだ大作曲家エルガーの名曲をPART.2の冒頭に演奏させていただきました。日本でも有名なこの曲ですが、イギリスでは自由に歌詞を付けて演奏と一緒に客席でお客様が歌ったり手拍子してホール中が一体となって楽しむ曲だ、と指揮者から客席に向けて解説がありました。日本では、ラデツキー行進曲の演奏時にお客様が手拍子を打つことはあっても、まだまだ威風堂々の演奏時に手拍子したり歌ったりというケースは見かけないですが、イギリスでのそうした演奏の様子がテレビ放送などで広まると日本でも導入される演奏会が増えるかもしれませんね。
 
 
 
tit
ソリストが希望する演奏曲をオーケストラが伴奏する夢の企画「ヌーベルバーグ」は、現在来年5月28日(土)夜公演 / 29日(日)昼公演のソリストを公募しています。詳細はコチラからお問合せください。

2015年6月20日(土)吉田千花 ピアノ・リサイタル【インタビュー】


2015年6月20日(土)に日暮里サニーホール・コンサートサロンで
吉田千花 ピアノ・リサイタル が開催されます。
 
リサイタルに向けての抱負をインタビューいたしましたので、
吉田千花さんの演奏を心待ちになさっているファンの方々のために
このブログを書かせていただきました。
 
【吉田千花さん】
4歳より清水律子氏の手ほどきでピアノを始める。東京音楽大学音楽学部器楽専攻を経て、東京音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻鍵盤楽器研究領域(ピアノ)修士課程修了。
第1回東関東ピアノコンクール上級の部優秀賞受賞。第7回フレッシュ横浜音楽コンクール大学生S部門銅賞。第16回“長江杯”国際音楽コンクールピアノ部門大学の部第3位。第7回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール大学生・一般部門第4位。副賞として東京国際芸術協会より学費免除推薦を受けウィーン国立音楽大学マスタークラスを受講しゾーラント・シュパイデル氏に師事、ディプロマ取得。第22回ヤングアーチストピアノコンクールピアノ独奏部門Gグループ銅賞。第27回大仙市大曲新人音楽祭コンクールピアノ部門奨励賞受賞。第35回東京音楽大学学内演奏会、平成23年度ピアノ卒業演奏会等に出演。
これまでにピアノを上仲典子、米元えり、水谷稚佳子、岡藤由希子、播本枝未子、ピアノデュオを植木純、室内楽を伊賀あゆみの各氏に師事。
現在東京都内・茨城を中心にソロ・アンサンブル等演奏活動を行っている。うしく音楽家協会会員。
吉田千花 (2 - 4)
 
・今回のリサイタルに向けての抱負を教えてください。
昨年受けたコンクールの副賞を受け、今回このようなリサイタルを開催させていただく運びとなり大変嬉しく思っております。これまでソロやアンサンブルなど様々なコンサートを経験してまいりましたが、大学院生時代の60分の修士演奏試験を除いてはこれが人生初のソロ・リサイタルとなります。
学生時代は常に楽譜やその作曲家の意図した事と向き合い「正しく弾く」ことを要求されました。しかし、学生を卒業して約1年たった今、それを踏まえた上での「私らしさ」や「感動する演奏」とは何だろうと考え、音楽をすることと向き合うようになりました。世の中には様々なピアニストがいるように、同じ曲でも100人いれば100通りの演奏が存在します。まだ自分の演奏スタイルが完全に確立しているとはいえませんが、今回の舞台を新たなスタート地点とし、私らしい演奏と音楽の楽しさを伝える一心で準備してまいります。
 
・演奏される曲の聴き所などを教えてください。
今回のプログラムはロマン派を現代曲で挟むような形になりました。非常に民族性の強い音楽や美しく叙情的な音楽、現代的な作曲技法に富んだ音楽など様々なタイプの作品を取り上げます。
特に今回演奏するバルトークのピアノ・ソナタや邦人作曲家である伊福部昭さんと芥川也寸志さんの作品は各国独特の民族色が強く描かれた、とても興味深い音楽ばかりです。また、グリーグのホルベルク組曲(組曲「ホルベアの時代より」作品40)においては、今日では作曲者自身の編曲による弦楽アンサンブル版の方が演奏される機会も多く非常に有名ですが、今回はその原曲(ピアノ版)を演奏いたします。
このように名曲から普段なかなかコンサートで演奏されることの少ないものまで様々なジャンルの作品を取り上げますので、それらを今回のリサイタルで楽しんでいただけるチャンスになれば大変嬉しいです。
 
・あなたにとって音楽とは何ですか。
私にとって音楽とは人の感情を映す鏡のようなものです。音楽を通して自分自身と向き合い、内面に持っている感性を育て、それを外へと出していきます。
私たち演奏家は作曲家が残した楽譜という媒体からその意図を読み取り解釈をした上で、演奏を通して聴衆にそれらを表現し伝えなければなりません。このような作業をしていく中で必ず大切になってくるのが、自分の持つ芸術的な感性とその表現力の幅です。
例えば役者が台本を読み舞台で演技をするのと同じように、音楽を演奏するという行為はまさに自分自身が持ち得る感情をさらけ出す感覚です。つまり、私たち演奏家は作曲家たちが残してくれた作品を「音」という言葉で演じなければなりません。
普段生活している中で感情的になることは少ないですが、音楽だと自然にそれが出来てしまうのがとても不思議です。
私にとって音楽をすることそのものが、まさに心を持った人間として「生きている」ということを感じる瞬間なのです。
 
150620
場所: 東京・日暮里サニーホールコンサートサロン
 
時間: 19:30開演(19:00開場)
 
料金: 全席自由 2,500円
 
プログラム:
バルトーク:ピアノ・ソナタ
グリーグ:ホルベルク組曲 作品40
シューマン:アレグロ ロ短調 作品8
伊福部昭:ピアノ組曲 より 1.「盆踊」 2.「七夕」
芥川也寸志:ラ・ダンス
シマノフスキ:仮面劇 作品34
 
チケットはまだお求めいただくことが可能です。コチラからご注文下さい。

2015年6月7日(日)齊藤州重&浅井文 デュオ リサイタル【ギャラリー】


2015年6月7日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
齊藤州重&浅井文 デュオリサイタル が開催されました。
 
バリトン:齊藤州重
150207齊藤様広報用データ
オーストリア・グラーツ出身。東京藝術大学声楽科卒業。鹿児島大学大学院教育実践総合専攻修了。第29回鹿児島県高等学校声楽コンクール声楽部門金賞及び最優秀賞受賞。薩摩川内市国際青少年音楽祭に度々出演。2007年オーストリア・ゴルデックにてJ.ロイブル(ミュンヘン音大)マスタークラス受講及びゴルデック城コンサートに出演。2008年中国北京大学・北京交通大学に招かれ中原中也生誕記念演奏プロジェクトに出演。2014年東京国際芸術家協会主催海外音楽大学マスタークラス派遣オーディションに唯一合格。ウィーン国立音大で研鑽を積む。合唱作品のソリストを多数務める。ミュージカルでは日野原重明氏主催公演「葉っぱのフレディ」ダニエル役を好演した。東京国際芸術家協会会員。
 
 
ピアノ:浅井文
0000pka822982さいとうあや_L
東京音楽大学器楽専攻ピアノ演奏家コース卒業。同大学大学院器楽専攻鍵盤楽器研究領域(ピアノ)修了。モーツァルテウム大学ザルツブルク国際サマー・アカデミーに短期留学奨学生として参加、A.ヤシンスキーのクラスを修了。第12回日本演奏家コンクールピアノ部門大学の部第2位及びファツィオリ賞。表参道サロンコンサートピアノジョイントリサイタルに出演。サントリーホール主催デビューコンサートに出演。ウィーン国立音楽大学国際サマー・アカデミーに参加、W.モーア氏に師事。伴奏ディプロマを取得。第8回横浜国際音楽コンクール一般声楽部門にて優秀伴奏者賞受賞。ピアノをイリーナ・メジューエワ、鷲見加寿子、河邉亮子、菊地裕介、野島 稔の各氏に、伴奏を服部容子氏に師事。今年夏から新国立劇場の音楽スタッフとして携わる予定。
 
 
IMG_7461

IMG_7462

IMG_7464

IMG_7466

IMG_7467

IMG_7469
<ピアノ・ソロ>
1.モーツァルト:デュポールの主題による9つの変奏曲
2.ショパン:スケルツォ第2番 作品31
3.ラフマニノフ:楽興の時 作品16より第3・4曲
 
<バリトン・ソロ>
1.スカルラッティ:すみれ
2.ドゥランテ:踊れ、踊れ
3.シューベルト:音楽に寄せて
4.シューベルト:鱒
5.ベートーヴェン:アデライデ
6.モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」より、“訴訟に勝っただと!”
20150607齊藤州重1

20150607齊藤州重2
 
以下は当日配布しましたプログラムより、お二人からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
 本日はお忙しい中、私共のリサイタルに足をお運びいただき誠に有難うございます。
 今回このような演奏会を開催させていただけたことは、東京国際芸術協会様を始め、ご指導下さった先生方、本日お越し下さいました全てのお客様に支えていただいたおかげでございます。
 私たちがこれまで培ってきた音楽に感謝の気持ちを込めて精一杯演奏させていただきたいと思っております。
 どうぞ最後までごゆっくりお楽しみください。

2015年6月7日(日)La lirica geniale ~天才作曲家の音楽【ギャラリー】


2015年6月7日(日)に日暮里サニーホール コンサートサロンで
La lirica geniale ~天才作曲家の音楽~ が開催されました。
 
ソプラノ:武政友希子
IMG_1029
東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。学内卒業演奏会に出演。これまでに、テレコムセンターアトリウムコンサート、東京国際芸術協会新人オーディションを経て新人演奏会などに出演。第5回東京国際声楽コンクール新進声楽家部門入選。声楽を、片岡敬、林ひろみ、水野貴子、武田正雄、野田ヒロ子各氏に師事。現在、恵泉女学園高等学校非常勤講師。
 
 
メゾソプラノ:辰井優子
587R7658
東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。同大学院声楽専攻オペラ研究領域修了。大学院オペラでは「コジ・ファン・トゥッテ」ドラベッラ役、「ラ・チェネレントラ」アンジェリーナ(チェネレントラ)役を演じる。第5回東京国際声楽コンクール新進声楽家部門入選。篠崎義昭、加納里美、服部容子各氏に師事。
 
 
ピアノ:加治屋友美
_002
東京音楽大学器楽専攻ピアノ科卒業。学内卒業演奏会に出演。井元悦子、有満玲子、田中利絵、海老原直美、武田真理各氏に師事。第28回鹿児島新人演奏会県知事賞受賞。東京国際芸術協会マスタークラス派遣オーディションに合格し、ウィーン国立音楽大学マスタークラスに参加。修了コンサートに出演。
 
IMG_7448

IMG_7451

IMG_7453

IMG_7454

IMG_7456

IMG_7457

IMG_7459

IMG_7460
R,シューマン:「ミルテの花より」“Widmung”“献呈” < 辰井・加治屋>
R,シューマン:「ミルテの花より」“Die Lotosblume”“はすの花” < 武政・加治屋>
R.シューマン:「ダヴィット同盟舞曲集」第2集より抜粋 < 加治屋>
山田耕筰:“野薔薇”(作詞:三木露風) < 武政・加治屋>
山田耕筰:“みぞれに寄する愛の歌”(作詞:大木惇夫) < 辰井・加治屋>
W.A.モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」より“あの薄情者は私を裏切り” < 辰井・加治屋>
W.A.モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」より“酷いですって?~おっしゃらないで、私の愛しい人よ” < 武政・加治屋>
W.A.モーツァルト:「イドメネオ」より“この言葉を聞いて私が死ぬのなら” < 武政・辰井・加治屋>
20150607武政友希子1

20150607武政友希子2

20150607武政友希子3

20150607武政友希子4

20150607武政友希子5

20150607武政友希子6
 
以下は当日配布しましたプログラムより、出演者3名からお客様に向けてのメッセージを以下抜粋
 
本日はご来場頂き、まことにありがとうございます。私たち3人で演奏をするのは、今回で3度目となります。以前お越し頂いたお客様には、少しでも成長した姿をお見せし、今回が初めてという方々には、また聴きたいと思って頂けるよう、心を込めて演奏致します。トークはのんびりゆるい3人ですが、偉大な作曲家たちの作品に真剣に取り組みましたので、最後までどうぞゆっくりとお楽しみください。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)