2010年 5月 の記事

西崎あゆみピアノリサイタル


5月といえば、結婚式?が多いの季節ですよね。先日友達の結婚式の二次会に行ってきましたよ。
そこで感心しことがあって、なんと午前中の式の動画を”超高速”に編集をして二次会のエンディングとして流れていたんです!式に出られなかった方も感動を分かち合えるわけですよ。
近頃これが普通に行われているかもしれませんが、それにしても技術の進歩の速さはハンパないですね。
↓これの時代もそんなに遠くないかも?!

 

西崎あゆみピアノリサイタル

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、今回はピアニストの西崎あゆみさんを皆さんに紹介したい。

武蔵野音楽大学大学院修了、ポーランド、ブルガリア、ドイツなどのオーケストラと共演等国内外で数多くの演奏会に出演する西崎あゆみさんは、2010年7月10日東京・津田ホールにてリサイタルを開催。今年はロマン派のピアノ音楽を大きく開いた二人の作曲家シューマンとショパンの生誕200年にあたって、今回のプログラムにシューマンの蝶々(作品2)、ウィーンの謝肉祭の道化(作品26)が盛り込まれています。ぜひご来場下さい!またこれを機に、西崎さんにはシューマンについて語って頂きましたので、特集記事としてまたご案内いたします。どうぞお楽しみに。

チケットのお申込みはこちら» http://tiaa-jp.com/scb/shop/shop.cgi?No=26

ソーベニール デラ ムジカ


GW終わってしまいました~、幸い天気がよく、皆さんどこかお出かけになったでしょうか?

フリーで活動している演奏家って、どこかの演奏先や音楽教室で必ず繋がってしまうものなんです。
その中で、息の合った人たちが弦楽四重奏を始めたり、弦楽オーケストラを始めたり、ってことがありますが、今日ご紹介するのは、そうした演奏先の弦楽四重奏やオーケストラ、某音楽教室での繋がりで仲良くなった14人が始めた弦楽オーケストラの第1回目の演奏会のご案内です。

今回のメイン曲のチャイコフスキー作曲の「フィレンツェの思い出(Souvenir de Florence)」は、もともと弦楽六重奏の曲でしたが、その重厚な曲のイメージから弦楽合奏でもしばしばえんそうされています。
この団体の名前『Souvenir della Musica(音楽の贈り物)』もこの曲が元となっているようです。その他の曲もイタリアに関連した作品を集めています。

団体の公式ページ(ver.1.0)ができましたので、ご紹介いたします。
今後、メンバーの紹介や、雑誌の特集記事などの転載等のバージョンアップを予定しております。
お楽しみに♪

追記:メンバー紹介公開中!

公式サイト» トhttp://www.tiaa-jp.com/concert/special/20100605/

TOP

About

TiaaBlogはTiaaスタッフによるブログです。演奏会情報や、舞台の裏話、最新クラシック情報などをお届けいたします! (X)