2013年 5月 の記事

ヌーベルバーグ2013 Part.2公演記事


2013年5月26日(日)は午前中に小雨模様だったものの、本番ではお天気も回復してコンサート日和となりました。

前日の本番前にも調律は入れていますが、たくさんのソリストが演奏していますので、この日も調律からスタートです。

ゲネプロでのオーケストラ(東京国際芸術協会管弦楽団)

前日の疲れを微塵も見せず、今日もパワフルなサウンド!
コンサートマスター福本牧さんも自らサウンドチェック。 うわぁ、凛々しい立ち姿!!



続いて本番でのオーケストラ

コンサートマスターの表情から、今どんな音楽が鳴っているのか想像できる1枚ですね。


以下、ソリスト各氏のゲネプロと本番での様子です。

若林 みどり
モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488 第1楽章


井田 有希子
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15 第1楽章


堀内 麻未
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18


髙野 凜
モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 K.537「戴冠式」第1楽章


原 美千代
ブラームス/ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15


この日もお客様から大変好評でした。
終演後にいただいたアンケートを一部掲載させていただきます。
「指揮者が手を抜かず、力強く導いていたので迫力を感じました。若手のピアニストのこれからの成長が楽しみです(65歳女性)」
「オーケストラ、コンダクターがとても良かった。ラフマニノフは素晴らしい演奏でした(女性)」

次回の「ヌーベルバーグ」は今年の12月21日(土)と22日(日)となります。
また素晴らしいソリストと指揮者&オーケストラで臨みますので、どうぞお楽しみに!!

ヌーベルバーグ2013 Part.1公演記事


2013年5月25日(土)はお天気にも恵まれ、良いコンサート日和になりました。
当日のゲネプロの様子と本番の様子を写真を交えてお届けいたします。

ゲネプロでのオーケストラ(東京国際芸術協会管弦楽団)

マエストロ、アツくなり過ぎて、指揮台から落ちないでね(^^;
もう、この時点で片足しか残ってません。土俵際のふんばり!

リハーサル会場での響きとは違う、日暮里サニーホール特有の音の響き方にアジャストしていっています。
これができるのは優秀なオーケストラの証です!

続いて本番でのオーケストラ




スティーヴェン・ドミニク・エレリ氏の情熱的な指揮に導かれて、熱演に至りました。

本当にありがたいことに、当日は満席近いお客様にご来場いただき、
オーケストラもソリストもテンション、モチベーションともにMAXでした。
やっぱり多くのお客様にお聴きいただけるということは
演奏者冥利につき、これほど力が湧き出ることはございません。

(これは開演直後の写真ですが、これ以降、更に多くのお客様にご来場いただけました。)

以下、ソリスト各氏のゲネプロと本番での様子です。

竹内 佑子
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」


秋山 ゆかり
グリエール/コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲 作品82


須永 萌子
グリーグ/ピアノ協奏曲 イ短調 作品16


林田 まどか
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18


お客様からも大変好評だったこのコンサート。
終演後にいただいたアンケートを一部掲載させていただきます。

「楽団のレベルも高く、ソロもよかった(55歳男性)」
「オーケストラ、ステージの割りに大編成でびっくり。ダイナミックで聴きごたえがあった。各パート毎にピアノと協演する所は特に美しかった(無記)」
「ソプラノの硬質ななめらかな陶器を思わせる美しい声がすばらしい。次は叙情的な歌声も聴いてみたい(無記)」
「演奏に感動しました。特にラフマニノフは鳥肌が立ち、最後は涙が出るほどでした(62歳女性)」
「ソリストを毎回公募しての取り組みが素晴らしいと思います。日本の音楽家を育てる意義のあるコンサートだと思いました(女性)」

ヌーベルバーグ2013 Part.1&2公演直前記事2


今週末、5月25日(土)26日(日)に行われるヌーベルバーグ2013 Part.1&2に向けて
順調にリハーサルが進んでおります。
盛りだくさんの協奏曲やアリアをお届けするこのシリーズ、
聴きたかった「この名曲」、ウワサに聞いたことがある「あの名曲」が揃っています。
当日券がまだ少し残っています。どうぞお楽しみに♪

竹内 佑子
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」

秋山 ゆかり
グリエール/コロラトゥーラ・ソプラノのための協奏曲 作品82

須永 萌子
グリーグ/ピアノ協奏曲 イ短調 作品16

林田 まどか
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18

若林 みどり
モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488 第1楽章

井田 有希子
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15 第1楽章

堀内 麻未
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18

髙野 凜
モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番 ニ長調 K.537「戴冠式」第1楽章

原 美千代
ブラームス/ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15

指揮は、スティーヴェン・ドミニク・エレリ
オーケストラは、東京国際芸術協会管弦楽団

ヌーベルバーグ2013 Part.1&2公演直前記事


ソリストが弾きたい!歌いたい!と希望する協奏曲やアリアを演奏することができる
「ヌーベルバーグ」シリーズですが、2013年5月25日(土)18:30~ と、26日(日)13:30~ に、日暮里サニーホールで演奏を行います。

今回は、イギリスから指揮者スティーヴェン・ドミニク・エレリ氏を招聘しております。
しかしここでアクシデントが!!
朝4時に私の元に指揮者から緊急を告げるメールが!
アブダビ空港で、本来搭乗するはずの飛行機に乗れなくなってしまったとのこと。
一瞬で目が覚めました(汗)

急遽、アブダビ=東京の飛行機から、アブダビ=香港=東京の飛行機に
変更して、やっと先ほど東京に着くことができました。(ほっ♪)

本日は、17:30からピアニストを交えたリハーサルがありましたが、
これも急遽予定を変更。
そして22:30からリハーサルがスタートしました。

突然の予定変更に対応して下さったピアニスト原美千代さんに感謝です。

こんな夜遅くにリハーサルができるのも、
弊会の所有するビルの1階が音楽スタジオになっているおかげです(´д`;)
一般の公共施設やクラシック専門のホールでは対応できなかったでしょう。

この記事を書いている23:00現在まだリハーサルが続いております。
みんな終電は大丈夫かなぁ。。。

関わる人全ての情熱が詰まったこのコンサート。
ぜひお楽しみになさって下さい。
チケットはまだ当日券もございます!
Part.1:5月25日(土)
Part.2:5月26日(日)

(追記)
指揮者の名誉のために申しますが、今回のトラブルは航空機会社やアブダビ空港が原因のようです。
そのため無償でキャセイ・パシフィックにチケットを変更できたようです。
翌日便ではなく、当日便への振り替えに尽力下さったアラブの方々、空港職員各位、キャセイ・パシフィックの方々には、この場を借りてお礼申し上げます。

2013年5月12日(日) 第2回 神谷玲子ピアノ リサイタル 


2013年5月12日(日)に、東京・日暮里サニーホールコンサートサロンにて神谷玲子さん(ピアノ)によるリサイタルを開催いたしました。

神谷玲子さんは武蔵野音楽大学ピアノ科とエッセンフォルクヴァンク芸術大学を卒業し、エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクールにて3位を得ていらっしゃいます。また東京国際芸術協会管弦楽団の伴奏でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏されたり、コンピレーションアルバム「REFRESH!」に演奏が収録されていたりと、幅広い活躍をされています。一昨年に開催された前回のリサイタルでも、多くのお客様から賛辞を集め、この度、第2回目のリサイタル開催の運びとなりました。

ご子息、正倫さんによる司会も皆様の楽しみどころの一つではなかったでしょうか。

ドビュッシー/「アラベスク」第1番

ドビュッシー/ベルガマスク組曲より「月の光」
(途中、宙を見ながら演奏されているのが印象でした。)

ドビュッシー/ピアノの為により 「プレリュ―ド」
バッハ/「イヱスよ、私は主の名を呼ぶ」コラール前奏曲BWV639
ブラームス/小品集Op 118第2曲「間奏曲」
ショパン/プレリュードOp 28第13番
ショパン/即興曲第1番
プーランク/15の即興曲の第15曲「エディットピアフを讃えて」
ショパン/バラード1番

第1回に引き続き、多くのお客様に喜んでいただきました。 第3回目を待ち遠しく思います。

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)