2011年 2月 の記事

弦楽オーケストラの演奏会(お知らせ)


弦楽オーケストラ 【Souvenir della Musica】の第二回演奏会が、今週日曜日2月13日に催されます。
Souvenir della Musicaとは「音楽の贈り物」という意味です。

昨年の第一回演奏会では、すみだトリフォニー小ホールが満席になり、多くのお客様をお断りせざるをえませんでした。今回はより多くのお客様に御来場いただけるよう、少し大きめの会場になりました。

既に、S席(指定席)は残り1枚となってしまいました。 A席(自由席)はまだ残りがございます。

会場は、東京・旧東京音楽学校奏楽堂にて18:00開演(17:30開場)です。

先日、同会場でリハーサルを行いましたが、明治より数多くの音楽家を輩出してきた素晴らしい上野のホールでの演奏はまた格別なものです。

今回はご縁がありまして、高木和弘先生(東京交響楽団コンサートマスター、山形交響楽団特別首席コンサートマスター)のレッスンをアンサンブルとして受けることができ、団員の意気も上っております。

曲目はサブタイトルの『From northern countries』の通りヨーロッパの北側の国々の作曲家の作品からお届けします。

エルガー:弦楽セレナーデ


ニールセン:小組曲


シベリウス:アンダンテ・フェスティーヴォ

チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ(チェロ独奏:広瀬直人)

グリーグ:2つの悲しき旋律

グリーグ:組曲『ホルベアの時代から』




(アンコール)

司会の北川美紀さんを交えて、クラシック初心者にもわかりやすいコンサートになります。
【特別サイト】http://www.tiaa-jp.com/souvenirdellamusica/20110213/index.html

『あらかわバイロイト』公演監督の田辺とおる氏から寄稿をいただきました推薦文(『夢追いストリングスが奏でる北の国の調べ』)も掲載させていただいております。

♪皆様の耳に音楽が届きますように♪

(追記:コンサートが終わりましたので動画を埋め込みました)

第4回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール


2011年1月29日から開催されました第4回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクールも、

昨日2月5日の本選を終え、本日2月6日の結果発表を表彰式を迎えることとなりました。

モスクワ音楽院の教授でいらっしゃるエレーナ・リヒテル先生は、お忙しい方ですが、

その期間、東京に滞在されて、コンクールの審査

(小学生~高校生部門の本選から、大学・一般部門の二次予選から)

をお願いする傍ら、

当協会が開催しております先生のマスタークラスにて熱心な生徒様方に御教授下さいました。

全ての結果発表は後日、当協会のホームページで改めて行いますが、

大学・一般部門で見事に1位を取られた荒井清花さんとリヒテル先生のツーショットを

記念に掲載させていただきます。

本選のときの荒井清花さんの演奏を調光室から撮影したのがコチラ

2011年9月19日に受賞者による披露演奏会も計画されておりますので、

受賞者の方々の演奏を楽しみにお待ち下さい。

なお、リヒテル先生は明日の飛行機で日本を経つそうです。(お忙しい!)

スパスィーバ!

さて、コンクールの開催中には、エレーナ・リヒテル教授の娘さんでいらっしゃる

エカチェリーナ・リヒテルさんも来日されていらっしゃいました。

せっかくの機会ですので、1月30日に同会場にてリサイタルを行いました。

ピアノ・ソロの曲に加え、日本の有望な若手奏者とともにピアノ四重奏も演奏されました。

ピアノ:エカチェリーナ・リヒテルさん
ヴァイオリン:椿 太陽さん
ヴィオラ:植田 唯さん
チェロ:中村 浩太郎さん

Mozart: Variations “Salve tu, Domine” F-Dur KV 398
Allegro g-moll KV 312
Capriccio C-Dur KV 395
Eine kleine Gigue G-Dur KV 574
L.v.Beethoven: Sonata op.10 Nr. 1 c-moll:
I.Allegro molto e con brio. II.Adagio molto. III.Finale. Prestissimo
C.Debussy: Etude Nr.4 “Pour les Sixtes”
S.Prokofiev: Visions fugitives op.22
Nr.4 Animato, Nr.7 Arpa. Pittoresco
Nr.14 Feroce, Nr.15 Inquieto
Nr.18 Con una dolce lentezzaMozart: Piano quartet K.493 Es-durMozart: Piano quartet K.493 Es-dur

きっと来年もお母様と一緒に来日して下さると思いますので、

今年、聴き逃してしまった方は、来年の第5回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクールの

期間中に行いますリサイタルまで首を長くしてお待ち下さい。

第20回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール(愛知)


1月29日は第20回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールの愛知県予選・本選でした。
普段はコンサートやリサイタルのスタッフをやっていますが、この日はコンクールのスタッフとして名古屋市の中村文化小劇場に行って参りました。
 
多くのお子様が真剣に音楽と楽器に向かう姿に感動します。
年々、受験されるお子様のレベルが上がっているかなぁという感想を持ちました。
 
このコンクールは3名の審査員が付けられた一番高い点数と一番低い点数を除外して、ひいきのない公平な審査を心がけています。
70点以上のお子様は予選を通過いたします。
その後の本選では75点以上の方が全国大会の切符を手にします。
 
また本選で85点~89点を取られた方は本選奨励賞を、90点以上の方は本選優秀賞として、表彰されます。
今回の愛知本選では、お二人の奨励賞とお一人の優秀賞が選ばれました。
 
愛知本選優秀賞
中学生部門:西村沙耶さん(ピアノ)


 
愛知本選奨励賞
小学生高学年部門:松山真夕さん(ピアノ)


小学生高学年部門:高木郁香さん(ピアノ)
  (お時間の関係で表彰式にはいらっしゃれませんでしたので撮影できませんでした)

公式サイト»http://www.tiaa-jp.com/jcmcj/index.html

前日は、東京・すみだトリフォニーでニューイヤーコンサートがあったので、27日の23時半に名古屋入りしまして、
29日は名古屋での予選・本選を開催しまして
翌日は、東京・日暮里サニーホールコンサートサロンでエレーナ・リヒテル国際ピアノコンクールの予選がありましたので、30日の6時半に名古屋を出発しました。
強行軍が続くのもこの時期ならではの楽しみです♪

そうそう、名古屋では三人の有名人を見かけました。

お一人は栄のテレピア方面から歩いて来られた坂東英二さん(美人マネージャー?さんと一緒でした)

もう一人は市長選選挙活動中の大村秀章さんと前市長の河村たかしさん

29日のたった1日にこれだけ有名人に会えるとは♪

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)